有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第52期

第53期

第54期

第55期

第56期

決算年月

平成25年2月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

売上高

(百万円)

89,217

89,037

95,238

108,141

121,460

経常利益

(百万円)

971

1,371

1,595

1,219

1,309

当期純利益

(百万円)

210

378

428

523

403

持分法を適用した場合の投資損失(△)

(百万円)

255

資本金

(百万円)

1,176

1,176

1,176

1,176

1,176

発行済株式総数

(株)

6,941,350

6,941,350

6,941,350

6,941,350

6,941,350

純資産額

(百万円)

6,777

7,136

7,547

8,318

8,662

総資産額

(百万円)

26,844

25,152

27,140

31,598

32,452

1株当たり純資産額

(円)

989.54

1,040.89

1,099.31

1,198.64

1,245.68

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

8.00

10.00

12.00

15.00

17.00

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり
当期純利益金額

(円)

30.87

55.37

62.64

76.12

58.48

潜在株式調整後
1株当たり
当期純利益金額

(円)

30.82

55.26

62.48

75.89

58.26

自己資本比率

(%)

25.2

28.3

27.7

26.2

26.5

自己資本利益率

(%)

3.1

5.5

5.9

6.6

4.8

株価収益率

(倍)

53.4

33.8

46.8

36.8

51.8

配当性向

(%)

25.9

18.1

19.2

19.7

29.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,336

1,611

4,443

37

2,486

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,863

1,490

846

3,064

2,858

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,804

2,832

2,208

1,459

612

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

3,332

621

2,009

455

696

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

711

727

769

1,030

1,072

2,936)

3,105)

3,146)

3,749)

3,709)

 

 

(注) 1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 持分法を適用した場合の投資利益については、第52期及び第56期は関連会社がないため、第53期は関連会社株式を平成25年12月3日に取得しておりますが、みなし取得日が事業年度末のため、また、第55期は関連会社の全株式を売却したため記載しておりません。

3 平成24年4月20日開催の第51期定時株主総会決議により、決算期を1月31日から2月末日に変更しました。従って、第52期は平成24年2月1日から平成25年2月28日までの13ヵ月間となっております。

 

 

2 【沿革】

 

年月

事項

昭和36年3月

生鮮食料品の小売業を目的として、札幌市北区において、「株式会社札幌フードセンター」(現 当社)を設立(資本金750万円)。

昭和36年8月

札幌市北区にスーパーマーケット第1号店の「北店」を開設。

昭和61年3月

札幌市中央区に商品本部を移転。

平成元年1月

北店にPOSシステム導入。以後全店に漸次導入。

平成5年9月

ジャスコ株式会社(現 イオン株式会社)との業務及び資本提携。

平成7年10月

日本証券業協会(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を店頭登録。

平成12年10月

北海道ジャスコ株式会社と合併、商号を「マックスバリュ北海道株式会社」とするとともに増資、資本金1,176百万円となる。また、本店の住所を札幌市中央区に移す。

平成14年4月

24時間営業を開始。(「マックスバリュ八軒店」)

平成15年2月

イオン株式会社が当社株式の公開買付けを実施。イオン株式会社の連結子会社に。

平成15年2月

株式会社王子サービスセンター苫小牧地区の5店舗の営業譲受。

平成15年4月

環境マネジメントシステム国際規格ISO14001の認証取得。

平成20年3月

電子マネー「WAON(ワオン)」の取扱いを開始。

平成20年4月

株式会社ジョイと合併。

平成22年2月

新業態「ザ・ビッグ エクスプレス平岸店」をオープン。

平成25年12月

株式会社いちまるとの業務及び資本提携。

平成27年9月

営業譲受により株式会社ダイエーの店舗を7店舗承継。

平成27年10月

営業譲受により株式会社いちまるの店舗を14店舗承継。

 

 

 

 

3 【事業の内容】

 

当社は、親会社イオン株式会社を中心とする企業集団イオングループの中で、スーパーマーケット事業を営む企業群の中に位置づけられており、チェーンストアーとして北海道地区において、食料品・日用雑貨品の販売を主力とした小売業を営んでおります。

当社は、親会社イオン株式会社と同社が保有する商標等の使用に対するブランドロイヤルティ契約を締結しております。イオングループ各社から、PB商品であるトップバリュ商品をはじめとする商品の一部供給、イオンカードやWAONカード等のクレジット回収業務の委託、店舗不動産の賃貸借、店舗内ATM設置に伴う賃貸、店舗維持管理および店舗資材の供給、自動販売機の業務委託、物流業務や事務処理の業務委託等の取引を行っております。

当社が展開する店舗は、「マックスバリュ」等の食品スーパーマーケットおよび「ザ・ビッグ」等のディスカウントストアの二つの業態に大別されます。食品スーパーマーケットは、「便利」「安い」をコンセプトに、日常の必要な食料品・家庭用品を中心とした品揃えで、ディスカウントストアに比べて長時間営業(一部の店舗は24時間営業)を行っていることが特徴です。ディスカウントストアは、「買えば買うほど安さがわかる」をコンセプトに、低価格を実現するため、日常の生活に必要な食料品・家庭用品を中心に食品スーパーマーケットに比べアイテム数を絞り込んだ品揃えや大量陳列、均一価格の設定などの販売方法を行っていることが特徴です。食品スーパーマーケットでは旧屋号での営業店舗が一部あり、当事業年度末の営業状況は下記となります。

(1)食品スーパーマーケット

マックスバリュ(51店舗)、マックスバリュエクスプレス(3店舗)、札幌フードセンター(4店舗)、フードセンター(1店舗)、ジョイ(4店舗)、プライスマート(1店舗)、いちまる(10店舗)の計74店舗。

(2)ディスカウントストア

ザ・ビッグ(12店舗)、ザ・ビッグエクスプレス(5店舗)の計17店舗

合計91店舗

 

 

これらの事業に係る系統図は、次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

親会社

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)割合
(%)

関係内容

イオン株式会社

千葉市美浜区

220,007

純粋持株会社

(64.93)

〔7.20〕

ロイヤルティ契約

 

 

(注) 1 有価証券報告書の提出会社であります。

2 議決権の被所有割合の〔 〕内は、間接所有によるもので内数で記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成29年2月28日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,072(3,709)

38.7

11.0

4,378

 

 

(注) 1 従業員は就業人員であります。臨時従業員数は( )内に年間の平均人数(1日8時間換算)を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 当社は、食料品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその付随業務の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

4 従業員数には、派遣出向者7人を含まず、受入出向者9人を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

当社の労働組合は、昭和48年2月1日に結成された札幌フードセンター労働組合を平成12年10月1日マックスバリュ北海道労働組合に改称、労使関係は良好に推移しております。

なお、平成29年2月28日現在の組合員数は4,915名(従業員数839名、パートタイマー4,076名)であります。





出典: マックスバリュ北海道株式会社、2017-02-28 期 有価証券報告書