有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

当連結グループは、前連結会計年度までビジョンケア事業の売上高、営業利益及び資産の金額が全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%を超えていたため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しておりましたが、当連結会計年度においてはヘルスケア事業の営業損失の絶対値がビジョンケア事業の営業利益の10%を超えることとなったため、事業の種類別セグメント情報を開示することといたしました。

 

ビジョンケア事業
(千円)
ヘルスケア事業
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
売上高
(1) 外部顧客に
  対する売上高
31,214,967
726,224
31,941,191
31,941,191
(2) セグメント間の内部
  売上高又は振替高
( ─ )
31,214,967
726,224
31,941,191
( ─ )
31,941,191
営業費用
30,491,348
941,436
31,432,784
( ─ )
31,432,784
営業利益又は営業損失(△)
723,618
△215,212
508,406
( ─ )
508,406
Ⅱ 資産、減価償却費、
  減損損失及び資本的支出
資産
23,782,571
302,153
24,084,725
24,084,725
減価償却費
1,122,441
18,188
1,140,630
1,140,630
減損損失
1,070,112
1,070,112
1,070,112
資本的支出
1,448,971
31,572
1,480,544
1,480,544

(注) 1.事業区分の方法

 事業は、商品の系列及び市場の類似性を考慮して区分しております。

2.各区分に属する主要な商品

事業区分
主要商品
ビジョンケア事業
眼鏡、コンタクトレンズ等
ヘルスケア事業
薬剤等

 

当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

当連結グループは、前連結会計年度において事業の種類別セグメント情報を開示しておりましたが、当連結会計年度においてはビジョンケア事業の売上高、営業利益及び資産の金額の、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)

本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

   役員及び個人主要株主等

属性
氏名
住所
資本金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科 目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員
松田 成明
当社取締役
(被所有)
直接
0.11%
ストック・オプションの権利行使
(注1)
6,790 
役員
近藤 厚美
当社取締役
(被所有)
直接
0.00%
ストック・オプションの権利行使
(注2)
1,657 
役員
山嵜 隆治
当社取締役
(被所有)
直接
0.05%
ストック・オプションの権利行使
(注2)
1,657 
役員
野方  学
当社取締役
(被所有)
直接
0.01%
ストック・オプションの権利行使
(注1)
1,940 

(注1)平成14年11月28日開催の第23期定時株主総会決議により、旧商法第280条ノ20ならびに旧商法280条ノ21の規定に基づき付与されたストック・オプションの当連結会計年度中の権利行使を記載しております。なお、権利行使期間及び権利行使の条件等については、「4連結財務諸表、(ストック・オプション等関係)」に記載のとおりであります。

(注2)平成15年11月27日開催の第24期定時株主総会決議により、旧商法第280条ノ20ならびに旧商法280条ノ21の規定に基づき付与されたストック・オプションの当連結会計年度中の権利行使を記載しております。なお、権利行使期間及び権利行使の条件等については、「4連結財務諸表、(ストック・オプション等関係)」に記載のとおりであります。

 

(企業結合等関係)

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
────────────────────
1 結合当事企業又は対象となった事業の名称及び事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要
(1) 結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容
① 結合企業
名称 ㈱メガネトップ(当社)
事業の内容 国内における眼鏡の販売
② 被結合企業
名称 ㈱ベンシスジャパン(当社の完全子会社)
事業の内容 国内における眼鏡及びコンタクト
      レンズの販売
名称 ㈱キングスター(当社の完全子会社)
事業の内容 眼鏡枠製造並びにその製品の販売
(2) 企業結合の法的形式
 当社を存続会社、㈱ベンシスジャパン及び㈱キングスターを消滅会社とする吸収合併であります。なお、合併による新株の発行及び資本金の増加はありません。
(3) 結合後企業の名称
㈱メガネトップ
(4) 取引の目的を含む取引の概要
 限られた人材の中で横断的な連携の仕組みを強化し、情報共有を図り、顧客サービスの向上を図るため、また部門を越えた効率的かつスピードのある意思決定を促進するため完全子会社である㈱ベンシスジャパン及び㈱キングスターを吸収合併いたしました。
2 会計処理の概要
 本合併は、「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月27日 企業会計基準適用指針第10号)に基づき、共通支配下の取引として会計処理を行っているため、内部取引としてすべて消去しております。したがって、当該会計処理が連結財務諸表に与える影響はありません。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1株当たり純資産額
670円10銭

1株当たり純資産額
746円03銭

1株当たり当期純損失
124円62銭

1株当たり当期純利益
119円22銭

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
118円59銭


(注)1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

1 1株当たり純資産額

 

項目
前連結会計年度
(平成18年3月31日)
当前連結会計年度
(平成19年3月31日)
連結貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)
6,353,329
普通株式に係る純資産額(千円)
6,353,329
普通株式の発行済株式数(株)
8,525,115
普通株式の自己株式数(株)
8,935
1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)
8,516,180

 

2 1株当たり当期純利益又は当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

項目
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
 至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
 至 平成19年3月31日)
連結損益計算書上の当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△ 1,015,742
1,011,974
普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△ 1,026,242
1,011,974
普通株主に帰属しない金額の主要な内訳(千円)
利益処分による役員賞与

10,500

普通株式の期中平均株式数(株)
8,234,410
8,488,036
潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に用いられた普通株式増加数の主要な内訳(株)
新株予約権






45,544
普通株式増加数(株)
45,544
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
提出会社
新株予約権2種類
(新株予約権の数1,420個)
なお、新株予約権の概要は「第4提出会社の状況、1株式等の状況、(2)新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
──────

 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
─———————————──
1 公募による新株式の発行
 当社は、平成19年4月2日開催の取締役会において、公募による新株式の発行を決議し、平成19年4月18日に払込を受けております。なお詳細は以下のとおりであります。
(1)発行した株式の種類及び数
普通株式 1,000,000株
(2)発行価格
1株につき 2,522円
(3)発行価額
1株につき 2,405円
(4)資本組入額
1株につき 1,202.5円
(5)発行価額の総額
  2,405,000,000円
(6)資本組入額の総額
  1,202,500,000円
(7)払込期日
平成19年4月18日
(8)資金の使途
設備資金
2 オーバーアロットメントによる当社株式の売出しに関する第三者割当による新株式の発行
 当社は、平成19年4月2日開催の取締役会において、オーバーアロットメントによる当社株式の売出しに関する第三者割当による新株式の発行を決議し、平成19年5月15日に払込を受けております。なお詳細は以下のとおりであります。
(1)発行した株式の種類及び数
普通株式 100,000株
(2)発行価格
1株につき 2,522円
(3)発行価額
1株につき 2,405円
(4)資本組入額
1株につき 1,202.5円
(5)発行価額の総額
  240,500,000円
(6)資本組入額の総額
  120,250,000円
(7)払込期日
平成19年5月15日
(8)資金の使途
設備資金

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
3 株式分割による新株式の発行
 当社は、平成19年4月2日開催の取締役会において、株式分割による新株式の発行を決議しております。詳細は以下のとおりであります。
平成19年6月30日をもって普通株式1株につき2株に分割します。
分割方法
 平成19年6月30日(ただし、当日は株主名簿管理人の休業日につき、実質上は平成19年6月29日)最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、1株につき2株の割合をもって分割する。
当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報及び当期首に行われたと仮定した場合の当連結会計年度における1株当たり情報は、それぞれ以下のとおりであります。
前連結会計年度
当連結会計年度
1株当たり純資産額
1株当たり純資産額
335円05銭
373円02銭
1株当たり当期純損失
1株当たり当期純利益
62円31銭
59円61銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
59円29銭


 





出典: 株式会社メガネトップ、2007-03-31 期 有価証券報告書