有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

 有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第121条の規定により記載を省略しております。

 

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 建物
6,409,239
260,271
890,747
5,778,763
2,151,745
277,634
3,627,018
(444,453)
 構築物
1,721,011
78,166
183,967
1,615,210
976,650
94,806
638,560
(139,433)
 機械及び装置
18,130
18,130
13,403
996
4,727
 車両運搬具
65,785
2,777
63,008
54,958
2,658
8,049
 工具器具及び備品
2,055,150
438,663
325,802
2,168,010
1,387,093
284,838
780,917
(102,519)
 土地
2,119,329
84,894
2,034,434
2,034,434
(15,971)
 建設仮勘定
3,564
18,556
22,120
有形固定資産計
12,392,210
795,657
1,510,309
11,677,558
4,583,850
660,934
7,093,707
(702,377)
無形固定資産
 借地権
77,390
700
76,690
76,690
(700)
 ソフトウェア
967,966
185,193
4,533
1,148,627
307,612
219,356
841,014
(4,533)
 電話加入権
32,155
8
32,163
32,163
 建設仮勘定
10,605
6,300
14,805
2,100
2,100
 その他の無形固定資産
3,968
6,045
283
9,730
2,139
601
7,591
(283)
無形固定資産計
1,092,086
197,546
20,321
1,269,311
309,751
219,957
959,559
(5,516)
長期前払費用
341,741
26,536
53,767
314,510
26,967
10,627
287,542
(2,933)

(注)1 当期減少額の()内は内書きで、減損損失の計上額であります。

 

   2 当期増加額の主なものは下記のとおりであります。

建物
店舗新設によるもの(東広島店他9店舗)
136,047千円
店舗改装によるもの(金沢新神田店他)
124,223千円
工具器具及び備品
店舗新設によるもの(東広島店他9店舗)
82,326千円
店舗改装によるもの(金沢新神田店他)
356,337千円
ソフトウェア
システム開発によるもの
185,193千円

   3 当期減少額の主なものは下記のとおりであります。

建物
店舗閉鎖によるもの(守山店他7店)
63,799千円
店舗改装によるもの(岐阜大福店他)
37,734千円
旧本社収用によるもの
323,264千円
工具器具及び備品
店舗閉鎖によるもの(守山店他15店)
73,178千円
店舗改装によるもの(岐阜大福店他)
98,592千円
旧本社収用によるもの
42,593千円

 

【資本金等明細表】

 

区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(千円)
940,500
940,500
資本金のうち
既発行株式
普通株式(注)1、2
(株)
(8,190,000)
(288,615)
(    ─)
(8,478,615)
普通株式
(千円)
940,500
940,500
(株)
(8,190,000)
(288,615)
(    ─)
(8,478,615)
(千円)
940,500
940,500
資本準備金及び
その他
資本剰余金
資本準備金
株式払込剰余金
(千円)
1,118,500
1,118,500
株式交換差益(注)3
(千円)
152,907
152,907
(千円)
1,118,500
152,907
1,271,407
利益準備金及び
任意積立金
利益準備金
(千円)
66,517
66,517
任意積立金
 別途積立金
(千円)
4,200,000
4,200,000
(千円)
4,266,517
4,266,517

(注) 1 当期末における自己株式数は、3,625株であります。

    2 普通株式数の当期増加は、株式会社テキストとの株式交換によるものであります。

    3 株式交換差益の当期増加額は、株式会社テキストとの株式交換によるものであります。

 

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
8,692
1,511
2,350
7,854
賞与引当金
234,000
263,958
234,000
263,958
子会社整理損失引当金
358,820
358,820

(注) 貸倒引当金の当期減少額(その他)はゴルフ会員権の時価回復による戻入額であります。

 





出典: 株式会社メガネトップ、2006-03-31 期 有価証券報告書