有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
964,669
 
 
1,359,624
 
2.売掛金
 
 
 
 
10,659
 
3.有価証券
※2
 
 
 
4,010
 
4.商品
 
 
20,432
 
 
18,120
 
5.前払費用
 
 
114,843
 
 
116,264
 
6.その他
 
 
18,899
 
 
6,134
 
流動資産合計
 
 
1,118,844
21.1
 
1,514,814
27.8
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 建物
※1
2,911,752
 
 
2,924,661
 
 
減価償却累計額
 
2,121,619
790,132
 
1,945,161
979,500
 
(2) 車両運搬具
 
2,842
 
 
2,842
 
 
減価償却累計額
 
2,257
584
 
2,465
377
 
(3) 工具器具及び備品
 
449,651
 
 
404,906
 
 
減価償却累計額
 
366,166
83,484
 
342,810
62,095
 
(4) 土地
※1
 
704,042
 
 
445,103
 
有形固定資産合計
 
 
1,578,244
29.8
 
1,487,076
27.2
2.無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 商標権
 
 
20,473
 
 
18,070
 
(2) ソフトウェア
 
 
1,267
 
 
6,465
 
無形固定資産合計
 
 
21,741
0.4
 
24,536
0.4

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
3.投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 投資有価証券
※2
 
223,980
 
 
120,306
 
(2) 関係会社株式
 
 
6,000
 
 
6,000
 
(3) 出資金
 
 
249
 
 
249
 
(4) 長期前払費用
 
 
49,306
 
 
45,674
 
(5) 差入保証金及び敷金
 
 
2,212,776
 
 
2,168,023
 
(6) 保険積立金
 
 
91,139
 
 
98,113
 
(7) 貸倒引当金
 
 
△6,212
 
 
△6,212
 
投資その他の資産合計
 
 
2,577,238
48.7
 
2,432,155
44.6
固定資産合計
 
 
4,177,224
78.9
 
3,943,768
72.2
資産合計
 
 
5,296,068
100.0
 
5,458,582
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.買掛金
 
 
65,704
 
 
58,659
 
2.短期借入金
※1
 
70,000
 
 
70,000
 
3.1年内償還予定社債
※1
 
200,000
 
 
 
4.未払金
 
 
36,409
 
 
80,705
 
5.未払費用
 
 
109,984
 
 
103,149
 
6.未払法人税等
 
 
29,178
 
 
121,121
 
7.未払消費税等
 
 
27,565
 
 
5,428
 
8.賞与引当金
 
 
46,500
 
 
49,850
 
9.株主優待引当金
 
 
10,500
 
 
14,615
 
10.その他
※2
 
67,006
 
 
63,362
 
流動負債合計
 
 
662,849
12.5
 
566,892
10.4

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.退職給付引当金
 
 
77,367
 
 
86,857
 
2.役員退職慰労引当金
 
 
67,380
 
 
78,346
 
3.繰延税金負債
 
 
37,402
 
 
478
 
4.その他
 
 
86,673
 
 
81,401
 
固定負債合計
 
 
268,824
5.1
 
247,085
4.5
負債合計
 
 
931,673
17.6
 
813,977
14.9
 
 
 
 
 
 
 
 
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
771,682
14.6
 
771,682
14.1
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
1,062,078
 
 
1,062,078
 
 
資本剰余金合計 
 
 
1,062,078
20.0
 
1,062,078
19.5
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
88,288
 
 
88,288
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
別途積立金
 
2,351,828
 
 
2,351,828
 
 
繰越利益剰余金
 
128,052
 
 
402,439
 
 
利益剰余金合計 
 
 
2,568,170
48.5
 
2,842,557
52.1
4.自己株式
 
 
△92,031
△1.7
 
△73,083
△1.4
株主資本合計
 
 
4,309,898
81.4
 
4,603,233
84.3
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
54,496
1.0
 
41,370
0.8
評価・換算差額等合計
 
 
54,496
1.0
 
41,370
0.8
純資産合計
 
 
4,364,395
82.4
 
4,644,604
85.1
負債純資産合計
 
 
5,296,068
100.0
 
5,458,582
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
 
 
5,638,012
100.0
 
5,614,368
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1.商品期首たな卸高
 
20,671
 
 
20,432
 
 
2.当期商品仕入高
 
762,808
 
 
697,173
 
 
合計
 
783,479
 
 
717,605
 
 
3.商品期末たな卸高
 
20,432
763,047
13.5
18,120
699,484
12.5
売上総利益
 
 
4,874,964
86.5
 
4,914,884
87.5
Ⅲ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1.広告宣伝費
 
123,843
 
 
133,563
 
 
2.役員報酬
 
73,530
 
 
75,270
 
 
3.役員賞与
 
9,000
 
 
13,500
 
 
4.給料手当
 
1,813,982
 
 
1,801,344
 
 
5.従業員賞与
 
42,620
 
 
43,003
 
 
6.賞与引当金繰入額
 
46,500
 
 
49,850
 
 
7.退職給付費用
 
12,112
 
 
23,177
 
 
8.役員退職慰労引当金繰入額
 
7,450
 
 
10,966
 
 
9. 株主優待引当金繰入額
 
10,500
 
 
11,800
 
 
10.法定福利費
 
93,476
 
 
96,034
 
 
11. 福利厚生費
 
82,904
 
 
84,800
 
 
12.水道光熱費
 
270,130
 
 
267,030
 
 
13.消耗品費
 
244,325
 
 
287,989
 
 
14.租税公課
 
53,922
 
 
54,551
 
 
15.減価償却費
 
147,854
 
 
171,314
 
 
16.修繕費
 
80,418
 
 
70,857
 
 
17.賃借料
 
1,508,043
 
 
1,455,930
 
 
18.その他
 
150,552
4,771,169
84.7
134,275
4,785,259
85.2
営業利益
 
 
103,795
1.8
 
129,624
2.3
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
1,519
 
 
2,417
 
 
2.受取配当金
 
1,833
 
 
1,823
 
 
3.受取家賃
 
64,928
 
 
86,820
 
 
4.その他
 
26,214
94,496
1.7
20,729
111,790
2.0

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息
 
1,043
 
 
1,309
 
 
2.社債利息
 
3,699
 
 
2,463
 
 
3.支払家賃
 
54,877
 
 
74,337
 
 
4.その他
 
13,560
73,181
1.3
9,842
87,952
1.6
経常利益
 
 
125,110
2.2
 
153,462
2.7
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.投資有価証券売却益
 
 
 
7,043
 
 
2.立退に伴う受取補償金
※1
29,180
 
 
705,000
 
 
3.積立保険金解約益
 
22,925
 
 
 
 
4.退職給付制度改定益
 
 
 
438
 
 
5.その他
 
964
53,070
0.9
712,482
12.7
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産廃棄損
※2
28,917
 
 
108,768
 
 
2.固定資産売却損
※4
 
 
209,732
 
 
3.投資有価証券売却損
 
 
 
8,622
 
 
4.立退に伴う費用
※1 
 
 
28,500
 
 
5. 役員退職金
 
25,830
 
 
 
 
6.減損損失
※3
44,008
 
 
100,459
 
 
7.その他
 
2,025
100,781
1.8
456,082
8.1
税引前当期純利益
 
 
77,399
1.3
 
409,862
7.3
法人税、住民税及び事業税
 
18,229
 
 
110,931
 
 
法人税等調整額
 
18,229
0.3
110,931
2.0
当期純利益
 
 
59,169
1.0
 
298,931
5.3
 
 
 
 
 
 
 
 
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本準備金
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金
合計
別途積立金
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日 残高
(千円)
771,682
1,062,078
88,288
2,351,828
91,294
2,531,412
△106,003
4,259,168
事業年度中の変動額
               
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
△18,072
△18,072
 
△18,072
当期純利益
 
 
 
 
59,169
59,169
 
59,169
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△462
△462
自己株式の処分
 
 
 
 
△4,338
△4,338
14,434
10,096
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
36,757
36,757
13,972
50,730
平成19年3月31日 残高
(千円)
771,682
1,062,078
88,288
2,351,828
128,052
2,568,170
△92,031
4,309,898
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
平成18年3月31日 残高
(千円)
78,418
4,337,587
事業年度中の変動額
   
剰余金の配当(注)
 
△18,072
当期純利益
 
59,169
自己株式の取得
 
△462
自己株式の処分
 
10,096
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△23,922
△23,922
事業年度中の変動額合計
(千円)
△23,922
26,807
平成19年3月31日 残高
(千円)
54,496
4,364,395
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本準備金
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金
合計
別途積立金
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日 残高
(千円)
771,682
1,062,078
88,288
2,351,828
128,052
2,568,170
△92,031
4,309,898
事業年度中の変動額
               
剰余金の配当
 
 
 
 
△18,163
△18,163
 
△18,163
当期純利益
 
 
 
 
298,931
298,931
 
298,931
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△1,545
△1,545
自己株式の処分
 
 
 
 
△6,380
△6,380
20,492
14,112
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
274,387
274,387
18,947
293,334
平成20年3月31日 残高
(千円)
771,682
1,062,078
88,288
2,351,828
402,439
2,842,557
△73,083
4,603,233
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
平成19年3月31日 残高
(千円)
54,496
4,364,395
事業年度中の変動額
   
剰余金の配当
 
△18,163
当期純利益
 
298,931
自己株式の取得
 
△1,545
自己株式の処分
 
14,112
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△13,125
△13,125
事業年度中の変動額合計
(千円)
△13,125
280,209
平成20年3月31日 残高
(千円)
41,370
4,644,604
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
子会社株式及び関連会社株式
移動平均法に基づく原価法によっております。
子会社株式及び関連会社株式
同左
 
その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)によっております。
その他有価証券
時価のあるもの
同左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
商品
最終仕入原価法によっております。
商品
同左
3.固定資産の減価償却の方法
①有形固定資産
定率法によっております。
ただし平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)は、定額法によっております。
なお、主な耐用年数は、次のとおりであります。
 建物        3年〜41年
 工具器具及び備品  3年〜15年
①有形固定資産
定率法によっております。
ただし平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)は、定額法によっております。
なお、主な耐用年数は、次のとおりであります。
 建物        3年〜41年
 工具器具及び備品  3年〜15年
(会計方針の変更)
 法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は9,102千円減少しております。
(追加情報)
 法人税法改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、7,641千円減少しております。
 
②無形固定資産
定額法によっております。
なお、ソフトウェア(自社利用)については、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
②無形固定資産
同左
 
③長期前払費用
定額法によっております。
③長期前払費用
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
4.引当金の計上基準
①貸倒引当金
債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
①貸倒引当金
同左
 
②賞与引当金
従業員賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
②賞与引当金
同左
 
③退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
③退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
(追加情報)
当社は、確定拠出年金法の施行に伴い、平成19年4月1日に適格退職年金制度から確定拠出年金制度及び退職一時金制度へ移行し「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用しました。
本移行に伴い、「退職給付制度改定益」として、特別利益に438千円を計上しております。
 
④役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支払に備えて、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
④役員退職慰労引当金
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
⑤株主優待引当金
株主優待制度に伴う費用に備えるため、翌事業年度以降に発生すると見込まれる額を計上しております。
 (会計方針の変更)
株主優待費用は、従来、優待券利用時に営業費用で処理しておりましたが、株主優待券の利用実績率の把握が可能となったことから、当事業年度より翌事業年度以降に発生すると見込まれる額を株主優待引当金として計上する方法に変更いたしました。
この結果、従来の方法によった場合に比べ、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ10,500千円減少しております。
なお、下期より株主優待制度の見直しを行い、利用実績率の把握が可能となったため、当中間期は従来の方法によっております。従って、当中間期は変更後の方法によった場合に比べ、営業利益、経常利益及び税引前中間純利益はそれぞれ5,250千円多く計上されております。
⑤株主優待引当金
株主優待制度に伴う費用に備えるため、翌事業年度以降に発生すると見込まれる額を計上しております。
 
5.リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンスリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
消費税及び地方消費税の会計処理方法は税抜方式を採用しております。
消費税等の会計処理
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
——————
当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。 
これまでの資本の部の合計に相当する金額は4,364,395千円であります。
なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
 
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表)
——————
前事業年度まで、旧有限会社法に規定する有限会社に対する当社持分は、投資その他の資産の「関係会社出資金」に含めて表示しておりましたが、会社法及び会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第2条第2項により、その持分が有価証券とみなされることとなったため、当事業年度より投資その他の資産の「関係会社有価証券」に含めて表示しております。
 
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1担保に供している資産
 
建物
30,734千円
 
土地
261,073千円
 
291,807千円
上記に対応する債務
 
1年内償還予定社債
 200,000千円
 
短期借入金
50,000千円
 
250,000千円
──────
※2前払式証票の規則等に関する法律に基づき供託している資産
 
投資有価証券
   47,760千円
上記に対応する債務
 
流動負債「その他」
44,126千円
※2前払式証票の規則等に関する法律に基づき供託している資産
 
有価証券
 4,010千円
 
投資有価証券
 45,221千円
上記に対応する債務
 
流動負債「その他」
42,497千円
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 立退に伴う受取補償金
茅場町店の立退に伴う受取補償金及び三越前店の建替工事による立退に伴う受取補償金であります。
※1 立退に伴う受取補償金
日本橋室町店
 
ニューヨーカーズ・カフェ 渋谷パルコ横店
 
マイスペース渋谷パルコ横店 
 
以上3店舗 
705,000千円
上記に対する費用
 
立退に伴う費用
 28,500千円
※2 固定資産廃棄損
主として、目黒第2店、三鷹店、代々木第1店の改装及び、関内第1店、うぐいす谷店の閉店に伴う設備の廃棄によるものであります。
※2 固定資産廃棄損
主として、ニューヨーカーズ・カフェ馬場1丁目店、上野しのばず口店他14店舗の改装及び日本橋室町店、むつみ屋神田南口店、紺屋町店の閉店に伴う設備の廃棄によるものであります。
 ※3 減損損失 
当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
場所
用途
種類
減損損失(千円)
東京都他
店舗(4店舗) 
建物
37,816
工具器具及び備品
6,191
計 
 
 
44,008
当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗を基本単位とした資産のグルーピングを行っております。
 営業活動から生じる損益が継続してマイナスである資産グループについては、帳簿価額を回収可能額まで減少し、当該減少額44,008千円を減損損失として特別損失に計上しております。なお、当該資産グループの回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローに基づく評価額がマイナスであるため回収可能価額零として評価しております。
 ※3 減損損失 
当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
場所
用途
種類
減損損失(千円)
東京都他
店舗(11店舗) 
建物
85,616
工具器具及び備品
14,843
計 
 
 
100,459
当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗を基本単位とした資産のグルーピングを行っております。
 営業活動から生じる損益が継続してマイナスである資産グループについては、帳簿価額を回収可能額まで減少し、当該減少額100,459千円を減損損失として特別損失に計上しております。なお、当該資産グループの回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローに基づく評価額がマイナスであるため回収可能価額零として評価しております。
 ——————
 
 ※4 固定資産売却損
上高田寮の売却によるものであります。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式(注1.2)
227,700
900
31,000
197,600
合計
227,700
900
31,000
197,600
(注)1.普通株式の自己株式の増加900株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の減少31,000株は、ストック・オプションの行使による減少であります。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式(注1.2)
197,600
3,331
44,000
156,931
合計
197,600
3,331
44,000
156,931
(注)1.普通株式の自己株式の増加3,331株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の減少44,000株は、ストック・オプションの行使による減少であります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
工具器具及び備品
取得価額相当額
142,350千円
減価償却累計額相当額
137,605千円
期末残高相当額
4,745千円
 
工具器具及び備品
取得価額相当額
170,820千円
減価償却累計額相当額
26,808千円
期末残高相当額
144,012千円
(注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
同左
2.未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額
1年内
    4,745千円
1年超
           −千円
合計
  4,745千円
1年内
34,164千円
1年超
109,848千円
合計
144,012千円
(注) 未経過リース料期末残高相当額は未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
同左
3.支払リース料及び減価償却費相当額
3.支払リース料及び減価償却費相当額
支払リース料
30,308千円
減価償却費相当額
30,308千円
支払リース料
31,553千円
減価償却費相当額
31,553千円
4.減価償却費相当額の算定方法
4.減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
同左
(有価証券関係)
 前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(単位:千円)
(単位:千円)
繰延税金資産
 
投資有価証券評価損
106,672
役員退職慰労引当金
27,423
退職給付引当金
31,488
賞与引当金
18,925
固定資産減価償却超過額
85,788
繰越欠損金 
27,556
その他
25,271
繰延税金資産小計
323,125
評価性引当額
△323,125
繰延税金資産合計
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△37,402
繰延税金負債合計
△37,402
繰延税金負債の純額
△37,402
繰延税金資産
 
投資有価証券評価損
18,128
役員退職慰労引当金
31,887
退職給付引当金
35,351
賞与引当金
20,288
固定資産減価償却超過額
92,940
その他
28,953
繰延税金資産小計
227,549
評価性引当額
△227,549
繰延税金資産合計
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△478
繰延税金負債合計
△478
繰延税金負債の純額
△478
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
(単位:%)
(単位:%)
法定実効税率
(調整)
40.7
住民税均等割等
23.5
交際費等永久に損金に算入されない項目
5.6
評価性引当額の減少
△45.9
その他
△0.3
税効果会計適用後の法人税等の負担率
23.6
法定実効税率
(調整)
40.7
住民税均等割等
4.8
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.0
評価性引当額の減少
△23.3
その他
3.9
税効果会計適用後の法人税等の負担率
27.1
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
720円86銭
1株当たり当期純利益額
9円81銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益額
9円62銭
1株当たり純資産額
762円03銭
1株当たり当期純利益額
49円08銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益額
48円69銭
 (注) 1株当たり当期純利益額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益額
 
 
当期純利益(千円)
59,169
298,931
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益額(千円)
59,169
298,931
期中平均株式数(株)
6,034,123
6,090,147
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益額
 
 
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
117,569
49,188
(うち新株予約権)
(117,569)
(49,188)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要 
───────
───────
(重要な後発事象)
該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
三井トラストホールディングス㈱
33,000
19,899
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
20,000
17,200
㈱三井住友フィナンシャルグループ
24.24
15,901
㈱ミレアホールディングス
5,510
20,276
キーコーヒー㈱
1,200
1,808
小計
59,734.24
75,085
 
59,734.24
75,085
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
その他有価証券
長期利付国庫債券10年第207回
4,000
4,010
         小計   
4,000
4,010
 
 
 
 
 
投資有価証券
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他有価証券 
 
 
 
 
 
長期利付国庫債券10年第229回 
500
511
長期利付国庫債券10年第235回
500
513
長期利付国庫債券10年第236回
1,000
1,029
長期利付国庫債券10年第245回
1,000
1,007
長期利付国庫債券10年第246回
25,000
25,067
長期利付国庫債券10年第250回
1,000
986
長期利付国庫債券10年第259回
1,000
1,041
長期利付国庫債券10年第260回
1,500
1,571
長期利付国庫債券10年第270回
500
516
長期利付国庫債券10年第281回
12,000
12,975
小計
44,000
45,221
48,000
49,231
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高
(千円)
有形固定資産
建物
 
2,911,752
 
486,973
 
474,064
(85,616)
 
2,924,661
 
1,945,161
 
138,677
 
979,500
車両運搬具
2,842
2,842
2,465
207
377
工具器具及び備品
449,651
25,818
70,563
(14,843)
404,906
342,810
29,026
62,095
土地
704,042
258,939
445,103
445,103
有形固定資産計
4,068,288
512,792
803,566
(100,459)
3,777,513
2,290,437
167,911
1,487,076
無形固定資産
商標権
 
23,063
 
 
 
23,063
 
4,993
 
2,402
 
18,070
ソフトウェア
1,552
6,198
7,750
1,284
1,000
6,465
無形固定資産計
24,616
6,198
30,814
6,277
3,402
24,536
長期前払費用
91,229
18,708
17,105
92,833
47,158
22,340
45,674
(注)1.「当期減少額」欄の( )は内数で、当期の減損損失計上額であります。
(注)2.当期増加・減少額のうち主なものは、下記のとおりであります。
建      物
増加
新規開店(159,952千円)および既存店改装(308,004千円)、業態変更による改装(11,130千円)によるものであります。
 
減少
閉店(47,229千円)および既存店改装(245,472千円)、業態変更(9,482千円)、上高田寮売却(82,350千円)によるものであります。
工具器具及び備品
増加
新規開店(9,733千円)と既存店改装(11,988千円)によるものであります。
 
減少
閉店(8,481千円)および既存店改装(34,061千円)、業態変更(1,607千円)によるものであります。
土      地 
減少 
上高田寮の売却によるものであります。 
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
6,212
6,212
賞与引当金
46,500
49,850
46,500
49,850
株主優待引当金 
10,500
11,800
7,684
14,615
役員退職慰労引当金
67,380
10,966
78,346
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 資産の部
1)流動資産
a 現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
28,194
預金
 
当座預金
858,351
普通預金
319,406
定期預金
153,672
小計
1,331,430
1,359,624
b 売掛金
       相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
ビットワレット㈱
10,003
その他
655
合計
10,659
       売掛金の発生及び回数並びに滞留状況
前期繰越高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
次期繰越高
(百万円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
×100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
3,113
47,267
39,720
10,659
78.8
53
   (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
      C 商品
区分
金額(千円)
喫茶商品
10,893
売店商品
7,227
18,120
2)固定資産
 差入保証金及び敷金
差入先
金額(千円)
㈱明行社
99,000
日本橋インベストメント特定目的会社
59,539
五洋産業㈱
49,510
㈱赤富士
45,600
日本土地建物㈱
41,533
その他
1,872,840
2,168,023
② 負債の部
1)流動負債
 買掛金
相手先
金額(千円)
キーコーヒー㈱
20,210
ユーシーシーフーズ㈱
8,626
サムコフーズ㈱
5,837
㈱松月堂
5,815
㈱佳池商会
3,437
その他
14,731
58,659
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社銀座ルノアール、2008-03-31 期 有価証券報告書