有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

 

【その他】

 

種類及び銘柄

投資口数等(口)

貸借対照表計上額(千円)

投資有価証券

その他
有価証券

みずほエマージングボンドオープン

100,000,000

84,000

ジャパン・ロジスティックス・
プロパティ・トラスト

2,500

7,122

SBIビービー・モバイル
投資事業有限責任組合

1

72,042

小計

163,165

163,165

 

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(千円)

当期末残高
(千円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)

当期償却額
(千円)

差引当期末
残高(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 建物

1,395,608

223,081

314,315

(47,754)

1,304,374

1,005,974

158,332

298,400

 車両運搬具

1,202

1,202

8

 工具、器具及び備品

216,967

62,749

95,922

(2,556)

183,794

132,482

34,186

51,312

 土地

66,451

20,630

(20,630)

45,821

45,821

 建設仮勘定

5,038

5,038

有形固定資産計

1,685,269

285,831

437,107

(70,941)

1,533,990

1,138,456

192,527

395,534

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 ソフトウェア

66,310

62,945

3,475

3,364

 電話加入権

4,688

4,688

無形固定資産計

70,998

62,945

3,475

8,053

長期前払費用

138,541

7,626

31,459

(1,875)

114,708

78,754

16,576

31,658

 

(注) 1 無形固定資産の金額が総資産の1%以下であるため「当期首残高」「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

   2 当期増加額のうち主なものは、次のとおりです。

建物

店舗の出店及び改装によるもの

223,081千円

 

   3 当期減少額のうち主なものは、次のとおりです。

建物

店舗の改装によるもの

266,561千円

 

   4 当期減少額のうち( )内は内書で減損損失の計上額であります。

 

 

【社債明細表】

該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

 

区分

当期首残高
(千円)

当期末残高
(千円)

平均利率
(%)

返済期限

短期借入金

220,000

220,000

1.475

1年以内に返済予定の長期借入金

1年以内に返済予定のリース債務

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)

その他有利子負債

合計

220,000

220,000

 

(注) 平均利率は、借入金等の期末残高及び利率を用いて算定した加重平均利率であります。

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(目的使用)
(千円)

当期減少額
(その他)
(千円)

当期末残高
(千円)

貸倒引当金

82,726

2,389

80,337

賞与引当金

27,400

36,606

27,400

36,606

返品調整引当金

510

430

510

430

 

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は、債権の回収1,942千円、洗替による戻入額446千円であります。

(注) 返品調整引当金の当期減少額「その他」は、洗替による戻入額であります。

 





出典: 株式会社 ナイスクラップ、2014-01-31 期 有価証券報告書