有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
760,785
10,539
 
76,680
(—)
694,645
502,483
16,222
192,161
 構築物
114,032
4,956
 
8,203
(3,782)
110,785
106,420
1,135
4,365
 機械及び装置
158,638
580
 
(—)
159,218
155,798
1,776
3,420
 車両運搬具
8,989
328
 
1,700
(—)
7,617
7,172
757
445
 工具、器具及び
備品
65,859
2,167
 
11,663
(—)
56,363
53,093
893
3,269
 土地
1,303,888
 
23,341
(7,318)
1,280,547
1,280,547
 リース資産
3,400

(—)
3,400
566
566
2,833
有形固定資産計
2,412,194
21,972
 
121,589
(11,100)
2,312,577
825,534
21,351
1,487,043
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 電話加入権
479
479
479
  その他
525
525
525
無形固定資産計
1,004
1,004
1,004
長期前払費用
7,920
5,128
2,792
2,326
274
466

(注) 1 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。

  建物      コギー 店舗内装工事   6,631千円

  建物      本社事務所設備工事    3,907千円

2 当期減少額のうち( )内は内書で減損損失の計上額であります。

3 減損損失を除く当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。

  土地      湯河原保養所       11,853千円

  建物        〃          35,536千円

  構築物       〃          2,302千円

  工具器具備品    〃          3,306千円

 

 

【社債明細表】

該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
538,814
538,814
2.84
1年以内に返済予定の長期借入金
6,000
5,500
3.38
1年以内に返済予定のリース債務
714
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
17,000
11,500
3.38
平成24年4月

平成26年1月
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
2,261
平成24年4月

平成27年5月
その他有利子負債
長期預り保証金
11,911
10,455
0.84
合計
573,726
569,244
2.82

(注) 1 「平均利率」は、当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。

2 その他有利子負債の長期預り保証金のうち、無利息分は含めておりません。

3 リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各事業年度に配分しているため、記載しておりません。

4 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)、リース債務及びその他有利子負債の決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりであります。

 

 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
6,500
5,000
リース債務
714
714
714
119
その他有利子負債
長期預り保証金

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
61,600
12,902
111
16,401
57,989
災害損失引当金
110,370
110,370
店舗閉鎖損失引当金
69,781
24,160
22,374
23,247
偶発損失引当金
29,000
24,634
4,365
役員退職慰労引当金
105,837
512
106,350

(注) 1 貸倒引当金の当期減少額「その他」の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額等であります。

2 店舗閉鎖損失引当金の当期減少額「その他」の金額は、資産除去債務への振替額20,540千円及び未使用による戻入額1,833千円であります。

3 偶発損失引当金の当期減少額「その他」の金額は、未使用による戻入額4,365千円であります。

4 役員退職慰労引当金の当期減少額「その他」の金額は、支給対象者に対する不支給による戻入額98,750千円及び役員退職慰労引当金制度廃止に伴う戻入額7,600千円であります。

 

【資産除去債務明細表】

当事業年度末及び直前事業年度末における資産除去債務の金額が当該各事業年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。





出典: ダイヤ通商株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書