有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
当連結会計年度において日本そば事業を行っていた連結子会社の株式を売却しております。そのため当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)において、喫茶等事業の単一セグメントとなったことから、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
前連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)
 
喫茶等事業
(千円)
日本そば事業
(千円)
(千円)
消去又は全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
5,622,569
104,187
5,726,756
5,726,756
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
10
10
(10)
5,622,579
104,187
5,726,767
(10)
5,726,756
営業費用
5,525,446
112,042
5,637,489
(10)
5,637,478
営業利益又は営業損失(△)
97,133
△7,854
89,278
89,278
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的支出
 
 
 
 
 
資産
5,703,879
53,662
5,757,542
5,757,542
減価償却費
185,073
7,200
192,273
192,273
資本的支出
146,668
324
146,992
146,992
 (注)1.事業区分の方法  事業は、当社及び連結子会社が行う事業の類似性を考慮して決定しております。
2.各区分に属する主要な事業
事業区分
主な事業
喫茶等事業
喫茶店等の経営、珈琲等食材の販売
日本そば事業
日本そば販売
3.減価償却費及び資本的支出には長期前払費用及び同費用に係る償却額が含まれております。
【所在地別セグメント情報】
 前連結会計年度及び当連結会計年度において、本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。
【海外売上高】
 前連結会計年度及び当連結会計年度において、海外売上高がないため、該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)
 役員及び個人主要株主等
 
(単位:千円)
属 性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
関係内容
取引の内容
取引金額
科  目
期末残高
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等(当該会社等の子会社を含む)
㈲花見煎餅
(注1)
東京都中野区
6,000
不動産業
被所有
直接24.3%
兼任
3人
店舗の賃借
賃借料の支払(注2)
12,180
流動資産「その他」
差入保証金及び敷金
603
21,600
(注1)当社の取締役会長小宮山正九郎及び近親者が100%(間接所有含む)保有しております。
(注2)賃借料の支払については、近隣の取引実勢に基づいて決定しております。
(注3)取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)
 役員及び個人主要株主等
 
(単位:千円)
属 性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
関係内容
取引の内容
取引金額
科  目
期末残高
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等(当該会社等の子会社を含む)
㈲花見煎餅
(注1)
東京都中野区
6,000
不動産業
被所有
直接22.0%
兼任
2人
店舗の賃借
賃借料の支払(注2)
6,900
流動資産「その他」
差入保証金及び敷金
603
21,600
(注1)当社の代表取締役社長小宮山文男及び近親者が100%(間接所有含む)保有しております。
(注2)賃借料の支払については、近隣の取引実勢に基づいて決定しております。
(注3)取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成15年4月1日
至 平成16年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
1株当たり純資産額
765円76銭
1株当たり当期純利益額
7円04銭
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益額
7円02銭
1株当たり純資産額
779円87銭
1株当たり当期純利益額
13円88銭
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益額
13円71銭
 (注)1株当たり当期純利益額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成15年4月1日
至 平成16年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
1株当たり当期純利益額
 
 
当期純利益(千円)
43,174
85,029
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
43,174
85,029
期中平均株式数(株)
6,135,564
6,122,806
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益額
 
 
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
15,133
74,929
(うち新株予約権)
(15,133)
(74,929)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
——————
——————
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成15年4月1日
至 平成16年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
————————
当社は平成17年6月29日開催の定時株主総会において、商法第280条ノ20及び商法第280条ノ21の規定に基づき、当社取締役、監査役及び従業員の一部に対し、ストックオプションとして新株予約権を付与することを決議いたしました。
この内容の詳細については、「第4[提出会社の状況]1[株式等の状況]の中の(7)[ストックオプション制度の内容]」に記載しております。




出典: 株式会社銀座ルノアール、2005-03-31 期 有価証券報告書