有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年1月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年2月1日から平成20年1月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年1月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年2月1日から平成20年1月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
(3)当社は、平成18年6月29日開催の第47期定時株主総会において、定款の一部変更を決議し、決算期を3月31日から1月31日に変更いたしました。これに伴い、前連結会計年度及び前事業年度は、平成18年4月1日から平成19年1月31日までの10ヵ月となっております。
2.監査証明について
当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年1月31日まで)及び前事業年度(平成18年4月1日から平成19年1月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、並びに金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年2月1日から平成20年1月31日まで)及び当事業年度(平成19年2月1日から平成20年1月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表についてビーエー東京監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
※2
 
3,513,451
   
2,739,905
 
2.受取手形及び売掛金
 
 
438,309
   
792,422
 
3.テナント未収入金
※1
 
969,213
   
1,023,296
 
4.たな卸資産
   
588,790
   
886,888
 
5.繰延税金資産
   
56,126
   
92,600
 
6.未収入金
   
182,255
   
148,192
 
7.その他
   
111,284
   
173,452
 
8.貸倒引当金
   
△9,606
   
△40,061
 
流動資産合計
   
5,849,823
55.2
 
5,816,697
47.4
Ⅱ 固定資産
             
(1)有形固定資産
※2,4
           
1.建物及び構築物
 
3,276,975
   
3,901,352
   
減価償却累計額
 
1,750,487
1,526,487
 
1,965,305
1,936,046
 
2.機械装置及び運搬具
 
1,747,782
   
1,820,360
   
減価償却累計額
 
1,435,509
312,273
 
1,500,880
319,480
 
3.土地
   
548,945
   
808,950
 
4.その他
 
894,660
   
772,727
   
    減価償却累計額
 
713,847
180,813
 
587,168
185,559
 
減損損失累計額
 
 
△314,170
 
 
△435,288
 
有形固定資産合計
   
2,254,349
21.3
 
2,814,748
22.9
(2)無形固定資産
   
 
 
 
 
 
  1. のれん
   
 
 
1,218,591
 
  2. その他
   
26,513
 
 
34,317
 
    無形固定資産合計
   
26,513
0.2
 
1,252,908
10.2
(3)投資その他の資産
             
1.投資有価証券
※3
 
315,082
   
195,156
 
2.繰延税金資産
   
189,346
   
511,782
 
3.敷金保証金
※2
 
1,225,511
   
1,440,906
 
4. 投資不動産
 
 
 
217,855
 
 
   減価償却累計額
 
 
2,863
214,992
 
5.保険積立金
   
672,551
   
 
6.その他
   
123,255
   
152,276
 
7.貸倒引当金
   
△58,117
   
△116,608
 
投資その他の資産合計
   
2,467,630
23.3
 
2,398,505
19.5
固定資産合計
   
4,748,493
44.8
 
6,466,161
52.6
資産合計
   
10,598,317
100.0
 
12,282,859
100.0
               

 

   
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
   
2,103,571
   
2,029,923
 
2.短期借入金
※2
 
711,000
   
1,131,700
 
3.一年内返済予定長期借入金
※2
 
207,942
   
338,444
 
4. 一年内償還予定社債
 
 
   
69,000
 
5.未払金
   
422,116
   
486,610
 
6.未払法人税等
   
45,079
   
184,199
 
7.賞与引当金
   
90,381
   
106,779
 
8.その他
※6
 
308,316
   
399,230
 
流動負債合計
   
3,888,407
36.7
 
4,745,886
38.6
Ⅱ 固定負債
             
1.長期借入金
※2
 
444,221
   
788,042
 
2.長期未払金
   
87,229
   
95,948
 
3.退職給付引当金
   
219,823
   
244,650
 
4.役員退職慰労引当金
   
55,112
   
72,208
 
5. 社債 
   
   
68,000
 
6.その他
   
73,136
   
135,089
 
固定負債合計
   
879,522
8.3
 
1,403,939
11.4
負債合計
   
4,767,930
45.0
 
6,149,826
50.1
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
466,700
4.4
 
466,700
3.8
2.資本剰余金
 
 
1,064,000
10.0
 
1,064,000
8.7
3.利益剰余金
 
 
4,725,118
44.6
 
5,056,736
41.2
4.自己株式
 
 
△450,172
△4.2
 
△450,172
△3.7
株主資本合計
 
 
5,805,646
54.8
 
6,137,263
50.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
その他有価証券評価差額金
 
 
24,740
0.2
 
△4,231
△0.0
評価・換算差額等合計
 
 
24,740
0.2
 
△4,231
△0.0
純資産合計
 
 
5,830,387
55.0
 
6,133,032
49.9
負債純資産合計
 
 
10,598,317
100.0
 
12,282,859
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
   
27,253,307
100.0
 
33,871,475
100.0
Ⅱ 売上原価
   
18,555,277
68.1
 
22,424,962
66.2
売上総利益
   
8,698,029
31.9
 
11,446,513
33.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
             
1.給料手当
 
1,882,780
   
2,719,536
   
2.テナント経費
 
1,406,382
   
1,761,836
   
3.地代家賃
 
750,749
   
1,135,691
   
4.賞与引当金繰入額
 
70,777
   
73,334
   
5.退職給付費用
 
36,249
   
33,175
   
6. 役員退職慰労引当金繰入額
 
7,913
   
9,496
   
7. のれん償却額
 
   
245,790
   
8.その他
 
3,556,717
7,711,570
28.3
4,732,029
10,710,892
31.6
営業利益
   
986,459
3.6
 
735,621
2.2
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
276
   
4,605
   
2.受取配当金
 
977
   
1,532
   
3.家賃収入
 
12,167
   
30,192
   
4.持分法による投資利益
 
6,903
   
   
5.協賛金収入 
 
   
41,360
   
6.物流収入 
 
   
38,123
   
7.その他
 
95,391
115,717
0.4
84,563
200,378
0.6
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
28,899
   
45,801
   
2. 持分法による投資損失 
 
   
269
   
3.その他
 
11,437
40,337
0.1
7,357
53,428
0.2
経常利益
   
1,061,839
3.9
 
882,570
2.6
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※1
1,492
   
3,886
   
2.店舗撤退補償金
 
1,704
   
3,687
   
3.貸倒引当金戻入益
 
1,030
   
   
4.投資有価証券売却益
 
38,831
   
232,500
   
5.子会社株式売却益
※7
   
15,710
   
6.その他
 
1,881
44,940
0.2
255,785
0.8
               

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅶ 特別損失
             
1.貸倒引当金繰入額
 
38,145
   
59,776
   
2.貸倒損失
 
365
   
4,219
   
3.固定資産売却損
※2
5,082
   
12,247
   
4.固定資産除却損
※3
23,865
   
17,971
   
5.店舗撤退関連費用
 
34,872
   
36,744
   
6.減損損失
 ※6
27,870
   
134,967
   
7.前期損益修正損
 
21,717
   
13,180
   
8. 投資有価証券評価損
 
40,479
   
   
9. 匿名組合損失
 
   
20,505
   
10. 製品自主回収関連損失
 ※4
24,779
   
   
11.その他
※5
2,496
219,674
0.8
15,004
314,617
0.9
税金等調整前当期純利益
   
887,105
3.3
 
823,738
2.4
法人税、住民税及び事業税
 
370,051
   
448,959
   
法人税等調整額
 
91,691
461,743
1.7
△73,693
375,266
1.1
当期純利益
   
425,362
1.6
 
448,472
1.3
               
(注)前連結会計年度は決算期変更により10ヶ月決算となっております。
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年1月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日 残高(千円)
466,700
1,064,000
4,442,045
△469,177
5,503,567
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当(注)1
 
 
△137,208
 
△137,208
当期純利益
 
 
425,362
 
425,362
自己株式の取得
 
 
 
△38,455
△38,455
自己株式の処分
 
 
△5,080
57,460
52,380
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
283,072
19,005
302,078
平成19年1月31日 残高(千円)
466,700
1,064,000
4,725,118
△450,172
5,805,646
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高(千円)
90,476
90,476
5,594,044
連結会計年度中の変動額
     
剰余金の配当(注)1
 
 
△137,208
当期純利益
 
 
425,362
自己株式の取得
 
 
△38,455
自己株式の処分
 
 
52,380
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△65,735
△65,735
△65,735
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△65,735
△65,735
236,342
平成19年1月31日 残高(千円)
24,740
24,740
5,830,387
(注)1.平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
   2.当連結会計年度は決算期変更により10ヶ月決算となっております。
当連結会計年度(自 平成19年2月1日 至 平成20年1月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年1月31日 残高(千円)
466,700
1,064,000
4,725,118
△450,172
5,805,646
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△116,854
 
△116,854
当期純利益
 
 
448,472
 
448,472
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
331,617
331,617
平成20年1月31日 残高(千円)
466,700
1,064,000
5,056,736
△450,172
6,137,263
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成19年1月31日 残高(千円)
24,740
24,740
5,830,387
連結会計年度中の変動額
     
剰余金の配当
 
 
△116,854
当期純利益
 
 
448,472
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△28,971
△28,971
△28,971
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△28,971
△28,971
302,645
平成20年1月31日 残高(千円)
△4,231
△4,231
6,133,032
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動による
キャッシュ・フロー
     
税金等調整前当期純利益
 
887,105
823,738
減価償却費
 
251,571
366,192
のれん償却額 
 
245,790
匿名組合損失 
 
20,505
持分法による投資損益
 
△6,903
269
退職給付引当金の増加額
 
5,809
7,363
賞与引当金の増減額
 
△69,945
4,271
役員退職慰労引当金の増加額
 
6,338
9,496
貸倒引当金の増加額
 
37,480
61,562
受取利息及び受取配当金
 
△1,254
△6,137
支払利息
 
28,899
45,801
有形固定資産売却益
 
△1,492
△3,886
有形固定資産売却損
 
5,082
12,247
有形固定資産除却損
 
23,865
17,971
投資有価証券評価損
 
40,479
投資有価証券売却益
 
△38,831
△232,500
減損損失
 
27,870
134,967
その他特別利益
 
△1,704
△19,398
その他特別損失
 
24,367
49,344
売上債権の増減額
 
60,372
△171,985
たな卸資産の増減額
 
183,651
△137,592
その他の流動資産の減少額
 
33,635
4,108
仕入債務の減少額
 
△401,223
△11,776
その他の流動負債の減少額
 
△193,628
△128,557
小計
 
901,545
1,091,795
利息及び配当金の受取額
 
3,654
8,537
利息の支払額
 
△28,899
△45,801
法人税等の支払額
 
△748,310
△406,193
営業活動による
キャッシュ・フロー
 
127,990
648,337

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動による
キャッシュ・フロー
     
定期預金の純増減
 
8,001
△4,500
無形固定資産の取得による支出
 
△3,040
△14,427
投資有価証券の取得による支出
 
△2,420
△3,165
投資有価証券の売却による収入
 
123,750
332,550
有形固定資産の取得による支出
 
△204,551
△420,782
有形固定資産の売却による収入
 
26,076
26,604
保険解約による収入
 
673,607
貸付金の回収による収入
 
3,646
36,799
連結除外を伴う子会社株式売却による支出 
※3
△320,545
子会社株式の取得による支出 
 
△3,070
連結範囲の変更を伴う子会社株式取得による収入 
※2
80,875
連結範囲の変更を伴う子会社株式取得による支出 
※2
△1,868,138
その他の投資による支出
 
△132,071
△327,563
その他の投資による収入
 
64,383
295,177
投資活動による
キャッシュ・フロー
 
△116,225
△1,516,579
Ⅲ 財務活動による
キャッシュ・フロー
     
短期借入金増減額
 
155,000
310,700
長期借入れによる収入
 
110,000
375,000
長期借入金の返済による支出
 
△547,145
△331,649
社債の償還による支出 
 
△104,000
自己株式の取得による支出
 
△38,455
ストックオプションの行使による収入
 
57,460
配当金の支払額
 
△137,208
△116,854
財務活動による
キャッシュ・フロー
 
△400,347
133,196

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅳ 現金及び現金同等物の増減額
 
△388,583
△735,045
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
 
3,863,534
3,474,951
Ⅵ  現金及び現金同等物の期末残高
※1
3,474,951
2,739,905
 
 
 
 
 (注)前連結会計年度は、決算期変更により10ヶ月決算となっております。
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
1.連結の範囲に関する事項
(1) 連結子会社の数   5社
 連結子会社名は、下記のようになっております。
㈱オーエムツーミート
㈱オーエムツーデリカ
㈱デリフレッシュフーズ
㈱スターチェーン丸進
㈲コスモ丸進 
(1) 連結子会社の数    5社
 連結子会社名は、下記のようになっております。
㈱オーエムツーミート
㈱オーエムツーデリカ
㈱デリフレッシュフーズ
㈱焼肉の牛太
ミスタースタミナ㈱ 
 当連結会計年度に株式を取得したことにより、㈱焼肉の牛太及びミスタースタミナ㈱を新規に連結の範囲に含めております。また、株式を譲渡したことにより、㈱スターチェーン丸進及び㈲コスモ丸進を連結の範囲より除外しております。
 
(2) 主要な非連結子会社の名称等
㈱えすいしい
㈱オーエムツーのため
(2) 主要な非連結子会社の名称等
㈱えすいしい
㈱オーエムツーのため
 
  連結の範囲に含めなかった理由
非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等が、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
 連結の範囲に含めなかった理由
同左
2.持分法の適用に関する事項
 (1)以下の関連会社2社について、持分法を適用しております。
㈱エスオー
㈱アイオー
 (1)以下の関連会社3社について、持分法を適用しております。
㈱エスオー
㈱アイオー
 ㈱オラージュ
 当連結会計年度において、㈱焼肉の牛太の株式を取得したため、同社の関連会社である㈱オラージュを持分法適用会社としました。
 
(2)持分法を適用していない非連結子会社(㈱えすいしい及び㈱オーエムツーのため)及び関連会社(㈱キララダイニングサービス)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
(2)      同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 当社は平成18年6月29日開催の第47期定時株主総会において、決算期を従来の3月31日から1月31日とする定款の一部変更を行いました。従いまして、当連結会計年度は平成18年4月1日から平成19年1月31日までの10ケ月決算となっております。
なお、当社の決算期変更に伴い、当社の連結子会社㈱オーエムツーミート、㈱オーエムツーデリカ及び㈱デリフレッシュフーズは決算日を3月31日から1月31日に変更し10ケ月決算となっており、また、㈱スターチェーン丸進は決算日を2月20日から1月31日に変更し、11ヶ月決算となっており、㈲コスモ丸進は決算日を4月30日としております。
 連結子会社のうち、㈱焼肉の牛太を除く全ての連結子会社の決算日は1月31日です。また、㈱焼肉の牛太の決算日は12月31日です。なお、決算期が2月28日であったミスタースタミナ㈱は、株式取得により、当社グループの連結子会社となった為、連結財務諸表提出会社と同様、決算期を1月31日に変更しており、決算期変更の経過期間となる当事業年度は、平成19年9月1日から平成20年1月31日までの5ヶ月となっております。また、決算期が8月31日であった㈱焼肉の牛太は、株式取得により、当社グループの連結子会社となった為、決算期を12月31日に変更しており、決算期変更の経過期間となる当事業年度は、平成19年3月1日から平成19年12月31日までの10ヶ月間となっております。
4.会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
  イ.有価証券
   子会社株式及び関連会社株式
     移動平均法による原価法
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
イ.有価証券
   子会社株式及び関連会社株式
同左
 
その他有価証券
 その他有価証券
 
時価のあるもの…決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却価額は主として移動平均法により算定しております。)
時価のあるもの…同左
 
時価のないもの…移動平均法による原価法
時価のないもの…同左
 
ロ.たな卸資産
ロ.たな卸資産
 
 主として最終仕入原価法
 ただし、一部の連結子会社については総平均法による原価法及び売価還元法による原価法によっております。
主として最終仕入原価法
 ただし、一部の連結子会社については総平均法による原価法によっております。 
 
(2)重要な減価償却資産の減価償却方法
(2)重要な減価償却資産の減価償却方法
 
イ.有形固定資産
      定率法
 ただし、平成10年4月1日以降の取得の建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。
 主な耐用年数は、次のとおりであります。
 建物及び構築物   3〜50年
 機械装置及び運搬具 2〜15年 
イ.有形固定資産・投資不動産
 同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
 
ロ.無形固定資産
       定額法
 なお、自社利用のソフトウェアは社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
 ロ.無形固定資産
          同左
 
 
ハ.長期前払費用
      定額法
 耐用年数については、法人税法の規定によっております。
ハ.長期前払費用
          同左
 
(3)重要な引当金の計上基準
イ.貸倒引当金
 売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(3)重要な引当金の計上基準
イ.貸倒引当金
          同左
 
ロ.賞与引当金
 従業員の賞与の支給に備えるため、当期に対応する実際支給見込額を計上しております。
ロ.賞与引当金
          同左
 
ハ.退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
ハ.退職給付引当金
          同左
 
ニ.役員退職慰労引当金
ニ.役員退職慰労引当金
 
  当社及び一部の連結子会社は役員の退任に伴う退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく必要額を計上しております。
        同左
 
(4)重要なリース取引の処理方法
(4)重要なリース取引の処理方法
 
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
        同左
 
(5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
(5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
 
イ.消費税等の会計処理
イ.消費税等の会計処理
 
 税抜方式によっており、控除対象外消費税等は当連結会計年度の費用として処理しております。
        同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
  連結子会社の資産及び負債の評価については、全面時価評価法を採用しております。
          同左
6.のれん及び負ののれんの償却に関する事項
− 
のれんは5年間の定額法で償却しております。 
7.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない、取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
当連結会計年度より「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。
これまでの資本の部の合計に相当する金額は5,830,387千円であります。
なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
(固定資産の減価償却方法の変更)
 当連結会計年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以降取得の有形固定資産については、改正法人税法に規定する償却方法により、減価償却費を計算しております。
なお、この変更に伴う営業利益、経常利益、税金等調整前当期純利益に与える影響は軽微であります。            
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
※1.テナント未収入金
※1.テナント未収入金
 ショッピングセンター及び百貨店等にテナントとして出店している店舗の未精算分にかかる売上金の未収入金額であります。
同左
※2.担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
※2.担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
(イ)担保資産
   
現金及び預金
37,000
千円
建物及び構築物
335,820
千円
土地
337,286
千円
敷金保証金
20,000
千円
730,107
千円
(イ)担保資産
   
建物及び構築物
314,342
千円
土地
501,443
千円
815,786
千円
(ロ)担保付債務
   
長期借入金
607,363
千円
(うち1年以内返済予定)
(  181,402千円)
(ロ)担保付債務
   
短期借入金
365,000
千円
長期借入金
634,006
千円
(うち1年以内返済予定)
( 242,404千円)
※3.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
※3.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
投資有価証券(株式)
93,841
千円
投資有価証券(株式)
106,171
千円
※4.収用等により取得した資産の取得価額より控除した固定資産の圧縮記帳累計額は、5,225,387千円であり、その内訳は建物2,679,633千円、構築物448,142千円、機械装置1,165,638千円、土地931,972千円であります。
※4.
同左
5.保証債務
5.
 連結会社以外の会社の金融機関等からの借入に対して、債務保証を行っております。
 ──────
㈱キララダイニングサービス
3,809
千円
 
 
 
※6.消費税等の会計処理
※6.消費税等の会計処理
 未払消費税等は、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
同左
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
※1.固定資産売却益の内訳
※1.固定資産売却益の内訳
機械装置及び運搬具
164
千円
土地
1,270
千円
工具器具備品
58
千円
1,492
千円
建物及び構築物
3,864
千円
工具器具備品
22
千円
3,886
千円
※2.固定資産売却損の内訳
※2.固定資産売却損の内訳
建物及び構築物
3,518
千円
機械装置及び運搬具
889
千円
工具器具備品
674
千円
5,082
千円
土地
3,098
千円
建物及び構築物 
8,716
千円
工具器具備品
433
千円
12,247
千円
※3.固定資産除却損の内訳
※3.固定資産除却損の内訳
建物及び構築物
18,218
千円
機械装置及び運搬具
1,310
千円
工具器具備品
3,485
千円
その他
850
千円
23,865
千円
建物及び構築物
10,420
千円
機械装置及び運搬具
939
千円
工具器具備品
1,760
千円
その他
4,850
千円
17,971
千円
※4.製品自主回収関連損失は、連結対象子会社である㈱デリフレッシュフーズの一部製品に風味不良製品があることが判明したため、当該製品を自主回収した事に関連する費用であります。
※4.     
 
          ———————          
   
※5.その他(特別損失)の内訳
※5.その他(特別損失)の内訳
   重要性が低いため記載を省略しております。
同左
 ※6.減損損失
 ※6.減損損失
   当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
   当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
会社名
用途
種類
減損損失(千円)
㈱スターチェーン丸進
赤字店舗
建物及び構築物、その他
27,870
合計
27,870
会社名
用途
種類
減損損失(千円)
㈱オーエムツーネットワーク
遊休資産
建物及び構築物
27,301
㈱オーエムツーミート
赤字店舗
建物及び構築物その他
65,951
㈱オーエムツーデリカ
赤字店舗 
建物及び構築物その他
10,480
㈱焼肉の牛太
赤字店舗
建物及び構築物その他 
28,162
㈱オーエムツーネットワーク 
その他
のれん
3,070
合計
134,967

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
  当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗等については、継続して収支を計上している単位で、遊休資産については、当該資産単独で資産のグルーピングを行っております。
  当社グループは、期末に保有する資産グループの資産査定を実施し、営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失27,870千円を計上しました。
  回収可能価額は正味売却価額及び使用価値により測定しており、正味売却価額は公示価格等により評価し、使用価値は将来キャッシュ・フローを8%で割り引いて算定しております。
 ※7. 
 
 
          ———————          
         
  当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗等については、継続して収支を計上している単位で、遊休資産については、当該資産単独で資産のグルーピングを行っております。
  当社グループは、期末に保有する資産グループの資産査定を実施し、営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失134,967千円を計上しました。
  回収可能価額は正味売却価額及び使用価値により測定しており、正味売却価額は公示価格等により評価し、使用価値は将来キャッシュ・フローを8%で割り引いて算定しております。
 ※7.子会社株式売却益15,710千円は、㈱スターチェーン丸進及び㈲コスモ丸進の株式売却益238,310千円とそれに伴う支出222,600千円を純額表示したものであります。 
子会社株式売却益
238,310
千円
子会社株式売却に伴う支出
△222,600
千円
15,710
千円
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(千株)
当連結会計年度増加株式数(千株)
当連結会計年度減少株式数(千株)
当連結会計年度末株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式
7,335
7,335
合計
7,335
7,335
自己株式
       
普通株式(注)1,2
475
44
58
461
合計
475
44
58
461
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加44千株は、取締役会決議による取得によるものであります。 
   2.普通株式の自己株式の株式数の減少58千株は、新株予約権の権利行使によるものであります。
 
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
  該当事項はありません。
 
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年6月29日
定時株主総会
普通株式
137,208
20
平成18年3月31日
平成18年6月30日
(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年4月26日
定時株主総会
普通株式
116,854
 利益剰余金
17
平成19年1月31日
平成19年4月27日
当連結会計年度(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(千株)
当連結会計年度増加株式数(千株)
当連結会計年度減少株式数(千株)
当連結会計年度末株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式
7,335
7,335
合計
7,335
7,335
自己株式
       
普通株式
461
461
合計
461
461
 
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
  該当事項はありません。
 
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年4月26日
定時株主総会
普通株式
116,854
17
平成19年1月31日
平成19年4月27日
(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年4月28日
定時株主総会
普通株式
137,476
 利益剰余金
20
平成20年1月31日
平成20年4月30日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
※1.  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表  に掲記されている科目の金額との関係
※1.  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表  に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年1月31日現在)
(平成20年1月31日現在)
現金及び預金勘定
3,513,451
千円
預入期間が3か月を超える定期預金
△38,500
千円
現金及び現金同等物
3,474,951
千円
現金及び預金勘定
2,739,905
千円
預入期間が3か月を超える定期預金
千円
現金及び現金同等物
2,739,905
千円
 
※2. 
——————
※2. 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳
①株式の取得により新たに㈱焼肉の牛太を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに新規連結子会社株式の取得価額と新規連結子会社株式の取得に伴う純支出との関係は次のとおりであります。
流動資産
1,151,791
千円
固定資産 
1,742,999
千円
流動負債 
△872,575
千円
固定負債 
△941,318
千円
のれん 
1,421,202
千円
新規連結子会社株式の取得価額  
2,502,100
千円
新規取得連結子会社現金及び現金同等物  
△633,961
千円
新規連結子会社取得に伴う純支出 
1,868,138
千円
②株式の取得により新たにミスタースタミナ㈱を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに新規連結子会社の取得価額と新規連結子会社取得に伴う純収入との関係は次のとおりであります。
流動資産
250,945
千円
固定資産 
191,229
千円
流動負債 
△336,483
千円
固定負債 
△23,222
千円
負ののれん 
△921
千円
新規連結子会社株式の取得価額 
81,547
千円
新規取得連結子会社の現金及び現金同等物 
△162,423
千円
新規連結子会社取得に伴う純支出(△純収入)
△80,875
千円

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
※3. 
——————
※3. 株式の売却により連結子会社でなくなった会社の
資産及び負債の主な内訳
株式の売却により㈱スターチェーン丸進及び㈲コスモ丸進を連結の範囲から除外したことに伴う連結除外時の資産及び負債の内訳並びに連結除外した子会社株式の売却価額と連結除外に伴う純支出との関係は次のとおりであります。
 
流動資産
311,428
千円
固定資産 
634,266
千円
流動負債 
△720,227
千円
固定負債 
△463,778
千円
子会社株式売却益 
238,310
千円
連結除外した子会社株式の売却価額 
0
千円
当該株式売却に伴う支出
△222,600
千円
連結除外した子会社の現金及び現金同等物 
△97,945
千円
連結除外に伴う純支出
△320,545
千円
  
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置及び運搬具
260,877
163,535
4,086
93,255
その他
947,376
542,625
16,992
387,758
合計
1,208,253
706,160
21,078
481,014
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置及び運搬具
199,761
97,819
6,836
95,105
その他
786,163
376,612
27,466
382,084
合計
985,925
474,432
34,303
477,189
(2)未経過リース料期末残高相当額等
(2)未経過リース料期末残高相当額等
1年内
191,946
千円
1年超
321,728
千円
合計
513,674
千円
       リース資産減損勘定の残高     21,078千円
1年内
177,189
千円
1年超
349,033
千円
合計
526,223
千円
       リース資産減損勘定の残高       34,303千円
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
218,079
千円
リース資産減損勘定の取崩額
18,064
千円
減価償却費相当額
203,173
千円
支払利息相当額
11,054
千円
減損損失
千円
支払リース料
232,588
千円
リース資産減損勘定の取崩額
18,944
千円
減価償却費相当額
223,678
千円
支払利息相当額
12,787
千円
減損損失
21,343
千円
(4)減価償却費相当額の算定方法
(4)減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし残存価額を零とする定額法によっております。
同左
(5)利息相当額の算定方法
(5)利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
同左
2.オペレーティング・リース取引
2.オペレーティング・リース取引
 注記すべき重要なオペレーティング・リース取引は、ありません。
同左
(有価証券関係)
 
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
前連結会計年度(平成19年1月31日)
当連結会計年度(平成20年1月31日)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額
(千円)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額
(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
株式
26,700
75,280
48,580
26,700
40,960
14,260
債券
その他
小計
26,700
75,280
48,580
26,700
40,960
14,260
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
株式
51,959
44,960
△6,998
58,905
37,529
△21,376
債券
その他
小計
51,959
44,960
△6,998
58,905
37,529
△21,376
合計
78,659
120,240
41,581
85,605
78,489
△7,116
(注)1.その他有価証券の減損処理にあたっては、時価が取得原価に比べ50%以上下落したものについては一律減損処理を行い、時価が取得原価に比べ30%以上50%未満下落したものについては回復可能性を検討し、回復する可能性が明らかでない銘柄については減損処理を行っております。
      2.表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
 
2.前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
売却額(千円)
売却益の合計
(千円)
売却損の合計
(千円)
売却額(千円)
売却益の合計
(千円)
売却損の合計
(千円)
123,750
38,831
332,500
232,500
3.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
連結貸借対照表計上額(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
 
 
非上場株式
 
101,000
10,494
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
1.取引の状況に関する事項
(1)取引の内容及び利用目的等
   当社グループは、金利の市場変動リスクを回避するために金利スワップ取引を利用してヘッジ会計を行っていま
 す。
(2)取引に関する取組方針
  デリバティブ取引について、限度額を実需の範囲とし、投機目的の取引及びレバレッジ効果の高いデリバティブ取引は行わない方針であります。
(3)取引に係るリスクの内容
  デリバティブ取引の契約先は、いずれも信用度の高い国内銀行であるため、相手先の契約不履行による信用リスクは、ほとんどないと判断しております。
(4)取引に係るリスク管理体制
  デリバティブ取引の執行・管理については、社内規程に従い、担当役員の承認を得て担当部署が行っています。
2.取引の時価等に関する事項
 デリバティブ取引を利用しておりますが、重要性が低いため、記載を省略しております。
当連結会計年度(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
 該当事項はありません
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、適格退職年金制度及び退職一時金制度を設けております。
 なお、連結子会社の㈱デリフレッシュフーズについては当連結会計年度より中小企業退職金共済制度へ移行いたしました。また、新たに連結子会社となりました㈱焼肉の牛太は退職一時金制度を、ミスタースタミナ㈱は中小企業退職金共済制度を設けております。
2.退職給付債務に関する事項
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
 
(千円)
(1)退職給付債務
△469,243
(2)年金資産
258,556
(3)未積立退職給付債務 (1)+(2)
△210,686
(4)会計基準変更時差異の未処理額
(5)未認識数理計算上の差異
△9,136
(6)連結貸借対照表計上額 (3)+(4)+(5)
△219,823
(7)前払年金費用
(8)退職給付引当金 (6)−(7)
△219,823
 
(千円)
(1)退職給付債務
△489,492
(2)年金資産
275,366
(3)未積立退職給付債務 (1)+(2)
△214,125
(4)会計基準変更時差異の未処理額
(5)未認識数理計算上の差異
△30,524
(6)連結貸借対照表計上額 (3)+(4)+(5)
△244,650
(7)前払年金費用
(8)退職給付引当金 (6)−(7)
△244,650
 (注) 一部の連結子会社は、退職給付債務の算定に当たり、簡便法を採用しております。
3.退職給付費用に関する事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
 
(千円)
退職給付費用
47,519
(1)勤務費用(注)
44,805
(2)利息費用
5,793
(3)期待運用収益(減算)
△1,632
(4)会計処理基準変更時差異の費用処理額
(5)数理計算上の差異の費用処理額
△1,446
 
(千円)
退職給付費用
45,324
(1)勤務費用(注)
43,777
(2)利息費用
5,589
(3)期待運用収益(減算)
△1,636
(4)会計処理基準変更時差異の費用処理額
(5)数理計算上の差異の費用処理額
△2,405
 (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用及び中小企業退職金共済制度搬出金は「(1)勤務費用」に計上しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
(1)割引率
2.0%
(2)期待運用収益率
1.0%
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
(4)数理計算上の差異の処理年数
5年
(1)割引率
2.0%
(2)期待運用収益率
1.0%
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
(4)数理計算上の差異の処理年数
5年
(ストック・オプション等関係)
該当事項はありません。
(税効果会計関係)
 
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
繰延税金資産
(千円)
(千円)
未払事業税
2,964
15,778
賞与引当金
35,913
42,122
退職給付引当金
88,863
98,023
役員退職慰労引当金
21,921
25,463
投資有価証券評価損
16,394
16,394
減損損失
75,611
120,705
税務上の繰越欠損金 
215,652
その他 
20,644
81,883
繰延税金資産小計
262,313
616,024
評価性引当額
△10,849
繰延税金資産合計
262,313
605,174
繰延税金負債
 
 
  未収事業税
△2,015
  その他有価証券評価差額金
△16,840
  繰延税金負債合計
△16,840
△2,015
繰延税金資産の純額
245,473
603,159
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳は以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(平成19年1月31日)
当連結会計年度
(平成20年1月31日)
法定実効税率(%)
40.0
40.0
(調整)
 
 
関連会社持分法損益(%)
△0.8
0.0
赤字子会社の繰延税金資産評価減(%)
4.3
5.2
交際費等永久に損金に参入されない項目
0.8
0.7
受取配当金等永久に損金に参入されない項目(%)
△0.1
△0.1
  住民税均等割額(%)
6.6
9.2
 のれん償却額(%)
11.6
 連結子会社株式売却益の修正に対応する税額相当額(%)
△20.0
  その他(%)
1.2
△1.0
  税効果会計適用後の法人税等の負担率(%)
52.0
45.6
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
 
食肉等の小売業(千円)
食肉等の製造・加工業
(千円)
計(千円)
消去または全社(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高
         
(1)外部顧客に対する売上高
22,760,339
4,492,967
27,253,307
27,253,307
(2)セグメント間の内部売上高
又は振替高
14,649
359,734
374,383
(374,384)
22,774,989
4,852,702
27,627,691
(374,384)
27,253,307
営業費用
21,677,098
4,656,329
26,333,428
(66,579)
26,266,848
営業利益
1,097,890
196,372
1,294,263
(307,804)
986,459
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
         
資産
9,173,658
1,908,077
11,081,735
(483,417)
10,598,317
減価償却費
166,685
84,886
251,571
251,571
減損損失
27,870
27,870
27,870
資本的支出
134,279
93,882
228,161
228,161
 (注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
2.各区分に属する主要な事業の内容
(1)食肉等の小売業…………食肉、食肉加工品等の小売業並びにスーパーマーケット経営
(2)食肉等の製造・加工業…食肉加工品及び冷凍麺等の製造・加工業
3.営業費用のうち、消去または全社の項目に含めた配賦不能営業費用の主なものについては、親会社本社の総務部門等管理部門に係る費用であり、当連結会計年度における金額は307,804千円であります。
4.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は1,979,176千円であり、その主なものは当社での余資運用資金(現金及び有価証券)であります。
5.減価償却費及び資本的支出には長期前払費用と同費用に係る償却額が含まれております。
当連結会計年度(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
 
食肉等の小売業(千円)
食肉等の製造・加工業
(千円)
外食業 
(千円) 
計(千円)
消去または全社(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高
           
(1)外部顧客に対する売上高
24,454,734
5,441,837
3,974,904
33,871,475
33,871,475
(2)セグメント間の内部売上高
又は振替高
7,931
507,958
515,889
(515,889)
24,462,665
5,949,795
3,974,904
34,387,365
(515,889)
33,871,475
営業費用
23,487,093
5,848,058
3,954,097
33,289,249
(153,394)
33,135,854
営業利益
975,572
101,737
20,806
1,098,116
(362,495)
735,621
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
           
資産
9,764,033
1,925,946
3,159,939
14,849,919
(2,567,060)
12,282,859
減価償却費
187,858
98,823
79,511
366,192
366,192
減損損失
106,804
28,162
134,967
134,967
資本的支出
262,300
67,013
159,010
488,324
488,324
 (注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
2.各区分に属する主要な事業の内容
(1)食肉等の小売業…………食肉、食肉加工品等の小売業並びにスーパーマーケット経営
(2)食肉等の製造・加工業…食肉加工品及び冷凍麺等の製造・加工業
      (3) 外食業……………………焼肉レストラン経営
3.営業費用のうち、消去または全社の項目に含めた配賦不能営業費用の主なものについては、親会社本社の総務部門等管理部門に係る費用であり、当連結会計年度における金額は363,962千円であります。
4.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は585,961千円であり、その主なものは当社での余資運用資金(現金及び有価証券)であります。
5.減価償却費及び資本的支出には長期前払費用と同費用に係る償却額が含まれております。
6. 会計処理の変更
  有形固定資産の減価償却の方法の変更
  「会計処理の変更」に記載のとおり、当連結会計年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以降取得の有形固定資産については、改正法人税法に規定する償却方法により、減価償却費を計算しております。
7. 事業区分の変更
当連結会計年度に㈱焼肉の牛太を連結子会社としたため、当連結会計年度より事業区分に「外食業」を新規追加しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
 当企業集団は、本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店がないため該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
 当企業集団は、本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店がないため該当事項はありません。
【海外売上高】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
 当企業集団は、海外売上高がないため該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
 当企業集団は、海外売上高がないため該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年1月31日)
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額(百万円)
科目
期末残高(百万円)
役員の兼任等
事業上の関係
 親会社
エスフーズ㈱
 兵庫県
 西宮市 
4,298
食料品等の製造・加工業 
(被所有)
直接
52.1
 −
商品の仕入
商品の仕入 
52
 買掛金 
8
 (注)1.上記取引金額には消費税等を含んでおりませんが、期末残高には消費税等を含んでおります。
     2. 取引条件及び取引条件の決定方針等
        価格その他の取引条件は当社と関係を有しない他の当事者と同様の条件によっております。また、当社の子会社も同様に商品を仕入れております。
当連結会計年度(自平成19年2月1日 至平成20年1月31日)
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額(百万円)
科目
期末残高(百万円)
役員の兼任等
事業上の関係
 親会社
エスフーズ㈱
 兵庫県
 西宮市 
4,298
食料品等の製造・加工業 
(被所有)
直接
52.1
 −
商品の仕入
商品の仕入 
7
 買掛金 
 (注)1.上記取引金額には消費税等を含んでおりませんが、期末残高には消費税等を含んでおります。
     2. 取引条件及び取引条件の決定方針等
        価格その他の取引条件は当社と関係を有しない他の当事者と同様の条件によっております。また、当社の子会社も同様に商品を仕入れております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
1株当たり純資産額
848円 20銭
1株当たり当期純利益
61円 68銭
1株当たり純資産額
892円 23銭
1株当たり当期純利益
65円 24銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注) 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年1月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年2月1日
至 平成20年1月31日)
1株当たり当期純利益
   
当期純利益(千円)
425,362
448,472
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
425,362
448,472
期中平均株式数(株)
6,895,912
6,873,822
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
普通株式増加数(株)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
──────
──────
      (重要な後発事象)
   前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年1月31日)
(子会社の取得)
  当社は平成19年3月26日開催の取締役会決議に基づき、株式会社焼肉の牛太の全株式を取得したことにより、
  同社に対する議決権所有割合が100%となり、特定子会社に該当することになりました。
1.当該子会社の名称、住所、代表者の氏名、資本金及び事業の内容
   ①名称         株式会社焼肉の牛太
   ②住所        兵庫県姫路市楠町113番地
   ③代表者の氏名    代表取締役社長 松田 清治 
   ④資本金       3億12百万円
   ⑤事業の内容     焼肉チェーン等経営
 
2.株式取得の理由
   主婦の就労、高齢化の進展等の要因から当社は食肉関連の需要も素材としての食肉から惣菜などの中食、外食に
  今後も移行継続する可能性が高いと見ており、こうした傾向にも対応できるよう良い機会があれば他業態への展開
  を模索しておりました。
   株式会社焼肉の牛太の事業内容はこうした当社の多角化方針に合致するものであります。同社は発祥の地が姫路
  ということもあり、兵庫県には直営店26店と強い地盤を有するものの、最大の人口を有する首都圏他関東地域は同
  12店と弱く今後の展開が課題となっておりました。当社はその有する資本力と人材を活かし、同社の発展を加速さ
  せ、以って連結業績の向上を目的とするものであります。

3.取得先
   村上真之助(当社親会社エスフーズ株式会社 代表取締役)  
 
4.取得日
   平成19年3月26日
 
5.取得する株式の数、取得価額、取得後の持分比率
    取得する株式の数    5,520株
    取得価額        25億円
    取得後の持分比率    100.0%
当連結会計年度(自 平成19年2月1日 至 平成20年1月31日)
  該当事項はありません
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
会社名
銘柄
発行年月日
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
利率(%)
担保
償還期限
 ㈱焼肉の牛太
第1回無担保社債
(注)
平成15年3月27日
35,000
 (35,000)
0.75
 なし
平成20年3月27日
 ㈱焼肉の牛太
第2回無担保社債
(注)
平成17年9月12日
102,000
 (34,000)
0.55
 なし
 平成22年9月10日
合計
137,000
 (69,000)
 (注)( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
 2. 連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
1年以内(千円)
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
69,000
34,000
34,000
− 
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
711,000
1,131,700
1.83
1年以内に返済予定の長期借入金
207,942
338,444
2.99
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
444,221
788,042
2.99
平成21年
〜平成27年
その他の有利子負債
       
未払金(割賦未払金)
34,543
30,115
1.45
長期未払金(割賦長期未払金)
54,464
60,083
1.45
平成21年
〜平成25年
合計
1,452,170
2,348,384
 (注)1.「平均利率」については、期中平均借入残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金及びその他の有利子負債(1年内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
2年超3年以内
3年超4年以内
4年超5年以内
長期借入金(千円)
238,736
169,912
115,252
97,352
長期未払金(割賦長期未払金)(千円)
26,501
15,774
11,661
6,145
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社オーエムツーネットワーク、2008-01-31 期 有価証券報告書