有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤ 【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(千円)

当期末残高
(千円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)

当期償却額
(千円)

差引当期末
残高
(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 建物

753,986

47,766

 

18,596

(12,493)

783,157

566,236

20,033

216,920

 構築物

29,089

1,211

 

600

(—)

29,700

28,237

86

1,462

 機械及び装置

137,173

1,791

 

5,344

(84)

133,620

132,404

380

1,215

 車両運搬具

12,473

242

 

2,958

(—)

9,757

9,757

1,798

0

 工具、器具及び
備品

68,779

628

 

20,549

(5,207)

48,858

46,274

3,528

2,583

 土地

1,045,993

[512,312]

 

 

(—)

[—]

 

1,045,993

[512,312]

1,045,993

[512,312]

 リース資産

17,868

9,720

(871)

8,147

7,265

2,264

881

 建設仮勘定

5,619

5,619

有形固定資産計

2,070,983

51,640

 

63,388

(18,657)

2,059,235

790,177

28,091

1,269,057

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 電話加入権

479

479

479

 ソフトウェア

278

278

88

55

189

  その他

525

525

525

無形固定資産計

1,282

1,282

88

55

1,194

長期前払費用

1,963

 1,963 (1,439)

 

(注) 1 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
建物    ダイヤビル耐震補強工事等  33,085千円
建物    巣鴨SS電気工事       1,545千円

   建物       店舗内装工事        1,005千円

     構築物   店舗設備           760千円

2 当期減少額のうち( )内は内書で減損損失の計上額であります。

3 減損損失を除く当期減少額は、主に事業譲渡によるものであります。その内容は次のとおりであります。
建物           仙台SS        6,103千円
構築物           〃          400千円

   機械装置       〃               5,260千円

      工具、器具及び備品  〃         12,511千円

      リース資産         〃           7,528千円

4 当期首残高欄および当期末残高欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の残高であります。

      

 

【社債明細表】

該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

 

区分

当期首残高
(千円)

当期末残高
(千円)

平均利率
(%)

返済期限

短期借入金

280,000

200,000

0.89

1年以内に返済予定の長期借入金

89,764

116,982

1.47

1年以内に返済予定のリース債務

8,415

4,694

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

313,323

308,332

1.37

平成28年4月

平成33年6月

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

16,306

5,962

平成28年4月

平成29年11月

その他有利子負債
長期預り保証金

9,041

7,884

0.67

合計

716,850

643,855

 

(注) 1 「平均利率」は、当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。

2 その他有利子負債の長期預り保証金のうち、無利息分は含めておりません。

3 リース債務については、支払利子込法により算定しているため、記載しておりません。

4 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)及びリース債務の決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりであります。

 

 

1年超2年以内
(千円)

2年超3年以内
(千円)

3年超4年以内
(千円)

4年超5年以内
(千円)

長期借入金

101,232

92,212

71,103

32,535

リース債務

4,694

1,268

 

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(目的使用)
(千円)

当期減少額
(その他)
(千円)

当期末残高
(千円)

貸倒引当金

192,678

2,497

15,149

4,725

175,300

店舗閉鎖損失引当金

7,300

7,300

修繕引当金

28,192

1,585

24,592

5,185

特別修繕引当金

72,854

50,854

22,000

厚生年金基金解散損失引当金

107,245

16,393

123,639

 

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」の金額は、破産更生債権の回収等によるものであります。

 

【資産除去債務明細表】

該当事項はありません。

 

 

(2) 【主な資産及び負債の内容】

1) 資産の部

イ 現金及び預金

 

区分

金額(千円)

現金

10,813

預金の種類

当座預金

72,928

普通預金

37,497

定期預金

30,000

140,426

合計

151,239

 

 

ロ 受取手形

(イ)相手先別内訳

 

相手先

金額(千円)

㈱ビクトリー

24,552

日本ビニル工業㈱

7,401

ジェイーワイテックス㈱

2,874

東京アニリン染料製造㈱

2,227

興亜紙業㈱

1,769

その他

390

合計

39,216

 

 

(ロ)期日別内訳

 

期 日

金額(千円)

平成27年4月

18,250

    5月

18,805

    6月

1,230

        7月

929

合計

39,216

 

 

 

ハ 売掛金

(イ)相手先別内訳

 

相手先

金額(千円)

JX日鉱日石エネルギー㈱ENEOSカードセンター

45,944

㈱ビクトリー

11,305

㈱トータス

9,775

㈲藤塚石油

9,650

その他(日本ビニル工業㈱他)

145,091

合計

221,767

 

 

(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

 

当期首残高
(千円)
(A)

当期発生高
(千円)
(B)

当期回収高
(千円)
(C)

当期末残高
(千円)
(D)

回収率(%)

 

(C)

(A)+(B)

 

滞留期間(日)

 

(A)+(D)

 

 

 

 

(B)

 

 

365

 

 

346,801

3,506,342

3,631,376

221,767

94.2

29.6

 

(注) 当期発生高には消費税等が含まれております。

 

ニ 商品

 

区分

金額(千円)

石油事業

49,736

専門店事業

129,288

合計

179,025

 

 

ホ 破産更生債権等

 

相手先

金額(千円)

ガスイン・BO・株式会社

109,947

アクシス

39,514

㈲アース引越しサービス

1,432

合計

150,894

 

 

 

ヘ 差入保証金

 

相手先

金額(千円)

JX日鉱日石エネルギー㈱

49,684

三井不動産㈱

30,991

長坂絋

20,000

川辺栄

6,500

ワタヤコミュニティー

5,100

その他

14,135

合計

126,411

 

 

2) 負債の部

イ 買掛金

 

相手先

金額(千円)

JX日鉱日石エネルギー㈱

120,819

栃木エネルギー㈱

12,676

サイクル・ヨーロッパ・ジャパン㈱

8,518

トーヨーエナジー㈱

8,217

㈲アキコーポレーション

6,182

その他

17,684

合計

174,098

 

 

   ロ 長期預り保証金

 

相手先

金額(千円)

田中一治

19,160

(学)東京ドリーム学園

16,062

㈱トーエネック

15,209

㈱ユニックス

10,982

三井不動産㈱

9,414

その他

33,352

合計

104,181

 

 

(3) 【その他】

当事業年度における四半期情報等

 

第1四半期

累計期間

(自 平成26年4月1日

  至 平成26年6月30日)

第2四半期

累計期間

(自 平成26年4月1日

  至 平成26年9月30日)

第3四半期

累計期間

(自 平成26年4月1日

  至 平成26年12月31日)

第66期

事業年度

(自 平成26年4月1日

  至 平成27年3月31日)

売上高

(千円)

1,155,417

2,300,624

3,396,371

4,197,149

税引前四半期(当期)純利益金額
又は税引前四半期純損失金額(△)

(千円)

△2,958

△22,738

19,026

30,796

四半期(当期)純利益金額又は四半期純損失金額(△)

(千円)

△5,055

△26,858

12,906

22,674

1株当たり四半期(当期)純利益金額又は1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)

(円)

△0円66銭

△3円51銭

1円69銭

2円96銭

 

 

 

第1四半期

会計期間

(自 平成26年4月1日

  至 平成26年6月30日)

第2四半期

会計期間

(自 平成26年7月1日

  至 平成26年9月30日)

第3四半期

会計期間

(自 平成26年10月1日

  至 平成26年12月31日)

第4四半期

会計期間

(自 平成27年1月1日

  至 平成27年3月31日)

1株当たり四半期純利益金額又は
1株当たり四半期純損失金額(△)

(円)

△0円66銭

△2円85銭

5円19銭

1円28銭

 





出典: ダイヤ通商株式会社、2015-03-31 期 有価証券報告書