有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1 連結の範囲に関する事項

(1)連結子会社の数および主要な連結子会社の名称

連結子会社の数    :9

主要な連結子会社の名称:ASKUL LOGIST株式会社

株式会社アルファパーチェス

ビジネスマート株式会社

ソロエル株式会社

嬬恋銘水株式会社

株式会社エコ配

 

(2)主要な非連結子会社の名称等

非連結子会社の名称:株式会社eコミュニケーション

連結の範囲から除いた理由

非連結子会社は、小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を与えないと認められるので、連結の範囲から除外しております。

なお、株式会社eコミュニケーションは当連結会計年度中に清算結了しております。

 

2 持分法の適用に関する事項

持分法を適用していない非連結子会社の数 :1社

持分法を適用していない非連結子会社の名称:株式会社eコミュニケーション

持分法の範囲から除いた理由

非連結子会社は、小規模であり、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を与えないと認められるので、持分法の適用範囲から除外しております。

なお、株式会社eコミュニケーションは当連結会計年度中に清算結了しております。

 

3 連結子会社の事業年度等に関する事項

事業年度末日が連結決算日と異なる連結子会社

連結子会社の名称

事業年度末日

 株式会社アルファパーチェス

12月31日

 ATC株式会社

12月31日

 愛抜愜斯(上海)貿易有限公司

12月31日

 嬬恋銘水株式会社

4月30日

 株式会社エコ配

6月30日

 AlphaPurchase(Malaysia) Sdn. Bhd.

12月31日

 

上記連結子会社のうち、嬬恋銘水株式会社につきまして、連結財務諸表作成にあたっては、事業年度末日現在の財務諸表を使用し、連結決算日までの間に生じた連結会社相互間の取引に係る重要な不一致については、必要な調整を行っております。

上記連結子会社のうち、その他の連結子会社につきまして、連結財務諸表作成にあたっては、3月31日現在の仮決算に基づく財務諸表を使用し、連結決算日までの間に生じた連結会社相互間の取引に係る重要な不一致については、必要な調整を行っております。

 

4 会計方針に関する事項

(1)重要な資産の評価基準および評価方法

① 有価証券

その他有価証券

時価のあるもの

連結会計年度末日の市場価格に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

② デリバティブ

時価法

③ たな卸資産
(a)商品及び製品

移動平均法による原価法

 ただし、連結子会社である嬬恋銘水株式会社は総平均法による原価法を採用しております。

(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

(b)原材料及び貯蔵品

最終仕入原価法による原価法

(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

(c)未成工事支出金

個別法による原価法

 

(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

① 有形固定資産(リース資産を除く)

定率法

ただし、建物(附属設備を除く)、大阪DMCの全ての有形固定資産、仙台DMCの機械装置および在外連結子会社の全ての有形固定資産については、定額法を採用しております。また、平成28年4月1日以降に取得をした建物附属設備および構築物は定額法を採用しております。

なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

建物及び構築物    2〜45年

機械装置及び運搬具 2〜17年

その他        2〜20年

② 無形固定資産(リース資産を除く)

定額法

なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)による定額法を採用しております。

③ リース資産

リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。

④ 長期前払費用

定額法

 

(3)重要な繰延資産の処理方法

株式交付費

支出時に全額費用処理しております。

 

 

(4)重要な引当金の計上基準

① 貸倒引当金

売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。

② 販売促進引当金

エンドユーザーの購入実績に応じて発生する販売促進費の支出に備えるため、過去の実績を基礎として当連結会計年度の売上に対応する発生見込額を計上しております。

③ 返品調整引当金

エンドユーザーからの連結会計年度末日以後の返品損失に備えるため、過去の実績を基礎として算出した売上総利益相当額および返品された商品の原価相当額をあわせて計上しております。

④ 賞与引当金

従業員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち、当連結会計年度末までに発生していると認められる額を計上しております。当社は、株価連動型賞与を導入しており、賞与の支給額は当社の株価に連動して算定されるため、付与日から支給日までの間の各決算日時点においてオプション評価モデル(モンテカルロ・シミュレーション)を用いて将来の支給見込額を算定し、権利確定期間の期日到来割合を乗じた金額を引当金として計上しております。なお、権利確定条件としての市場条件以外の業績条件は反映しておりません。

⑤ 役員賞与引当金

取締役に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち、当連結会計年度末までに発生していると認められる額を計上しております。当社は、株価連動型賞与を導入しており、賞与の支給額は当社の株価に連動して算定されるため、付与日から支給日までの間の各決算日時点においてオプション評価モデル(モンテカルロ・シミュレーション)を用いて将来の支給見込額を算定し、権利確定期間の期日到来割合を乗じた金額を引当金として計上しております。なお、権利確定条件としての市場条件以外の業績条件は反映しておりません。

⑥ 火災損失引当金

火災事故により損壊した建物等の原状回復や焼失した商品等の撤去に係る支出に備えるため、今後の発生見込額を計上しております。

 

(5)退職給付に係る会計処理の方法

① 退職給付見込額の期間帰属方法

退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。

② 数理計算上の差異の費用処理方法

数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。

 

(6)重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準

在外子会社の資産および負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。

 

 

(7)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法

原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約については振当処理に、金利スワップについては特例処理の要件を満たしている場合には特例処理によっております。

② ヘッジ手段とヘッジ対象

ヘッジ手段・・為替予約、金利スワップ

ヘッジ対象・・外貨建仕入債務および外貨建予定取引、借入金

③ ヘッジ方針

為替予約については、為替相場変動に伴うリスクの軽減を目的に、将来の輸入見込額等に基づき実施しており、また、金利スワップについては、借入金の金利変動リスクを回避する目的で、実需に基づく範囲内で行っており、投機的な取引は行っておりません。

④ ヘッジ有効性の評価の方法

ヘッジ対象の為替リスク、金利変動リスクが減殺されているかどうかを検証することにより、ヘッジの有効性を評価しております。ただし、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。

 

(8)のれんの償却方法および償却期間

のれんは、5年〜10年で均等償却しております。

 

(9)請負工事に係る収益および費用の計上基準

当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事契約については工事進行基準を適用し、その他の工事契約については、工事完成基準を適用しております。なお、工事進行基準を適用する工事の当連結会計年度末における進捗度の見積りは、原価比例法によっております。

 

(10)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。

 

(11)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

消費税等の会計処理

税抜方式によっております。

 

(追加情報)

繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会計年度から適用しております。

 

 

(連結貸借対照表関係)

※1 圧縮記帳

取得価額から控除した福岡市企業立地促進条例の補助金に係る圧縮記帳額は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(平成28年5月20日)

当連結会計年度

(平成29年5月20日)

建物及び構築物

607

百万円

607

百万円

機械装置及び運搬具

143

 

143

 

土地

723

 

723

 

1,474

 

1,474

 

 

 

※2 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(平成28年5月20日)

当連結会計年度

(平成29年5月20日)

投資有価証券(株式)

18

百万円

百万円

18

 

 

 

 

※3 期末日満期手形および電子記録債務の会計処理については、手形交換日または決済日をもって決済処理しております。なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形および電子記録債務が、期末残高に含まれております。

 

前連結会計年度

(平成28年5月20日)

当連結会計年度

(平成29年5月20日)

支払手形

百万円

33

百万円

電子記録債務

 

5,195 

 

 

 

※4 賞与引当金、役員賞与引当金の概要

 前連結会計年度(平成28年5月20日)

当社が採用しております株価連動型賞与は、当社取締役および従業員ならびに当社子会社の取締役の当社業績向上に対する意欲や士気を高め、将来の会社の成長を共有することを目的に付与する株価連動型のインセンティブ報酬です。当該報酬は、株価連動型賞与1個当たりの価格(1,600円)と、一定期間後の1株当たりの市場株価との差額を、以下の権利確定条件を満たした場合に自動的に賞与として支払いを行うものです。なお、当連結会計年度におきまして、第2回株価連動型賞与は、権利確定条件を満たしたため権利確定いたしました。

 

 (1)株価連動型賞与に係る当連結会計年度における費用計上額および科目

 賞与(販売費及び一般管理費) 244百万円

 賞与引当金繰入額(販売費及び一般管理費) 72百万円

 役員賞与引当金繰入額(販売費及び一般管理費) 68百万円

 

 (2)株価連動型賞与の内容、規模

 

 

第2回

第3回

付与対象者

 

47名

47名

付与個数

 

160,000個

160,000個

付与日

 

平成25年1月

平成25年1月

対象勤務期間

 

平成25年1月〜

平成28年5月

平成25年1月〜

平成29年5月

権利確定条件

 

(注)1〜3

(注)1〜3

 

(注)1 対象勤務期間最終年度の第3四半期決算発表の翌日の株価終値が、1個当たりの価格(1,600円)を上回った場合に、当該差額を個々に付与した個数に乗じて支払います。

2 従業員への決算賞与等を支払った上で、公表する連結ベースの経常利益かつ親会社株主に帰属する当期純利益を上回る原資を確保できる場合に支払います。

3 賞与の支払いができない場合は残余の個数を次回以降の個数に付加しますが、最終年度(平成29年5月期)においては残余の個数については失効します。

 

 

 (3)当連結会計年度末における支給見込額

 株価連動型賞与の支給見込額はモンテカルロ・シミュレーションにより算定しております。

 支給見込額および使用した主な基礎数値および見積方法

 

確定日

平成29年5月

支給見込額

(注)1

256百万円

株価変動性

(注)2

48.11%

予想配当

(注)3

30円/株

無リスク利子率

(注)4

△0.253%

 

(注)1 当連結会計年度末日における支給見込額となっております。

2 支給見込額測定日であります当連結会計年度末日から平成29年5月に権利確定する株価連動型賞与支払日までの期間分遡った株価実績に基づき算定しております。

3 平成28年5月期の配当は33円/株を予定しておりますが、支給見込額の計算に用いた予想配当は、計算時点(平成28年5月20日)に見込んでいた30円/株によっております。

4 平成29年5月に権利確定する株価連動型賞与支払日までの期間に対応する中期国債の利回りであります。

 

 (4)権利確定数の見積方法

 過去の退職による失効率を参考に、権利不確定による失効数を見積り算定しております。

 

 当連結会計年度(平成29年5月20日)

該当事項はありません。

 

 

(連結損益計算書関係)

※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

配送運賃

14,734

百万円

17,005

百万円

販売促進引当金繰入額

444

 

484

 

給与手当

11,379

 

12,389

 

業務委託費

8,168

 

9,821

 

業務外注費

2,770

 

3,015

 

退職給付費用

330

 

368

 

貸倒引当金繰入額

10

 

3

 

地代家賃

5,665

 

6,258

 

 

 

※2 受取保険金

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

平成29年2月16日に発生しました当社物流センター「ASKUL Logi PARK 首都圏」の火災事故に係る保険金の受取額です。

 

※3 補助金収入および固定資産圧縮損

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

補助金収入は福岡市企業立地促進条例による収入であり、固定資産圧縮損は当該補助金により取得した固定資産(建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地)の圧縮記帳に係るものであります。

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

該当事項はありません。

 

※4 減損損失

当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。

 

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

場所

用途

種類

金額(百万円)

東京都江東区

ソロエルエンタープライズ

ソフトウエア仮勘定

42

群馬県吾妻郡

嬬恋銘水株式会社

(連結子会社)

機械装置及び運搬具

13

 

 

当社グループは当社物流センターから商品を発送する事業については、物流センターごとに資産をグルーピングし、当社物流センターから商品を発送しない事業については、当該事業ごとにグルーピングしており、本社設備等のその他の資産については共用資産としております。

 

ソロエルエンタープライズについては、残存する償却期間内では投資金額を回収することは困難と判断したため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(42百万円)として特別損失に計上いたしました。なお、回収可能価額は使用価値により算定しており、全て零として評価しております。

当社の連結子会社である嬬恋銘水株式会社の旧製造ラインについては、新製造ラインの導入決定により、売却が決定したため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(13百万円)として特別損失に計上いたしました。なお、回収可能価額は正味売却価額により算定しており、売却予定価額から処分費用見込額を差し引いて評価しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

該当事項はありません。

 

※5 火災損失

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

平成29年2月16日に発生しました当社物流センター「ASKUL Logi PARK 首都圏」の火災事故の影響により、建物等の損傷および商品の焼失等の損害が発生しました。損害を受けた資産の主なものは、建物等の有形固定資産、および商品等のたな卸資産であり、火災損失として特別損失に計上しております。主な内容は以下の通りです。

 

資産の原状回復費等の引当金繰入額

7,960

百万円

固定資産やたな卸資産の滅失損

2,878 

 

その他関連費用

411

 

合計

11,250

 

 

 

上記「火災損失」の見込み額は、現時点で判明している損害の状況について入手可能な情報に基づき算定したものであり、今後、損害状況や見積り内容の変更などにより変動する可能性があります。

 

※6 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

建物及び構築物

8

百万円

3

百万円

機械装置及び運搬具

0

 

1

 

有形固定資産「その他」

8

 

4

 

ソフトウエア

11

 

45

 

ソフトウエア仮勘定

135

 

 

撤去費用

4

 

0

 

167

 

55

 

 

 

 

 

(連結包括利益計算書関係)

※ その他の包括利益に係る組替調整額および税効果額

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

その他有価証券評価差額金:

 

 

 

 

当期発生額

△78

百万円

百万円

組替調整額

△292

 

0

 

税効果調整前

△370

 

0

 

税効果額

119

 

△0

 

その他有価証券評価差額金

△250

 

0

 

繰延ヘッジ損益:

 

 

 

 

当期発生額

△23

 

24

 

組替調整額

 

 

税効果調整前

△23

 

24

 

税効果額

7

 

△7

 

繰延ヘッジ損益

△16

 

16

 

為替換算調整勘定:

 

 

 

 

当期発生額

△10

 

△5

 

組替調整額

 

 

税効果調整前

△10

 

△5

 

税効果額

 

 

為替換算調整勘定

△10

 

△5

 

退職給付に係る調整額:

 

 

 

 

当期発生額

△60

 

△15

 

組替調整額

24

 

37

 

税効果調整前

△35

 

21

 

税効果額

9

 

△6

 

退職給付に係る調整額

△26

 

14

 

その他の包括利益合計

△304

 

26

 

 

 

 

(連結株主資本等変動計算書関係)

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

1.発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項

 

 

当連結会計年度期首
株式数(株)

当連結会計年度
増加株式数(株)

当連結会計年度
減少株式数(株)

当連結会計年度末
株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式(注)1

55,199,900

59,500

55,259,400

合計

55,199,900

59,500

55,259,400

自己株式

 

 

 

 

普通株式

(注)2、3

29,459

3,400,000

64,900

3,364,559

合計

29,459

3,400,000

64,900

3,364,559

 

(注)1 普通株式の発行済株式総数の増加59,500株は、新株予約権の権利行使による増加であります。

2 普通株式の自己株式の株式数の増加3,400,000株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加であります。

      3 普通株式の自己株式の株式数の減少64,900株は、新株予約権の権利行使による減少であります。

 

2.新株予約権および自己新株予約権に関する事項

 

区分

新株予約権の内訳

新株予約権の
目的となる
株式の種類

新株予約権の目的となる株式の数(株)

当連結会計
年度末残高
(百万円)

当連結会計
年度期首

当連結会計
年度増加

当連結会計
年度減少

当連結会計
年度末

提出会社
(親会社)

有償ストック・オプション(注)1、2

普通株式

982,500

510,000

1,492,500

24

連結子会社

0

合計

982,500

510,000

1,492,500

25

 

(注)1 有償ストック・オプションの増加510,000株は、有償ストック・オプションの発行によるものです。

2 有償ストック・オプションのうち510,000株は権利行使期間の初日が到来しておりません。

 

3.配当に関する事項

(1)配当金支払額

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成27年8月5日
定時株主総会

普通株式

827

15

平成27年5月20日

平成27年8月6日

平成27年12月15日
取締役会

普通株式

778

15

平成27年11月20日

平成28年1月22日

 

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

配当の原資

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

平成28年8月3日
定時株主総会

普通株式

934

利益剰余金

18

平成28年5月20日

平成28年8月4日

 

 

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

1.発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項

 

 

当連結会計年度期首
株式数(株)

当連結会計年度
増加株式数(株)

当連結会計年度
減少株式数(株)

当連結会計年度末
株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

55,259,400

55,259,400

合計

55,259,400

55,259,400

自己株式

 

 

 

 

普通株式(注)

3,364,559

1,000,000

4,364,559

合計

3,364,559

1,000,000

4,364,559

 

 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加1,000,000株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加であります。

 

2.新株予約権および自己新株予約権に関する事項

 

区分

新株予約権の内訳

新株予約権の
目的となる
株式の種類

新株予約権の目的となる株式の数(株)

当連結会計
年度末残高
(百万円)

当連結会計
年度期首

当連結会計
年度増加

当連結会計
年度減少

当連結会計
年度末

提出会社
(親会社)

有償ストック・オプション

(注)1、2、3

普通株式

1,492,500

510,000

633,600

1,368,900

15

連結子会社

1

合計

1,492,500

510,000

633,600

1,368,900

17

 

(注)1 有償ストック・オプションの増加510,000株は、有償ストック・オプションの発行によるものです。

2 有償ストック・オプションの減少633,600株は、権利失効によるものです。

3 有償ストック・オプションのうち465,900株は権利行使期間の初日が到来しておりません。

 

3.配当に関する事項

(1)配当金支払額

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成28年8月3日
定時株主総会

普通株式

934

18

平成28年5月20日

平成28年8月4日

平成28年12月14日
取締役会

普通株式

925

18

平成28年11月20日

平成29年1月23日

 

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

次のとおり、決議を予定しております。

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

配当の原資

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

平成29年8月3日
定時株主総会

普通株式

916

利益剰余金

18

平成29年5月20日

平成29年8月4日

 

 

 

(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

現金及び預金勘定

28,826

百万円

47,059

百万円

現金及び現金同等物

28,826

 

47,059

 

 

 

 2 重要な非資金取引の内容

(1)資産除去債務に関するもの

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

資産除去債務

247

百万円

299

百万円

 

 

(2)ファイナンス・リース取引に係る資産および債務の額

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

ファイナンス・リース取引に係る
資産および債務の額

56

百万円

19

百万円

 

 

 

※3 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産および負債の主な内訳

 前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

株式の取得により新たに株式会社エコ配を連結したことに伴う連結開始時の資産および負債の内訳ならびに株式会社エコ配の取得価額と株式会社エコ配取得のための支出(純額)との関係は以下のとおりであります。

 

流動資産

1,069

百万円

固定資産

105

 

流動負債

△845

 

固定負債

△1

 

のれん

1,443

 

非支配株主持分

△103

 

支配獲得前の既取得価額

△90

 

段階取得に係る差損

72

 

株式会社エコ配の取得価額

1,650

 

株式会社エコ配の現金及び現金同等物

△559

 

差引:株式会社エコ配取得のための支出

1,090

 

 

 

また、その他当連結会計年度において株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産および負債の金額は、重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

 当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

該当事項はありません。

 

 

(リース取引関係)

(借主側)

1.ファイナンス・リース取引

所有権移転外ファイナンス・リース取引

(1)リース資産の内容

① 有形固定資産

機械装置及び運搬具、その他(工具、器具及び備品)であります。 

② 無形固定資産

ソフトウエアであります。

(2)リース資産の減価償却の方法

連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。

 

2.オペレーティング・リース取引

オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料

(単位:百万円) 

 

前連結会計年度
(平成28年5月20日)

当連結会計年度
(平成29年5月20日)

1年内

3,765

5,880

1年超

15,446

20,430

合計

19,212

26,310

 

 

 

(金融商品関係)

1.金融商品の状況に関する事項

(1)金融商品に対する取組方針

当社グループは、余剰資金の運用については安全性を最優先とし、元本割れリスクの伴う投機的な取引は行わない方針でおります。

 

(2)金融商品の内容および当該金融商品に係るリスク

 営業債権である受取手形及び売掛金および未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。未収消費税等は、1年以内の還付予定であります。投資有価証券は主に株式であり、定期的に発行体の財務状況等を把握することにより、発行体の信用リスク低減に努めております。差入保証金については、主に物流センター等の賃貸借契約に伴うものであり、契約先の信用リスクに晒されております。

営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務、未払金および未払法人税等ならびに未払消費税等は、1年以内の支払期日であります。短期借入金は、連結子会社における運転資金の調達を目的としたものであり、長期借入金は、当社においては、主に将来の成長資金の確保を目的としたものであり、連結子会社においては、主に運転資金および設備投資に係る資金の調達を目的としたものであります。短期借入金は、1年以内の支払期日であります。連結子会社の長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)の一部は変動金利であるため金利の変動リスクに晒されております。ファイナンス・リースに係るリース債務は、設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。

 

(3)金融商品に係るリスク管理体制

① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理

受取手形及び売掛金は、新規取引先発生時に顧客の信用状況について調査し、必要に応じて保証金を取得するなどの措置を講じております。また、売上債権管理規程に従い、主管部門が主要な取引先の状況をモニタリングし、取引先別の期日管理および残高管理を行うことによりリスク軽減を図っております。

差入保証金は、主要な契約先の状況を定期的に把握し、財政状態等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を行っております。

② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

当社は、外貨建の営業金銭債務等に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的に為替予約取引を利用しております。また、連結子会社の長期借入金の一部は変動金利であるため金利の変動リスクに晒されておりますが、金利スワップ取引を利用してヘッジしております。当該デリバティブ取引に係るリスク管理は、為替管理規程、デリバティブ管理規程等により当社および連結子会社の財務部門がそれぞれ実施しております。

③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

当社および連結子会社の財務部門が資金繰計画を作成・更新し、手許流動性の維持などにより、流動性リスクを管理しております。

 

 

2.金融商品の時価等に関する事項

連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。

 

前連結会計年度(平成28年5月20日)

 

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

時価
(百万円)

差額
(百万円)

(1)現金及び預金

28,826

28,826

(2)受取手形及び売掛金

36,704

36,704

(3)未収入金

8,469

8,469

(4)未収消費税等

604

604

(5)差入保証金

3,307

3,305

△2

資産計

77,912

77,910

△2

(1)支払手形及び買掛金

42,202

42,202

(2)電子記録債務

15,616

15,616

(3)短期借入金

615

615

(4)未払金

6,971

6,971

(5)未払法人税等

2,142

2,142

(6)未払消費税等

192

192

(7)長期借入金

6,750

6,763

12

(8)リース債務

6,495

6,774

278

負債計

80,987

81,278

290

 

 

当連結会計年度(平成29年5月20日)

 

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

時価
(百万円)

差額
(百万円)

(1)現金及び預金

47,059

47,059

(2)受取手形及び売掛金

39,173

39,173

(3)未収入金

5,365

5,365

(4)未収消費税等

33

33

(5)差入保証金

3,871

3,868

△3

資産計

95,505

95,502

△3

(1)支払手形及び買掛金

40,330

40,330

(2)電子記録債務

21,146

21,146

(3)短期借入金

200

200

(4)未払金

7,193

7,193

(5)未払法人税等

1,709

1,709

(6)未払消費税等

956

956

(7)長期借入金

17,963

17,848

△115

(8)リース債務

4,591

4,694

102

負債計

94,092

94,079

△12

 

 

(注)1.金融商品の時価の算定方法

資 産

(1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)未収入金および(4)未収消費税等

これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。

(5)差入保証金

その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な利率で割り引いた現在価値等により算定しております。

 

負 債

(1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)短期借入金、(4)未払金、(5)未払法人税等および(6)未払消費税等

これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。

(7)長期借入金

時価については、変動金利によるものは、短期間で市場金利に基づいて利率を見直しており、借入を行っている当社グループの信用状況は借入実行後から大きく異なっていないため、時価は帳簿価額に近似していると考えられることから、当該帳簿価額によっております。固定金利によるものは、元金利の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。

なお、長期借入金には1年内返済予定の長期借入金が含まれております。

(8)リース債務

時価については、元金利の合計額を、新規に同様の借入またはリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。

 

2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

 

 

(単位:百万円)

区分

前連結会計年度
(平成28年5月20日)

当連結会計年度
(平成29年5月20日)

取引保証金等

399

453

非上場株式等

2,899

2,499

 

差入保証金のうち、取引保証金等は返済時期を見積ることができず、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記表中には含めておりません。また、非上場株式および非上場社債等の有価証券および投資有価証券については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記表中には含めておりません。

前連結会計年度において、非上場株式について43百万円の減損処理を行っております。

当連結会計年度において、非上場株式について10百万円の減損処理を行っております。

 

 

3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額および金銭債務の返済予定額

前連結会計年度(平成28年5月20日)

 

区分

1年以内
(百万円)

1年超
2年以内
(百万円)

2年超
3年以内
(百万円)

3年超
4年以内
(百万円)

4年超
5年以内
(百万円)

5年超
(百万円)

(1)現金及び預金

28,826

(2)受取手形及び売掛金

36,704

(3)未収入金

8,469

(4)未収消費税等

604

(5)差入保証金

280

45

105

309

718

1,847

金銭債権計

74,885

45

105

309

718

1,847

(1)支払手形及び買掛金

42,202

(2)電子記録債務

15,616

(3)短期借入金

615

(4)未払金

6,971

(5)未払法人税等

2,142

(6)未払消費税等

192

(7)長期借入金

1,680

1,557

1,499

1,800

212

(8)リース債務

867

859

805

780

3,182

金銭債務計

69,421

2,424

2,359

2,606

993

3,182

 

 

当連結会計年度(平成29年5月20日)

 

区分

1年以内
(百万円)

1年超
2年以内
(百万円)

2年超
3年以内
(百万円)

3年超
4年以内
(百万円)

4年超
5年以内
(百万円)

5年超
(百万円)

(1)現金及び預金

47,059

(2)受取手形及び売掛金

39,173

(3)未収入金

5,365

(4)未収消費税等

33

(5)差入保証金

312

451

718

483

1,905

金銭債権計

91,945

451

718

483

1,905

(1)支払手形及び買掛金

40,330

(2)電子記録債務

21,146

(3)短期借入金

200

(4)未払金

7,193

(5)未払法人税等

1,709

(6)未払消費税等

956

(7)長期借入金

1,762

1,709

2,009

322

12,160

(8)リース債務

694

637

609

543

2,107

金銭債務計

73,299

2,403

2,647

931

12,703

2,107

 

 

 

(有価証券関係)

1.その他有価証券

前連結会計年度(平成28年5月20日)

 すべて市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式等であります。

区分

連結貸借対照表計上額
(百万円)

その他有価証券

 

 非上場株式

1,638

  非上場債券

1,260

 その他

0

 

 

当連結会計年度(平成29年5月20日)

 すべて市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式等であります。

区分

連結貸借対照表計上額
(百万円)

その他有価証券

 

 非上場株式

1,608

  非上場債券

890

 その他

1

 

 

2.連結会計年度中に売却したその他有価証券

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

区分

売却額
(百万円)

売却益の合計額
(百万円)

売却損の合計額
(百万円)

 株式

497

292

1

合計

497

292

1

 

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

   該当事項はありません。

 

3.減損処理を行った有価証券

前連結会計年度(自 平成27年5月21日 至 平成28年5月20日)

   当連結会計年度において、非上場株式について43百万円の減損処理を行っております。

 

当連結会計年度(自 平成28年5月21日 至 平成29年5月20日)

   当連結会計年度において、非上場株式について10百万円の減損処理を行っております。

 

(デリバティブ取引関係)

重要性がないため、記載を省略しております。

 

 

(退職給付関係)

1.採用している退職給付制度の概要

当社グループは、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。

 

2.確定給付制度

(1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

退職給付債務の期首残高

2,084

百万円

2,304

百万円

 勤務費用

289

 

594

 

 利息費用

11

 

6

 

 数理計算上の差異の発生額

60

 

15

 

 退職給付の支払額

△141

 

△89

 

退職給付債務の期末残高

2,304

 

2,832

 

 

 

(2)退職給付債務および年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債および退職給付に係る資産の調整表

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度
(平成28年5月20日)

当連結会計年度
(平成29年5月20日)

積立型制度の退職給付債務

百万円

百万円

年金資産

 

 

 

 

 

非積立型制度の退職給付債務

2,304

 

2,832

 

連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額

2,304

 

2,832

 

 

 

 

 

 

退職給付に係る負債

2,304

 

2,832

 

連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額

2,304

 

2,832

 

 

 

(3)退職給付費用およびその内訳項目の金額

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

勤務費用

289

百万円

594

百万円

利息費用

11

 

6

 

数理計算上の差異の費用処理額

24

 

37

 

確定給付制度に係る退職給付費用

325

 

638

 

 

 

 

(4)退職給付に係る調整額

退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

数理計算上の差異

△35

百万円

21

百万円

合計

△35

 

21

 

 

 

(5)退職給付に係る調整累計額

退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度
(平成28年5月20日)

当連結会計年度
(平成29年5月20日)

未認識数理計算上の差異

△129

百万円

△107

百万円

合計

△129

 

△107

 

 

 

(6)数理計算上の計算基礎に関する事項

主要な数理計算上の計算基礎

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度
(平成28年5月20日)

当連結会計年度
(平成29年5月20日)

割引率

0.3

0.3

予想昇給率

3.4

3.5

 

 

 

(ストック・オプション等関係)

提出会社

1.権利不行使による失効により利益として計上した金額

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年5月21日

至 平成28年5月20日)

当連結会計年度

(自 平成28年5月21日

至 平成29年5月20日)

新株予約権戻入益(特別利益)

21

11

 

 

2.ストック・オプションの内容、規模およびその変動状況

(1)ストック・オプションの内容

 

 

平成26年5月期

平成27年5月期

平成28年5月期

平成29年5月期

付与対象者の
区分別人数

取締役       9名

監査役       4名

従業員      176名

子会社取締役  6名

子会社監査役  2名

子会社従業員  36名

取締役       5名

監査役       3名

従業員      106名

子会社取締役  4名

子会社従業員  24名

取締役       4名

監査役       2名

 従業員    93名

子会社取締役  9名

子会社従業員  93名

取締役       6名

監査役       2名

従業員      140名

子会社取締役  7名

子会社監査役  1名

子会社従業員  46名

ストック・オプションの数

(注)1

普通株式

540,000株

普通株式

442,500株

普通株式

510,000株

普通株式

510,000株

付与日

平成25年12月20日

平成26年12月19日

平成28年1月6日

平成29年2月15日

権利確定条件

(注)2

(注)3

(注)4

(注)5

対象勤務期間

権利行使期間

自 平成26年8月1日
至 平成32年12月19日

自 平成27年8月1日
至 平成32年12月19日

自 平成28年8月1日
至 平成34年1月5日

自 平成30年9月3日
至 平成36年2月14日

権利行使条件

(注)2

(注)3

(注)4

(注)5

 

(注)1 株式数に換算して記載しております。

2 権利確定および行使の条件は以下のとおりです。

① 新株予約権者は、平成26年5月期から平成29年5月期までのいずれかの期のEBITDA(当社の有価証券報告書に記載された連結損益計算書における営業利益に、連結キャッシュ・フロー計算書に記載された減価償却費、のれん償却額およびソフトウエア償却費を加算した額をいい、以下同様とする。なお、連結財務諸表を作成していない場合、それぞれ損益計算書およびキャッシュ・フロー計算書とする。)が下記a乃至dに掲げる各金額を超過した場合、各新株予約権者に割り当てられた新株予約権のうち、それぞれ定められた割合(以下、「行使可能割合」という。)の合計の個数を当該EBITDAの水準を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の末日までに行使することができるものとします。なお、行使可能な新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とします。

a.EBITDAが130億円を超過した場合

行使可能割合:40%

b.EBITDAが145億円を超過した場合

行使可能割合:20%

c.EBITDAが160億円を超過した場合

行使可能割合:20%

d.EBITDAが275億円を超過した場合

行使可能割合:20%

② 上記①におけるEBITDAの判定において、適用される会計基準の変更等により参照すべきEBITDAの計算に用いる各指標の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標および数値を取締役会にて定めるものとします。

③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人がこれを行使することができるものとします。この場合、相続人はその全員が共同して、相続開始後速やかに新株予約権を承継する者(以下、「権利承継者」という。)およびその代表者(以下、「承継者代表者」という。)を、当社所定の書面により届出るものとし、権利承継者が新株予約権を行使しようとするときは、承継者代表者が権利承継者を代表して、除籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の同意書等当社所定の書類を添付の上、行使しなければならないものとします。

④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとします。

⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできないものとします。

3 権利確定および行使の条件は以下のとおりです。

① 新株予約権者は、平成27年5月期から平成29年5月期までのいずれかの期のEBITDA(当社の有価証券報告書に記載された連結損益計算書における営業利益に、連結キャッシュ・フロー計算書に記載された減価償却費、のれん償却額およびソフトウエア償却費を加算した額をいい、以下同様とする。なお、連結財務諸表を作成していない場合、それぞれ損益計算書およびキャッシュ・フロー計算書とする。)が下記a乃至dに掲げる各金額を超過した場合、各新株予約権者に割り当てられた新株予約権のうち、それぞれ定められた割合(以下、「行使可能割合」という。)の合計の個数を当該EBITDAの水準を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の末日までに行使することができるものとします。なお、行使可能な新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とします。

a.EBITDAが130億円を超過した場合

行使可能割合:40%

b.EBITDAが145億円を超過した場合

行使可能割合:20%

c.EBITDAが160億円を超過した場合

行使可能割合:20%

d.EBITDAが275億円を超過した場合

行使可能割合:20%

② 上記①におけるEBITDAの判定において、適用される会計基準の変更等により参照すべきEBITDAの計算に用いる各指標の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標および数値を取締役会にて定めるものとします。

③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人がこれを行使することができるものとします。この場合、相続人はその全員が共同して、相続開始後速やかに新株予約権を承継する者(以下、「権利承継者」という。)およびその代表者(以下、「承継者代表者」という。)を、当社所定の書面により届出るものとし、権利承継者が新株予約権を行使しようとするときは、承継者代表者が権利承継者を代表して、除籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の同意書等当社所定の書類を添付の上、行使しなければならないものとします。

④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとします。

⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできないものとします。

4 権利確定および行使の条件は以下のとおりです。

① 新株予約権者は、平成28年5月期から平成32年5月期までのいずれかの期のEBITDA(当社の有価証券報告書に記載された連結損益計算書における営業利益に、連結キャッシュ・フロー計算書に記載された減価償却費、のれん償却額およびソフトウエア償却費を加算した額をいい、以下同様とする。なお、連結財務諸表を作成していない場合、それぞれ損益計算書およびキャッシュ・フロー計算書とする。)が下記a乃至cに掲げる各金額を超過した場合、各新株予約権者に割り当てられた新株予約権のうち、それぞれ定められた割合(以下、「行使可能割合」という。)の合計の個数を当該EBITDAの水準を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の末日までに行使することができるものとします。なお、行使可能な新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とします。

a.EBITDAが145億円を超過した場合

行使可能割合:60%

b.EBITDAが160億円を超過した場合

行使可能割合:20%

c.EBITDAが275億円を超過した場合

行使可能割合:20%

② 上記①におけるEBITDAの判定において、適用される会計基準の変更等により参照すべきEBITDAの計算に用いる各指標の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標および数値を取締役会にて定めるものとします。

③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人がこれを行使することができるものとします。この場合、相続人はその全員が共同して、相続開始後速やかに新株予約権を承継する者(以下、「権利承継者」という。)およびその代表者(以下、「承継者代表者」という。)を、当社所定の書面により届出るものとし、権利承継者が新株予約権を行使しようとするときは、承継者代表者が権利承継者を代表して、除籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の同意書等当社所定の書類を添付の上、行使しなければならないものとします。

④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとします。

⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできないものとします。

 

5 権利確定および行使の条件は以下のとおりです。

① ①新株予約権者は、平成30年5月期から平成33年5月期までのいずれかの期において、当社が下記(a)および(b)に掲げる条件を同時に達成することができた場合に限り、当該条件を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌々月第1営業日から権利行使期間の末日までの期間において本新株予約権を行使することができます。

a.EBITDAが145億円を超過していること

b.BtoC事業に係る売上高が1,000億円を超過していること

② 上記①におけるEBITDAの判定においては、当社の有価証券報告書に記載された連結損益計算書における営業利益に、連結キャッシュ・フロー計算書に記載された減価償却費、のれん償却額およびソフトウェア償却費を加算した金額を参照するものとし、連結財務諸表を作成していない場合、それぞれ損益計算書およびキャッシュ・フロー計算書とします。また、BtoC事業に係る売上高の判定においては、当社の有価証券報告書の「事業の状況 業績等の概要 業績」のeコマース事業セグメント内に記載されたBtoC事業の売上高を参照するものとします。なお、適用される会計基準の変更およびセグメントの変更等により参照すべき各指標の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標および数値を取締役会にて定めるものとします。

③ 新株予約権者が死亡した場合、相続人がこれを行使することができるものとします。この場合、相続人はその全員が共同して、相続開始後速やかに新株予約権を承継する者(以下、「権利承継者」という。)およびその代表者(以下、「承継者代表者」という。)を、当社所定の書面により届出るものとし、権利承継者が新株予約権を行使しようとするときは、承継者代表者が権利承継者を代表して、除籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の同意書等当社所定の書類を添付の上、行使しなければならないものとします。

④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該新株予約権を行使することはできないものとします。

⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできないものとします。

 

(2)ストック・オプションの規模およびその変動状況

当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。

① ストック・オプションの数

 

 

平成26年5月期

平成27年5月期

平成28年5月期

平成29年5月期

付与日

平成25年12月20日

平成26年12月19日

平成28年1月6日

平成29年2月15日

権利確定前     (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

540,000

442,500

510,000

付与

510,000

失効

324,000

265,500

44,100

権利確定

216,000

177,000

未確定残

510,000

465,900

権利確定後    (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

権利確定

216,000

177,000

権利行使

失効

未行使残

216,000

177,000

 

 

 

② 単価情報

 

 

 

平成26年5月期

平成27年5月期

平成28年5月期

平成29年5月期

付与日

 

平成25年12月20日

平成26年12月19日

平成28年1月6日

平成29年2月15日

権利行使価格

(円)

2,983

2,425

4,460

3,930

権利行使時の
平均株価

(円)

公正な評価単価
(付与日)  

(円)

33

2

11

5

 

 

(3) ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

  当連結会計年度において付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。

   ①使用した評価技法

 

一般的なオプション価格算定モデルであるモンテカルロ・シミュレーションによって第三者評価機関が算出した評価結果を参考に、当該評価結果を上回る金額として当社が決定しております。

 

 

②使用した主な基礎数値および見積方法

 

平成29年5月期

株価変動性     (注)1

42.07%

予想残存期間    (注)2

7年

予想配当      (注)3

33円/株

無リスク利子率   (注)4

△0.049%

 

(注)1 付与日より予想残存期間に対応した期間分遡った株価実績に基づき算定しております。

   2 付与日から権利行使期間満了日までの期間であります。

   3 平成28年5月期の配当実績に基づいております。

   4 予想残存期間に対応する国債の利回りであります。

 

(4) ストック・オプションの権利確定数の見積方法

将来の失効数の合理的な見積りが困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。

 

 

連結子会社 株式会社アルファパーチェス

ストック・オプションの内容、規模およびその変動状況

(1)ストック・オプションの内容

 

 

平成23年5月期

平成23年5月期

平成23年5月期

平成24年5月期

付与対象者の
区分別人数

取締役    3名

監査役    1名

従業員    74名

従業員   1名

従業員   1名

従業員   11名

ストック・オプションの数

(注)1

普通株式

796株

普通株式

95株

普通株式

90株

普通株式

38株

付与日

平成22年12月11日

平成22年12月11日

平成22年12月11日

平成23年10月27日

権利確定条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

対象勤務期間

自 平成22年12月11日
至 平成24年12月11日

自 平成22年12月11日
至 平成24年12月11日

自 平成22年12月11日
至 平成24年12月11日

自 平成23年10月27日
至 平成24年12月11日

権利行使期間

自 平成24年12月12日
至 平成32年12月10日

自 平成24年12月12日
至 平成32年12月10日

自 平成24年12月12日
至 平成32年12月10日

自 平成24年12月12日
至 平成32年12月10日

権利行使条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

 

 

 

平成25年5月期

平成25年5月期

平成26年5月期

平成26年5月期

付与対象者の
区分別人数

取締役  2名

従業員   18名

取締役   2名

従業員  9名

取締役   3名

従業員   19名

従業員  3名

ストック・オプションの数

(注)1

普通株式

132株

普通株式

56株

普通株式

86株

普通株式

8株

付与日

平成24年4月17日

平成25年2月21日

平成25年5月22日

平成26年3月18日

権利確定条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

対象勤務期間

自 平成24年4月17日
至 平成26年3月30日

自 平成25年2月21日
至 平成26年3月30日

自 平成25年5月22日
至 平成27年3月27日

自 平成26年3月18日
至 平成27年3月27日

権利行使期間

自 平成26年3月31日
至 平成34年3月29日

自 平成26年3月31日
至 平成34年3月29日

自 平成27年3月28日
至 平成35年3月26日

自 平成27年3月28日
至 平成35年3月26日

権利行使条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

 

 

 

平成27年5月期

平成27年5月期

平成28年5月期

平成28年5月期

付与対象者の
区分別人数

取締役   1名

従業員    17名

取締役      1名

従業員     1名

子会社取締役 1名

親会社取締役  2名

親会社従業員  3名

取締役       3名

従業員      15名

子会社従業員  1名

従業員     13名

子会社従業員 1名

ストック・オプションの数

(注)1

普通株式

108株

普通株式

280株

普通株式

121株

普通株式

46株

付与日

平成26年4月19日

平成26年4月19日

平成27年4月18日

平成28年3月15日

権利確定条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

対象勤務期間

自 平成26年4月19日
至 平成28年3月28日

自 平成27年4月18日
至 平成29年3月26日

自 平成28年3月15日
至 平成29年3月26日

権利行使期間

自 平成28年3月29日
至 平成36年3月28日

自 平成26年4月19日
至 平成31年10月18日

自 平成29年3月27日
至 平成37年3月26日

自 平成29年3月27日
至 平成37年3月26日

権利行使条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

 

 

 

 

平成29年5月期

平成29年5月期

平成29年5月期

平成29年5月期

付与対象者の
区分別人数

従業員    1名

子会社取締役 1名

従業員     25名

子会社取締役 1名

子会社従業員 3名

取締役   1名 

取締役   1名

ストック・オプションの数

(注)1

普通株式
97株

普通株式
345株

普通株式
193株

普通株式
160株

付与日

平成28年8月25日

平成28年8月25日

平成28年8月25日

平成28年12月29日

権利確定条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

対象勤務期間

自 平成28年8月25日
至 平成30年8月24日

自 平成28年8月25日
至 平成30年8月24日

自 平成28年12月29日
至 平成30年8月24日

権利行使期間

自 平成30年8月25日
至 平成38年3月30日

自 平成30年8月25日
至 平成36年2月24日

自 平成28年8月25日
至 平成32年2月24日

自 平成30年8月25日
至 平成38年3月30日

権利行使条件

(注)2

(注)2

(注)2

(注)2

 

(注)1 株式数に換算して記載しております。

2 新株予約権者は、権利行使時において、当社および子会社の取締役、監査役もしくは従業員(従業員に準ずる継続的契約関係にある者を含む。)の地位にあることを要します。ただし、取締役、監査役が任期満了により退任した場合、定年退職または会社都合により退職した場合(懲戒解雇による場合は除く。)にはこの限りではありません。その他の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約書に定めるところによるものとします。

 

(2)ストック・オプションの規模およびその変動状況

当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。

① ストック・オプションの数

 

 

平成23年5月期

平成23年5月期

平成23年5月期

平成24年5月期

付与日

平成22年12月11日

平成22年12月11日

平成22年12月11日

平成23年10月27日

権利確定前    (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

付与

失効

権利確定

未確定残

権利確定後   (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

489

95

90

22

権利確定

権利行使

失効

64

95

90

7

未行使残

425

15

 

 

 

 

平成25年5月期

平成25年5月期

平成26年5月期

平成26年5月期

付与日

平成24年4月17日

平成25年2月21日

平成25年5月22日

平成26年3月18日

権利確定前    (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

付与

失効

権利確定

未確定残

権利確定後   (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

118

52

81

8

権利確定

権利行使

失効

26

14

23

4

未行使残

92

38

58

4

 

 

 

平成27年5月期

平成27年5月期

平成28年5月期

平成28年5月期

付与日

平成26年4月19日

平成26年4月19日

平成27年4月18日

平成28年3月15日

権利確定前    (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

280

119

46

付与

失効

24

23

権利確定

95

23

未確定残

280

権利確定後   (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

104

権利確定

95

23

権利行使

失効

76

未行使残

28

95

23

 

 

 

 

平成29年5月期

平成29年5月期

平成29年5月期

平成29年5月期

付与日

平成28年8月25日

平成28年8月25日

平成28年8月25日

平成28年12月29日

権利確定前    (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

付与

97

345

193

160

失効

30

権利確定

未確定残

97

315

193

160

権利確定後   (株)

 

 

 

 

前連結会計年度末残

権利確定

権利行使

失効

未行使残

 

 

② 単価情報

 

 

 

平成23年5月期

平成23年5月期

平成23年5月期

平成24年5月期

付与日

 

平成22年12月11日

平成22年12月11日

平成22年12月11日

平成23年10月27日

権利行使価格

(円)

80,000

363,953

470,000

80,000

公正な評価単価
(付与日)

(円)

0

0

0

0

 

 

 

 

平成25年5月期

平成25年5月期

平成26年5月期

平成26年5月期

付与日

 

平成24年4月17日

平成25年2月21日

平成25年5月22日

平成26年3月18日

権利行使価格

(円)

80,000

80,000

80,000

80,000

公正な評価単価
(付与日)

(円)

0

0

0

0

 

 

 

 

平成27年5月期

平成27年5月期

平成28年5月期

平成28年5月期

付与日

 

平成26年4月19日

平成26年4月19日

平成27年4月18日

平成28年3月15日

権利行使価格

(円)

141,980

141,980

141,980

141,980

公正な評価単価
(付与日)

(円)

0

2,485

0

0

 

 

 

 

平成29年5月期

平成29年5月期

平成29年5月期

平成29年5月期

付与日

 

平成28年8月25日

平成28年8月25日

平成28年8月25日

平成28年12月29日

権利行使価格

(円)

190,070

190,070

190,070

190,070

公正な評価単価
(付与日)

(円)

0

3,436

779

0

 

 

 

(3)ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

連結子会社株式会社アルファパーチェスのストック・オプションについては、未公開企業であるため、主として本源的価値の見積りによっております。当該本源的価値の見積りの基礎となる株式の評価方法は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法に基づいた方法によっております。なお、算定した株式の評価額が権利行使価格以下となるため、付与時点の単位当たりの本源的価値は主として零となり、ストック・オプションの公正な評価単価も主として零と算定しております。

 

連結子会社 株式会社アルファパーチェス

自社株式オプションの内容、規模およびその変動状況

(1)自社株式オプションの内容

 

 

平成27年5月期
自社株式オプション

付与対象者の区分別人数

元取締役 1名

自社株式オプションの数(注)

普通株式

20株

付与日

平成26年4月19日

権利確定条件