有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第39期

第40期

第41期

第42期

第43期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(千円)

47,064,385

46,903,011

47,135,253

経常利益

(千円)

1,183,591

1,268,997

1,033,526

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

973,522

733,507

995,629

包括利益

(千円)

980,765

734,657

1,006,134

純資産額

(千円)

8,412,471

8,993,385

9,769,419

総資産額

(千円)

27,657,915

29,220,655

31,472,035

1株当たり純資産額

(円)

781.87

835.15

906.12

1株当たり当期純利益

(円)

90.48

68.17

92.52

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

68.11

92.33

自己資本比率

(%)

30.4

30.8

31.0

自己資本利益率

(%)

12.20

8.43

10.63

株価収益率

(倍)

6.63

11.56

12.87

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,563,746

1,721,072

662,636

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

472,827

1,113,552

1,602,232

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,387,378

520,839

913,965

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

738,216

824,896

799,265

従業員数

(人)

597

575

583

[外、平均臨時雇用者数]

[1,324]

[1,368]

[1,477]

[]

[]

注)1.当社は、平成27年9月1日付けで当社連結子会社でありました株式会社ジョイを吸収合併したことにより連結子会社が存在しなくなったため、第42期より連結財務諸表を作成しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第39期まで潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第39期は、決算期変更に伴い12ヶ月と8日(平成24年2月21日から平成25年2月28日まで)の変則決算であり、通期業績は12ヶ月と8日間の数値となっております。

 

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第39期

第40期

第41期

第42期

第43期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(千円)

38,005,838

38,191,970

38,608,948

42,386,882

47,431,109

経常利益

(千円)

1,331,938

1,260,497

972,550

531,148

779,775

当期純利益

(千円)

616,565

709,268

1,013,747

306,261

316,188

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

3,240,218

3,240,218

3,241,894

3,241,894

3,241,894

発行済株式総数

(千株)

10,764

10,764

10,770

10,770

10,770

純資産額

(千円)

8,626,546

9,182,938

10,056,242

10,207,998

10,338,322

総資産額

(千円)

23,947,567

24,379,371

26,574,617

31,499,006

32,145,214

1株当たり純資産額

(円)

801.77

852.77

932.77

945.34

956.70

1株当たり配当額

(円)

15.00

15.00

15.00

20.00

10.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益

(円)

57.30

65.92

94.21

28.45

29.37

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

65.86

94.01

28.37

29.28

自己資本比率

(%)

36.0

37.6

37.8

32.3

32.0

自己資本利益率

(%)

7.37

7.97

10.55

3.03

3.09

株価収益率

(倍)

10.47

11.95

12.64

50.94

56.04

配当性向

(%)

26.2

22.8

15.9

70.3

34.0

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

106,229

2,215,352

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,160,151

1,266,176

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,103,143

1,033,144

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

585,042

501,073

従業員数

(人)

456

447

455

585

581

[外、平均臨時雇用者数]

[1,052]

[1,096]

[1,216]

[1,380]

[1,485]

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第39期まで潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第39期から第41期は連結財務諸表を作成しているため、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。

4.第39期は、決算期変更に伴い12ヶ月と8日(平成24年2月21日から平成25年2月28日まで)の変則決算であり、通期業績は12ヶ月と8日間の数値となっております。

5.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

 

2【沿革】

 平成4年2月21日を合併期日として、株式の額面金額を500円から50円に変更する目的で、形式上の存続会社である株式会社淡路商店(昭和31年9月25日設立)が実質上の存続会社である株式会社サンデー(昭和50年5月24日設立、青森県八戸市所在、以下「被合併会社」という。)を吸収合併し、同時に商号を株式会社サンデーに変更いたしました。

 合併会社である株式会社淡路商店は、資本金1,000千円をもって青森県八戸市に設立されましたが、合併前においては小規模な営業取引を行っていた程度でありました。合併後は被合併会社の実体をそのまま継承いたしましたので、以下の記載事項におきましては特段の記述がない限り、合併期日までは実質上の存続会社である被合併会社について記載しております。

 なお、事業年度の期数は実質上の存続会社の期数を継承しておりますので、平成4年2月21日より始まる事業年度を第19期といたしました。

年月

事項

昭和50年5月

日曜大工用品の販売を目的として株式会社サンダイヤーズマート(資本金10,000千円)を設立。

昭和50年10月

第1号店として「八戸店」を青森県八戸市に開店。

昭和51年11月

商号を株式会社サンデーに変更。

岩手県に初めて進出し、久慈市に「久慈店」を開店。

昭和53年8月

秋田県に初めて進出し、鹿角市に「花輪店」を開店。

昭和55年10月

発注業務の効率化を図るため、コンピュータシステムを導入。

昭和58年6月

北海道に初めて進出し、札幌市に4店舗を同時に開店。

昭和59年2月

店舗作業削減のため、物流業務の一部を株式会社卸センター倉庫(現株式会社共同物流サービス)へ委託。

昭和61年3月

固定客の増加と顧客管理を目的とした自社カード「マイカード」を導入。

平成2年5月

今後のさらなる発展を目指すとともに店舗イメージの刷新を図るためCIを導入。

平成4年2月

株式会社ホームシティより専門店2店舗の営業譲受け。

株式の額面金額を変更するために形式上の存続会社株式会社淡路商店が当社を吸収合併し、同日同社の商号を株式会社サンデーに変更。

平成5年12月

宮城県に初めて進出し、大崎市(旧古川市)に「古川店」を開店。

平成7年4月

青森県八戸市根城六丁目22番10号に本店を移転。

平成7年7月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

平成8年9月

商品の安定供給と物流コストの低減を図るため、岩手県胆沢郡金ケ崎町に物流センターを開設。

平成15年8月

イオン株式会社と業務・資本提携に関する契約を締結。

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。

平成17年7月

イオン株式会社との共同店舗第1号店「イオンスーパーセンター石巻東店」を宮城県石巻市に開店。

平成18年4月

イオン株式会社の連結子会社となる。

平成18年9月

株式会社ジョイと業務・資本提携に関する契約を締結。

平成19年5月

株式会社ジョイを連結子会社化。

平成19年6月

小商圏フォーマット第1号店「平内店」を青森県東津軽郡平内町に開店。

平成20年2月

イオンPOSサンデー全店導入。

平成20年3月

サンデー最大の売場面積の「青森浜田店」を青森県青森市に開店。

平成20年11月

イオングループ統合システムをサンデー全店に導入完了。

平成23年6月

農家向け収穫払いカード「アグリッシュカード」を導入。

平成23年11月

株式会社ジョイを完全子会社化。

平成24年5月

復興支援仮設店舗「大船渡野々田店」を岩手県大船渡市に開店。

平成25年9月

新業態第1号店「ホームマート名川店」を青森県三戸郡南部町に開店。

平成25年10月

平成27年9月

福島県に初めて進出し、須賀川市に「須賀川店」を開店。

株式会社ジョイを吸収合併。

平成28年9月

カー用品専門店「GATERA(ガテラ)下田店」を青森県上北郡おいらせ町に開店。

平成28年12月

当社100店舗目となる「弘前樹木店」を青森県弘前市に開店。

 

平成29年2月28日現在、店舗数100店舗。

 

3【事業の内容】

 当社は、イオン株式会社(東証一部上場)が親会社であり、住生活関連商品を中心とした暮らしの必需品を一般消費者へ販売するホームセンターの経営を主たる事業としております。また、イオングループが東北エリアで展開するスーパーセンターにおいて、DIY、カー、レジャー関連商品の販売を担っております。また、平成27年9月1日に山形県内18店舗、宮城県内1店舗、計19店舗のホームセンターを展開する株式会社ジョイを吸収合併し、東北エリアを商勢圏とした新しいホームセンターの創造を目指してまいります。

 当社の主な取扱商品は、DIY商品(木材、建築金物、工具、塗料、エクステリア)、家庭用品(日用品、インテリア、電化製品、家庭雑貨等)、カー・レジャー用品(園芸資材、ペット用品、レジャー用品、カー用品等)、その他(施工サービス等)であります。

 

  (事業系統図)

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業内容

議決権の所有割合または被所有割合(%)

関係内容

(親会社)

イオン㈱

(注)

千葉市美浜区

220,007,994

純粋持株会社

被所有

77.0

営業指導等

(注)イオン㈱は有価証券報告書の提出会社であります。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年2月28日現在

 

従業員数(人)

平均年令

平均勤続年数

平均年間給与(円)

581(1,485)

41才 0ヶ月

15年 7ヶ月

4,305,726

(注)1.平均年間給与は、平成29年2月分までの支払給与額及び賞与の平均であり、所定時間外賃金を含みます。

   2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員(1日8時間換算)を( )外数で記載しております。

   3.当社の事業内容は、ホームセンターの単一セグメントのみであるため、セグメントごとの従業員の状況の記載を省略しております。

 

(2)労働組合の状況

① 名称      イオングループ労働組合連合会オールサンデーユニオン

② 上部団体    イオングループ労働組合連合会

③ 結成年月日   平成9年8月2日

④ 組合員数    1,957 名(平成29年2月28日現在)

⑤ 労使関係    良好に推移しており、特記すべき事項はありません。





出典: 株式会社サンデー、2017-02-28 期 有価証券報告書