有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
(1)連結経営指標等
回次
第59期
第60期
第61期
第62期
第63期
決算年月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
平成19年3月
売上高(千円)
11,464,984
9,559,359
8,270,346
7,816,040
6,602,543
経常利益又は経常損失(△)(千円)
△434,315
212,156
297,881
337,035
325,425
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△1,630,990
177,171
138,703
202,193
229,791
純資産額(千円)
3,209,485
3,927,802
4,025,589
4,350,105
4,403,014
総資産額(千円)
10,174,872
7,890,314
7,910,590
7,242,147
6,145,376
1株当たり純資産額(円)
274.23
227.02
232.73
251.64
254.78
1株当たり当期純利益又は
当期純損失(△)(円)
△137.81
10.82
8.02
11.69
13.30
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益(円)
自己資本比率(%)
31.5
49.8
50.9
60.1
71.7
自己資本利益率(%)
5.0
3.5
4.8
5.2
株価収益率(倍)
15.0
27.8
24.2
14.4
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)
△1,008,020
△28,584
654,980
542,371
436,925
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)
227,173
1,405,126
106,646
42,732
△31,659
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)
△819,117
△1,164,119
△87,199
△1,188,856
△1,187,620
現金及び現金同等物の期末
残高(千円)
2,123,044
2,335,467
3,009,894
2,406,142
1,623,788
従業員数
〔外、平均パ−トタイマ−〕(名)
613
〔386〕
529
〔348〕
504
〔261〕
493
〔260〕
441
〔247〕 
 (注)1 売上高には消費税等を含んでおりません。
2 自己資本利益率、株価収益率の第59期は、当期純損失のため記載しておりません。
3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第59期は当期純損失が計上されているため、第60期、第61期、第62期及び第63期は潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
 
(2)提出会社の経営指標等
回次
第59期
第60期
第61期
第62期
第63期
決算年月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
平成19年3月
売上高(千円)
390,371
474,982
481,068
507,086
368,029
経常利益又は経常損失(△)(千円)
△12,090
112,754
155,561
214,028
138,211
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△1,887,585
149,282
104,645
127,693
125,549
資本金(千円)
2,514,760
2,727,560
2,727,560
2,727,560
2,727,560
発行済株式総数(株)
12,444,715
18,044,715
18,044,715
18,044,715
18,044,715
純資産額(千円)
3,440,063
4,130,487
4,194,088
4,444,003
4,392,902
総資産額(千円)
9,259,900
7,073,922
6,979,388
6,310,929
5,291,481
1株当たり純資産額(円)
293.93
238.74
242.48
257.07
254.19
1株当たり配当額
(内1株当たり中間配当額)(円)
(−)
5
(−)
5
(−)
5
(−)
7
(−)
1株当たり当期純利益又は
当期純損失(△)(円)
△159.49
9.11
6.05
7.38
7.26
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益(円)
自己資本比率(%)
37.2
58.4
60.1
70.4
83.0
自己資本利益率(%)
3.90
2.50
2.96
2.86
株価収益率(倍)
17.80
36.90
38.35
26.40
配当性向(%)
54.80
82.60
67.75
96.42
従業員数
〔外、平均パ−トタイマ−〕(名)
18
〔2〕
17
〔2〕
15
〔−〕 
13
〔1〕 
13
〔1〕 
 (注)1 売上高には消費税等を含んでおりません。
2 自己資本利益率、株価収益率および配当性向の第59期は、当期純損失のため記載しておりません。
3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第59期は当期純損失が計上されているため、第60期、
第61期、第62期及び第63期は潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
 
2【沿革】
年月
事項
明治40年5月
山形屋洋服店を創業。
昭和21年11月
株式会社山形屋を設立。
昭和37年1月
東京オーダーソーイング株式会社設立(昭和45年5月に商号を日本ソーイング株式会社に変更)。
昭和46年1月
株式会社ギンザヤマガタを設立し、チェーンストア展開。
昭和47年1月
ジェスロ株式会社設立(現・日本ソーイング株式会社[工場]連結子会社)。
昭和55年3月
株式会社ギンザヤマガタを吸収合併し、商号を株式会社銀座山形屋に変更。
昭和57年1月
日本ソーイング株式会社は、受注センターを4社に分社。
昭和58年2月
日本ソーイング株式会社は、受注センター会社4社を合併。(日本ソーイング株式会社[受注センター](平成12年3月31日解散))。
昭和58年3月
日本ソーイング株式会社を吸収合併。
昭和62年9月
株式を店頭登録。
昭和63年9月
株式会社(旧)銀座ファッションを設立(平成12年3月6日清算結了)
昭和63年10月
株式会社東京ファッションを設立(平成12年3月6日清算結了)
平成4年12月
株式会社ワイズを設立。
平成5年7月
株式会社ベネックスを設立。
平成7年10月
株式会社ワイズの本店を札幌市に移転し、商号を日本ソーイング北海道株式会社に変更(連結子会社)(平成16年3月2日清算結了)
平成9年9月
株式会社ベネックスの商号を株式会社プロデュースに変更。
平成10年12月
株式会社アルファベッツを設立。
平成11年9月
株式会社銀座ファッション(平成17年10月25日清算結了)を東京都中央区に設立(連結子会社)
(平成17年10月25日清算結了)し、同年10月、解散した旧銀座ファッションおよび旧東京ファッ
ションの事業を承継。
平成12年3月
株式会社銀座ファッションの本店を岩手県一戸町に移転
株式会社アルファベッツの商号を株式会社エルメックス・ハウスに変更(連結子会社)。
平成13年4月
株式会社銀座山形屋リテイリング(平成15年12月24日精算結了)、株式会社ウィングロード、
株式会社ジー・ワイ・トレーディング(現 株式会社銀座山形屋トレ−ディング)、
株式会社ヴァイソム、株式会社ディーエイチエス、株式会社シンパシー(平成15年12月24日清算
結了)を設立(各連結子会社)。
平成13年7月
紳士服販売事業を子会社に譲渡し、持株会社となる。
平成14年4月
株式会社プロデュースの営業全部を日本ソーイング株式会社に譲渡し、商号を株式会社服装計画舎(平成15年12月24日清算結了)に変更。
平成15年4月
株式会社シンパシー(平成15年12月24日清算結了)の営業全部を㈱リベラルの100%出資子会
社(当社グループ外)へ譲渡。
平成15年5月
第三者割当の方法により560万株(増資後資本金2,727,560千円)の増資を行う。
平成16年12月
平成18年8月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
株式会社エルメックス・ハウスの事業を撤退 




出典: 株式会社銀座山形屋、2007-03-31 期 有価証券報告書