有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次
第35期
第36期
第37期
第38期
第39期
決算年月
平成20年2月
平成21年2月
平成22年2月
平成23年2月
平成24年2月
売上高
(千円)
17,838,004
23,535,329
24,576,527
経常利益又は経常損失(△)
(千円)
△210,436
149,512
△890,904
当期純損失(△)
(千円)
△549,173
△278,027
△1,848,831
包括利益
(千円)
△1,931,693
純資産額
(千円)
8,837,689
16,847,632
14,918,630
総資産額
(千円)
11,856,015
23,696,946
21,044,777
1株当たり純資産額
(円)
738.83
611.06
540.97
1株当たり当期純損失(△)
(円)
△45.93
△14.03
△67.09
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
74.5
71.1
70.8
自己資本利益率
(%)
株価収益率
(倍)
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△420,269
422,978
△1,496,328
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△250,513
△3,068,503
7,090,069
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△2,352
△919
△37
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
2,671,412
1,237,592
6,831,647
従業員数
(名)
378
627
608
(外、平均臨時雇用者数)
(—)
(—)
(665)
(1,004)
(1,071)

(注) 1 本報告書の売上高・仕入高等は、特に記載のない限り、消費税等抜きで表示しております。

2 第37期より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。

3 「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。

4 自己資本利益率、株価収益率については、当期純損失となったため記載しておりません。

5 従業員数は就業員数を記載しております。

6 当社は平成22年8月21日に株式会社ブルーグラスと合併しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次
第35期
第36期
第37期
第38期
第39期
決算年月
平成20年2月
平成21年2月
平成22年2月
平成23年2月
平成24年2月
売上高
(千円)
20,823,469
20,714,033
17,813,950
23,496,459
24,520,580
経常利益又は
経常損失(△)
(千円)
742,297
△639,549
△190,820
191,716
△829,098
当期純利益又は
当期純損失(△)
(千円)
3,468
△1,197,280
△529,558
△293,495
△1,783,449
持分法を適用した場合の
投資利益
(千円)
資本金
(千円)
4,503,148
4,503,148
4,503,148
4,503,148
4,503,148
発行済株式総数
(株)
12,969,439
12,969,439
12,969,439
27,711,028
27,711,028
純資産額
(千円)
11,526,348
9,413,316
8,857,829
16,968,642
15,104,060
総資産額
(千円)
16,961,855
14,123,126
11,872,205
23,808,668
21,204,399
1株当たり純資産額
(円)
963.10
786.63
740.51
615.46
547.70
1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)
(円)
8
(—)

(—)

(—)

(—)
(─)
1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)
(円)
0.29
△100.07
△44.29
△14.81
△64.72
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
68.0
66.6
74.6
71.2
71.2
自己資本利益率
(%)
0.0
株価収益率
(倍)
1,406.9
配当性向
(%)
2,758.6
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
1,004,187
△379,451
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△810,767
△309,638
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△101,539
△99,322
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
4,034,492
3,246,080
従業員数
(外、平均臨時雇用者数)
(名)
372
(878)
388
(941)
368
(665)
623
(1,004)
602
(1,071)

(注) 1 本報告書の売上高・仕入高等は、特に記載のない限り、消費税等抜きで表示しております。

2 「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」金額については、第35期については潜在株式がないため記載しておりません。第36期、第37期、第38期及び第39期においては潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。

3 自己資本利益率、株価収益率、配当性向については、第36期、第37期、第38期及び第39期は当期純損失となったため記載しておりません。

4 「持分法を適用した場合の投資利益」については、当社は関連会社がないため記載しておりません。

5 従業員数は就業人員数を記載しております。

6 第37期より連結財務諸表を作成しているため、第37期、第38期及び第39期の持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。

7 当社は平成22年8月21日に株式会社ブルーグラスと合併しております。

 

 

2 【沿革】

当社は、「近い将来、カジュアル市場が拡大するとともに本格的な専門店チェーンの時代が到来する」との確信のもと、ジャスコ㈱(現イオン㈱)の婦人衣料品部門から分離独立し、同社の全額出資により「株式会社エミーズ」として事業を開始いたしました。沿革の概要は次のとおりであります。

 

年月
概要
昭和48年5月
ジャスコ㈱(現イオン㈱)の婦人衣料品部門を分離し、同社100%出資の子会社として大阪市福島区大開町1丁目11番地に「株式会社エミーズ」を設立する。(資本金3,000万円、店舗数 12店舗)
昭和48年8月
本社事務所を大阪市東区(現中央区)備後町へ移転する。
昭和50年9月
本店所在地が住居表示変更により大阪市福島区大開1丁目8番8号となる。
昭和53年5月
業容拡大に伴い、本社事務所を神戸市東灘区に移転する。
昭和59年11月
メンズ・カジュアル・ファッション分野への事業拡大をはかるとともに専門店チェーンとしての企業基盤強化を目的として㈱コックスと合併する。
被合併会社の㈱コックスは、昭和58年7月にジャスコ㈱(現イオン㈱)の子会社となったメンズ・カジュアル・ファッションの専門店チェーンであり、合併当時の同社の資本金は1億560万円、店舗数は58店舗であります。
昭和59年12月
商号を「株式会社コックス」に変更するとともに、本店及び本社事務所を静岡県浜松市鍛冶町320番地の23へ移転する。
昭和61年2月
第13期決算において売上高100億円を達成する。
昭和62年9月
 
POSシステムを開発し、全店にPOS機器を設置するとともに情報ネットワーク・システムを整備・確立する。
平成2年8月
社団法人日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録される。
平成4年6月
初の外債としてスイスフラン建転換社債30百万スイスフランを発行する。
平成6年3月
第1回無担保転換社債50億円を発行する。
平成15年11月
東京都江東区に本社機能を移転する。
平成15年12月
リアルタイム&双方向で店舗・本部をネットワークで結ぶ新ストアシステムを開発し全店に導入する。
平成16年5月
本店を静岡県浜松市から東京都江東区に移転する。
平成16年6月
SPA型ファミリー業態「Ikka」を開発し、第1号店として「福岡東店(福岡県糟屋郡粕屋町)」を開設する。
平成16年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成20年10月
中華人民共和国北京市に100%子会社COX(BEIJING)TRADE CO.,LTDを設立。
平成22年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)へ株式を上場。
平成22年8月
ライフスタイル・ファッション分野への事業拡大をはかるとともに専門店チェーンとしての企業基盤強化を目的として㈱ブルーグラスと合併する。
 被合併会社の㈱ブルーグラスは、昭和59年9月にジャスコ㈱(現イオン㈱)100%出資の子会社
 として設立されたティーンズファッションの専門店チェーンであり、合併当時の同社資本金
 は15億8,400万円、店舗数は369店舗であります。
平成22年9月
東京都中央区に本社機能を移転する。
平成22年10月
大阪証券取引所(JASDAQ市場)、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)へ株式を上場。
平成23年7月
本店を東京都江東区から東京都中央区に移転する。
平成23年12月
「ikkaヨドバシ梅田店(大阪市北区)」を開設し、当期末の国内店舗数325店舗となる。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社2社で構成され、衣料品小売業を営んでおります。
 当社の親会社であるイオン(株)を中心とする企業集団はイオングループと称し、GMS(総合スーパー)事業を主力事業として、専門店事業、総合金融事業、ディベロッパー事業、サービス事業等の拡充に努め、企業集団の多角化をはかっております。

当社は専門店事業を営む企業群に属し、賃貸借契約に基づき、当社の一部の店舗はイオンリテール㈱等のショッピングセンター等に入居しており、店舗の賃借取引を行っております。

事業の系統図は以下のとおりであります。

 

 


 

(注) 連結子会社であるCOX(BEIJING)TRADE CO.,LTDは、休眠会社であります。

 

4 【関係会社の状況】

 

名称
住所
資本金又は
出資金
(千円)
主要な事業
の内容
議決権の
所有(被所有)割合
関係内容
所有割合(%)
被所有割合(%)
(親会社)
 
 
 
 
 
 
イオン㈱
千葉市
美浜区
199,054,494
純粋持株会社
71.75
(6.47)
資金の寄託運用
役員の転籍5名
(連結子会社)
 
 
 
 
 
 
COX(BEIJING)TRADE CO.,LTD
中華人民
共和国
北京市
7,108千元
100.0
役員の兼任2名
 
 
 
 
 
 
 
BLUE GRASS(SHAGHAI)
CO.,LTD
中華人民
共和国
上海市
22,662千元
衣料品小売業
100.0
役員の兼任2名

(注) 1 イオン㈱は有価証券報告書を提出しております。

2 「議決権の所有(被所有)割合」欄の( )は内書で間接所有であります。

3 連結子会社であるCOX(BEIJING)TRADE CO.,LTDは、休眠会社であります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成24年2月20日現在

区分
従業員数(名)
全社共通
 
608 (1,071)
合計
 
608 (1,071)

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の( )は外書で、パートタイマーの年間平均雇用人員(1人当たり1日8時間換算)であります。

3 当社グループは、衣料品小売業の単一セグメントであるため、セグメントごとの従業員数については、記載を省略しております。

 

(2) 提出会社の状況

平成24年2月20日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
602 (1,071)
36.9
8.1
4,411

(注) 1 従業員数は就業人員であり、イオン㈱の関係会社からの受入出向者1名を含んでおり、イオン㈱の関係会社等への出向者150名を除いております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数欄の( )は外書で、パートタイマーの年間平均雇用人員(1人当たり1日8時間換算)であります。

4 当社は、衣料品小売業の単一セグメントであるため、セグメントごとの従業員数については、記載を省略しております。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は「コックス・ユニオン」と称し、UIゼンセン同盟に加盟しております。平成24年2月20日現在の組合員は735人で、組合結成以来、健全な労使関係を維持しており、特記すべき事項はありません。

 





出典: 株式会社コックス、2012-02-20 期 有価証券報告書