有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

46,000,000

46,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(平成28年2月29日)

提出日現在発行数

(株)

(平成28年5月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

22,067,972

22,067,972

東京証券取引所

(市場第一部)

福岡証券取引所

単元株式数 100株

22,067,972

22,067,972

 

(2)【新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

(5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(千株)

発行済株式総数残高(千株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

平成22年4月21日

(注)

140

22,067

37,159

5,066,122

37,159

2,079,391

(注)  有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)

発行価格(1株につき)    914.30円

資本組入額(1株につき)   265.42円

割当先            大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社(現 大和証券株式会社)

 

(6)【所有者別状況】

 

平成28年2月29日現在

 

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

33

23

193

101

10

24,649

25,009

所有株式数(単元)

62,527

1,885

35,275

7,218

18

113,424

220,347

33,272

所有株式数の割合(%)

28.33

0.86

16.00

3.28

0.01

51.53

100.0

 (注)1.自己株式612,526株は「個人その他」に6,125単元、「単元未満株式の状況」に26株含めて記載しております。

   2.株式付与ESOP信託制度の信託財産として、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口)が所有している当社株式は「金融機関」に896単元、「単元未満株式の状況」に57株含めて記載しております。なお、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口)が所有している当社株式は、連結財務諸表及び財務諸表において自己株式として表示しております。

 

 

(7)【大株主の状況】

 

 

 

平成28年2月29日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4)

東京都中央区晴海1丁目8-11

1,031

4.67

株式会社十八銀行

長崎県長崎市銅座町1-11

1,005

4.55

第一生命保険株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目13-1

629

2.85

公益財団法人米濵・リンガーハット財団

東京都品川区大崎1-6-1

600

2.71

株式会社三菱東京UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2丁目7番1号

535

2.42

アサヒビール株式会社

東京都墨田区吾妻橋1丁目23-1

527

2.39

株式会社ハチバン

石川県金沢市新神田1丁目12-18

511

2.31

株式会社福岡銀行

福岡市中央区天神2丁目13-1

348

1.57

麒麟麦酒株式会社

東京都中野区中野4丁目10-2

332

1.50

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

292

1.32

5,813

26.34

(注)1.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4)の所有株式数1,031千株は信託業務に係る株式数であります。

2.上記のほか、自己株式が612千株あります。

(8)【議決権の状況】

①【発行済株式】

平成28年2月29日現在

 

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式   612,500

完全議決権株式(その他)

普通株式21,422,200

214,222

単元未満株式

普通株式33,272

一単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

22,067,972

総株主の議決権

214,222

 (注)1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式83株が含まれております。

    2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には株式付与ESOP信託口が所有する当社株式89,600株(議決権の数 896個)を含めております。

②【自己株式等】

平成28年2月29日現在

 

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

(自己保有株式)

株式会社リンガーハット

長崎県長崎市鍛冶屋町6番50号

612,500

612,500

2.78

612,500

612,500

2.78

 (注)自己名義所有株式数には株式付与ESOP信託口が所有する当社株式89,600株(議決権の数 896個)を含めておりません。

 

(9)【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

(10)【従業員株式所有制度の内容】

1.従業員株式所有制度の概要

当社は従業員への福利厚生制度の拡充及び社員等の帰属意識と経営参画意識の醸成並びに長期的な業績向上や株価上昇に対する意欲や士気の高揚を図ることを目的として、平成26年7月より「株式付与ESOP信託」制度を導入しました。また、社員等に対する賞与のうち、一定割合を超える部分についてポイントを付与し、退職時に当該付与ポイントに相当する当社株式また売却代金を交付又は給付します。社員等に給付する株式については、予め信託設定した金銭により将来分も含めて取得し、信託財産として分別管理しております。

 

2.従業員等に取得させる予定の株式の総数又は総額

89千株

 

3当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受け取ることができる者の範囲

株式付与ESOP信託は、株式公布規定に基づき株式給付を受ける権利を取得した当社グループの社員等を対象としております。

 

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

取締役会(平成27年8月20日)での決議状況

(取得期間 平成27年8月21日〜平成27年9月17日)

650,100

1,568,041,200

当事業年度前における取得自己株式

当事業年度における取得自己株式

600,000

1,447,200,000

残存決議株式の総数及び価格の総数

50,100

120,841,200

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)

7.7

7.7

当期間における取得自己株式

提出日現在の未行使割合(%)

7.7

7.7

 

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

2,846

6,760,428

当期間における取得自己株式

146

335,868

(注)当期間における取得自己株式には平成28年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(単元未満株式の売渡請求による売渡)

35

84,875

保有自己株式数

612,526

612,672

(注)1.当期間における保有自己株式数には平成28年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取及び買増請求による売渡の株式数は含まれておりません。

2.株式付与ESOP信託口が所有する当社株式は、上記の自己保有株式数には含めておりません。

 

 

 

3【配当政策】

当社は、効率的な経営体制の整備と積極的な店舗展開により、継続的かつ強固な収益基盤を確立することで、株主へ安定した利益還元を行うことと、企業の成長を最優先として経営にあたっており、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

配当額につきましては、連結ベースの配当性向30%を基準にした上で、将来の発展に備えるため、新規出店、既存店の改装及び工場設備投資等に充当する内部留保必要資金を総合的に検討し決定しております。

これら剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

 配当金の総額(千円)

 1株当たり配当額(円)

 平成27年10月9日

 取締役会決議

198,511

9.00

 平成28年5月25日

 定時株主総会決議

171,643

8.00

 

 

4【株価の推移】

(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

第48期

第49期

第50期

第51期

第52期

決算年月

平成24年2月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

最高(円)

1,120

1,250

1,559

2,340

3,050

最低(円)

840

1,016

1,141

1,354

2,075

 (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成27年9月

10月

11月

12月

平成28年1月

2月

最高(円)

2,709

2,622

2,679

2,800

2,819

2,560

最低(円)

2,430

2,451

2,441

2,583

2,219

2,172

 (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

5【役員の状況】

男性 8名 女性 1名 (役員のうち女性の比11%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役会長

(代表取締役)

最高経営責任者(CEO)

米濵 和英

昭和18年12月1日生

昭和39年3月 ㈱浜かつ(昭和48年4月㈱浜勝に、昭和57年8月㈱リンガーハットに商号変更)設立に参画

昭和40年4月 ㈱浜かつ取締役就任

昭和51年8月 ㈱浜勝(昭和57年8月㈱リンガーハットに商号変更)代表取締役社長就任

平成13年5月 リンガーハット開発㈱代表取締役会長就任

平成17年5月 当社代表取締役会長就任

リンガーハット開発㈱取締役就任(現)

平成18年5月 当社取締役会長就任

平成20年5月 当社代表取締役会長就任

平成20年9月 当社代表取締役会長兼社長就任

平成22年5月 リンガーハットジャパン㈱代表取締役社長就任

平成22年5月 浜勝㈱代表取締役社長就任

平成23年9月 浜勝㈱取締役就任(現)

平成24年5月 リンガーハットジャパン㈱取締役就任(現)

平成26年5月 当社代表取締役会長 兼CEO就任(現)

 

(注)4

100,757

取締役社長

(代表取締役)

秋本 英樹

昭和29年4月6日生

昭和53年4月 ㈱浜勝(現㈱リンガーハット)入社

平成10年5月 当社取締役東日本営業部長就任

平成17年5月 当社専務取締役営業本部長兼マーケティング本部長就任

平成18年5月 当社代表取締役専務営業本部長兼マーケティング本部長就任

平成21年5月 リンガーハット開発株式会社代表取締役社長就任

平成25年11月 当社副社長執行役員管理部担当就任

平成26年5月 当社代表取締役社長就任(現)

 

(注)4

11,870

取締役副社長

前田 泰司

昭和29年1月12日生

昭和53年4月 ㈱浜勝(現㈱リンガーハット)入社

平成10年10月 当社福岡工場長就任

平成10年11月 当社社長室NPS推進担当就任

平成11年3月 当社太宰府工場長就任

平成11年5月 当社取締役太宰府工場長就任

平成13年2月 当社取締役就任

平成13年5月 当社執行役員生産本部長就任

平成14年2月 当社執行役員生産事業部長就任

平成14年5月 当社取締役生産事業部長就任

平成14年9月 当社取締役東日本営業事業部長就任

平成15年12月 当社取締役生産本部長就任

平成22年5月 当社常務取締役モデル店舗開発・技術開発統括責任者就任

平成23年9月 リンガーハットジャパン㈱代表取締役社長就任(現)

平成23年9月 当社常務取締役就任

平成26年5月 当社専務取締役就任

平成28年5月 当社取締役副社長就任(現)

 

(注)4

11,271

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

専務取締役

八幡 和幸

昭和30年9月29日生

昭和53年4月 ㈱浜勝(現㈱リンガーハット)入社

平成6年1月 当社経理部長就任

平成10年5月 当社取締役管理本部長就任

平成12年1月 当社取締役商品本部長就任

平成13年6月 当社執行役員購買担当就任

平成14年9月 当社執行役員浜勝事業部長就任

平成15年12月 当社執行役員管理本部長就任

平成16年5月 当社取締役管理本部長就任

平成16年5月 リンガーハット開発㈱取締役就任(現)

平成17年5月 当社常務取締役管理本部長就任

平成18年9月 リンガーハットジャパン㈱取締役就任(現)

平成18年12月 浜勝㈱取締役就任

平成21年5月 当社取締役管理本部長就任

平成22年5月 当社常務取締役グループ中期経営計画・財務統括責任者就任

平成23年9月 浜勝㈱代表取締役社長就任(現)

平成23年9月 当社常務取締役就任

平成26年5月 当社専務取締役就任(現)

 

(注)4

12,606

取締役

生産部担当

佐々野 諸延

昭和35年8月18日生

昭和58年2月 当社入社

平成13年2月 当社RNPS推進室長就任

平成16年3月 当社執行役員西日本営業事業部長就任

平成22年5月 リンガーハットジャパン㈱取締役就任

平成23年10月 当社執行役員管理グループ担当兼総務人事部長就任

平成24年5月 当社取締役管理部担当兼総務人事グループ長就任

平成24年5月 当社取締役管理部担当就任

平成25年11月 当社取締役生産部担当就任(現)

 

(注)4

10,971

取締役

海外・沖縄事業本部担当

福原 扶美勇

昭和37年9月14日生

平成9年9月 当社入社

平成12年3月 当社関西中京営業部長就任

平成16年3月 当社執行役員東日本事業部長就任

平成22年6月 当社執行役員マーケティング部長就任

平成25年11月 当社執行役員海外事業本部リーダー就任

平成25年11月 Ringer Hut Hawaii Inc.社長就任(現)

平成12年12月 Ringer Hut(Thailand) Co.,Ltd.社長就任(現)

平成25年12月 Champion Foods Co.,Ltd.社長就任(現)

平成26年5月 当社取締役海外事業本部担当就任

平成27年3月 当社取締役海外・沖縄事業本部担当就任(現)

 

(注)4

6,997

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

米濵 鉦二

昭和13年1月17日生

昭和39年1月 ㈱日立製作所入社

昭和40年4月 ㈱浜かつ(昭和48年4月㈱浜勝に、昭和57年8月㈱リンガーハットに商号変更)監査役就任

昭和49年3月 ㈱浜勝(昭和57年8月㈱リンガーハットに商号変更)入社

昭和51年8月 ㈱浜勝(現㈱リンガーハット)代表取締役副社長就任

昭和54年4月 ㈱浜勝(現㈱リンガーハット)代表取締役会長就任

平成13年5月 リンガーハット開発㈱取締役就任

平成15年5月 当社取締役最高顧問就任(現)

 

(注)4

119,400

取締役

川﨑 享

昭和40年4月28日生

平成20年5月 株式会社エム・アイ・ピー入社

平成25年5月 同社代表取締役社長(現)

平成27年5月 当社取締役就任(現)

 

(注)4

1,000

取締役

金子 美智子

昭和34年6月3日生

昭和55年4月 日本航空株式会社入社

平成19年4月 同社客室乗員室長就任

平成21年4月 同社安全推進本部次長就任

平成22年4月 同社客室安全推進部長就任

平成24年5月 同社第2客室乗員部長就任

平成27年5月 同社退社

平成27年9月 当社顧問就任

平成28年5月 当社取締役就任(現)

(注)5

500

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

常勤監査役

内田 智明

昭和28年7月16日生

昭和52年12月 株式会社浜勝(現当社)入社

平成16年5月 リンガーハット情報システム株式会社(旧当社完全子会社)取締役就任

平成17年3月 当社情報システム部担当執行役員就任

平成22年6月 当社管理本部長就任

平成24年12月 当社情報システムチーム担当執行役員就任

平成28年3月 当社常勤監査役就任(現)

(注)6

2,000

監査役

上野 守生

昭和14年11月5日生

昭和51年1月 亜細亜証券株式会社(現株式会社プロネクサス)代表取締役社長

平成20年6月 株式会社プロネクサス代表取締役社長兼CEO

平成22年6月 同社代表取締役会長

平成23年5月 当社監査役就任(現)

平成27年6月 株式会社プロネクサス取締役会長(現)

(注)7

監査役

山内 信俊

昭和22年3月31日生

昭和47年4月 弁護士登録

昭和60年2月 尚和法律事務所シニアパートナー

平成14年1月 外国法共同事業ジョーンズ・デイ法律事務所東京事務所パートナー

平成27年1月 同事務所オブ・カウンセル

平成28年5月 当社監査役就任(現)

 

(注)6

2,000

279,372

(注)1.取締役川崎享、金子美智子は、社外取締役であります。

2.監査役上野守生、山内信俊は、社外監査役であります。

3.非常勤取締役米濵鉦二は、取締役会長米濵和英の兄であります。

4.平成27年5月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

5.平成28年5月25日開催の定時株主総会の締結の時から2年間

6.平成28年5月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

7.平成27年5月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

8.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。執行役員8名のうち業務執行役員は8名で、モデル店舗開発チーム担当山崎繁樹、フランチャイズ営業グループ担当井原康晴、店舗開発部担当中島吉弘、経営管理グループ担当小田昌広、営業戦略部担当川内辰雄、購買チーム担当杉野隆宏、マーケティング部担当岡野弘明、小山生産管理チーム担当執行役員種川浩之であります。

6【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】

① 企業統治の体制

 (企業統治の体制の概要と、その体制を採用する理由)

当社は監査役設置会社であり、経営上の最高意思決定機関である取締役会は、取締役9名(うち社外取締役2名)で構成され、当社の業務執行を決定し、取締役の職務の執行を監督する権限を有しており、「企業は社会の公器」という基本理念に基づき、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでおります。なお取締役の任期は、中長期的な視点に立った経営の遂行とモチベーション維持の観点より2年としております。

監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、コーポレート・ガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む経営の日常的活動の監査を行っております。

平成13年度より、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、また各事業分野の責任体制を明確にすることを目的とした執行役員制度を導入しております。執行役員は9名で、取締役会は、経営案件について、スピーディーで戦略的な意思決定と健全で適切なモニタリングの両立を行うべく、戦略の決定と事業の監督に集中することとし、執行責任を負う「役員」との機能分担の明確化を図っております。リンガーハットグループ全体に影響を及ぼすような重要事項については、常勤の取締役、監査役及び執行役員が参加し、年に数回開催される経営会議において議論し、決定されます。

また、平成17年度より設置したCSRチームにセルフチェック機能を持たせ、コンプライアンス体制をなお一層強化するとともに、さらなる取締役会の機能強化のため、週1回の頻度で常勤取締役による常勤役員会を開催し、情報交換と課題の明確化を図っております。

 

(内部統制システムの整備の状況)

  (イ) 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 当社グループの役員並びに従業員は、「リンガーハットグループ行動基準」に掲げる五つの実践訓によって形成される倫理観並びに行動基準を指針とし、企業の社会的責任(CSR)を果たし、その基礎となる法令・定款を遵守するコンプライアンス体制を推進しております。最新のCSR活動について毎年「社会・環境報告書」としてまとめ、企業倫理観の認識を共有し、コンプライアンス体制推進の一助としております。

現に、取り組んでいる最新のCSR活動についてまとめられた「社会・環境報告書」は2010年度より継続して発行され、グループ内全社で企業倫理観の認識をステークホルダーの方々と共有しながら社会的使命を果たすとともに、コンプライアンス体制推進の一助としております。

(ロ) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

 取締役は、取締役会規則並びにリンガーハットグループ役員内規の定めに従って職務を遂行し、その職務執行に係る電磁的記録を含む議事録・資料書類等については、厳重な管理のもと、適切に保管する体制を推進しております。電磁的記録の管理は「情報セキュリティー管理規定」に基づき、重要ファイルはサーバーそのものへのアクセス制限を厳重に行う措置をとっております。

(ハ) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 既存の危機管理マニュアルを十分に運用しつつ、また想定されるあらゆるリスク評価と見直しをCSRチームを中心に行っていく体制を推進しております。特に食の安全・安心の根幹である生産工場においては、ISO22000を認証取得後、その継続審査を受けることで、常に仕組みの改善と同時にリスク想定の見直しや、リスクマネジメント強化が図られています。

(ニ) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 常勤の取締役で構成する常勤役員会の設置と、職務権限規程に定める業務分掌により、各取締役が常に適正かつ効率的に職務執行ができる体制を推進しております。

 常勤役員会は毎週1回の開催を原則として実施、執行役員のほか、各部署担当者からの重要案件の報告など、風通しが良い協議の場として開催し、取締役の迅速な経営判断と効率的な業務執行ができる体制としております。

(ホ) 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 使用人のコンプライアンス体制を確保するため倫理委員会を設置し、リンガーハット・ヘルプラインを運営しながら法令・定款違反を未然に防止する体制を推進しております。

 「すべてのお客さまに、楽しい食事のひとときを、心と技術でつくるリンガーハットグループ」という企業使命観を基に、コンプライアンスも含め「人として」正しくあるべき姿や企業理念を明文化した「リンガーハットフィロソフィー」を策定し、各部朝礼で輪読し、共通の企業理念が実践される風土づくりに取り組んでおります。また、さらに理解を深める施策として「フィロソフィーセミナー」を開催し、延べ400名以上が受講いたしました。

 

(ヘ) 会社並びに親会社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

 会社あるいはリンガーハットグループ全体に影響を及ぼす重要事項については、会議開催による多面的な検討を経て慎重に決定する仕組みとして、同グループの取締役、執行役員及び監査役で構成する経営会議を開催しております。また、業務運営の状況を把握し、その改善を図るため内部監査を実施しております。

 年2回の経営合宿はもとより、グループ各社のチームリーダーの全員による全体会議を月1回開催し、重要事項に関する情報は必ず共有と確認をする体制としております。

また、内部監査室は定期的に事業子会社に対する業務の内部監査を実施し、指摘・改善に努めるとともに、個別の店舗監査結果等も主要役職者へ回覧報告されております。

(ト) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

 社長直轄の内部監査室が監査役の職務の補助を行っております。また内部監査室の人事異動及び人事考課については、監査役の同意を得たうえで決定しております。内部監査室は組織上独立しており、監査役の職務の補佐を行っております。

(チ) 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制、その他の監査役への報告に関する体制

 会社の信用失墜や業績に重大な影響を及ぼす恐れのある事項、また「リンガーハットグループ行動基準」に著しく反する事実があった場合に、リンガーハット・ヘルプラインが有効に機能し、取締役はその報告を監査役に遅滞なく報告できる体制を推進するため、ヘルプラインの通報のうち、特に会社の社会的信用に影響を及ぼす事項があった場合には、CSRチームを通じて直ちに監査役、取締役へ報告される体制が敷かれております。

(リ) その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

 監査役の独立性要件を確保するため、監査役会規則の整備をしております。また監査役は経営合宿等の重要な会議への出席ができることとしております。さらに総務人事チーム、CSRチームは必要に応じて監査役の職務を補助することができ、内部監査室及び会計監査人は、監査役との連携を図り、適切な意思疎通と監査に必要な情報の共有及び実効的な監査業務の遂行を支援しております。

 監査役会規則、監査役監査基準、内部統制関係諸規定がそれぞれ整備されております。内部監査室が総務人事チーム、CSRチームと連携して監査役を補佐することにより適正な監査体制を構築しております。

 なお、当社のコーポレート・ガバナンス体制の状況を図によって示すと次のとおりであります。

 

0104010_001.png

② 内部監査及び監査役監査の状況

当社は、内部監査室に4名を配置し、常勤監査役と協力して定期的な内部監査を行うとともに、結果を社内に公表しております。

当社の監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、コーポレート・ガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む経営の日常的活動の監査を行っております。また、監査役は株主総会や取締役会への出席や、取締役、執行役員、従業員及び会計監査人からの報告収受をはじめとする法律上の権限行使のほか、特に常勤監査役は、重要な会議への出席や事業所への往査など、実効性あるモニタリングに取り組むとともに会計監査人である新日本有限責任監査法人との連携のもと、取締役及び執行役員の業務執行を監査しております。

 

③ 社外取締役及び社外監査役

当社の社外取締役は2名であります。

社外取締役川﨑享氏は、株式会社エム・アイ・ピーの代表取締役として経営に携わりながら、経営効率の追究と企業体質の改善強化を図るNPS研究会を主宰され、多業種にわたる広範な知識と見識を有しております。

川﨑享氏は当社株式を1,000株所有しており、また、当社は川﨑享氏が代表取締役を務める株式会社エム・アイ・ピーとの間で、同社が主宰するNPS(ニュー・プロダクション・システム)研究会におけるコンサルティング契約を締結しておりますが、当事業年度における支払会費は連結販売費及び一般管理費の0.1%未満であり、一般株主と利益相反を生じるおそれのない範囲の額と判断しております。

なお、当社代表取締役会長の米濵和英は、株式会社エム・アイ・ピーの監査役を兼務しておりますが、その職務はあくまで同社の適法性監査を主とする非業務執行者の立場であり、その兼務の事実が直ちに川﨑享氏の当社における社外取締役としての独立性や当社ガバナンス体制に何ら影響を及ぼすものではないと判断しております。

社外取締役金子美智子氏は、特に安全性が厳しく求められる航空業界において、安全推進及び安全への意識づくりや、数多くの女性が活躍する客室乗務員の育成指導の最前線に携わった経験により、独自の立場での経営への監督と助言が期待され、より広い視点でのガバナンス向上に資する人財であります。

金子美智子氏は当社株式を500株所有しており、また、当社は同氏との間で顧問契約を締結しており、当事業年度における顧問料は連結販売費及び一般管理費の0.1%未満で、一般株主と利益相反を生じるおそれのない範囲の額であり、また社外取締役としての独立性やガバナンス体制に何ら影響を及ぼすものでないと判断しております。

当社の社外監査役は2名であります。

社外監査役のうち、上野守生氏はディスクロージャー支援会社である株式会社プロネクサスの経営者としての長年の経験と見識を有しております。当社と株式会社プロネクサスとの間で取引がありますが、会社法及び金商法に関する法定書類の作成であり、同氏の独立性や当社ガバナンス体制に何ら影響を与えるものではないと判断しております。また、山内信俊氏は弁護士であり、国内外における訴訟戦略や商取引等に関する高い見識と豊富な経験を有しております。当社顧問弁護士契約先のカウンセルを務めておりますが、顧問報酬の額は一般株主との利益相反を生じる恐れのない範囲の額であります。

なお、現任の社外取締役2名及び社外監査役2名は、当社コーポレート・ガバナンス原則4−9に基づく「上場規程に規定される独立性基準のクリアは無論のこと、社外ならではの独自の知見や能力を備えた人財」であると判断し、一般株主保護の観点より、一般株主と利益相反のおそれがない、コーポレート・ガバナンスを有効に機能させる役割を持つ独立役員として、東京証券取引所ならびに福岡証券取引所へ届け出ており、外部からの経営監視機能が十分に機能する体制が整っております。

 

④ 役員報酬の内容

(イ)提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数(人)

基本報酬

ストック

オプション

賞与

退職慰労金

取締役

168,570

168,570

8

監査役

(社外監査役を除く)

10,080

10,080

1

社外役員

6,000

6,000

2

(注)なお、当社の取締役報酬限度額は、平成13年1月23日開催の臨時株主総会決議において、月額30百万円以内と決議されております。

(ロ)提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

   連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

(ハ)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

   当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。

 

⑤ 株式の保有状況

(イ)保有目的が純投資以外の目的である投資株式

 銘柄数             20銘柄

 貸借対照表計上額の合計額 1,633,159千円

(ロ)保有目的が純投資以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

   前事業年度

    特定投資株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

 保有目的

㈱ハチバン

1,526,000

897,288

資本業務提携

岩塚製菓㈱

50,000

317,500

取引先との連携強化

㈱十八銀行

324,400

124,569

金融機関との連携強化

㈱キッツ

200,000

121,400

取引先との連携強化

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

120,000

93,324

金融機関との連携強化

㈱ふくおかフィナンシャルグループ

127,400

81,663

金融機関との連携強化

㈱西日本シティ銀行

120,000

45,960

金融機関との連携強化

㈱南陽

16,000

21,600

取引先との連携強化

イオン㈱

5,270

6,743

取引先との連携強化

㈱昭和鉄工

30,000

6,420

取引先との連携強化

   当事業年度

    特定投資株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

 保有目的

㈱ハチバン

1,526,000

959,854

取引先との連携強化

岩塚製菓㈱

50,000

272,000

取引先との連携強化

㈱キッツ

200,000

94,600

取引先との連携強化

㈱十八銀行

324,400

82,073

金融機関との連携強化

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

120,000

58,392

金融機関との連携強化

㈱ふくおかフィナンシャルグループ

127,400

45,609

金融機関との連携強化

㈱西日本シティ銀行

120,000

24,480

金融機関との連携強化

㈱南陽

16,000

12,416

取引先との連携強化

イオン㈱

6,061

8,971

取引先との連携強化

㈱昭和鉄工

30,000

5,400

取引先との連携強化

 

⑥ 会計監査の状況

会計監査につきましては、新日本有限責任監査法人と監査契約を締結しております。当期において、業務を執行した公認会計士は次のとおりであります。

公認会計士の氏名等

所属する監査法人名

指定有限責任社員・業務執行社員

森 行一

 新日本有限責任監査法人

矢野 真紀

(注)継続監査年数については、7年を超える者がおりませんので記載を省略しております。

なお、当社の会計監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりです。

 公認会計士11名 その他12名
 また、当社と会計監査人新日本有限責任監査法人とは、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額としております。

⑦ 責任限定契約の内容

 当社と社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額を上限としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外監査役がその職務を行うにつき善意でありかつ重大な過失がないときに限られております。

 

⑧ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

 

⑨ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

(イ) 自己株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議により自己株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応して機動的な資本政策の遂行を可能にすることを目的とするものであります。

(ロ) 中間配当

当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議により毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能とするためであります。

 

⑩ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【監査報酬の内容等】

①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

38,000

38,000

連結子会社

38,000

38,000

 

②【その他重要な報酬の内容】

     該当事項はありません。

 

③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

     該当事項はありません。

 

④【監査報酬の決定方針】

     監査に要する日数及び時間を勘案した上、決定しております。





出典: 株式会社リンガーハット、2016-02-29 期 有価証券報告書