有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部  【企業情報】

 

第1  【企業の概況】

 

1  【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(千円)

131,548,426

149,101,959

160,545,632

169,398,042

172,881,998

経常利益

(千円)

1,682,953

1,763,444

538,694

3,194,369

4,150,755

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

41,213

393,593

212,119

1,310,344

2,034,716

包括利益

(千円)

74,104

433,168

202,174

845,421

1,845,293

純資産額

(千円)

13,389,929

16,140,275

16,048,206

16,396,424

17,879,591

総資産額

(千円)

38,130,218

44,671,630

48,877,269

47,991,187

49,160,672

1株当たり純資産額

(円)

523.93

499.51

494.36

515.59

561.50

1株当たり当期純利益金額

(円)

1.62

12.43

6.70

41.42

64.40

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
金額

(円)

1.62

12.39

6.68

41.29

64.20

自己資本比率

(%)

34.9

35.4

32.0

33.9

36.1

自己資本利益率

(%)

0.3

2.7

1.3

8.2

12.0

株価収益率

(倍)

524.5

92.7

182.1

27.0

18.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,913,739

4,763,601

3,234,377

5,715,184

5,102,583

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,607,362

3,520,312

3,519,393

3,877,767

4,713,258

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

531,355

250,278

398,976

1,318,534

1,170,971

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,142,371

2,910,152

3,062,939

3,584,739

2,768,122

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

943

1,243

1,378

1,364

1,355

(3,546)

(4,788)

(5,249)

(5,396)

(5,474)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員数を表示しております。なお、従業員数欄の(外書)は臨時従業員(パートタイマー等で勤務時間1日8時間換算による)の年間平均雇用人員(決算期変更により第40期は13ヵ月の平均)であります。

3 当社は、平成24年4月19日開催の第39期定時株主総会において、定款の一部変更を決議し、決算期を1月31日から2月末日に変更いたしました。従いまして、第40期は平成24年2月1日から平成25年2月28日までの13ヵ月間となっております。

4 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(千円)

131,139,110

148,445,176

158,830,940

167,195,744

171,220,654

経常利益

(千円)

1,721,985

1,869,661

1,070,814

3,665,739

4,319,239

当期純利益

(千円)

113,982

477,329

503,169

846,317

1,759,147

資本金

(千円)

3,850,498

3,950,498

3,950,498

3,950,498

3,950,498

発行済株式総数

(株)

25,510,623

31,734,623

31,734,623

31,734,623

31,734,623

純資産額

(千円)

13,219,101

15,767,291

15,974,510

16,226,944

17,669,974

総資産額

(千円)

37,709,834

43,861,028

48,236,432

47,264,701

48,472,783

1株当たり純資産額

(円)

517.21

495.72

502.01

511.33

556.66

1株当たり配当額

(内1株当たり中間配当額)

(円)
(円)

10

12

12

12

14

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり当期純利益
金額

(円)

4.48

15.08

15.89

26.75

55.68

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
金額

(円)

4.47

15.03

15.84

26.67

55.50

自己資本比率

(%)

34.9

35.8

33.0

34.2

36.3

自己資本利益率

(%)

0.9

3.3

3.2

5.3

10.4

株価収益率

(倍)

189.7

76.4

76.8

41.8

21.8

配当性向

(%)

223.1

79.6

75.5

44.9

25.1

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

906

1,073

1,170

1,170

1,234

(3,378)

(4,583)

(5,019)

(5,153)

(5,260)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員数を表示しております。なお、従業員数欄の(外書)は臨時従業員(パートタイマー等で勤務時間1日8時間換算による)の年間平均雇用人員(決算期変更により第40期は13ヵ月の平均)であります。

3 当社は、平成24年4月19日開催の第39期定時株主総会において、定款の一部変更を決議し、決算期を1月31日から2月末日に変更いたしました。従いまして、第40期は平成24年2月1日から平成25年2月28日までの13ヵ月間となっております。

4 平成26年2月期の1株当たり配当額12円には、マックスバリュ中京株式会社との合併記念配当2円を含んでおります。

 

 

2  【沿革】

昭和22年2月に中西久雄が三重県松阪市船江町において、個人営業による青果店を開業し、昭和34年2月に法人組織に改組し有限会社八百久食料品店を設立いたしました。昭和39年10月には松阪市川井町に郊外型スーパー第1号店を開店しました。その後、昭和42年5月に社名を有限会社八百久フードセンターに変更し、松阪市内、飯南郡(現松阪市)及び多気郡に順次10店舗を開店し業容の拡大を続けてまいりました。

昭和44年7月に三重給配株式会社(現デリカ食品株式会社、連結子会社)を設立し、豆腐、惣菜等の商品の安定供給体制を確立しました。

昭和48年8月には、営業と不動産管理の分離を目的として、有限会社八百久フードセンターから営業権及び商品、器具備品等の資産を譲り受け、株式会社八百久(資本金80,000千円、現マックスバリュ中部株式会社)を設立いたしました。

以降、現在に至るまでの概況は次のとおりであります。

昭和58年2月  CIを導入し、株式会社八百久の社名をフレックス株式会社に変更する。

昭和62年11月  名古屋証券取引所市場第二部に上場する。

平成11年10月  平成11年10月1日をもって、株式会社アコレ及び中部ウェルマート株式会社と合併し、社名をフレックスアコレ株式会社に変更する。

平成12年10月  平成12年10月1日をもって、社名をマックスバリュ中部株式会社に変更する。

平成13年8月  イオン株式会社より分社型吸収分割方式により、2店舗を承継する。

平成15年6月  イオン株式会社による当社株式の公開買付けの実施により、イオン株式会社の連結子会社となる。

平成18年5月  株式会社ナフコはせ川(マックスバリュ名古屋株式会社に社名変更)の全株式を取得し、子会社化する。

平成19年10月  マックスバリュ名古屋株式会社を吸収合併する。

平成21年3月  朝日株式会社より三重県内の2店舗を譲り受ける。

平成22年8月  ディスカウント業態1号店として、「ザ・ビッグ エクスプレス荒子店」をオープンする。

平成23年10月  北勢プロセスセンター(三重県四日市市)を稼動する。

平成25年3月  マックスバリュ中京株式会社を吸収合併する。

        100店舗目をオープンする。

平成25年4月  中国江蘇省に永旺(中国)投資有限公司と合弁で永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司(連結子会社)を設立する。

平成25年5月  本店を三重県松阪市大口町185番地の1から名古屋市中区錦一丁目18番22号へ移転する。

平成25年12月  中国江蘇省蘇州市に食品スーパーマーケット1号店をオープンする。

平成26年4月  イオンマーケット株式会社から愛知県下の6店舗の事業を譲り受ける。

平成26年6月  株式会社光洋よりマックスバリュ膳所店を譲り受ける。

平成29年2月  店舗数は、愛知県2店舗、三重県1店舗の合計3店舗を新設し、国内の店舗数は115店舗となる。

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社2社により構成されており、国内においては愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県を、海外においては中国江蘇省を販売拠点とする食品スーパーマーケット業です。

また、当社は、イオン株式会社の子会社であり、イオン株式会社を中心とするイオングループの中で基幹事業の1つであるスーパーマーケット事業を営み、イオングループとの連携を深めながら、将来においてローカルチェーンからリージョナルチェーンへの転換をすべく経営基盤の強化と事業規模の拡大に努めております。
 なお、当社グループは、イオングループ各社との間で、イオングループ開発商品(トップバリュ)等の供給、店舗の維持管理に関わる取引や当社店舗へのテナント入店等の取引を行っておりますが、「商品小売事業及びこれに付随する事業」の単一セグメントであります。

当社グループが営んでいる主な事業内容は次のとおりです。

 (当社)
  食品スーパーマーケット事業を主体とし、その他これに付随する店舗等の不動産賃貸業務    

 (親会社)

イオン株式会社:純枠持株会社

 (連結子会社)

永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司:中国江蘇省での食品スーパーマーケット事業

デリカ食品株式会社:惣菜・豆腐等の製造業及び配送業

(注)フレックスオートライフ株式会社は平成29年2月13日付で清算結了いたしました。

以上に述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりです。


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有(被所有)割合

関係内容

所有割合(%)

被所有割合(%)

(親会社)

 

 

 

 

 

 

イオン㈱ 

(注)1

千葉県千葉市

美浜区

220,007,000

純粋持株会社

66.90

・当社へブランド、情報の提供

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司

(注)2

中華人民共和国江蘇省

120,000

千人民元

食品スーパーマーケット事業

73.33

・役員の兼任 3人

デリカ食品㈱

三重県松阪市

20,000

惣菜・豆腐等の製造

100.00

・当社から工場施設の賃借

・当社へ製品の供給

・役員の兼任 2人

 

(注)1 イオン㈱は有価証券報告書を提出しております。

  2 永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司は特定子会社であります。

  3 前連結会計年度において連結子会社であったフレックスオートライフ㈱は当連結会計年度において清算結了したことにより、連結の範囲から除外しております。ただし清算結了までの損益計算書は連結しております。

 

5  【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

当社グループは、商品小売事業及びこれに付随する業務の単一事業であるため、従業員数は店舗等と管理部門に区分して記載しております。

(平成29年2月28日現在)

区分

従業員数(人)

店舗等

1,274

(5,452)

管理部門

81

(22)

合計

1,355

(5,474)

 

(注) 1 従業員数は就業人員(当社グループからの出向者を除き、受入出向者を含む)であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(パートタイマー等で勤務時間1日8時間換算による)の年間平均雇用人員であります。

 

(2) 提出会社の状況

(平成29年2月28日現在)

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

1,234

(5,260)

42.1

13.8

5,593,515

 

(注) 1 従業員数は就業人員(当社からの出向者を除き、受入出向者を含む)であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(パートタイマー等で勤務時間1日8時間換算による)の年間平均雇用人員であります。

3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は、イオングループ労働組合連合会マックスバリュ中部労働組合と称し、昭和53年4月1日に結成され、UAゼンセン同盟に加盟しております。平成29年2月28日現在8,011 人の組合員で、労使関係は円滑に推移しており特記すべき事項はありません。

また、海外連結子会社の永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司においても労働組合が結成されております。





出典: マックスバリュ中部株式会社、2017-02-28 期 有価証券報告書