有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第49期

第50期

第51期

第52期

第53期

決算年月

平成15年3月

平成16年3月

平成17年3月

平成18年3月

平成19年3月

売上高

(千円)

18,362,108

17,218,988

16,500,120

16,291,876

16,390,368

経常利益又は

経常損失(△)

(千円)

1,292,411

893,179

401,117

△119,044

145,192

当期純利益又は

当期純損失(△)

(千円)

559,541

313,892

60,408

△785,074

△901,130

持分法を適用した

場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

3,975,062

3,975,062

3,975,062

3,975,062

3,975,062

発行済株式総数

(株)

14,645,584

14,645,584

14,645,584

14,645,584

14,645,584

純資産額

(千円)

10,559,479

10,760,202

10,674,527

9,399,949

8,381,204

総資産額

(千円)

13,981,038

13,578,469

13,552,627

12,762,609

11,976,032

1株当たり純資産額

(円)

718.62

733.11

729.45

642.49

572.93

1株当たり配当額

(内1株当たり

中間配当額)

(円)

(円)

12.00

(5.00)

8.00

(3.00)

8.00

(3.00)

5.00

(—)

5.00

(—)

1株当たり当期純利益

又は当期純損失(△)

(円)

35.48

19.40

4.13

△53.65

△61.60

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

75.5

79.2

78.8

73.7

70.0

自己資本利益率

(%)

5.4

2.9

0.6

△8.4

△10.8

株価収益率

(倍)

14.1

25.8

123.3

配当性向

(%)

33.8

41.2

193.8

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,150,430

1,320,569

821,028

748,900

437,679

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

△1,272,406

△662,449

△474,443

△1,483,804

△118,435

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

△302,483

△611,259

18,239

△162,677

176,028

現金及び現金同等物

の期末残高

(千円)

2,848,135

2,894,995

3,259,820

2,362,239

2,857,511

従業員数

(外、平均臨時

雇用者数)

(名)

360

(2,164)

344

(2,038)

350

(2,024)

375

(2,053)

383

(1,984)

(注) 1 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、「連結経営指標等」については記載しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 持分法を適用すべき関連会社はありません。

4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。

5 純資産額の算定にあたり、第53期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。

 

2 【沿革】

当社は、日本フードサービス株式会社(実質上の存続会社)の株式の額面金額の変更のため、昭和53年8月1日を合併期日として、同社を吸収合併いたしました。

合併前の当社は休業状態であり、したがって法律上消滅した日本フードサービス株式会社が実質上の存続会社であるため、会社の沿革につきましては、実質上の存続会社について記載しております。

 

昭和29年8月

大阪市浪速区霞町に、資本金500千円をもって株式会社すし半を設立し、すし専門店「すし半新世界店」を経営。

昭和34年6月

商号を河重産業株式会社に変更。

昭和43年6月

商号を日本フードサービス株式会社に変更。

昭和46年8月

日本ファーストフードサービスインダストリ株式会社(資本金10,000千円、大阪市浪速区)を吸収合併。

昭和46年10月

大阪府大東市に、郊外型大型レストラン1号店「ステーキ日本大東店」、和食レストラン「すし半大東店」出店。

昭和47年4月

本店を大阪市浪速区恵美須町に移転。

昭和49年3月

大阪府門真市に巣本工場新設。

昭和52年1月

「ステーキ日本」をファミリーレストラン「フレンドリー」に業態を変更。ファミリーレストランのチェーン展開を開始。

昭和53年8月

株式の額面金額変更のため日本フードサービス株式会社(旧商号陸水組)に吸収合併。

同時にダイトチ株式会社、東京フードサービス株式会社、日本食品販売株式会社と同時合併。

昭和53年10月

本店を大阪府大東市寺川に移転。野崎工場を建設。巣本工場設備を移転。

昭和59年8月

大阪府堺市に、居酒屋風シーフードレストラン1号店「ボンズ鳳店」出店。

昭和60年4月

商号を株式会社フレンドリーに変更。

昭和61年11月

大阪証券取引所市場第二部に株式上場。

昭和62年4月

大阪市淀川区宮原に新大阪本社事務所を設置。

昭和62年5月

野崎工場増設完了。

昭和62年7月

全額出資の子会社エフ・アール興産株式会社を設立。

平成5年8月

大阪市淀川区宮原新大阪本社事務所を廃止。大東市の本店へ統合。

平成9年4月

居酒屋風シーフードレストラン「ボンズ」を和食レストラン「団欒れすとらん・ボンズ」に業態を転換。

平成14年2月

野崎工場ISO9002認証取得

平成15年3月

野崎工場ISO9001認証取得

平成15年4月

品質保証システム構築

平成17年3月

大阪府東大阪市に和み料理と味わいの酒1号店「土筆んぼう布施南口駅前店」を出店。

平成17年4月

大阪府枚方市に産直鮮魚と寿司・炉端1号店「源ぺい東香里店」を出店。

平成17年7月

大阪府堺市にしゃぶしゃぶ・鍋 季節の和膳1号店「竹○屋堺宿院店」を出店。

平成18年3月

大阪府東大阪市にダイニング・ビュッフェ1号店「い〜とみ〜と長田店」を出店。

 

3 【事業の内容】

当社の企業集団は、当社及び子会社1社で構成されており、ファミリーレストラン業を主な内容とする事業活動を展開しております。

当グループの事業に係る位置づけは次のとおりであります。

ファミリーレストラン事業

  当社は、西欧料理主体の「ファミリーレストラン フレンドリー」、和食主体の「団欒れすとらん ボンズ」、「産直鮮魚と寿司・炉端 源ぺい」、「ダイニングビュッフェ い〜とみ〜と」、「しゃぶしゃぶ・鍋 季節の和膳 竹○屋」、都市型居酒屋の「和み料理と味わいの酒 土筆んぼう」の6業態を展開しております。なお、「イタリアンレストラン イルパローネ」は事業から撤退いたしました。

その他

  子会社エフ・アール興産株式会社は、当社で調理販売する食料品、酒類および飲料の一部を納入しております。

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 

4 【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成19年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

383

(1,984)

34.8

9.6

4,707

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数欄の(外書)は臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(2) 労働組合の状況

昭和58年7月1日にフレンドリー労働組合を結成しております。

平成19年3月31日現在における組合員数は358人で、上部団体としてUIゼンセン同盟フードサービス部会に属しております。

なお、労使関係は円満な関係を持続しております。

 





出典: 株式会社フレンドリー、2007-03-31 期 有価証券報告書