有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)の財務諸表について新日本監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
1,686,410
   
1,344,796
 
2.売掛金
   
142,737
   
274,015
 
3.たな卸資産
   
417,889
   
459,736
 
4.前払費用
   
299,782
   
320,562
 
5.繰延税金資産
   
153,897
   
38,003
 
6.その他
   
366,626
   
474,903
 
 貸倒引当金
   
△4,033
   
△50,343
 
流動資産合計
   
3,063,310
12.2
 
2,861,673
11.4
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物及び構築物
※1
19,526,797
   
20,281,324
   
減価償却累計額
 
11,715,722
7,811,075
 
12,460,625
7,820,698
 
(2)機械装置及び運搬具
※1
1,223,580
   
1,426,844
   
減価償却累計額
 
728,871
494,708
 
869,197
557,646
 
(3)土地
※1
 
5,651,979
   
5,646,354
 
(4)建設仮勘定
   
192,962
   
105
 
(5)その他
※1
4,015,545
   
4,211,260
   
減価償却累計額
 
3,171,079
844,465
 
3,516,861
694,399
 
有形固定資産合計
   
14,995,192
59.7
 
14,719,204
58.8
2.無形固定資産
   
371,316
1.5
 
341,609
1.4
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
334,071
   
650,360
 
(2)差入保証金
   
1,045,321
   
1,076,656
 
(3)建設協力金
   
1,204,847
   
1,039,239
 
(4)敷金
   
2,986,201
   
3,021,725
 
(5)繰延税金資産
   
794,547
   
960,560
 
(6)その他
   
370,288
   
399,994
 
貸倒引当金
   
△33,130
   
△37,500
 
投資その他の資産合計
   
6,702,147
26.6
 
7,111,037
28.4
固定資産合計
   
22,068,656
87.8
 
22,171,851
88.6
資産合計
   
25,131,967
100.0
 
25,033,524
100.0

 

   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
               
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
   
595,998
   
705,394
 
2.短期借入金
※1
 
4,050,000
   
4,530,000
 
3.一年以内返済予定の長期借入金
※1
 
2,814,146
   
2,261,012
 
4.未払費用
   
799,564
   
780,025
 
5.未払法人税等
   
71,075
   
212,736
 
6.未払消費税等
   
283,914
   
105,458
 
7.その他
   
839,113
   
729,264
 
流動負債合計
   
9,453,812
37.6
 
9,323,891
37.2
Ⅱ 固定負債
             
1.長期未払金
 
 
447,600
   
446,820
 
2.長期借入金
 ※1
 
4,170,416
   
4,436,475
 
3.退職給付引当金
   
522,664
   
501,009
 
4.預り保証金
   
188,917
   
232,517
 
5.その他
   
   
9,056
 
固定負債合計
   
5,329,598
21.2
 
5,625,878
22.5
負債合計
   
14,783,410
58.8
 
14,949,769
59.7
               
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
5,028,962
20.0
 
5,028,962
20.1
2.資本剰余金
 
 
5,044,552
20.1
 
5,057,892
20.2
3.利益剰余金
 
 
2,177,990
8.7
 
2,013,303
8.0
4.自己株式
 
 
△1,930,888
△7.7
 
△1,865,681
△7.4
  株主資本合計
 
 
10,320,616
41.1
 
10,234,478
40.9
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
その他有価証券評価
差額金
 
 
27,939
0.1
 
△150,723
△0.6
評価・換算差額等合計
 
 
27,939
0.1
 
△150,723
△0.6
純資産合計
 
 
10,348,556
41.2
 
10,083,754
40.3
負債純資産合計
 
 
25,131,967
100.0
 
25,033,524
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
   
35,543,956
100.0
 
35,725,642
100.0
Ⅱ 売上原価
   
10,406,402
29.3
 
11,147,477
31.2
売上総利益
   
25,137,554
70.7
 
24,578,165
68.8
Ⅲ その他の営業収入
   
408,521
1.2
 
840,129
2.3
営業総利益
   
25,546,075
71.9
 
25,418,294
71.2
Ⅳ 販売費及び一般管理費
 ※1
           
1.給料手当
 
11,332,463
   
10,937,690
   
2.退職給付費用
 
84,018
   
93,501
   
3.役員退職慰労引当金繰入額
 
18,360
   
   
4.賃借料
 
3,837,002
   
4,068,044
   
5.水道光熱費
 
1,851,260
   
1,800,294
   
6.減価償却費
 
1,298,233
   
1,354,286
   
7.その他
 
6,907,625
25,328,964
71.3
6,595,258
24,849,076
69.6
営業利益
   
217,111
0.6
 
569,218
1.5
Ⅴ 営業外収益
             
1.受取利息
 
16,225
   
16,590
   
2.受取配当金
 
8,831
   
11,011
   
3.受取賃貸料
 
27,738
   
   
4.その他
 
26,430
79,226
0.2
27,552
55,154
0.2
Ⅵ 営業外費用
             
1.支払利息
 
125,467
   
172,234
   
2.その他
 
24,796
150,264
0.4
23,113
195,348
0.5
経常利益
   
146,073
0.4
 
429,023
1.2

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅶ 特別利益
             
1.収用に伴う補償金
 
   
52,095
   
2.投資有価証券売却益
 
526,373
   
   
3.二酸化炭素排出抑制対策事業等補助金
 
   
48,937
   
4.その他
 
22,187
548,560
1.6
3,845
104,878
0.3
Ⅷ 特別損失
             
1.前期損益修正損
 
   
21,740
   
2.固定資産売却損
※2
10,131
   
   
3.固定資産除却損
※3
289,866
   
52,391
   
4.退店による損失
 
78,470
   
30,736
   
5.減損損失 
※4
   
50,709
   
6.貸倒引当金繰入額
 
33,130
   
50,680
   
7.台風による災害損害金
 
12,528
   
   
8.リース契約中途解約損
 
19,437
   
   
9.その他
 
81,633
525,199
1.5
7,584
213,841
0.6
税金等調整前当期純利益
   
169,435
0.5
 
320,060
0.9
法人税、住民税及び事業税
 
190,280
   
212,012
   
法人税等調整額
 
128,523
318,804
0.9
70,485
282,498
0.8
当期純利益又は当期純損失(△)
   
△149,369
△0.4
 
37,562
0.1
               
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 
株主資本
評価・換算
差額等
純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他有価証券評価差額金
平成18年2月28日 
残高(千円)
5,028,962
5,044,433
2,529,415
△1,927,762
10,675,049
339,162
11,014,211
連結会計年度中の
変動額
             
剰余金の配当(注)
 
 
△101,030
 
△101,030
 
△101,030
剰余金の配当
 
 
△101,025
 
△101,025
 
△101,025
当期純損失
 
 
△149,369
 
△149,369
 
△149,369
自己株式の取得
 
 
 
△3,465
△3,465
 
△3,465
自己株式の処分
 
118
 
339
458
 
458
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
△311,222
△311,222
連結会計年度中の
変動額合計(千円)
118
△351,425
△3,126
△354,432
△311,222
△665,655
平成19年2月28日 
残高(千円)
5,028,962
5,044,552
2,177,990
△1,930,888
10,320,616
27,939
10,348,556
 (注)平成18年5月定時株主総会における利益処分項目であります。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
株主資本
評価・換算
差額等
純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他有価証券評価差額金
平成19年2月28日 
残高(千円)
5,028,962
5,044,552
2,177,990
△1,930,888
10,320,616
27,939
10,348,556
連結会計年度中の
変動額
             
剰余金の配当(注)
 
 
△101,020
 
△101,020
 
△101,020
剰余金の配当
 
 
△101,228
 
△101,228
 
△101,228
当期純利益
 
 
37,562
 
37,562
 
37,562
自己株式の取得
 
 
 
△2,994
△2,994
 
△2,994
自己株式の処分
 
13,340
 
68,201
81,542
 
81,542
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
△178,663
△178,663
連結会計年度中の
変動額合計(千円)
13,340
△164,686
65,207
△86,138
△178,663
△264,801
平成20年2月29日 
残高(千円)
5,028,962
5,057,892
2,013,303
△1,865,681
10,234,478
△150,723
10,083,754
 (注)平成19年5月定時株主総会における利益処分項目であります。
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税金等調整前当期純利益
 
169,435
320,060
減価償却費
 
1,535,457
1,600,937
減損損失
 
50,709
賞与引当金の減少(△)額
 
△305,191
退職給付引当金の減少(△)額
 
△28,769
△21,654
役員退職慰労引当金の減少(△)額
 
△402,070
貸倒引当金の増加額
 
37,163
50,680
受取利息及び受取配当金
 
△25,057
△27,602
支払利息
 
125,467
172,234
投資有価証券売却益
 
△526,373
有形固定資産売却損
 
10,131
有形固定資産除却損
 
289,866
52,391
退店による損失
 
36,960
30,736
売上債権の増加(△)額
 
△13,754
△132,695
 たな卸資産の増加(△)額
 
△121,910
△40,428
 仕入債務の増加額
 
26,525
109,396
 未払消費税等の増加・減少(△)額
 
7,048
△170,528
 その他の流動資産の増加(△)額
 
△54,666
△156,519
 その他の流動負債の増加・減少(△)額
 
△241,096
50,389
 長期未払金の増加・減少(△)額
 
447,600
△780
 預り保証金の増加・減少(△)額 
 
△114,031
43,600
 その他
 
9,354
△1,659
小計
 
862,090
1,929,266
利息及び配当金の受取額
 
9,210
11,698
利息の支払額
 
△147,737
△174,683
法人税等の支払額
 
△420,137
△51,673
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
303,425
1,714,608

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
定期預金の預入れによる支出
 
△13,550
△38,400
定期預金の払戻による収入
 
120,000
54,800
有形固定資産の取得による支出
 
△2,395,598
△1,543,676
有形固定資産の売却による収入
 
753,508
投資有価証券の取得による支出
 
△259,484
△615,839
投資有価証券の売却による収入
 
962,891
建設協力金等の貸付けによる支出
 
△322,857
△274,876
建設協力金等の回収による収入
 
310,042
282,275
その他
 
△230,917
26,670
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△1,075,965
△2,109,046
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入金の純増加額
 
170,000
480,000
長期借入れによる収入
 
3,400,000
3,000,000
長期借入金の返済による支出
 
△2,152,532
△3,287,075
自己株式の売却による収入
 
458
81,542
自己株式の取得による支出
 
△3,465
△2,994
配当金の支払額
 
△202,056
△202,248
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
1,212,404
69,224
Ⅳ 現金及び現金同等物の増加・減少(△)額
 
439,864
△325,213
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
 
1,202,945
1,642,810
Ⅵ 現金及び現金同等物の期末残高
 
1,642,810
1,317,596
       
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1.連結の範囲に関する事項
子会社4社は全て連結の範囲に含めております。
連結子会社名
 リンガーハットジャパン株式会社
 浜勝株式会社
 卓袱浜勝株式会社
 リンガーハット開発株式会社
なお、当社は平成18年9月1日付をもって会社分割を実施し持株会社制へと移行し、リンガーハットジャパン(株)、浜勝(株)及び卓袱浜勝(株)を設立しております。
子会社4社は全て連結の範囲に含めております。
連結子会社名
 リンガーハットジャパン株式会社
 浜勝株式会社
 卓袱浜勝株式会社
 リンガーハット開発株式会社
 
2.持分法の適用に関する事項
非連結子会社及び関連会社に該当する会社はありません。
同   左
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
  連結子会社4社の事業年度の決算日は、連結決算日と一致しております。
同   左
4.会計処理基準に関する事項
(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
   
有価証券
その他有価証券
 時価のあるもの
  決算日の市場価格等に基づく時価法 (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
 時価のあるもの
同   左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同   左
たな卸資産
主として月別移動平均法による原価法を採用しております。
同   左

 

 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
   
有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降取得の建物及び建物付属設備(建物とみなされる造作物のみ)については定額法)を採用しております。
 なお、平成11年3月1日以降取得した取得価額10万円以上20万円未満の資産については、3年間で均等償却する方法を採用しております。
 また、主な耐用年数は以下のとおりであります。
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降取得の建物及び建物付属設備(建物とみなされる造作物のみ)については定額法)を採用しております。
 なお、平成11年3月1日以降取得した取得価額10万円以上20万円未満の資産については、3年間で均等償却する方法を採用しております。
 また、主な耐用年数は以下のとおりであります。
 
建物及び構築物
10
31年
機械装置及び運搬具
15年
建物及び構築物
10
31年
機械装置及び運搬具
15年
 
 
(会計方針の変更)
 平成19年度の法人税法の改正(所得税法等の一部を改正する法律(平成19年3月30日 法律第6号)及び法人税法施行令の一部を改正する政令(平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 この変更により、従来の方法に比べ売上原価は2,998千円、販売費及び一般管理費は30,516千円増加し、営業利益、経常利益、及び税金等調整前当期純利益は33,514千円減少しております。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
無形固定資産
 定額法を採用しております。
 なお、償却年数については法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 また、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
同   左

 

 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(3)重要な引当金の計上基準
   
貸倒引当金
債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率法により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
 同   左
退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、計上しております。
 なお、数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(3年)による定額法により按分した額を翌連結会計年度より損益処理することとしております。
同   左
(4)重要なリース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同   左
 (5) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
   
消費税等の会計処理
税抜方式を採用しております。
同   左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
連結子会社の資産及び負債の評価については、全面時価評価法を採用しております。
同   左
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同   左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(運賃及び補助材料費)
 従来、原材料及び商品等の運送費ならびにテイクアウト商品の包材等の補助材料費は、販売費及び一般管理費として処理しておりましたが、物流コストの上昇や販売チャネルの拡大に伴う包材原価を適正に把握することなどの重要性が増したため、当連結会計年度より売上原価として処理することに変更いたしました。
 この変更により、従来の方法によった場合と比べ、売上原価は982,292千円増加し、売上総利益ならびに販売費及び一般管理費は同額減少しておりますので、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響はありません。
(賃貸事業売上高)
 従来、保有賃貸物件にかかる賃料収入については営業外収益で計上し、その対応する費用は販売費及び一般管理費で計上しておりましたが、当連結会計年度より持株会社制に移行し、事業子会社の営業支援を主たる事業として展開することとなったため、賃料収入についてはその他の営業収入に計上する方法に変更しております。
 この変更により、従来の方法に比べ営業利益は7,887千円増加し、営業外収益は同額減少いたしました。なお、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響はありません。
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 従来の資本の部の合計に相当する金額は10,348,556千円であります。
 なお、連結財務諸表規則の改正により、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
————
————
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
————
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
————
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(開店支援金収入の計上区分の変更)
 従来、フランチャイズオーナー店へ移行する際の開店支援金収入については営業外収益として会計処理をしておりましたが、フランチャイジー募集活動による営業活動の成果をより明確にするため、当連結会計年度よりロイヤリティー収入としてその他の営業収入に計上する方法に変更しております。
 この変更により、従来の方法に比べその他の営業収入及び営業利益は30,508千円増加し、営業外収益は同額減少しておりますので、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響はありません。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(連結損益計算書)
————
 「その他の営業収入」は前連結会計年度までは「売上高」に含めて表示しておりましたが、当連結会計年度より独立科目として区分掲記しております。
  なお、前連結会計年度の「売上高」に含まれている「その他の営業収入」は221,145千円であります。
 
追加情報
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
 (賞与引当金)
 当連結会計年度より当社及び連結子会社は給与規定の改定を行い、賞与支給対象期間を以下のとおり変更いたしました。
 支給対象期間
  変更前
   冬季賞与
    4月1日から9月30日まで
   夏季賞与
    10月1日から3月31日まで
  変更後
   冬季賞与
    9月1日から2月末日まで
   夏季賞与
    3月1日から8月31日まで
 これにより、当連結会計年度より賞与引当金の計上は不要となっております。この変更により、従来の方法によった場合に比べ、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は369,149千円増加しております。
————
 (役員退職慰労引当金)
 当社は従来、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく要支給額を役員退職慰労引当金として計上しておりましたが、平成18年4月5日開催の取締役会において、役員退職慰労金制度の廃止を決議し、平成18年5月25日開催の定時株主総会において、役員の退職時に取締役及び監査役に対し、役員退職慰労金制度廃止時までの在任期間に応じた役員退職慰労金を支給することが決議されました。
 これに伴い、当該総会までの期間に対応する役員退職慰労金相当額418,310千円を固定負債の「長期未払金」として計上しております。
————
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
※1 担保に供している資産並びに担保付債務は次のとおりであります。
※1 担保に供している資産並びに担保付債務は次のとおりであります。
担保資産
担保資産
建物及び構築物
  171,795千円
(
32,960千円)
機械装置及び運搬具
805
(
805  )
土地
2,357,864
(
112,746  )
その他
207
(
207  )
合計
2,530,672
(
146,719  )
建物及び構築物
  159,948千円
(
30,852千円)
機械装置及び運搬具
805
805    )
土地
2,352,238
(
112,746    )
その他
207
(
  207    ) 
合計
2,518,825
(
144,611  )
担保付債務
     
短期借入金
3,650,000千円
(
450,000千円)
一年以内返済予定の
長期借入金
2,132,146
(
120,000  )
長期借入金
2,597,416
(
135,000  )
合計
8,379,562
(
705,000  )
担保付債務
     
短期借入金
3,930,000千円
(
370,000千円)
一年以内返済予定の
長期借入金
1,522,048
100,000    )
長期借入金
2,991,275
25,000    ) 
合計
8,443,323
(
495,000    ) 
上記のうち( )内書は工場財団抵当並びに当該債務を示しております。
上記のうち( )内書は工場財団抵当並びに当該債務を示しております。
   
   
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
※1 一般管理費に含まれる研究開発費は85,984千円であります。
※1 一般管理費に含まれる研究開発費は77,094千円であります。
※2 固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
※2         ————
建物及び構築物
10,131千円
 計
10,131
 
※3 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
※3 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物及び構築物
186,523千円
機械装置及び運搬具
15,147
その他
88,195
 計
289,866
建物及び構築物
43,033千円
機械装置及び運搬具
928
その他
8,428
 計
52,391
 ※4         ————
 ※4 減損損失
 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グ
ループについて減損損失を計上いたしました。
 (1)減損損失を認識した資産グループの概要
用途
店 舗
場   所
減損損失
(千円)
 店舗
建物及び
構築物等
リンガーハット広島矢口店ほか3店舗 
50,709
 (2)減損損失の認識に至った経緯
 営業活動から生じる損益が継続してマイナスであり、今
後も収益改善の可能性が低いと判断した店舗について、帳
簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失
として特別損失に計上いたしました。
 (3)減損損失の内訳
建物及び構築物
31,794千円
機械装置及び運搬具
516
土地
5,625
その他 
1,774
リース資産
10,997
 計
50,709
 (4)資産のグルーピングの方法
 キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗を
基本単位としてグルーピングしております。
 (5)回収可能価額の算定方法
 賃借店舗については使用価値により測定し、将来キャッ
シュ・フローを3%で割り引いて算定しております。また、自社所有店舗については正味売却価格により測定しており、不動産鑑定士による不動産鑑定評価額により評価しております。
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
21,927,972
21,927,972
自己株式
       
普通株式  (注)
1,721,826
2,348
303
1,723,871
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加2,348株は単元未満株式の買取りによる増加であり、減少303株は単元未満株式の買増請求による売渡であります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
区分
新株予約権の内訳
新株予約権の目的となる株式の種類
新株予約権の目的となる株式の数(株) 
当連結会計
年度末残高
(千円)
前連結会計年度末
当連結会計年度増加
当連結会計年度減少
当連結会計年度末
提出会社(親会社)
ストック・オプションとしての新株予約権
連結子会社
合計
(注)ストック・オプションとしての新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年5月25日
定時株主総会
普通株式
101,030
5
平成18年2月28日
平成18年5月26日
平成18年10月5日
取締役会
普通株式
101,025
5
平成18年8月31日
平成18年11月20日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
101,020
利益剰余金 
5
平成19年2月28日
平成19年5月25日
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
21,927,972
21,927,972
自己株式
       
普通株式  (注)
1,723,871
2,075
60,877
1,665,069
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加2,075株は単元未満株式の買取りによる増加であります。また、減少60,877株のうち60,700株はストック・オプションの権利行使に伴う減少であり、177株は単元未満株の売渡しによる減少であります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
区分
新株予約権の内訳
新株予約権の目的となる株式の種類
新株予約権の目的となる株式の数(株) 
当連結会計
年度末残高
(千円)
前連結会計年度末
当連結会計年度増加
当連結会計年度減少
当連結会計年度末
提出会社
(親会社)
ストック・オプションとしての新株予約権
普通株式
620,100
101,800
518,300
連結子会社
 
 
620,100
101,800
518,300
(注)1 上記の新株予約権は、会社法施行日より前に付与されたものであります。
 2 ストック・オプションとしての新株予約権は当連結会計年度中に権利行使期間の初日が到来しておりますので、前連結会計年度の表中の当連結会計年度末の株式数と当連結会計年度の表中の前連結会計年度末の株式数とは一致いたしません。
 3 「当連結会計年度減少」101,800株のうち60,700株は権利付与者の権利行使によるものであり、41,100株は権利付与者の退職によるものであります。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
101,020
5
平成19年2月28日
平成19年5月25日
平成19年10月5日
取締役会
普通株式
101,228
5
平成19年8月31日
平成19年11月20日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年5月28日
定時株主総会
普通株式
101,314
利益剰余金 
5
平成20年2月29日
平成20年5月29日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年2月28日現在)
(平成20年2月29日現在)
 
(千円)
現金及び預金勘定
1,686,410
預入期間が3ヶ月を超える定期性預金
△43,600
現金及び現金同等物の期末残高
1,642,810
 
(千円)
現金及び預金勘定
1,344,796
預入期間が3ヶ月を超える定期性預金
△27,200
現金及び現金同等物の期末残高
1,317,596
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引(借主側)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引(借主側)
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高
相当額
(千円)
機械装置及び
運搬具
818,414
308,948
509,465
(有形固定資産)
その他
2,048,920
713,531
1,335,388
合計
2,867,335
1,022,480
1,844,854
 
取得価額
相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円) 
期末残高
相当額
(千円)
建物及び構築物
223,634
45,266
178,367
機械装置及び運搬具
956,726
385,013
1,390
570,322
(有形固定資産)その他
1,956,563
889,571
9,606
1,057,384
合計
3,136,923
1,319,851
10,997
1,806,074
(注)前連結会計年度まで取得価額相当額は、支払利子込み法により算定しておりましたが、当連結会計期間より重要性の判断基準により原則法により算定しております。
 
 
(2)未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額等
    未経過リース料期末残高相当額
1年内
470,841千円
1年超
1,390,910千円
合計
1,861,752千円
1年内
   502,207千円
1年超
1,337,081千円
合計
       1,839,289千円
リース資産減損勘定の残高 
9,056千円
(注)前連結会計年度まで未経過リース料期末残高相当額は、支払利子込み法により算定しておりましたが、当連結会計期間より重要性の判断基準により原則法により算定しております。
 
 
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
494,283千円
減価償却費相当額
474,113千円
支払利息相当額
23,279千円
支払リース料
     567,069千円
リース資産減損勘定
の取崩額 
1,941千円
減価償却費相当額
544,333千円
支払利息相当額
30,120千円
減損損失
10,997千円
(4)減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同   左
(5)利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
同   左
2.オペレーティング・リース取引
未経過リース料 
1年内
12,955千円
1年超
30,559千円
合計
43,514千円
2.オペレーティング・リース取引
未経過リース料 
1年内
      15,916千円
1年超
      28,560千円
合計
      44,476千円
(有価証券関係)
有価証券
1 売買目的有価証券
当社グループにおいては、該当事項はありません。
2 満期保有目的の債券で時価のあるもの
当社グループにおいては、該当事項はありません。
3 その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
前連結会計年度(平成19年2月28日現在)
当連結会計年度(平成20年2月29日現在)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
80,175
129,646
49,471
58,062
109,925
51,863
(2)債券
           
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
80,175
129,646
49,471
58,062
109,925
51,863
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
177,870
175,200
△2,670
771,823
467,492
△304,331
(2)債券
           
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
177,870
175,200
△2,670
771,823
467,492
△304,331
合計
258,045
304,846
46,800
829,885
577,417
△252,468
4 前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
売却額(千円)
売却益の合計額(千円)
売却損の合計額(千円)
売却額(千円)
売却益の合計額(千円)
売却損の合計額(千円)
962,891
526,373
5 時価のない主な有価証券の内容
種類
前連結会計年度(平成19年2月28日現在)
当連結会計年度(平成20年2月29日現在)
連結貸借対照表計上額(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
   
非上場株式
28,171
72,171
その他
1,053
771
6 その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
当社グループにおいては、該当事項はありません。
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
(退職給付関係)
1 採用している退職給付制度の概要
当社グループは、退職金規定に基づく退職一時金制度、適格退職年金制度及び複数事業主制度の外食産業ジェフ厚生年金基金に加入しておりますが、当該厚生年金基金制度については、退職給付会計実務指針33項の例外処理を行う制度であります。
 また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
  なお、連結子会社のうち、リンガーハット開発㈱については簡便法を採用しております。
2 退職給付債務及びその内訳
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日現在)
当連結会計年度
(平成20年2月29日現在)
① 退職給付債務(千円)
△837,153
△865,705
② 年金資産(千円)
459,933
395,687
③ 小計(①+②)(千円)
△377,220
△470,018
④ 未認識数理計算上の差異(千円)
△145,444
△30,991
⑤ 未認識過去債務(千円)
⑥ 合計(③+④+⑤)(千円)
△522,664
△501,009
⑦ 前払年金費用(千円)
  退職給付引当金(千円)
△522,664
△501,009
3 退職給付費用の内訳
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
① 勤務費用(千円)
128,862
142,672
② 利息費用(千円)
22,239
22,614
③ 期待運用収益(減算)(千円)
△11,964
△13,094
④ 数理計算上の差異の損益処理額
(千円)
△67,405
△77,073
⑤ 小計(①+②+③+④)
(千円)
71,732
75,119
⑥ 総合設立の厚生年金基金への拠出額
(千円)
28,890
29,630
  退職給付費用(⑤+⑥)(千円)
100,622
104,749
(注)1.厚生年金基金に対する従業員拠出額を控除しております。
2.簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、①勤務費用に計上しております。
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日現在)
当連結会計年度
(平成20年2月29日現在)
① 退職給付見込額の期間配分方法
退職金制度がポイント制のため「ポイント基準」で配分しております。
退職金制度がポイント制のため「ポイント基準」で配分しております。
② 割引率(%)
2.0
2.0
③ 期待運用収益率(%)
3.0
3.0
④ 数理計算上の差異の処理年数(年)
3 
3 
(注)数理計算上の差異は、発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数による定額法により按分した額を翌連結会計年度から損益処理することとしております。
5 外食産業ジェフ厚生年金基金の年金資産の額
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当社グループの掛金拠出割合に基づく平成18年3月31日現在の年金資産残高は3,597,454千円であり、上記「2 退職給付債務及びその内訳」の年金資産には含めておりません。
当社グループの掛金拠出割合に基づく平成19年3月31日現在の年金資産残高は3,908,658千円であり、上記「2 退職給付債務及びその内訳」の年金資産には含めておりません。
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
1.ストック・オプションの内容
 
平成17年ストック・オプション
付与対象者の区分及び人数(名)
 当社取締役         7
 当社執行役員        11
 当社従業員及び臨時雇用者  670
 子会社取締役        1
 子会社執行役員       1
 子会社従業員        28
株式の種類別のストック・オプションの数(注)
 普通株式   625,900株
付与日
 平成17年11月14日
権利確定条件
 付与日(平成17年11月14日)以降、権利確定日(平成19年5月31日)まで継続して勤務していること。
対象勤務期間
 平成17年11月14日から平成19年5月31日まで
権利行使期間
 平成19年6月1日から平成22年5月31日まで
(注)株式数に換算しております。
2.ストック・オプションの規模及びその変動状況
 当連結会計年度(平成19年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
(1)ストック・オプションの数
 
平成17年ストック・オプション
権利確定前      (株)
 
前連結会計年度末
625,900
付与
失効
5,800
権利確定
未確定残
620,100
権利確定後      (株)
 
前連結会計年度末
権利確定
権利行使
失効
未行使残
(2)単価情報
 
平成17年ストック・オプション
権利行使価格      (円)
1,339
行使時平均株価     (円)
付与日における公正な評価単価(円)
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
1.ストック・オプションの内容
 
平成17年ストック・オプション
付与対象者の区分及び人数(名)
 当社取締役         7
 当社執行役員        11
 当社従業員及び臨時雇用者  670
 子会社取締役        1
 子会社執行役員       1
 子会社従業員        28
株式の種類別のストック・オプションの数(注)
 普通株式   625,900株
付与日
 平成17年11月14日
権利確定条件
 付与日(平成17年11月14日)以降、権利確定日(平成19年5月31日)まで継続して勤務していること。
対象勤務期間
 平成17年11月14日から平成19年5月31日まで
権利行使期間
 平成19年6月1日から平成22年5月31日まで
(注)株式数に換算しております。
2.ストック・オプションの規模及びその変動状況
 当連結会計年度(平成19年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
(1)ストック・オプションの数
 
平成17年ストック・オプション
権利確定前      (株)
 
前連結会計年度末
620,100
付与
失効
権利確定
620,100
未確定残
権利確定後      (株)
 
前連結会計年度末
権利確定
620,100
権利行使
60,700
失効
41,100
未行使残
518,300
(2)単価情報
 
平成17年ストック・オプション
権利行使価格      (円)
1,339
行使時平均株価     (円)
1,467
付与日における公正な評価単価(円)
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(単位:千円)
(単位:千円)
繰延税金資産(流動)
 
未払事業税
7,863
未払事業所税
2,258
貸倒引当金繰入限度超過額
14,976
税務上の繰越欠損金
125,411
その他 
2,779
連結会社間内部利益消去
608
繰延税金資産(流動)合計
153,897
   
繰延税金資産(固定)
 
退職給付引当金繰入限度超過額
208,980
合併に伴う固定資産評価損
34,431
減損損失
94,496
長期未払金
180,382
投資有価証券評価損
4,030
税務上の繰越欠損金
7,072
その他
10,197
連結会社間内部利益消去
577,690
繰延税金資産(固定)小計
1,117,281
 評価性引当額
△240,525
繰延税金資産(固定)合計
876,755
   
繰延税金負債(固定)
 
その他有価証券評価差額金
18,860
その他
13,533
連結会社間内部損失消去
49,813
繰延税金負債(固定)合計
82,207
   
繰延税金資産(固定)の純額
794,547
繰延税金資産(流動)
 
未払事業税
16,229
未払事業所税
6,393
貸倒引当金繰入限度超過額
20,288
その他 
1,488
連結会社間内部利益消去
△561
繰延税金資産(流動)小計
43,838
  評価性引当額
△5,168
繰延税金資産(流動)合計
38,670
繰延税金負債(流動)
 
  その他
666
繰延税金負債(流動)合計
666
繰延税金資産(流動)の純額
38,003
   
繰延税金資産(固定)
 
退職給付引当金繰入限度超過額
202,000
貸倒引当金繰入限度超過額
15,112
合併に伴う固定資産評価損
45,219
減損損失
106,077
長期未払金
180,068
投資有価証券評価損
4,030
税務上の繰越欠損金
75,941
その他有価証券評価差額金
101,744
その他
21,765
連結会社間内部利益消去
581,539
繰延税金資産(固定)小計
1,333,499
 評価性引当額
△302,786
繰延税金資産(固定)合計
1,030,712
   
繰延税金負債(固定)
 
その他
19,934
連結会社間内部損失消去
50,217
繰延税金負債(固定)合計
70,151
   
繰延税金資産(固定)の純額
960,560

 

前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳
(単位:%)
法定実効税率
40.3
交際費等永久に損金に算入されない項目
24.2
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.9
住民税均等割等
64.7
評価性引当額の増減
56.3
過年度法人税等
4.1
その他
△0.5
税効果会計適用後の法人税等の負担率
188.2
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳
(単位:%)
法定実効税率
40.3
交際費等永久に損金に算入されない項目
11.3
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.5
住民税均等割等
24.9
評価性引当額の増減
21.6
過年度法人税等
△3.2
収用換地等による所得の特別控除額
△4.9
試験研究費に係る特別税額控除
△1.4
その他
0.2
税効果会計適用後の法人税等の負担率
88.3
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
 
長崎ちゃんぽん(千円)
とんかつ
(千円)
和食
(千円)
建築
(千円)
計(千円)
消去又は全社(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
             
売上高
             
(1)外部顧客に対する売上高
25,291,256
9,985,198
194,048
481,974
35,952,478
35,952,478
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
3,015,392
3,015,392
(3,015,392)
25,291,256
9,985,198
194,048
3,497,367
38,967,870
(3,015,392)
35,952,478
営業費用
25,154,966
8,843,703
206,952
3,401,177
37,606,800
(1,871,433)
35,735,366
営業利益(△損失)
136,289
1,141,494
△12,904
96,189
1,361,070
(1,143,958)
217,111
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的支出
             
資産
15,584,728
4,890,564
226,960
1,330,673
22,032,927
3,099,039
25,131,967
減価償却費
1,209,732
324,565
6,498
5,447
1,546,244
(10,787)
1,535,457
資本的支出
2,332,026
341,259
22,486
8,194
2,703,966
(45,493)
2,658,473
 (注)1.事業区分の方法
事業区分は、販売品目の種類に応じた区分としております。
2.事業区分に属する主要な内容
長崎ちゃんぽん
ちゃんぽん・皿うどん・ぎょうざ
とんかつ
とんかつ・コロッケ
和食
卓袱(しっぽく)料理
建築
外食店舗の設計・施工、改修及び建物設備のメンテナンス
3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は1,148,325千円であり、その主なものは、親会社本社の総務、人事及び経理部門等管理部門に係る費用であります。
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
 
長崎ちゃんぽん(千円)
とんかつ
(千円)
和食
(千円)
建築
(千円)
計(千円)
消去又は全社(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
             
売上高
             
(1)外部顧客に対する売上高
25,714,947
10,389,151
190,168
271,504
36,565,771
36,565,771
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
2,118,256
2,118,256
(2,118,256)
25,714,947
10,389,151
190,168
2,389,761
38,684,028
(2,118,256)
36,565,771
営業費用
25,569,157
9,023,964
206,964
2,318,500
37,118,587
(1,122,033)
35,996,553
営業利益(△損失)
145,789
1,365,186
△16,795
71,261
1,565,441
(996,223)
569,218
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
             
資産
16,143,008
4,643,913
168,408
1,329,776
22,285,107
2,748,417
25,033,524
減価償却費
1,286,313
260,699
2,293
6,193
1,555,499
45,438
1,600,937
減損損失
34,739
16,971
51,711
(1,001)
50,709
資本的支出
1,352,057
337,868
934
129
1,690,989
(71,836)
1,619,152
 (注)1.事業区分の方法
事業区分は、販売品目の種類に応じた区分としております。
2.事業区分に属する主要な内容
長崎ちゃんぽん
ちゃんぽん・皿うどん・ぎょうざ
とんかつ
とんかつ・コロッケ
和食
卓袱(しっぽく)料理
建築
外食店舗の設計・施工、改修及び建物設備のメンテナンス
3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は1,007,931千円であり、その主なものは、親会社本社の総務、人事及び経理部門等管理部門に係る費用であります。
4.会計方針の変更
(有形固定資産の減価償却の方法の変更)
 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおり、当連結会計年度より、当社及び連
結子会社の有形固定資産の減価償却の方法を、法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以降に取得した有
形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。この変更により、従
来と同じ方法によった場合に比べ、当連結会計年度の営業費用は長崎ちゃんぽん事業において17,244千円、
とんかつ事業において5,714千円、和食事業において35千円、消去又は全社において10,520千円それぞれ増加
し、営業利益はそれぞれ同額減少しております。
(開店支援金収入の計上区分の変更)
 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、従来、フランチャイズオーナー店へ移行する際の開店支援金収入については営業外収益として会計処理をしておりましたが、フランチャイジー募集活動による営業活動の成果をより明確にするため、当連結会計年度よりロイヤリティー収入としてその他の営業収入に計上する方法に変更しております。
 この変更により、従来の方法に比べ外部顧客に対する売上高及び営業利益は長崎ちゃんぽん事業において24,980千円、とんかつ事業において5,528千円それぞれ増加しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
本邦以外の国又は地域に所在する子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
本邦以外の国又は地域に所在する子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。
【海外売上高】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
 海外売上高がないため、該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
 海外売上高がないため、該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
役員及び個人主要株主等
属性
会社等
の名称
住所
資本金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有する会社
株式会社鬼が島本舗
(注)1
福岡県福岡市早良区
20,000
フードサービス業及び食品卸売業
仕込品の販売
仕込品の販売
(注)3
158,372
売掛金
41,271
事務所の賃貸
賃貸料の受取り(注)4
3,360
役員
木下幹彌
(注)2
㈱エム・アイ・ピー代表取締役会長
(被所有)
直接 0.0
技術指導
技術指導料の支払(注)4
3,900
東富士男
法律事務所所長
顧問弁護士
顧問弁護士報酬
(注)4
3,000
 取引条件ないし取引条件の決定方針等
(注)1.当社取締役米濵和英の近親者が議決権の100.0%を直接保有しております。
2.木下幹彌氏は平成18年5月25日開催の定時株主総会をもって退任しております。
3.取引価格は、工場から店舗への出荷単価に一定の利益(20%基準)及び出荷諸経費を付加して決定しております。なお、支払条件は3ヶ月サイトであります。
4.取引価格等は一般的取引条件によっております。
5.取引金額には、消費税等は含まれておりません。
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
役員及び個人主要株主等
属性
会社等
の名称
住所
資本金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有する会社
株式会社鬼が島本舗
(注)1
福岡県福岡市早良区
20,000
フードサービス業及び食品卸売業
仕込品の販売
仕込品の販売
(注)3
206,261
売掛金
49,825
事務所の賃貸
賃貸料の受取り(注)4
3,360
役員
東富士男
法律事務所所長
顧問弁護士
顧問弁護士報酬
(注)4
3,000
 取引条件ないし取引条件の決定方針等
(注)1.当社代表取締役米濵和英の近親者が議決権の100.0%を直接保有しております。
2.取引価格は、工場から店舗への出荷単価に一定の利益(20%基準)及び出荷諸経費を付加して決定しております。なお、支払条件は3ヶ月サイトであります。
3.取引価格等は一般的取引条件によっております。
4.取引金額には、消費税等は含まれておりません。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1株当たり純資産額
512.20円
1株当たり当期純損失
7.39円
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。
1株当たり純資産額
497.65円
1株当たり当期純利益
1.86円
潜在株式調整後
      
1株当たり当期純利益金額
1.85円
 (注)1.1株当たり当期純利益又は当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額
   
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△149,369
37,562
普通株主に帰属しない金額
(千円)
普通株式に係る当期純利益又は
当期純損失(△)(千円)
△149,369
37,562
期中平均株式数(株)
20,205,152
20,234,450
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
40,933
 (うち自己株式取得方式によるストックオプション)
(—)
(40,933)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
平成17年5月25日定時株主総会決議による自己株式取得方式のストック・オプション(株式の数620,100株)
   2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。 
 
前連結会計年度末
平成19年2月28日
当連結会計年度末
平成20年2月29日
 純資産の部の合計額(千円)
10,348,556
10,083,754
 純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
 (うち新株予約権)
(—)
(—)
 (うち少数株主持分)
(—)
(—)
 普通株式に係る期末の純資産額
(千円)
10,348,556
10,083,754
 1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)
20,204,101
20,262,903
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
————
(資本準備金の減少)
 当社は、平成20年5月28日に開催の第44期定時株主総会において、下記のとおり資本準備金の額の減少について決議いたしました。
(1)資本準備金の額の減少の目的
 今後の配当可能利益の充実を図るとともに、自己株式取得などの資本政策に備え、財務戦略上の機動性確保のため、会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の額の減少をするものであります。
(2) 資本準備金の額の減少の要領
 平成20年2月29日現在の資本準備金の額5,042,231,165円のうち、3,000,000,000円を減少させ、その他資本剰余金に振り替えるものであります。なお、減少後の資本準備金の額は2,042,231,165円となります。
(3) 資本準備金の額の減少の日程
① 取締役会決議日     平成20年4月11日
② 定時株主総会決議日   平成20年5月28日
③ 債権者異議申述公告日  平成20年5月29日
④ 債権者異議申述最終期日 平成20年6月30日(予定)
⑤ 効力発生日       平成20年7月1日(予定)
⑤【連結附属明細表】
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
4,050,000
4,530,000
1.156
1年以内に返済予定の長期借入金
2,814,146
2,261,012
1.545
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
4,170,416
4,436,475
1.649
平成21年3月1日〜
平成24年9月30日
その他の有利子負債
11,034,562
11,227,487
 (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
1,694,996
1,902,996
772,596
65,887
(2)【その他】
該当事項はありません。




出典: 株式会社リンガーハット、2008-02-29 期 有価証券報告書