有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

5 【役員の状況】

 

役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有株式数(千株)
代表取締役
社長
 
吉 竹 英 典
昭和34年2月16日生
昭和56年4月
ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
(注)1
2
平成15年5月
㈱ブルーグラス(現㈱コックス)取締役ボザール事業部長就任
平成20年2月
同社取締役管理・事業開発担当就任
平成21年8月
同社取締役事業担当兼ライフスタイル事業部長就任
平成22年2月
同社取締役ライフスタイル事業部長就任
平成22年5月
当社取締役就任
平成22年8月
当社取締役事業推進統括部長兼販売推進部長就任
平成23年2月
当社取締役経営企画室長兼店舗運営統括部長就任
平成23年10月
当社取締役経営企画室長兼戦略事業本部長就任
 
平成24年5月
当社代表取締役社長就任(現任)
取締役
SPA事業
本部長
 
東 野 敏 明
昭和39年11月12日生
昭和62年3月
当社入社
(注)1
3
平成14年3月
当社レディース商品部長
平成18年5月
当社取締役Ikka事業部商品部長就任
平成19年1月
当社取締役営業本部商品統括部長就任
平成21年2月
当社取締役Ikka事業部長兼Ikka事業部商品部長就任
平成22年8月
当社取締役MD推進部長就任
平成22年11月
当社取締役MD統括部長兼SCM推進部長兼第二世代MD部長就任
平成23年2月
当社取締役SPA統括部長兼中国事業統括部長兼SPA統括部SCM推進部長就任
平成23年10月
当社取締役SPA事業本部長就任(現任)
取締役
経営管理
本部
人事総務
部長
髙 見   明
昭和29年7月23日生
昭和52年4月
ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
(注)1
9
昭和61年3月
当社入社
昭和63年3月
当社人事部長
平成13年9月
当社経営管理本部人事総務部長
平成15年5月
当社取締役人事総務部長就任
平成17年2月
当社取締役第2事業部営業部長就任
平成18年2月
当社取締役COX事業部営業部長就任
平成19年1月
当社取締役管理本部人事総務統括部長兼人事部長就任
平成20年2月
当社取締役管理本部人事総務統括部長就任
平成21年2月
当社取締役管理統括部長就任
平成22年2月
当社取締役人事総務部長就任
平成22年8月
当社経営管理統括部人事総務部長
平成23年5月
当社取締役経営管理統括部人事総務部長就任
平成23年10月
当社取締役経営管理本部人事総務部長就任(現任)

 

役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有株式数(千株)
取締役
 
速 水 英 樹
昭和48年3月15日生
平成8年4月
ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
(注)1
平成9年9月
同社コントロール部
平成20年5月
同社グループコントロール部
平成21年4月
同社経営管理部
平成24年4月
当社経営管理本部長付
平成24年5月
当社取締役就任(現任)
常勤監査役
 
平 中 輝 夫
昭和22年5月4日生
昭和45年3月
ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
(注)2
7
平成4年8月
サイアムジャスコ㈱(現イオンタイランド㈱)専務取締役就任
平成11年3月
サイアムジャスコ㈱(現イオンタイランド㈱)代表取締役社長就任
平成15年2月
アイク㈱国際業務本部理事
平成15年5月
当社常勤監査役就任(現任)
監査役
 
原 田 健 至
昭和22年12月29日生
昭和45年3月
ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
(注)3
10
平成13年3月
同社グループ会社統括部長
平成17年3月
㈱マイカル(現イオンリテール㈱)ビブレ事業本部住生活商品部長
平成18年9月
同社経営管理本部長
平成19年2月
コルドンヴェール㈱専務取締役就任
平成20年3月
イオン㈱関連企業部
平成20年5月
㈱ブルーグラス(現㈱コックス)常勤監査役就任
平成20年5月
当社監査役就任(現任)
平成23年5月
イオンモール㈱常勤監査役就任(現任)
監査役
 
田 川 明 良
昭和22年9月17日生
昭和41年3月
㈱ニチイ(現イオンリテール㈱)入社
(注)4
5
平成13年3月
同社営業本部ビブレ事業部長
平成15年7月
同社商品本部衣料服飾統括部長
平成16年9月
同社取締役商品本部長就任
平成17年3月
同社取締役商品担当就任
平成17年5月
同社常務取締役商品担当就任
平成18年9月
同社常務取締役営業担当就任
平成21年5月
当社監査役就任(現任)
監査役
 
武 田 喜 治
昭和24年4月11日生
昭和52年4月
検事任官 東京地方検察庁配属
(注)2
昭和53年3月
検事退官
昭和53年4月
弁護士登録(東京弁護士会)
昭和55年4月
法律事務所開業
平成23年5月
当社監査役就任(現任)
37

(注) 1 任期は平成24年5月18日開催の定時株主総会から1年であります。

2 任期は平成23年5月12日開催の定時株主総会から4年であります。

3 任期は平成24年5月18日開催の定時株主総会から4年であります。

4 任期は平成21年5月19日開催の定時株主総会から4年であります。

5 所有株式数は、コックス役員持株会における各自の持分を含めた実質持株数であり、表示単位未満の端数を切り捨てて表示しております。

6 常勤監査役平中輝夫、監査役原田健至、田川明良及び武田喜治は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。

 

 

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

①  企業統治の体制

1.企業統治の体制

当社は監査役設置会社であります。当社は、監査役会を設置し、社外監査役を含めた監査役による監査体制が経営監視機能として有効であると判断し、監査役設置会社形態を採用しております。
 当社の基本的な経営管理組織として、取締役会、マネジメント会議があります。
 取締役会は期末現在で取締役5名で構成され、最高意思決定機関としての取締役会を毎月開催し、経営の基本方針、法令で定められた事項や経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行状況を監督しております。また、マネジメント会議は、取締役、常勤監査役、経営監査室長及び本社の主要な部門の長が参加し、経営課題や全社的執行方針について審議、検討、報告することを中心に原則毎週1回開催しております。
 監査役は期末現在で社外監査役4名であり、取締役会と監査役会への出席及び取締役からの営業報告の聴取や経営監査室との情報収集のほか、重要な書類の閲覧等により、経営に関する監視、監査機能を果たしております。監査役会についても定期的に開催し、全取締役から担当業務執行の報告を受けて意見具申を行うなど、公正・客観的な立場から監査を行っております。

会計監査人には、有限責任監査法人トーマツを選任しております。顧問弁護士については、随時法令順守の指導と助言を受けております。
 また、金融商品取引法に基づく内部統制評価のため、経営管理本部に内部統制グループを設置しております。

 

当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は次の通りであります。

 

 

 

2.内部統制システムの整備の状況

(1)取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

①当社は、取締役会・監査役会・会計監査人による経営管理体制を採っている。
 ②取締役会は、取締役会規則に則り、経営上の重要事項の決議を行い、報告を受ける。取締役
  は、取締役会決議に基づき業務執行を行い、その状況を取締役会に報告する。取締役の職務
  執行の法令・定款への適合性については、取締役相互で監視し合う他、監査役会による監査
  を受ける。
 ③当社は、監査役による監査の実効性を確保するため、社外監査役を選任するとともに、定期
  的に監査役会を開催し取締役から業務の執行状況の報告を受ける。
 ④当社は、内部統制全体を統括する組織として、代表取締役社長を委員長とし、常勤監査役が
  参加する内部統制委員会を設置する。内部統制委員会は、内部統制担当取締役を指名し、各
  業務部門の長が適宜参画し、その事務局を総務担当部門に置く。内部統制委員会は、内部統
  制のシステム構築のために規程・マニュアル類の整備や実務的対応策を策定し、取締役会及
  び監査役会の承認を得て、各業務部門に展開する。
 ⑤市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会勢力に対しては、一切の関係を遮断し、不当要
  求に対しては、総務担当部門が中心となり、弁護士や警察等外部専門機関と連携し、毅然と
  した姿勢で対応する。

(2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

①取締役は、その業務の執行に係る文書その他の情報につき、当社の社内規程に従い適切に保
  存及び管理を行う。
 ②会社情報の正確かつ適切な開示を重視し、開示における社内体制を整備する。

(3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

①災害、環境、コンプライアンス等に係るリスクについては、内部統制委員会の実務的対応策
  の策定を受け、それぞれの担当業務部門にて規則・ガイドラインの制定、研修の実施、マニ
  ュアルの作成・配付等により全従業員に徹底する。
 ②各業務部門は、それぞれの部門に関するリスク管理を行う。各業務部門の長は、リスク管理
  の状況を内部統制委員会に定期的に報告する。

(4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

①取締役の職務の執行の効率性を確保する体制として、取締役会を毎月1回定期的に開催し、
  重要事項の決定並びに取締役の業務執行状況の監督を行う。
 ②業務の有効性と効率性をはかる観点から、当社及び当社グループ経営に関わる重要事項につ
  いては社内規程に従い、マネジメント会議の審議を経て、取締役会において決定する。
 ③取締役会等での決定に基づく業務執行は、代表取締役社長の下、各業務部門の長らが迅速に
  遂行しているが、あわせて内部牽制機能を確立するため、業務分掌規程においてそれぞれの
  組織権限や実行責任者の明確化、適切な業務手続きを定める。
 ④当社は、中期経営計画を立案すると同時に、年度ごとに方針及び予算を策定している。各業
  務部門は、これを受けて部門方針と政策並びに予算を作成し、これに基づく業績管理を行う
  とともに、四半期ごとにマネジメント会議で部門政策の進捗管理を行う。

 

(5)使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

①より良い地域社会との関係を構築するとともに、企業としての社会的責任を果たすため、コ
  ンプライアンスマニュアルを作成し、社内教育にも取り入れる。
 ②職場や業務で重大な倫理・コンプライアンス違反の事実、又はその疑いがある情報に接した
  従業員等が、その情報をコンプライアンス担当部門に直接提供することができる内部通報制
  度を構築し、事実の早期発見、対策、及び再発防止に努める。
 ③内部監査部門として経営監査室を設置しており、各部門の業務プロセス等を監査し、その結
  果を代表取締役社長に報告するとともに、取締役会にも定期的に報告することにより改善に
  努める。

(6)当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保する
   ための体制

①グループ各社の関係部門が定期的に担当者会議を開催し、法改正対応の動向・対応の検討、
  業務効率化に資する対処事例の水平展開等を進めている。ただし、具体的対応の決定は、各
  社の事情に応じて各社が決定するものとしており、当社としては水平展開候補事例の通知を
  受ける他、コンプライアンス遵守状況等に係る報告等を適宜受ける体制としている。
 ②親会社との賃貸借契約等の利益相反取引については、取締役会で投資採算等の審議を行い、
  可及的に市場価格での取引として利益を損ねない方策を講じる。
 ③関係会社の経営については、その自主性を尊重しつつ、事業内容の定期的な報告と重要案件
  についての事前審議を行い、必要な管理を行う。

(7)監査役補助者の独立性等、監査役監査の実効性を確保する体制

①監査役の業務を補助する使用人は特に設けず、常勤監査役が監査計画案及び監査予算の策
  定、監査役会議事録作成等の業務を直接に実施することにより、監査業務の独立性の確保に
  努める。
 ②取締役及び使用人は、監査役会の定めるところに従い、次の事項につき監査役の要請に応じ
  て必要な報告及び情報提供を行う。
  1) 当社の内部統制システム構築に関わる部門の活動状況
  2) 当社の内部監査を担当する部門の活動状況
  3) 当社の重要な会計方針、会計基準並びにその変更
  4) 重要開示事項の内容
  5) 重要な会議議事録並びに業務文書
  6) その他監査役が必要とする情報

②  内部監査及び監査役監査

内部監査及び監査役監査並びに会計監査による監査を有機的に融合させて、コーポレート・ガバナンスの実効性の確保をはかっております。
 内部監査は、経営監査室を設置しており、専任3名が常勤監査役と連携をはかりながら、年間監査計画に基づき内部監査を実施しております。監査役監査は、常勤監査役1名と非常勤監査役3名で、年間監査計画に基づき監査を実施しております。

 

 

③  社外取締役及び社外監査役

当社の社外監査役は提出日現在4名であります。社外監査役平中輝夫氏、原田健至氏及び田川明良氏は、当社の株式を所有しておりますが、当社との間に人的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。社外監査役武田喜治氏と当社との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。武田喜治氏は弁護士の資格を有しております。
 社外監査役は、取締役会に随時出席し、取締役会及び取締役の意思決定、業務執行に関して十分な監視機能を果たすとともに監査体制の充実をはかっております。
 当社は、社外取締役を選任いたしておりません。当社は、社外監査役が独立・公正な立場で取締役の職務執行に対する検証を行う等、客観性及び中立性を確保したガバナンスを確立しており、監査役の機能を有効に活用しながらステークホルダーから負託を受けた実効性の高い経営監視が期待できることから、現状の体制・機能を維持することとしております。

 

④  役員の報酬等

イ  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分
報酬等の総額
(千円)
報酬等の種類別の総額(千円)
対象となる
役員の員数
(名)
基本報酬
ストック
オプション
賞与
退職慰労金
取締役
(社外取締役を除く)
75,030
63,870
2,730
8,430
監査役
(社外監査役を除く)
社外役員
21,480
21,480

(注) 1 取締役の報酬限度額は、2007年5月17日開催の第34期定時株主総会において、年額2億円以内(このうち、金銭による報酬額として役員賞与を含めて年額1億7,000万円以内、株式報酬型ストック・オプション公正価値分として年額3,000万円以内)と決議いただいております。

2 監査役の報酬限度額は、1990年5月12日開催の第17期定時株主総会において、年額30,000千円以内と決議いただいております。

 

ロ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

 報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

ハ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

 該当事項はありません。

 

ニ 役員の報酬等の額の決定に関する方針

当社の取締役の報酬等の額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、各取締役の職責及び経営への貢献度に応じた報酬と、役位に応じた報酬、また、会社業績や各取締役の成果に連動して算定する報酬とを組み合わせて算定することを基本としております。監査役の報酬額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、常勤監査役と非常勤監査役の別、業務の分担等を勘案し、監査役の協議により決定しております。

 

 

⑤ 株式の保有状況

イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

 銘柄数                           14銘柄
   貸借対照表計上額の合計額    4,754,761千円

 

ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表
   計上額及び保有目的

 

(前事業年度)

特定投資株式

銘柄
株式数
(株)
貸借対照表計上額
(千円)
保有目的
イオンクレジットサービス(株)
1,440,345
1,852,283
取引関係等の円滑化のため
ミニストップ(株)
687,001
1,020,883
取引関係等の円滑化のため
イオンモール(株)
384,000
842,496
取引関係等の円滑化のため
マックスバリュ西日本(株)
424,460
500,013
取引関係等の円滑化のため
イオン九州(株)
360,000
489,240
取引関係等の円滑化のため
イオンディライト(株)
97,500
155,902
取引関係等の円滑化のため
(株)イオンファンタジー
76,664
88,010
取引関係等の円滑化のため
(株)ジーフット
84,000
69,300
取引関係等の円滑化のため
DCMホールディングス(株)
32,340
16,946
取引関係等の円滑化のため
(株)ツヴァイ
20,000
15,460
取引関係等の円滑化のため

(注)DCMホールディングス(株)以下の株式は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位10銘柄について記載しております。

 

(当事業年度)

特定投資株式

銘柄
株式数
(株)
貸借対照表計上額
(千円)
保有目的
イオンクレジットサービス(株)
1,440,345
1,598,782
取引関係等の円滑化のため
ミニストップ(株)
687,001
997,525
取引関係等の円滑化のため
イオンモール(株)
384,000
706,944
取引関係等の円滑化のため
イオン九州(株)  
360,000
506,160
取引関係等の円滑化のため
マックスバリュ西日本(株)
424,460
500,013
取引関係等の円滑化のため
イオンディライト(株)
97,500
156,000
取引関係等の円滑化のため
(株)イオンファンタジー
76,664
97,593
取引関係等の円滑化のため
(株)ジーフット
84,000
68,124
取引関係等の円滑化のため
DCMホールディングス(株)  
32,340
19,080
取引関係等の円滑化のため
(株)ツヴァイ
20,000
15,200
取引関係等の円滑化のため
中央三井・トラストホールディングス(株)
3,000
837
取引関係等の円滑化のため

(注)DCMホールディングス(株)以下の株式は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、特定投資株式の保有銘柄数が30銘柄以下であるため、全ての特定投資株式について記載しております。

 

 

⑥ 会計監査の状況

当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、樋口義行氏及び町田恵美氏であり、それぞれ有限責任監査法人トーマツに所属しております。なお、監査年数は両者とも7年を経過していないため、記載を省略しております。また、当事業年度の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他6名であります。

 

⑦ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

当社は、会社法第165条第2項の規定により、機動的な資本政策遂行のため、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めてあります。

 

⑧ 取締役の定数

当社の取締役は15名以内とする旨を定款で定めております。

 

⑨ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

⑩ 株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

(2) 【監査報酬の内容等】

① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

 

区分
前連結会計年度
当連結会計年度
監査証明業務に
基づく報酬(千円)
非監査業務に
基づく報酬(千円)
監査証明業務に
基づく報酬(千円)
非監査業務に
基づく報酬(千円)
提出会社
37,000
37,000
連結子会社
37,000
37,000

 

② 【その他重要な報酬の内容】

前連結会計年度

該当事項はありません。

当連結会計年度

該当事項はありません。

 

 

③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

前連結会計年度

該当事項はありません。

当連結会計年度

該当事項はありません。

 

④ 【監査報酬の決定方針】

決定方針は特に定めておりませんが、 監査内容及び監査日数等を勘案し、監査法人と協議及び監査役会の同意の上、決定しております。

 





出典: 株式会社コックス、2012-02-20 期 有価証券報告書