有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第46期

第47期

第48期

第49期

第50期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(百万円)

296,089

294,234

295,180

300,225

299,229

経常利益

(百万円)

5,519

5,434

6,032

7,926

8,309

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

1,781

2,349

2,994

3,550

4,812

包括利益

(百万円)

2,690

4,553

4,647

2,547

5,928

純資産額

(百万円)

55,065

59,088

64,149

65,271

70,667

総資産額

(百万円)

151,713

156,292

161,448

157,550

158,589

1株当たり純資産額

(円)

1,560.77

1,674.83

1,814.73

1,846.06

1,998.39

1株当たり
当期純利益金額

(円)

50.48

66.59

84.87

100.63

136.42

潜在株式調整後
1株当たり
当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

36.2

37.8

39.6

41.3

44.4

自己資本利益率

(%)

3.2

4.1

4.8

5.4

7.0

株価収益率

(倍)

36.2

25.4

24.9

19.9

17.5

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

9,221

10,625

11,240

10,026

9,687

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

6,617

7,542

5,507

3,141

6,533

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

3,160

3,272

4,318

6,237

2,713

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

5,411

5,222

6,993

7,640

8,081

従業員数
(外、平均時間給制
社員数)

(人)

2,764

2,707

2,939

2,880

2,874

(7,106)

(6,905)

(6,666)

(6,270)

(5,904)

 

(注) 1 売上高には、消費税等を含めていません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

3 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成25年9月13日 企業会計基準第21号)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としています。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第46期

第47期

第48期

第49期

第50期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(百万円)

296,161

293,112

291,710

296,156

294,791

経常利益

(百万円)

4,823

4,601

4,259

5,854

5,896

当期純利益

(百万円)

1,366

1,866

1,938

2,292

3,179

資本金

(百万円)

15,921

15,921

15,921

15,921

15,921

発行済株式総数

(株)

35,300,560

35,300,560

35,300,560

35,300,560

35,300,560

純資産額

(百万円)

53,461

56,916

59,903

60,692

63,940

総資産額

(百万円)

142,249

145,166

147,814

145,061

144,797

1株当たり純資産額

(円)

1,515.31

1,613.27

1,697.99

1,720.37

1,812.48

1株当たり配当額
(1株当たり
中間配当額)

(円)

15.00

15.00

15.00

15.00

15.00

(7.50)

(7.50)

(7.50)

(7.50)

(7.50)

1株当たり
当期純利益金額

(円)

38.72

52.91

54.94

64.98

90.11

潜在株式調整後
1株当たり
当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

37.5

39.2

40.5

41.8

44.1

自己資本利益率

(%)

2.5

3.3

3.3

3.8

5.1

株価収益率

(倍)

47.2

32.0

38.5

30.8

26.6

配当性向

(%)

38.7

28.3

27.3

23.0

16.6

従業員数
(外、平均時間給制
社員数)

(人)

2,036

1,953

1,820

1,754

1,716

(5,211)

(4,869)

(4,423)

(4,101)

(3,819)

 

(注) 1 売上高には、消費税等を含めていません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

 

 

2 【沿革】

当社(昭和25年4月21日山陽興業株式会社として設立し、昭和52年11月1日合併を前提に株式会社フジに商号変更)は、愛媛県松山市宮西一丁目2番1号の株式会社フジ(旧株式会社フジ)の株式額面金額500円を50円に変更するため、昭和53年3月1日を合併期日として、同社を吸収合併しました。

合併前の当社は、休業状態であり、旧株式会社フジが実質上の存続会社であるため、以下の記載事項は、実質上の存続会社について記載しています。

昭和42年9月
   

    10月

チェーンストアの展開を目的として、十和㈱(現㈱ヨンドシーホールディングス)の全額出資により資本金200千円にて、松山市湊町に㈱フジを設立。

愛媛県宇和島市に第1号店となる宇和島店を開設。

昭和48年3月

昭和49年10月

本店所在地を松山市宮西に移転。

大東青果㈱(現㈱フジ・アグリフーズ、連結子会社)を設立。

昭和53年3月

 

 

㈱フジ(旧商号 山陽興業㈱)と、株式額面金額変更のため合併。
同時に関連5法人(㈱フジ〔宇和島市〕、㈱トーワフジマート、㈱フジマート、フジ青果㈱、㈱フジ津島店)を吸収合併。

昭和55年5月

㈱セトスイ・フードサービス(㈱フジデリカ・クオリティ、連結子会社)を設立。

昭和56年9月

高陽店を開設(広島県第1号店)。

昭和58年10月

自社カードを発行し、クレジット契約販売を開始。

昭和59年4月

    10月

    11月

㈱フォードフジ(現㈱フジモータース)を設立。

㈱フジ・トラベル・サービス(連結子会社)を設立。

中村店を開設(高知県第1号店)。

昭和60年2月

㈱メディコ・二十一を設立し、薬局・化粧品部門を分離独立。

昭和62年4月

    10月

岩国店を開設(山口県第1号店)。

広島証券取引所に株式を上場。

昭和63年11月

大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。

平成5年2月

㈱オリックスレンタカー四国(現㈱フジ・レンタリース)を設立。

平成7年3月

㈱西南企画(連結子会社)を設立。

平成9年8月

東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部に株式を上場。

平成10年7月

 

㈱フジファミリーフーズ(連結子会社)を設立し、外食事業部門を分離独立。

㈱フジセキュリティ(連結子会社)を設立。

平成11年7月

フジグラン丸亀を開設(香川県第1号店)。

平成13年11月

フジグラン北島を開設(徳島県第1号店)。

平成19年10月

㈱ユーミーケアを設立。

平成20年4月

    9月

 

愛媛県伊予郡松前町にエミフルMASAKIを開設。

㈱メディコ・二十一は株式交換により、㈱レデイ薬局(持分法適用関連会社)の完全子会社となる。

平成21年6月

 

フジ・TSUTAYA・エンターテイメント㈱(連結子会社)を設立し、DVD・CD・書籍の小売及びレンタル部門を分離独立。

平成22年3月

    

    9月

㈱セトスイ・フードサービスにデリカ事業を統合、商号変更し、㈱フジデリカ・クオリティ(連結子会社)として事業を開始。

㈱レデイ薬局が㈱メディコ・二十一を吸収合併。

平成24年6月

    12月

㈱フジ・カードサービス(連結子会社)を設立し、クレジットカード事業部門を分離独立。

㈱スーパーふじおかから㈱フジマート(連結子会社)の全株式を取得。

平成25年3月

    5月

    12月

 

大東青果㈱を商号変更し、㈱フジ・アグリフーズとして事業を開始。

共同出資により㈱フジファームを設立。

㈱フジ・スポーツ&フィットネス(連結子会社)を設立し、総合フィットネスクラブ事業部門を分離独立。

平成26年7月

 

㈱エービーシー及び㈱スーパーゼットが運営していた店舗の譲受会社として、㈱フジマート四国(連結子会社)を設立し、事業を開始。

平成28年1月

共同出資により㈱フジすまいるファーム飯山を設立。

 

 

 

3 【事業の内容】

当企業集団(当社及び当社の関係会社)は、株式会社フジ(当社)及び子会社20社、関連会社2社及びその他の関係会社2社で構成され、総合小売業を中心に生活提案型の事業活動を展開しています。

当企業集団の事業の内容とセグメントとの位置付けは、次のとおりです。

セグメントの名称

事業の内容

会社名

小売事業

総合小売業

当社

 

DVD・CD・書籍の小売
及びレンタル業

フジ・TSUTAYA・エンターテイメント株式会社

 

スーパーマーケット

株式会社フジマート

 

スーパーマーケット

株式会社フジマート四国

 

自動車販売業

株式会社フジモータース

 

医薬品化粧品等小売業

株式会社レデイ薬局

小売周辺事業

食品製造・加工販売業

株式会社フジデリカ・クオリティ

 

食品加工業

株式会社フジ・ハートデリカ

 

容器・機械等の洗浄・清掃業

株式会社フジ・ハートクリーン

 

飲食業

株式会社フジファミリーフーズ

 

クレジットカード事業

株式会社フジ・カードサービス

 

総合フィットネスクラブ事業

株式会社フジ・スポーツ&フィットネス

 

青果卸売業

株式会社フジ・アグリフーズ

 

前払式特定取引業

株式会社フジ友の会

 

農業

株式会社フジファーム

 

総合卸売業

株式会社アスティ

その他

不動産賃貸業

株式会社西南企画、株式会社アクトピア企画

 

総合ビルメンテナンス業

株式会社フジセキュリティ

 

清掃業

株式会社FNクリーン

 

一般旅行業

株式会社フジ・トラベル・サービス

 

自動車賃貸業

株式会社フジ・レンタリース

 

介護サービス業

株式会社ユーミーケア

 

障がい福祉サービス事業

株式会社フジすまいるファーム飯山

 

純粋持株会社

株式会社ヨンドシーホールディングス

 

 

 

事業の系統図は、次のとおりです。


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な
事業の内容

議決権の
所有又は
被所有割合

関係内容

役員の兼任(人)

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

所有
割合(%)

被所有
割合(%)

当社役員

当社
従業員

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

㈱フジデリカ・クオリティ

愛媛県
松山市

44

小売周辺事業

100.00

(4.54)

1

2

債務の保証

商品の仕入

店舗の賃貸

㈱フジ・トラベル・
サービス

愛媛県
松山市

300

その他

100.00

1

1

債務の保証

店舗の賃貸

店舗の賃貸

㈱西南企画

愛媛県
松山市

50

その他

100.00

4

資金の貸付

店舗の賃借

土地の賃貸
店舗の賃借

㈱フジファミリーフーズ

愛媛県
松山市

100

小売周辺事業

100.00

1

資金の貸付

歩合制出品
契約に基づく
仕入

店舗の賃貸

フジ・TSUTAYA・
エンターテイメント㈱

愛媛県
松山市

250

小売事業

66.60

2

資金の貸付

歩合制出品
契約に基づく
仕入

店舗の賃貸

㈱フジ・カードサービス

愛媛県
松山市

150

小売周辺事業

100.00

1

業務の委託

店舗の賃貸

㈱フジマート

広島県
安芸郡
坂町

50

小売事業

100.00

2

1

商品の供給

店舗の賃貸

㈱フジ・スポーツ&
フィットネス

愛媛県
松山市

30

小売周辺事業

100.00

1

店舗の賃貸

店舗の賃貸

㈱フジ・アグリフーズ

愛媛県
松山市

10

小売周辺事業

100.00

2

商品の仕入

店舗の賃貸

㈱フジセキュリティ

愛媛県
松山市

66

その他

77.51

(9.00)

2

1

業務の委託

㈱フジマート四国

愛媛県
松山市

50

小売事業

100.00

1

4

商品の供給

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

㈱レデイ薬局

愛媛県
松山市

598

小売事業

49.00

1

債務の保証

店舗の賃貸

店舗の賃貸

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

㈱ヨンドシー
ホールディングス

東京都
品川区

2,486

その他

12.36

(0.86)

22.63

(22.63)

㈱アスティ

広島市
西区

100

小売周辺事業

22.63

商品の仕入

店舗の賃借

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しています。

2 上記の連結子会社は、いずれも特定子会社には該当しません。

3 上記の連結子会社は、いずれも有価証券届出書または有価証券報告書を提出していません。

4 株式会社ヨンドシーホールディングスは、有価証券報告書提出会社です。

5 議決権の所有割合又は被所有割合の( )内は、それぞれ間接所有割合又は間接被所有割合で内数です。

6 主要な損益情報等は、全ての連結子会社について売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が100分の10を超えていないため記載していません。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年2月28日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

小売事業

1,527

(4,104)

小売周辺事業

488

(1,599)

その他

350

(33)

全社(共通)

509

(168)

合計

2,874

(5,904)

 

(注) 1 従業員数は、就業人員です。

2 従業員数欄の( )内は外書きで、時間給制社員(アルバイト除く)の年間平均雇用人員です。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年2月28日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,716

(3,819)

40.2

18.7

4,856

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

小売事業

1,384

(3,705)

全社(共通)

332

(114)

合計

1,716

(3,819)

 

(注) 1 従業員数は、就業人員です。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含めています。

3 従業員数欄の( )内は外書きで、時間給制社員(アルバイト除く)の年間平均雇用人員です。

 

(3) 労働組合の状況

 当社グループ(当社及び連結子会社)には、フジグループ労働組合連合会、フジマート労働組合が組織され、UAゼンセンに加盟しています。労使関係は円滑に推移しており特記すべき事項はありません。

 





出典: 株式会社フジ、2017-02-28 期 有価証券報告書