有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社グループでは、衣料品販売を主たる事業とし、雑貨販売も展開しており、それぞれ包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
 当社グループは業態別のセグメントから構成されており、商品形態及び経済的特徴を考慮した上で集約し、「衣料事業」及び「雑貨事業」の2つを報告セグメントとしております。これらは、各々について分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
 「衣料事業」は、衣料品等の小売(仕入販売)を行っております。「雑貨事業」は、日用雑貨品等の小売(仕入販売)を行っております。

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。セグメント内の内部収益及び振替高は市場価格に基づいております。
 なお、当社では報告セグメントに資産及び負債を配分しておりません。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成24年3月1日  至  平成25年2月28日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

合計

調整額
(注)2

連結財務諸表計上額
(注)3

衣料事業

雑貨事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

74,190

18,098

92,288

190

92,479

-

92,479

  セグメント間の内部売上高
  又は振替高

-

-

-

142

142

142

-

74,190

18,098

92,288

332

92,621

142

92,479

セグメント利益又は損失(△)

5,687

1,859

7,547

4

7,551

2

7,549

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 減価償却費

999

215

1,215

1

1,216

-

1,216

 

(注) 1.「その他」に含まれる事業は、人材派遣業等であります。

 2.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去額△2百万円であります。

 3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自  平成25年3月1日  至  平成26年2月28日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

合計

調整額
(注)2

連結財務諸表計上額
(注)3

衣料事業

雑貨事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

78,970

20,895

99,865

168

100,033

100,033

  セグメント間の内部売上高
  又は振替高

143

143

143

78,970

20,895

99,865

311

100,176

143

100,033

セグメント利益又は損失(△)

4,735

1,231

5,966

6

5,973

4

5,969

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 減価償却費

1,157

290

1,448

1

1,449

1,449

 

(注) 1.「その他」に含まれる事業は、人材派遣業等であります。

 2.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去額△4百万円であります。

 3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成24年3月1日 至 平成25年2月28日)

1  製品及びサービスごとの情報

    セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

    本邦以外の外部顧客への売上高が連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。

(2) 有形固定資産

    本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

3  主要な顧客ごとの情報

  外部顧客ごとの売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)

1  製品及びサービスごとの情報

    セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

    本邦以外の外部顧客への売上高が連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。

(2) 有形固定資産

    本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

3  主要な顧客ごとの情報

  外部顧客ごとの売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成24年3月1日 至 平成25年2月28日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他
 

合計

調整額
 

連結財務諸表計上額

衣料事業

雑貨事業

減損損失

195

35

231

-

231

-

231

 

 

当連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他
 

合計

調整額
 

連結財務諸表計上額

衣料事業

雑貨事業

減損損失

404

18

422

422

422

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成24年3月1日 至 平成25年2月28日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財務諸表計上額

衣料事業

雑貨事業

(のれん)

 

 

 

 

 

 

 

当期償却額

-

-

-

-

-

-

-

当期末残高

-

-

-

-

-

-

-

(負ののれん)

 

 

 

 

 

 

 

当期償却額

32

-

32

-

32

-

32

当期末残高

41

-

41

-

41

-

41

 

 

当連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財務諸表計上額

衣料事業

雑貨事業

(のれん)

 

 

 

 

 

 

 

当期償却額

当期末残高

(負ののれん)

 

 

 

 

 

 

 

当期償却額

32

32

32

32

当期末残高

9

9

9

9

 

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成24年3月1日 至 平成25年2月28日)

当連結会計年度において、452百万円の負ののれん発生益を計上しております。これは、衣料事業において子会社が自己株式の取得を行ったことによるものです。

 

当連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

 関連当事者との取引

  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

   連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

  前連結会計年度(自 平成24年3月1日 至 平成25年2月28日)

 該当事項はありません。

  当連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)

種類

会社等の名称
又は氏名

所在地

資本金又は出資金
(百万円)

事業の内容又は職業

議決権の所有(被所有)割合%

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高(百万円)

役員

井上英隆

当社代表取締役会長

(被所有)
直接2.36

第三者割当増資払込(注)

15

 

(注) ジェネラル株式会社が行った第三者割当増資を1株につき50,000円で引き受けたものであります。

 

 

 

(1株当たり情報)

 

項目

前連結会計年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

当連結会計年度

(自 平成25年3月1日

至 平成26年2月28日)

1株当たり純資産額

1,335円25銭

1,420円58銭

1株当たり当期純利益金額

199円86銭

132円31銭

 

(注) 1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2 当社は、平成25年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額は、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。

3 算定上の基礎

 (1) 1株当たり純資産額

項目

前連結会計年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

当連結会計年度

(自 平成25年3月1日

至 平成26年2月28日)

連結貸借対照表の純資産の部の合計額(百万円)

31,624

33,231

普通株式に係る純資産額(百万円)

29,371

31,247

差額の主な内訳(百万円)

 

 

 少数株主持分

2,253

1,984

普通株式の発行済株式数(株)

23,136,000

23,136,000

普通株式の自己株式数(株)

1,139,322

1,139,898

1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)

21,996,678

21,966,102

 

 

 (2) 1株当たり当期純利益金額

項目

前連結会計年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

当連結会計年度

(自 平成25年3月1日

至 平成26年2月28日)

連結損益計算書上の当期純利益(百万円)

4,396

2,910

普通株式に係る当期純利益(百万円)

4,396

2,910

普通株式の期中平均株式数(株)

21,996,804

21,996,311

 

 

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 





出典: 株式会社パルグループホールディングス、2014-02-28 期 有価証券報告書