有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次
第34期
第35期
第36期
第37期
第38期
決算年月
平成18年2月
平成19年2月
平成20年2月
平成21年2月
平成22年2月
売上高
(百万円)
190,313
199,471
226,700
252,498
243,338
経常利益
(百万円)
831
855
879
379
437
当期純利益又は
当期純損失(△)
(百万円)
△1,426
213
491
4
961
持分法を適用した場合の投資利益
(百万円)
資本金
(百万円)
2,244
2,244
3,144
3,144
3,144
発行済株式総数
(株)
15,907,619
15,907,619
18,787,619
18,787,619
18,787,619
純資産額
(百万円)
18,673
19,062
18,567
17,639
18,653
総資産額
(百万円)
108,145
113,081
118,642
120,764
112,797
1株当たり純資産額
(円)
1,175.22
1,199.83
989.40
939.59
993.32
1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)
(円)
(円)
10
(—)
10
(—)
10
(—)
7
(—)
10
(—)
1株当たり当期純利益
又は当期純損失(△)
(円)
△89.78
13.46
28.34
0.22
51.25
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
0.22
51.22
自己資本比率
(%)
17.3
16.9
15.7
14.6
16.5
自己資本利益率
(%)
△7.6
1.1
2.6
0.0
5.3
株価収益率
(倍)
137.1
58.9
5,681.8
25.0
配当性向
(%)
74.3
35.3
3,181.8
19.5
営業活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
2,292
7,208
5,344
3,197
13,745
投資活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
△15,285
△5,779
499
△8,874
△3,543
財務活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
12,452
△1,758
△6,344
5,209
△9,371
現金及び現金同等物の
期末残高
(百万円)
3,846
3,516
3,864
3,397
4,228
従業員数
(人)
1,661
1,770
2,540
2,564
2,534
(平均臨時雇用人数)
(6,619)
(7,067)
(8,189)
(9,144)
(9,015)

(注) 1 当社は連結財務諸表を作成していないため、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2 売上高には消費税等は含まれておりません。

3 持分法を適用した場合の投資利益は、当社が関連会社を有していないため、該当事項はありません。

4 第36期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5 第34期において、株価収益率及び配当性向は、1株当たり当期純損失を計上しているため、記載しておりません。

6 従業員数の( )は外書で、コミュニティ社員(パートタイマー)の平均雇用人数(ただし8時間換算による)であります。

7 第36期につきましては、㈱マイカル九州との合併により、発行済株式総数、従業員数が増加しておりま
 す。

2 【沿革】

昭和47年3月
福岡市に本店を置く㈱福岡大丸は小売業の基盤と拡大を図るためジャスコ㈱(現、イオン㈱)と業務提携契約を締結しました。
昭和47年6月
ジャスコ㈱等の出資により福岡ジャスコ株式会社を資本金5千万円にて福岡市博多区に設立しました。
昭和48年2月
当社は、㈱福岡大丸の営業(18店舗)を譲り受けました(㈱福岡大丸は同年同月ジャスコ㈱と合併しました)。
昭和49年6月
佐世保店を長崎県佐世保市に開店しました。(1号店)
平成元年9月
商号を九州ジャスコ株式会社へ変更しました。
平成6年2月
大分ジャスコ㈱から2店舗の営業を譲り受けました。
又、同社より大分ウエルマート㈱の発行済全株式を譲り受け子会社としました。
平成10年11月
福岡県浮羽郡に新業態(食品とドラッグを中心にした店舗)の1号店となるマックスバリュ田主丸店を開店しました。
平成11年8月
旭ジャスコ㈱(宮崎県延岡市)と合併し、延岡ニューシティ店、マックスバリュ岡富店の営業を引継ぎました。
平成12年8月
日本証券業協会(現㈱大阪証券取引所)に株式を店頭登録しました。
平成13年8月
子会社の大分ウエルマート㈱の営業を停止するとともに、マックスバリュ豊後高田店の営業を譲り受けました。
平成14年5月
民事再生法適用中の㈱壽屋から5店舗を譲り受け、順次営業を開始しました。
平成15年9月
㈱ホームワイドと合併し、商号をイオン九州株式会社へ変更しました。
平成16年4月
マックスバリュ基山店の営業をマックスバリュ九州㈱へ譲渡しました。その後引き続き同社に対し、5月にマックスバリュ岡富店、6月にマックスバリュ田主丸店、8月にマックスバリュ豊後高田店を営業譲渡しました。
平成16年8月
子会社の大分ウエルマート(株)は、清算結了しました。
平成18年8月
平成19年8月
子会社の㈱フォードライフ九州は、清算結了しました。
㈱マイカル九州と合併しました。

 

3 【事業の内容】

当社は、親会社であるイオン株式会社を中心とする企業集団イオングループに属し、九州地区におけるグループの中核企業として、ゼネラル・マーチャンダイズ・ストア(GMS)を核とした総合小売業を営んでおります。
 また、イオングループ各社とは、商品の仕入、店舗の賃借、当社店舗内へのテナント入店等の取引を行っております。
 これらの関連を概要図で示すと以下のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

親会社

名称
住所
資本金
(百万円)
主な事業
の内容
議決権の所有
(又は被所有)割合
関係内容
所有割合
(%)
被所有割合
(%)
イオン株式会社
千葉市美浜区
199,054
純粋持株会社
74.09
(11.10)
役員兼任1名、役員転籍1名、当社からイオン(株)への出向4名

(注) 1 上記の親会社は有価証券報告書を提出しております。

2 「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の( )は内書で、間接所有の割合であります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

(平成22年2月20日現在)

従業員数(人)
平均年齢
平均勤続年数
平均年間給与(円)
2,534
(9,015)
  42歳4ヵ月
 13年6ヵ月
4,616,528

(注) 1 従業員数は就業人員数であり、親会社等からの出向者3人を含み、親会社等への出向者67人を含んでおりません。また、( )は外書でコミュニティ社員(パートタイマー)の平均人員(ただし8時間換算による)を記載しております。

2 平均年間給与は賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

当社の労働組合は、イオン九州労働組合と称し、昭和48年7月20日に結成され、UIゼンセン同盟に加入し、イオングループ労働組合連合会に属しております。平成22年2月20日現在14,006人の組合員で、労使関係は円滑に推移しており、特記すべき事項はありません。

 





出典: イオン九州株式会社、2010-02-20 期 有価証券報告書