有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
(1)連結経営指標等
回次
第38期
第39期
第40期
第41期
第42期
決算年月
平成13年3月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
売上高       (百万円)
5,863
5,787
5,720
5,726
5,562
経常損益(△は損失) (百万円)
13
1
△61
115
62
当期純損益(△は損失)(百万円)
△80
△187
△184
43
85
純資産額      (百万円)
5,064
4,846
4,609
4,698
4,734
総資産額      (百万円)
6,102
5,711
5,639
5,757
5,750
1株当たり純資産額   (円)
810.13
775.26
751.24
765.76
779.87
1株当たり当期純損益額(△は
損失)         (円)
△12.94
△30.00
△29.74
7.04
13.88
潜在株式調整後1株当たり当期純利益額        (円)
7.02
13.71
自己資本比率     (%)
83.0
84.9
81.7
81.6
82.3
自己資本利益率    (%)
△1.6
△3.8
△3.9
0.9
1.8
株価収益率      (倍)
△35.7
△9.9
△10.8
54.0
32.7
営業活動によるキャッシュ・フロー        (百万円)
50
219
171
288
344
投資活動によるキャッシュ・フロー        (百万円)
△182
△97
△288
148
△27
財務活動によるキャッシュ・フロー        (百万円)
△231
△275
176
△94
△49
現金及び現金同等物の期末残高(百万円)
709
555
615
957
1,224
従業員数       (人)
(外、平均臨時雇用者数)
171
(1,268)
181
(1,297)
190
(1,359)
187
(1,280)
186
(1,149)
 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益額については、第39期までは新株引受権付社債及び転換社債の発行がないため、また第40期は1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。
(2)提出会社の経営指標等
回次
第38期
第39期
第40期
第41期
第42期
決算年月
平成13年3月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
売上高        (百万円)
5,699
5,583
5,506
5,516
5,481
経常損益(△は損失)  (百万円)
20
△13
△49
104
55
当期純損益(△は損失) (百万円)
△78
△192
△190
25
80
資本金       (百万円)
771
771
771
771
771
発行済株式総数     (株)
6,252,004
6,252,004
6,252,004
6,252,004
6,252,004
純資産額      (百万円)
5,023
4,803
4,565
4,678
4,710
総資産額      (百万円)
5,947
5,559
5,457
5,648
5,690
1株当たり純資産額   (円)
803.44
768.45
743.99
762.57
775.91
1株当たり配当額    (円)
(内1株当たり中間配当額)
3.00
(−)
3.00
(−)
3.00
(−)
3.00
(−)
3.00
(−)
1株当たり当期純損益額(△は損失)          (円)
△12.50
△30.76
△30.65
4.21
13.16
潜在株式調整後1株当たり当期純利益額         (円)
4.20
13.00
自己資本比率      (%)
84.5
86.4
83.6
82.8
82.8
自己資本利益率     (%)
△1.5
△3.9
△4.1
0.6
1.7
株価収益率       (倍)
△37.0
△9.7
△10.5
90.2
34.5
配当性向        (%)
△24.0
△9.8
△9.8
71.2
22.8
従業員数        (人)
(外、平均臨時雇用者数)
160
(1,224)
172
(1,249)
182
(1,302)
186
(1,223)
184
(1,132)
 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益額については、第39期までは新株引受権付社債及び転換社債の発行がないため、また第40期は1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。
2【沿革】
年月
概要
昭和39年10月
有限会社花見煎餅(その他の関係会社)の喫茶部門独立のため有限会社花見商事(資本金1,000万円)を設立し、日本橋に第1号店を開店する。
昭和45年5月
有限会社花見企画(有限会社モンブラン珈琲販売 )を設立。
昭和46年2月
有限会社銀座ルノアール(現・連結子会社)を設立。
昭和54年5月
組織変更並びに社名変更し、株式会社銀座ルノアール(資本金7,350万円)となる。
昭和58年7月
立川駅前店の開店により100店舗を達成する。
昭和58年12月
喫茶業において初めてPOSシステムを導入し営業資料の把握及び管理業務の効率化を計る。
昭和59年7月
株式会社アートコーヒーとの共同出資により、株式会社アミーゴを設立。
昭和63年4月
株式会社ニュー花見(昭和62年7月設立)及び有限会社花見珈琲を吸収合併する。
平成元年6月
本社所在地を東京都杉並区高円寺北2丁目2番1号に移転する。
平成元年11月
株式を店頭売買銘柄として社団法人日本証券業協会に登録する。
平成2年11月
自家発行型プリペードカードを導入し、顧客確保、販売促進及び顧客サービスの充実を計る。
平成7年12月
株式会社テスラ(埼玉県和光市)の全株式を取得し、株式会社モンブラン珈琲に社名変更し、自家焙煎をスタートさせる。
平成9年7月
本店所在地を東京都杉並区高円寺北2丁目2番5号に移転する。
平成11年6月
低価格形態のコーヒーショップ、「ニューヨーカーズ・カフェ室町店」を開店する。
平成12年6月
株式会社羽前を設立し、喫茶等事業以外の日本そば事業に進出する。
平成15年7月
新業態の喫茶店「カフェ・ミヤマ」1号店を新宿南口へ出店する。
平成15年10月
株式会社アミーゴ、株式会社モンブラン珈琲及び有限会社モンブラン珈琲販売を合併。
平成16年5月
連結子会社(株式会社羽前)の株式を売却し、日本そば事業より撤退。
平成16年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。




出典: 株式会社銀座ルノアール、2005-03-31 期 有価証券報告書