有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年2月29日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成19年4月1日から平成20年2月29日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
(3)当社は、平成19年6月26日開催の第66回定時株主総会における定款の一部変更の決議により、決算期を3月31日から2月末日に変更いたしました。
 従って、前連結会計年度及び前事業年度は、平成19年4月1日から平成20年2月29日までの11ヶ月間となっております。
2 監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年2月29日まで)及び当連結会計年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(平成19年4月1日から平成20年2月29日まで)及び当事業年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)の財務諸表について、監査法人トーマツにより監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
 
 
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
3,160,686
 
 
4,075,308
 
2 たな卸資産
 
 
2,174,014
 
 
1,750,300
 
3 繰延税金資産
 
 
60,467
 
 
136,214
 
4 その他
 
 
541,292
 
 
688,707
 
貸倒引当金
 
 
△1,350
 
 
△1,350
 
流動資産合計
 
 
5,935,111
28.2
 
6,649,181
30.3
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物及び構築物
※1
15,727,319
 
 
17,710,410
 
 
減価償却累計額
 
△9,820,044
5,907,274
 
△10,414,304
7,296,106
 
(2)什器備品
 
2,811,309
 
 
2,789,619
 
 
減価償却累計額
 
△2,401,675
409,634
 
△2,365,614
424,005
 
(3)土地
※1
 
5,141,355
 
 
5,141,355
 
(4)建設仮勘定
 
 
1,126,520
 
 
3,150
 
(5)その他
 
26,951
 
 
18,209
 
 
減価償却累計額
 
△25,381
1,569
 
△17,322
887
 
有形固定資産合計
 
 
12,586,354
59.9
 
12,865,503
58.6
2 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)その他
 
 
478,607
 
 
476,698
 
無形固定資産合計
 
 
478,607
2.3
 
476,698
2.2
3 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
 
 
196,729
 
 
159,759
 
(2)繰延税金資産
 
 
534,788
 
 
599,356
 
(3)差入保証金
 
 
1,084,200
 
 
991,911
 
(4)その他
 
 
208,246
 
 
208,396
 
投資その他の資産合計
 
 
2,023,964
9.6
 
1,959,425
8.9
固定資産合計
 
 
15,088,926
71.8
 
15,301,627
69.7
資産合計
 
 
21,024,038
100.0
 
21,950,809
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 買掛金
 
 
2,374,925
 
 
3,875,349
 
2 短期借入金
※1
 
2,470,000
 
 
2,670,000
 
3 1年内返済予定の長期借入金
※1
 
1,200,350
 
 
972,880
 
4 未払金
 
 
 
 
1,178,419
 
5 未払法人税等
 
 
180,800
 
 
75,300
 
6 ポイント費用引当金
 
 
82,218
 
 
60,104
 
7 その他
 
 
1,153,745
 
 
429,915
 
流動負債合計
 
 
7,462,039
35.5
 
9,261,968
42.2
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 長期借入金
※1
 
2,875,770
 
 
1,902,890
 
2 退職給付引当金
 
 
1,090,081
 
 
1,092,868
 
3 役員退職慰労引当金
 
 
147,218
 
 
153,501
 
4 負ののれん
 
 
17,033
 
 
10,459
 
5 預り保証金
 
 
551,776
 
 
669,586
 
6 その他
 
 
84,414
 
 
89,256
 
固定負債合計
 
 
4,766,294
22.7
 
3,918,561
17.8
負債合計
 
 
12,228,334
58.2
 
13,180,530
60.0
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
1,052,272
5.0
 
1,052,272
4.8
2 資本剰余金
 
 
1,139,832
5.4
 
1,139,832
5.2
3 利益剰余金
 
 
6,628,486
31.5
 
6,591,754
30.0
4 自己株式
 
 
△89
△0.0
 
△284
△0.0
株主資本合計
 
 
8,820,502
41.9
 
8,783,575
40.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価差額金
 
 
△30,805
△0.1
 
△21,707
△0.1
評価・換算差額等合計
 
 
△30,805
△0.1
 
△21,707
△0.1
Ⅲ 新株予約権
 
 
6,007
0.0
 
8,410
0.1
純資産合計
 
 
8,795,703
41.8
 
8,770,278
40.0
負債純資産合計
 
 
21,024,038
100.0
 
21,950,809
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【連結損益計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
48,205,453
100.0
 
49,785,983
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
37,064,335
76.9
 
37,660,797
75.6
売上総利益
 
 
11,141,118
23.1
 
12,125,185
24.4
Ⅲ 営業収入
 
 
 
 
 
 
 
テナント収入
 
 
384,687
0.8
 
675,947
1.3
営業総利益
 
 
11,525,805
23.9
 
12,801,133
25.7
Ⅳ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1 販売促進費
 
473,829
 
 
410,378
 
 
2 包装費
 
132,825
 
 
131,027
 
 
3 広告費
 
459,432
 
 
454,831
 
 
4 ポイント費用引当金繰入額
 
82,218
 
 
60,104
 
 
5 給料
 
2,434,455
 
 
2,584,288
 
 
6 雑給
 
2,584,505
 
 
2,846,166
 
 
7 退職給付費用
 
107,702
 
 
99,096
 
 
8 法定福利費
 
457,200
 
 
503,181
 
 
9 租税公課
 
175,015
 
 
228,911
 
 
10 地代家賃
 
827,561
 
 
940,146
 
 
11 電力料
 
930,945
 
 
1,030,917
 
 
12 清掃保安費
 
353,198
 
 
375,974
 
 
13 減価償却費
 
714,826
 
 
877,676
 
 
14 その他
 
1,447,364
11,181,083
23.2
1,571,663
12,114,365
24.3
営業利益
 
 
344,721
0.7
 
686,767
1.4
Ⅴ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
10,600
 
 
11,757
 
 
2 受取配当金
 
16,747
 
 
15,366
 
 
3 賃貸収入
※1
72,759
 
 
82,128
 
 
4 その他
 
96,111
196,219
0.4
77,623
186,874
0.3
Ⅵ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
45,293
 
 
60,317
 
 
2 その他
 
3,431
48,725
0.1
4,336
64,653
0.1
経常利益
 
 
492,216
1.0
 
808,989
1.6

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅶ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却益
※2
240,807
 
 
339
 
 
2 投資有価証券売却益
 
1,000
 
 
 
 
3 テナント退店違約金受入
 
400
242,207
0.5
13,438
13,778
0.0
Ⅷ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却損
※3
 
 
468
 
 
2 固定資産除却損
※4
2,847
 
 
19,642
 
 
3 店舗等閉鎖損失
 
11,339
 
 
293,263
 
 
4 出店中止損
 
 
 
35,373
 
 
5 災害損失
 
 
 
43,642
 
 
6 投資有価証券評価損 
 
 
 
54,251
 
 
7 減損損失
※5
437,689
451,876
0.9
173,032
619,674
1.2
税金等調整前当期純利益
 
 
282,547
0.6
 
203,093
0.4
法人税、住民税及び事業税
 
345,509
 
 
253,047
 
 
法人税等調整額
 
△206,338
139,171
0.3
△146,482
106,564
0.2
当期純利益
 
 
143,376
0.3
 
96,528
0.2
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日残高(千円)
1,052,272
1,139,832
6,618,371
△54
8,810,421
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
△133,261
 
△133,261
当期純利益
 
 
143,376
 
143,376
自己株式の取得
 
 
 
△34
△34
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
10,115
△34
10,080
平成20年2月29日残高(千円)
1,052,272
1,139,832
6,628,486
△89
8,820,502
 
評価・換算差額等
新株予約権
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日残高(千円)
△4,068
△4,068
8,806,353
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△133,261
当期純利益
 
 
 
143,376
自己株式の取得
 
 
 
△34
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△26,737
△26,737
6,007
△20,730
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△26,737
△26,737
6,007
△10,650
平成20年2月29日残高(千円)
△30,805
△30,805
6,007
8,795,703
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成20年2月29日残高(千円)
1,052,272
1,139,832
6,628,486
△89
8,820,502
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
△133,260
 
△133,260
当期純利益
 
 
96,528
 
96,528
自己株式の取得
 
 
 
△194
△194
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△36,732
△194
△36,926
平成21年2月28日残高(千円)
1,052,272
1,139,832
6,591,754
△284
8,783,575
 
評価・換算差額等
新株予約権
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成20年2月29日残高(千円)
△30,805
△30,805
6,007
8,795,703
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△133,260
当期純利益
 
 
 
96,528
自己株式の取得
 
 
 
△194
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
9,098
9,098
2,402
11,501
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
9,098
9,098
2,402
△25,425
平成21年2月28日残高(千円)
△21,707
△21,707
8,410
8,770,278
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
税金等調整前当期純利益
 
282,547
203,093
減価償却費
 
714,826
877,676
減損損失
 
437,689
173,032
ポイント費用引当金の増減額(減少:△)
 
2,829
△22,114
退職給付引当金の増減額(減少:△)
 
45,859
2,787
役員退職慰労引当金の増減額(減少:△)
 
17,249
6,283
受取利息及び受取配当金
 
△27,348
△27,123
支払利息
 
45,293
60,317
固定資産売却益
 
△240,807
△339
固定資産売却損
 
468
固定資産除却損
 
2,847
19,642
店舗等閉鎖損失
 
11,339
293,263
投資有価証券売却益
 
△1,000
テナント退店違約金受入
 
△400
△13,438
出店中止損
 
35,373
災害損失
 
43,642
投資有価証券評価損
 
54,251
たな卸資産の増減額(増加:△)
 
76,062
423,713
未収入金の増減額(増加:△)
 
129,766
△178,667
仕入債務の増減額(減少:△)
 
△2,522,815
1,500,423
未払金の増減額(減少:△)
 
△319,299
309,616
預り金の増減額(減少:△)
 
△94,472
△664
未払消費税等の増減額(減少:△)
 
34,761
△27,516
その他
 
64,279
52,353
小計
 
△1,340,791
3,786,076
利息及び配当金の受取額
 
23,015
22,178
利息の支払額
 
△44,525
△55,469
店舗等閉鎖損失の支払額
 
△38
△43,466
災害損失の支払額
 
△35,370
法人税等の支払額
 
△314,819
△383,914
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
△1,677,159
3,290,033

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
有形固定資産の取得による支出
 
△1,301,469
△1,352,866
有形固定資産の売却による収入
 
327,607
633
無形固定資産の取得による支出
 
△61,441
△51,092
投資有価証券の取得による支出
 
△106,833
△3,600
投資有価証券の売却による収入
 
101,700
860
預り保証金の返済による支出
 
△82,834
△92,024
預り保証金の受入による収入
 
133,181
293,494
差入保証金の差入れによる支出
 
△12,770
△42,560
差入保証金の回収による収入
 
33,766
3,724
その他
 
△49,779
50,000
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△1,018,873
△1,193,431
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
短期借入金の純増減額(減少:△)
 
400,000
200,000
長期借入れによる収入
 
1,800,000
長期借入金の返済による支出
 
△1,105,440
△1,200,350
自己株式の取得による支出
 
△34
△194
配当金の支払額
 
△131,932
△131,435
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
962,592
△1,131,980
Ⅳ 現金及び現金同等物の増減額(減少:△)
 
△1,733,441
964,622
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
 
4,796,627
3,063,186
Ⅵ 現金及び現金同等物の期末残高
 
3,063,186
4,027,808
 
 
 
 
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
項目
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1 連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数    1社
連結子会社の名称
㈱ジョイスサポート
(1)連結子会社の数     1社
連結子会社の名称
同左
 
(2)非連結子会社の名称等
 該当事項はありません。
(2)非連結子会社の名称等
同左
2 持分法の適用に関する事項
(1)持分法適用の非連結子会社数
 該当事項はありません。
(1)持分法適用の非連結子会社数
同左
 
(2)持分法適用の関連会社数
 該当事項はありません。
(2)持分法適用の関連会社数
同左
 
(3)持分法を適用しない非連結子会社
 該当事項はありません。
(3)持分法を適用しない非連結子会社
同左
3 連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
同左
4 会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券
その他有価証券
時価のあるもの
 決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております。)
① 有価証券
その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
 移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
 
② たな卸資産
イ 商品
生鮮食品 最終仕入原価法
② たな卸資産
イ 商品
生鮮食品 同左
 
その他  売価還元原価法
その他  同左
 
ロ 貯蔵品   最終仕入原価法
ロ 貯蔵品   同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
 定率法によっております。
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。
 また、事業用定期借地権契約による借地上の建物・構築物については、耐用年数を定期借地権の残存期間、残存価額を零とした定額法によっております。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物及び構築物  10年〜34年
什器備品     5年〜10年
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
    定率法によっております。
         ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。
        また、事業用定期借地権契約に
       よる借地上の建物・構築物につい
       ては、耐用年数を定期借地権の残
       存期間、残存価額を零とした定額
       法によっております。
         なお、主な耐用年数は以下のと
       おりであります。
         建物及び構築物    10年〜34年
         什器備品          4年〜10年
 
(会計方針の変更)
 法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 これにより、前連結会計年度と同一の方法によった場合と比べ、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益が9,511千円それぞれ減少しております。
 
 
(追加情報)
 法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。この結果、従来の方法に比べ、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益がそれぞれ21,782千円減少しております。
 

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
② 無形固定資産
 定額法によっております。
 ただし、定期借地権(当該借地権を設定している土地の改良費等)については、賃借期間を基準とした定額法によっております。
 また、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
② 無形固定資産
同左
 
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
同左
 
② ポイント費用引当金
 ポイントカード制度により発行される商品値引券の利用に備えるため、将来利用されると見込まれる額を計上しております。
② ポイント費用引当金
同左
 
③ 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき、計上しております。
 数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定率法により翌連結会計年度から損益処理することとしております。
③ 退職給付引当金
    従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき、計上しております。
         過去勤務債務は、その発生時に おける従業員の平均残存勤務期間 以内の一定の年数(5年)による 定額法により按分した額を発生し た連結会計年度から損益処理する こととしております。
         数理計算上の差異は、その発生 時の従業員の平均残存勤務期間以 内の一定の年数(10年)による定 率法により按分した額をそれぞれ 発生の翌連結会計年度から損益処 理することとしております。
 
④ 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
④ 役員退職慰労引当金
同左
 
(4)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
(4)重要なリース取引の処理方法
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
(5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
同左
5 連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価方法は、全面時価評価法によっております。
同左
6 のれん及び負ののれんの償却に関する事項
 10年間で均等償却しております。
同左
7 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
8 連結決算日の変更に関する事項
 当社は、平成19年6月26日開催の定時株主総会決議により、決算日を3月31日から2月末日に変更いたしました。これは、同業他社の事業年度に合わせることにより企業比較の容易さを図ることと、たな卸し作業及び決算関連業務の円滑化、効率化を図ることをねらいとしております。
 これに伴い、当連結会計年度は平成19年4月1日から平成20年2月29日までの11ヶ月となっております。
 なお、連結子会社(株式会社ジョイスサポート)の決算期につきましても3月31日から2月末日に変更しております。
──────
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
(連結貸借対照表関係)
 ──────
(連結貸借対照表関係)
 前連結会計年度において、連結貸借対照表の流動負債の「その他」に含めておりました「未払金」は、重要性が増したため、当連結会計年度において区分掲記することに変更しております。なお、前連結会計年度の「未払金」は734,472千円であります。
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
 前連結会計年度において、投資活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めておりました「預り保証金の受入による収入」は、金額の重要性が増したため、当連結会計年度においては、区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めておりました「預り保証金の受入による収入」は、85,959千円であります。
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
 ──────
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
※1 担保に供している資産の額
※1 担保に供している資産の額
建物及び構築物
2,064,649千円
土地
3,374,800千円
5,439,450千円
建物及び構築物
1,910,289千円
土地
3,225,548千円
5,135,837千円
上記に対応する債務
上記に対応する債務
短期借入金
1,320,000千円
1年内返済予定の長期借入金
731,050千円
長期借入金
2,738,570千円
4,789,620千円
短期借入金
1,620,000千円
1年内返済予定の長期借入金
835,680千円
長期借入金
1,902,890千円
4,358,570千円
 2 保証債務
 協同組合ベルセンターの銀行借入に対して他社(12社)と共同保証を行っております。
 2 保証債務
 協同組合ベルセンターの銀行借入に対して他社(12社)と共同保証を行っております。
 
277,000千円
 
254,000千円
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
※1 賃貸収入は、閉鎖事業所の敷地等の不動産賃貸収入であります。
※1 賃貸収入は、閉鎖事業所の敷地等の不動産賃貸収入であります。
※2 固定資産売却益の主な内容は、次のとおりであります。
※2 固定資産売却益の主な内容は、次のとおりであります。
土地
240,807千円
車両運搬具
339千円
※3        ──────
 ※3 固定資産売却損の主な内容は、次のとおりであり ます。
建物
45千円
什器備品
395千円
車両運搬具
26千円
※4 固定資産除却損の主な内容は、次のとおりであります。
※4 固定資産除却損の主な内容は、次のとおりであります。
建物及び構築物
1,022千円
什器備品
1,465千円
無形固定資産
360千円
建物及び構築物
12,596千円
什器備品
7,018千円
車両運搬具
28千円
※5 減損損失
 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
※5 減損損失
 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
用途
場所(件数)
種類
金額(千円)
店舗
岩手県
(7件)
建物及び構築物
293,743
 
 
什器備品
56,448
 
 
土地
17,297
 
 
リース資産
60,054
 
 
その他
10,144
合計
(7件)
 
437,689
用途
場所(件数)
種類
金額(千円)
店舗等
秋田県
(1件)
建物及び構築物
169,185
 
 
什器備品
2,075
 
 
その他
1,772
合計
(1件)
 
173,032
 (注) その他は有形固定資産のその他、無形固定資産であります。
 (注) その他は有形固定資産のその他、無形固定資産であります。
 当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位に資産のグルーピングをしております。遊休資産等については、物件毎に資産のグルーピングをしております。
 営業活動から生ずる損益が継続してマイナス、又は継続してマイナスとなる見込である店舗等の資産グループ及び市場価格が帳簿価額より著しく下落している遊休資産等については、各資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(437,689千円)として特別損失に計上しております。
 なお、当該資産グループの回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、正味売却価額については、主として不動産鑑定評価額に基づいて算定しております。
 当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位に資産のグルーピングをしております。遊休資産等については、物件毎に資産のグルーピングをしております。
 営業活動から生ずる損益が継続してマイナス、又は継続してマイナスとなる見込である店舗等の資産グループ及び市場価格が帳簿価額より著しく下落している遊休資産等については、各資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(173,032千円)として特別損失に計上しております。
 なお、上記「店舗等」については、建物等の取り壊しが決定したことから帳簿価額全額を減損損失として計上しております。
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)
1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
株式の種類
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
発行済株式
 
 
 
 
普通株式(株)
11,105,200
11,105,200
合計
11,105,200
11,105,200
自己株式
 
 
 
 
普通株式(株)(注)
100
68
168
合計
100
68
168
 (注) 自己株式の増加は、単元未満株の買取請求による増加68株であります。
2 新株予約権に関する事項
会社名
内訳
目的となる株式の種類
目的となる株式の株(株)
当連結会計年度末残高
(千円)
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
提出会社
ストック・オプションとしての新株予約権
普通株式
6,007
合計
6,007
 (注) 権利行使期間の初日が到来しているものはありません。
3 配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額
(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月26日
定時株主総会
普通株式
133,261
12
平成19年3月31日
平成19年6月27日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当の原資
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年5月27日
定時株主総会
普通株式
利益剰余金
133,260
12
平成20年2月29日
平成20年5月28日
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
株式の種類
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
発行済株式
 
 
 
 
普通株式(株)
11,105,200
11,105,200
合計
11,105,200
11,105,200
自己株式
 
 
 
 
普通株式(株)(注)
168
430
598
合計
168
430
598
 (注) 自己株式の増加は、単元未満株の買取請求による増加430株であります。
2 新株予約権に関する事項
会社名
内訳
目的となる株式の種類
目的となる株式の株(株)
当連結会計年度末残高
(千円)
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
提出会社
ストック・オプションとしての新株予約権
普通株式
 − 
8,410
合計
 −
8,410
3 配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額
(円)
基準日
効力発生日
平成20年5月27日
定時株主総会
普通株式
133,260
12
平成20年2月29日
平成20年5月28日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当の原資
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成21年5月26日
定時株主総会
普通株式
利益剰余金
133,255
12
平成21年2月28日
平成21年5月27日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
現金及び預金
3,160,686千円
預入期間が3ケ月を超える定期預金
△97,500千円
現金及び現金同等物
3,063,186千円
現金及び預金
4,075,308千円
預入期間が3ケ月を超える定期預金
△47,500千円
現金及び現金同等物
4,027,808千円
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1. リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
1. リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
什器備品
(千円)
その他
(ソフトウェア)
(千円)
(千円)
取得価額相当額
1,318,203
61,280
1,379,483
減価償却累計額相当額
847,031
47,401
894,432
減損損失累計額相当額
107,054
2,427
109,481
期末残高相当額
364,118
11,451
375,569
 
什器備品
(千円)
その他
(ソフトウェア)
(千円)
(千円)
取得価額相当額
982,498
25,498
1,007,997
減価償却累計額相当額
634,723
20,011
654,734
減損損失累計額相当額
67,287
2,427
69,714
期末残高相当額
280,487
3,060
283,547
 (注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
 (注)        同左
② 未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損勘定期末残高
未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損勘定期末残高
未経過リース料期末残高相当額
1年内
216,290千円
1年超
231,002千円
447,292千円
リース資産減損勘定期末残高
71,722千円
1年内
150,421千円
1年超
174,297千円
324,719千円
リース資産減損勘定期末残高
41,171千円
 (注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
 (注)        同左
③ 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額及び減損損失
③ 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額及び減損損失
支払リース料
285,022千円
リース資産減損勘定の取崩額
11,690千円
減価償却費相当額
273,332千円
減損損失
60,054千円
支払リース料
233,475千円
リース資産減損勘定の取崩額
30,649千円
減価償却費相当額
202,825千円
減損損失
98千円
④ 減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
 
④ 減価償却費相当額の算定方法
同左
2. オペレーティング・リース取引
         ──────
2. オペレーティング・リース取引
  未経過リース料
1年内
49,308千円
1年超
540,061千円
589,369千円
(有価証券関係)
Ⅰ 前連結会計年度
1 その他有価証券で時価のあるもの(平成20年2月29日現在)
区分
取得原価(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
(連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの)
 
 
(1)株式
57,844
59,472
1,627
(2)債券
 
 
 
国債・地方債等
社債
その他
(3)その他
小計
57,844
59,472
1,627
(連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの)
 
 
(1)株式
161,609
111,193
△50,415
(2)債券
 
 
 
国債・地方債等
社債
その他
(3)その他
小計
161,609
111,193
△50,415
合計
219,453
170,666
△48,787
2 時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額(平成20年2月29日現在)
(1)その他有価証券
非上場株式
14,193千円
投資事業有限責任組合への出資
11,869千円
Ⅱ 当連結会計年度
1 その他有価証券で時価のあるもの(平成21年2月28日現在)
区分
取得原価(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
(連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの)
 
 
(1)株式
(2)債券
 
 
 
国債・地方債等
社債
その他
(3)その他
小計
(連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの)
 
 
(1)株式
168,804
136,658
△32,146
(2)債券
 
 
 
国債・地方債等
社債
その他
(3)その他
小計
168,804
136,658
△32,146
合計
168,804
136,658
△32,146
2 時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額(平成21年2月28日現在)
(1)その他有価証券
非上場株式
14,193千円
投資事業有限責任組合への出資
8,908千円
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)及び当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 当社グループは、デリバティブ取引を全く利用しておりませんので、該当事項はありません。
(退職給付関係)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1 採用している退職給付制度の概要
 当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を設けております。
1 採用している退職給付制度の概要
同左
2 退職給付債務に関する事項(平成20年2月29日)
2 退職給付債務に関する事項(平成21年2月28日)
イ 退職給付債務
△1,147,629千円
ロ 年金資産
−千円
ハ 未積立退職給付債務(イ+ロ)
△1,147,629千円
ニ 未認識数理計算上の差異
57,548千円
ホ 未認識過去勤務債務
−千円
ヘ 連結貸借対照表計上額純額
(ハ+ニ+ホ)
△1,090,081千円
ト 前払年金費用
−千円
チ 退職給付引当金(ヘ−ト)
△1,090,081千円
イ 退職給付債務
△1,103,485千円
ロ 年金資産
−千円
ハ 未積立退職給付債務(イ+ロ)
△1,103,485千円
ニ 未認識数理計算上の差異
43,656千円
ホ 未認識過去勤務債務
△33,040千円
ヘ 連結貸借対照表計上額純額
(ハ+ニ+ホ)
△1,092,868千円
ト 前払年金費用
−千円
チ 退職給付引当金(ヘ−ト)
△1,092,868千円
3 退職給付費用に関する事項(自平成19年4月1日 至平成20年2月29日)
3 退職給付費用に関する事項(自平成20年3月1日 至平成21年2月28日)
イ 勤務費用
71,441千円
ロ 利息費用
20,555千円
ハ 期待運用収益
−千円
ニ 数理計算上の差異の損益処理額
15,706千円
ホ 過去勤務債務の費用処理額
−千円
ヘ 退職給付費用
(イ+ロ+ハ+ニ+ホ)
107,702千円
イ 勤務費用
73,559千円
ロ 利息費用
21,942千円
ハ 期待運用収益
−千円
ニ 数理計算上の差異の損益処理額
11,854千円
ホ 過去勤務債務の費用処理額
△8,260千円
ヘ 退職給付費用
(イ+ロ+ハ+ニ+ホ)
99,096千円
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
イ 退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
ロ 割引率
2.0%
ハ 数理計算上の差異の処理年数
10年
(発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定率法により、翌連結会計年度から損益処理することとしております。)
イ 退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
ロ 割引率
2.0%
ハ 過去勤務債務の額の処理年数
5年
(発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によっております。)
ニ 数理計算上の差異の処理年数
10年
(発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定率法により、翌連結会計年度から損益処理することとしております。)
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)
1 ストック・オプションにかかる当該連結会計年度における費用計上額及び科目名
販売費及び一般管理費の給料   6,007千円
2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1)ストック・オプションの内容
 
平成14年
ストック・オプション
平成19年
ストック・オプション
付与対象者の区分及び人数
取締役 7名
当社従業員の管理職のうち会社が定める者 74名
当社従業員 50名
株式の種類別のストック・オプションの数(注)1,2
普通株式  552,000株
普通株式  302,000株
付与日
平成14年7月23日
平成19年5月1日
権利確定条件
権利行使時においても当社取締役又は従業員であることを要する。
権利行使時においても当社従業員であることを要する。
対象勤務期間
定めておりません。
平成19年5月1日〜
平成20年6月23日
権利行使期間
平成16年6月27日〜
平成19年6月26日
平成20年6月24日〜
平成23年6月22日
 (注)1 株式数に換算して記載しております。
2 平成18年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成18年4月1日付をもって普通株式1株を2株に分割しております。これにより付与数が調整されております。
(2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
① ストック・オプションの数
 
平成14年
ストック・オプション
平成19年
ストック・オプション
権利確定前(株)
 
 
前連結会計年度末
付与
302,000
失効
6,000
権利確定
未確定残
296,000
権利確定後(株)
 
 
前連結会計年度末(注)
540,000
権利確定
権利行使
失効
540,000
未行使残
 (注) 平成18年2月14日開催の取締役会決議により、平成18年4月1日付をもって普通株式1株を2株に分割いたしました。
② 単価情報
権利行使価格(円)(注)
600
547
行使時平均株価(円)
付与日における公正な評価単価(円)
29
 (注) 権利行使価格については、平成18年4月1日付株式分割(1株につき2株)による調整後の1株当たりの価格を記載しております。
3 ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
 当連結会計年度において付与された平成19年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。
(1)使用した評価方法
ブラック=ショールズ式
(2)主な基礎数値及び見積方法
 
平成19年
ストック・オプション
株価変動性  (注)1
15.1%
予想残存期間 (注)2
2年8ヶ月
予想配当   (注)3
12円/株
無リスク利子率(注)4
0.92%
 (注)1 2年8ヶ月間(平成16年8月から平成19年4月まで)の株価実績に基づき算定しております。
2 十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積が困難であるため、権利行使期間の中間点において行使されるものと推定して見積っております。
3 平成19年3月期の配当実績によっております。
4 予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法
 基本的には、将来の失効数の合理的な見積は困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
1 ストック・オプションにかかる当該連結会計年度における費用計上額及び科目名
販売費及び一般管理費の給料      2,402千円
2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1)ストック・オプションの内容
 
平成19年
ストック・オプション
付与対象者の区分及び人数
当社従業員 50名
株式の種類別のストック・オプションの数(注)
普通株式  302,000株
付与日
平成19年5月1日
権利確定条件
権利行使時においても当社従業員であることを要する。
対象勤務期間
平成19年5月1日〜
平成20年6月23日
権利行使期間
平成20年6月24日〜
平成23年6月22日
 (注) 株式数に換算して記載しております。
(2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
① ストック・オプションの数
 
平成19年
ストック・オプション
権利確定前(株)
 
前連結会計年度末
296,000
付与
失効
権利確定
296,000
未確定残
権利確定後(株)
 
前連結会計年度末
権利確定
296,000
権利行使
失効
6,000
未行使残
290,000
② 単価情報
 
平成19年
ストック・オプション
権利行使価格(円)
547
行使時平均株価(円)
付与日における公正な評価単価(円)
29
3 ストック・オプションの権利確定数の見積方法
 基本的には、将来の失効数の合理的な見積は困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
未払事業税
15,776千円
ポイント費用引当金
33,216千円
退職給付引当金
440,392千円
役員退職慰労引当金
59,476千円
減損損失
228,469千円
その他有価証券評価差額金
20,881千円
減価償却超過額
90,458千円
その他
22,112千円
繰延税金資産小計
910,784千円
評価性引当額
△19,309千円
繰延税金資産合計
891,474千円
 
 
 
 
繰延税金負債
 
土地圧縮積立金
△104,524千円
土地評価益
△184,440千円
その他
△7,253千円
繰延税金負債合計
△296,218千円
繰延税金資産の純額
595,256千円
繰延税金資産
 
未払事業税
9,071千円
ポイント費用引当金
24,282千円
退職給付引当金
441,518千円
役員退職慰労引当金
62,014千円
減損損失
260,313千円
その他有価証券評価差額金
14,714千円
減価償却超過額
120,277千円
未払金
83,079千円
その他
40,040千円
繰延税金資産小計
1,055,312千円
評価性引当額
△20,609千円
繰延税金資産合計
1,034,702千円
 
 
繰延税金負債
 
土地圧縮積立金
△104,524千円
土地評価益
△184,440千円
その他
△10,166千円
繰延税金負債合計
△299,131千円
繰延税金資産の純額
735,570千円
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳
内訳
内訳
法定実効税率
40.4%
(調整)
 
留保金課税
2.0%
住民税均等割等
4.7%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△2.1%
交際費等永久に損金に算入されない項目
2.9%
評価性引当額の増加額
2.4%
その他
△1.0%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
49.3%
法定実効税率
40.4%
(調整)
 
留保金課税
住民税均等割等
16.7%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△2.6%
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.4%
評価性引当額の増加額
0.6%
その他
△4.0%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
52.5%
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)及び当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 当社及び連結子会社において、食料品、家庭日用雑貨及び衣料品等を一般消費者に販売する小売業の売上高、営業利益及び資産の金額が、それぞれ全セグメントの売上高合計及び営業利益の生じているセグメントの営業利益の合計額及び資産合計額の90%を超えており、他に開示の対象とすべきセグメントが存在しませんので、記載を省略しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)及び当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 本国以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。
【海外売上高】
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)及び当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 海外売上高はないため該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年2月29日)
役員及び法人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈱謙徳
岩手県
盛岡市
100,000
損害保険代理業
被所有
直接 34.3
兼任2名
土地の賃借
損害保険取引
土地の賃借
6,050
前払費用
550
損害保険料の支払い
16,345
前払費用
10,318
 
 
長期前払費用
793
 (注)1 取引金額、期末残高には消費税等は含まれておりません。
2 取引条件及び取引条件の決定方針等
(1)土地の賃借料は、不動産鑑定士の鑑定書に基づき決定しております。
(2)保険取引については、一般取引条件と同様に決定しております。
3 ㈱謙徳は「主要株主(会社等)」及び「その他の関係会社(当該その他の関係会社の親会社を含む)」にも該当しております。
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
役員及び法人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈱謙徳
岩手県
盛岡市
100,000
損害保険代理業
被所有
直接 34.3
兼任2名
土地の賃借
損害保険取引
土地の賃借
6,600
前払費用
550
損害保険料の支払い
19,245
前払費用
1,645
       
 (注)1 取引金額、期末残高には消費税等は含まれておりません。
2 取引条件及び取引条件の決定方針等
(1)土地の賃借料は、不動産鑑定士の鑑定書に基づき決定しております。
(2)保険取引については、一般取引条件と同様に決定しております。
3 ㈱謙徳は「主要株主(会社等)」及び「その他の関係会社(当該その他の関係会社の親会社を含む)」にも該当しております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1株当たり純資産額
791円51銭
1株当たり当期純利益金額
12円91銭
1株当たり純資産額
789円03銭
1株当たり当期純利益金額
8円69銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
同左
 (注) 算定上の基礎
1 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益(千円)
143,376
96,528
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
143,376
96,528
普通株式の期中平均株式数(株)
11,105,090
11,104,862
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
新株予約権1種類(潜在株式の数296,000株)。この概要は、「新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
新株予約権1種類(潜在株式の数290,000株)。この概要は、「新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
2 1株当たり純資産額
 
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
純資産の部の合計額(千円)
8,795,703
8,770,278
純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
6,007
8,410
(うち新株予約権)
(6,007)
(8,410)
普通株式に係る期末の純資産額(千円)
8,789,696
8,761,868
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)
11,105,032
11,104,602
(重要な後発事象)
 該当事項はありません。
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
2,470,000
2,670,000
0.741
1年以内に返済予定の長期借入金
1,200,350
972,880
0.981
1年以内に返済予定のリース債務
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
2,875,770
1,902,890
0.982
平成22年3月23日〜
平成25年2月20日
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
その他有利子負債
合計
6,546,120
5,545,770
 (注)1 平均利率は、当連結会計年度末の借入金残高及び利率の加重平均利率であります。
2 長期借入金及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
878,510
649,130
375,250
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社ジョイス、2009-02-28 期 有価証券報告書