有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
【株式の種類等】 旧商法第221条第6項の規定に基づく単元未満株式の買取請求による普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
(1)【株主総会決議による取得の状況】
該当事項はありません。
(2)【取締役会決議による取得の状況】
該当事項はありません。
(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
区分
株式数(株)
価額の総額(円)
当事業年度における取得自己株式
900
462,500
当期間における取得自己株式
(注)当期間における取得自己株式には、平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。
(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
区分
当事業年度
当期間
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
引き受ける者の募集を行った取得自己株式
消却の処分を行った取得自己株式
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式
その他(注)1
31,000
14,434,873
11,000
5,123,200
保有自己株式数(注)2
197,600
186,600
(注)1.当事業年度及び当期間の内訳は、ストックオプションの権利行使であります。
2.当期間における保有自己株式数には、平成19年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り、売渡し、ストックオプションの権利行使による株式の増減は含まれておりません。
3【配当政策】
当社は、株主に対する利益還元を経営の重要政策として位置付けております。しかしながら、飲食業業界は依然として景気の低迷による個人消費の停滞が続いており大変厳しい状況にありますが、業績に対応した配当を行う事を基本にしつつ企業体質の一層の強化と今後の事業展開に備える為の内部留保を勘案し、また、株主の皆様にとっての収益性、今後の収益見通し等を考慮しながら、積極的に利益還元を行う事を基本方針としております。
当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本方針としており、決定機関は株主総会であります。なお、当社は取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づき1株当たり3円の配当を実施することを決定いたしました。内部留保金につきましては、今後の店舗開発に備え財務内容の充実化に努めてまいる所存であります。
なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
決議年月日
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額
(円) 
平成19年6月28日
定時株主総会決議
18
3
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第40期
第41期
第42期
第43期
第44期
決算年月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
平成19年3月
最高(円)
365
449
509
※405
569
600
最低(円)
280
302
392
※350
406
451
 (注) 平成16年12月13日よりジャスダック証券取引所発表の株価を記載しており、それ以前は日本証券業協会発表の株価を記載しております。なお、第42期のうち、※は日本証券業協会発表の株価を記載しております。
(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
月別
平成18年10月
平成18年11月
平成18年12月
平成19年1月
平成19年2月
平成19年3月
最高(円)
480
472
488
600
600
598
最低(円)
451
457
461
488
558
530
 (注) ジャスダック証券取引所における株価を記載しております。
5【役員の状況】
役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有株式数
(千株)
代表取締役社長
営業本部長
小宮山 文男
昭和24年5月10日生
昭和47年8月
㈲銀座ルノアール入社(前職)
昭和54年5月
当社監査役に就任
昭和63年6月
当社取締役に就任開発部長
平成元年2月
当社営業部長に就任
平成14年6月
当社代表取締役常務に就任営業本部長
平成15年6月
当社代表取締役社長兼営業本部長に就任(現任)
(注)3
192
専務取締役
 
小宮山 榮治郎
昭和22年4月14日生
昭和45年4月
㈲花見煎餅入社
昭和54年5月
当社取締役に就任営業部長
平成元年2月
当社経営管理本部長兼総務部長に就任
平成12年6月
当社経営管理本部長兼経理部長に就任
平成15年6月
当社専務取締役に就任(現任)
平成16年9月
㈲花見煎餅代表取締役に就任(現任)
(注)3
194
常務取締役
管理本部長兼総務・経理部長
猪狩 安往
昭和26年4月2日生
昭和47年5月
当社入社
平成2年5月
当社ブロック長に就任
平成11年5月
当社スーパーバイザーに就任
平成12年5月
当社総務部長に就任
平成14年6月
当社取締役総務部長に就任
平成15年6月
当社常務取締役管理本部長兼総務・経理部長に就任(現任)
(注)3
17
取締役
開発部長
曽我辺 好二
昭和29年7月11日生
昭和51年8月
当社入社
昭和60年9月
当社ブロック長に就任
平成13年3月
当社営業部副部長に就任
平成14年6月
当社営業部長に就任
平成15年6月
当社取締役営業部長に就任
平成18年1月
当社取締役開発部長に就任(現任)
(注)3
14
取締役
第2営業部長
鋤柄 和夫
昭和27年6月7日生
昭和54年9月
当社入社
昭和60年9月
当社ブロック長に就任
平成7年12月
㈱モンブラン珈琲取締役
平成15年10月
当社第2営業部部長
平成16年6月
当社取締役第2営業部長に就任(現任)
(注)3
7
取締役
人事部長 
伊東 博行 
昭和22年11月22日生
昭和45年4月 
当社入社 
昭和54年10月
当社人事部長に就任 
平成18年6月 
当社取締役人事部長に就任(現任) 
(注)3
4
監査役
(常勤)
 
河合 孝夫
昭和22年7月20日生
昭和51年1月
当社入社
昭和54年4月
㈲花見企画代表取締役
平成7年12月
㈲モンブラン珈琲販売代表取締役
平成15年10月
当社監査室室長
平成16年6月
当社監査役に就任(現任)
(注)4
5
監査役
 
角地 弘行
昭和15年7月26日生
昭和44年4月
角地会計事務所開業(現任)
昭和63年6月
当社監査役に就任(現任)
(注)4
2
監査役
 
佐怒賀 裕
昭和26年8月12日生
昭和50年4月
岩井機械㈱入社(前職)
昭和53年10月
三友飲料㈱入社
昭和55年10月
同社専務取締役
平成2年10月
同社代表取締役(現任)
平成6年6月
当社監査役に就任(現任)
(注)4
 
 
 
 
 
435
 (注)1.専務取締役小宮山 榮治郎は、代表取締役社長小宮山 文男の実兄であります。
2.角地弘行及び佐怒賀裕は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
3.平成18年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
4.平成19年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
6【コーポレート・ガバナンスの状況】
(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社は、コーポレート・ガバナンスとは企業活動における不法行為あるいは不正行為防止のためのシステムを構築することであり、経営の健全性、透明性の確保に努めることが株主利益の最大化を図ることになり、結果として株主重視の経営につながると考えております。
(2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
①会社の機関の内容
・取締役会
取締役会は6名の取締役で構成され、毎月2回のほか必要に応じて随時開催し、法令・定款等に定められた事項及び取締役会規定の定めるところにより会社の経営方針ならびに業務執行の重要事項を決議するとともに業務執行の報告を行っております。
・監査役会
当社は、監査役制度を採用しており、監査役会は社外監査役2名を含む3名の監査役で構成され、必要に応じて随時開催しております。常勤監査役が中心となり取締役会、経営会議にはすべて出席し、さらに社内の各種会議にも積極的に出席し、取締役からその職務の執行状況の聴取、重要な決済書類等の閲覧等厳正な監査を実施し、取締役の業務執行を充分に監視できる体制をとっております。
また、内部監査室が設置されており、監査役監査の補佐等監査機能の強化をはかっております。
・幹部会
全取締役及び全部門長・関係管理職が出席し、毎月1回開催されております。事業経営に係るすべての経営施策事項についての報告が行われ、情報伝達の迅速化をはかるなど、経営環境の変化に対応して的確な経営判断ができるよう努めております。
②会社の機関・内部統制の関係を示す図は以下のとおりであります。
高品質画像
③内部統制システムの整備の状況
内部統制につきましては、社内業務を遂行する際の各会議体及び稟議書等で権限を及ぼすことができる施策の範囲や部署ごとの業務所掌範囲等を諸規定に定め、業務執行権限と責任の明確化をはかるとともに部門間の相互牽制機能を維持しております。また、社長直轄の「内部監査室(1名)」を設置するとともに、各部門より内部統制委員を選任し、内部統制システムの整備・確立を進めております。
また、必要に応じて顧問弁護士、監査法人によるアドバイスを頂いております。
④リスク管理体制の整備の状況
当社のリスク管理体制は取締役会にてリスク管理等に関する重要な事項の審議を行い、その決定のもと各部署にて体制整備の実施を行っております。また、法令違反その他のコンプライアンス・リスク管理に関する社内通報体制として、コンプライアンス委員会内に通報・相談窓口を設け、「コンプライアンス規定」に基づき適切な運用を行っております。
⑤会計監査の状況
 当社は、会社法及び証券取引法に基づく会計監査を、新日本監査法人に依頼しております。当期において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりであります。
・業務を執行した公認会計士の氏名
指定社員
業務執行役員
和田 栄一
指定社員 
業務執行役員
今井 靖容
指定社員
業務執行役員
野間  武
・監査業務に係る補助者の構成
公認会計士
4名
会計士補等
6名
継続監査年数に関しては、全員が7年以内のため、記載を省略しております。
  ⑥社外取締役及び社外監査役の人的関係、資本的関係または取引関係その他利害関係
 社外監査役は2名であり、また、社外取締役はおりません。社外監査役との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。なお、社外監査役2名のうち1名は、当社株式を2,200株保有しております。
(3)役員報酬の内容
当事業年度における取締役及び監査役に対する役員報酬は、以下のとおりであります。
取締役に支払った報酬 7名    63,690千円
 
監査役に支払った報酬 3名     9,840千円
(うち社外監査役 2名     1,200千円)
(4)監査報酬の内容
当事業年度における、当社の会計監査人であります新日本監査法人に対する報酬は、以下のとおりであります。
公認会計士法第2条第1項に規定する業務に基づく報酬    19,500千円
なお、上記以外の業務に基づく報酬はありません。
(5)責任限定契約の内容の概要
当社と会計監査人新日本監査法人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は監査受嘱者から受け、又は受けるべき財産上の利益の額の事業年度ごとの合計額のうち最も高い額に二を乗じて得た額、または法令が定める額のいずれか高い額としております。
(6)取締役の定数
当社の取締役は15名以内とする旨を定款で定めております。
(7)取締役の選任の決議要件
当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨を定款で定めております。
(8)自己の株式の取得の決定機関
当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。これは自己の株式の取得を取締役会の権限とすることにより、機動的な財務施策等の経営諸施策を可能とすることを目的とするものであります。
(9)株主総会の特別決議要件
当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。




出典: 株式会社銀座ルノアール、2007-03-31 期 有価証券報告書