有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

 

回次

第14期

第15期

第16期

第17期

第18期

決算年月

平成25年4月

平成26年4月

平成27年4月

平成28年4月

平成29年4月

売上高

(千円)

9,966,003

10,066,212

10,357,972

10,597,584

10,787,009

経常利益

(千円)

609,018

531,411

560,292

628,458

553,215

当期純利益

(千円)

323,903

262,507

270,692

327,048

187,237

持分法を適用した場合
の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

673,341

673,341

673,341

673,341

673,341

発行済株式総数

(株)

2,046,600

2,046,600

2,046,600

4,093,200

4,093,200

純資産額

(千円)

3,999,414

4,213,160

4,433,455

4,694,234

4,737,254

総資産額

(千円)

7,177,863

7,253,021

7,079,414

7,129,214

7,062,741

1株当たり純資産額

(円)

1,962.39

2,067.29

1,087.72

1,151.71

1,174.07

1株当たり配当額
(内1株当たり中間配当額)

(円)

 

25.00

 

25.00

 

15.00

 

15.00

 

17.00

( 10.00)

(  10.00)

5.00)

( 7.50)

( 8.50)

1株当たり当期純利益金額

(円)

158.92

128.80

64.40

80.24

46.12

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

55.7

58.1

62.6

65.8

67.1

自己資本利益率

(%)

8.4

6.4

6.3

7.2

4.0

株価収益率

(倍)

15.4

18.9

21.9

23.5

46.7

配当性向

(%)

15.7

19.4

22.6

18.7

34.8

営業活動による
キャッシュ・フロ−

(千円)

612,771

1,016,901

886,625

874,378

974,769

投資活動による
キャッシュ・フロ−

(千円)

162,709

655,359

427,984

665,563

387,609

財務活動による
キャッシュ・フロ−

(千円)

536,764

577,576

663,697

455,847

432,321

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,006,029

1,789,996

1,584,938

1,337,906

1,492,744

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

275

266

271

270

262

(779)

(799)

(828)

(846)

(841)

 

 

(注) 1 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、「連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移」については記載しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4 第14期、第15期、第16期、第17期及び第18期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は準社員(パ−ト・アルバイト)の年間の平均人員(1人当たり1日8時間換算)を記載しております。

6 平成27年11月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。第16期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

2 【沿革】

1 当社の前身及び形式上の存続会社に係る沿革

当社は、パチンコパーラーなどの運営を行っている東和産業株式会社よりフードサービス部門の営業を譲受け、平成11年5月に東和フードサービス株式会社として営業活動を開始しております。

東和産業株式会社のフードサービス事業は、昭和49年6月にカフェ事業を開始したのを皮切りに昭和58年3月に若者をターゲットとしたカジュアルレストラン「ダッキーダック」の第1号店を開店、平成5年4月に現在の「スパゲッティ食堂ドナ」の第1号店を開店し、フードサービス事業を拡大しております。

同社は、フードサービス事業のさらなる拡大に向け同事業を分離することとし、平成10年7月に休業状態にあった形式上の受皿会社である株式会社イー・エム・シー(昭和56年7月10日設立)の全発行済株式を取得し、商号を東和フードサービス株式会社に変更したうえで、フードサービス事業の営業譲渡を実施し、当社は平成11年5月1日に営業活動を開始しております。

 


 

2 (参考情報)当社の前身である東和産業株式会社に係る沿革

昭和49年5月
昭和49年6月

東和産業株式会社を設立
「コーヒーハウス」第1号店を銀座に開店

昭和51年9月

「ぱすたかん」第1号店を開店

昭和54年11月
 

東京都墨田区に「両国工場」を新設、セントラルキッチンとケーキ・ファクトリーにおける製造を開始

昭和58年3月

「ダッキーダック」第1号店を開店

昭和59年3月

駅ビルへの初出店となる「ダッキーダック」松戸店を開店

昭和61年3月
 

東京都江東区に「深川センター」を新設、セントラルキッチンとケーキ・ファクトリーの一貫生産体制を確立

平成5年4月

「スパゲッティ屋ダッキーダック」第1号店を渋谷に開店

平成8年4月

高級喫茶店「銀座七丁目椿屋珈琲店」を銀座に開店

 

 

 

3 当社が営業を開始した以降の沿革

平成11年5月

東和産業株式会社のフードサービス部門の営業譲受により、当社が営業を開始

平成12年11月

「スパゲッティ屋ダッキーダック」から「スパゲッティ屋ドナ」に屋号を変更・統一

平成14年2月
 

横浜市戸塚区にセントラルキッチン「戸塚カミサリー」を新設し、ソース及びドレッシングの自社生産力強化とスパゲッティ生麺の本格的自社生産体制を確立

平成14年6月

業容拡大につき、本社事務所を東京都中央区銀座二丁目に移転

平成16年7月

日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録

平成16年8月
 

東京都千代田区に自社ビルを建設し、「ダッキーダック日比谷店」および「椿屋珈琲店日比谷離れ」を開設

平成16年12月

株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成21年7月

本社事務所を東京都港区新橋三丁目に移転

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

 

 

 

3 【事業の内容】

当社は、「味覚とサービスを通して都会生活に安全で楽しい食の場を提供する」という経営理念のもと、「あったら楽しい」、「手の届く贅沢」をコンセプトとして、「東京圏ベストロケーション」「ライトフード」「女性ターゲット」という方針に基づいた営業活動を行っております。

そして、「カフェカンパニー」(「椿屋珈琲グループ」と「ダッキーダック」)、及び「ダイニングカンパニー」(「イタリアンダイニングドナ」と「創作お好み焼き・鉄板焼き ぱすたかん・こてがえし」)を1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)において展開しております。

当社の展開する店舗は全て直営店であり、フランチャイズ展開は行っておりません。各業態の特徴は下記のとおりであります。

なお、当社は、フードサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

部門

特徴

店舗数

 

椿屋珈琲グループ

椿屋珈琲店

最高立地、最高級家具、食器を取り揃え「古き良き時代、大正ロマン」を感じさせる内装・雰囲気の中で、その時代にマッチしたユニフォーム、ブラウス、サロン、カチューシャを身につけ、ホスピタリティ溢れる落ち着いた上品な接客のもと、自社焙煎のスペシャルティ珈琲、手作りケーキ、特製カレーをゆっくり嗜んでいただく、脱日常・時空間を提供しております。

椿屋カフェ・椿屋茶房

ターミナルショッピングセンターのファッションフロア等、幅広い客層(ファミリー等)に対応する良質のフードメニュー(ソース・生麺、全て自社生産で原則無添加)で親切な接客でおもてなししております。

41店

 

ダッキーダックグループ

幅広い年代の女性をターゲットとし、自社ケーキ工房や店内ケーキスタジオで作られるフレッシュなケーキ、トレンドを押さえた野菜豊富なフードメニューを提供しております。

27店

 

カフェカンパニー計

68店

 

イタリアンダイニング ドナグループ

お酒を楽しめる「イタリアンダイニング」として、開放感あふれる内外装、リーズナブルな価格でお楽しみ頂けるワインと一品料理に美味しい自社製の生パスタとピッツァ。1人でも、カップル・グループでも楽しんでいただける店舗として、お楽しみいただいております。

26店

 

ぱすたかん・こてがえしグループ

創作お好み焼き・鉄板焼きを中心に、厳選された食材を使用し、時には手品等エンターテイメントのある元気な接客でおもてなししております。ハレの日にファミリーの方々を中心に、お酒やソフトドリンクで心ゆくまでお楽しみいただいております。

16店

 

その他

外食事業としてのソース・焙煎珈琲豆・ドレッシング・ケーキ・焼き菓子など自社製品の外販等を行っております。

「プロント」をフランチャイジーとして8店舗運営しております。

8店

 

ダイニングカンパニー計

50店

合  計  店  舗  数

118店

 

(注) 店舗数は平成29年4月30日現在で記載しております。

 

 


 

 

4 【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

当社は、フードサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

平成29年4月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

262(841)

33.8

8.3

4,656,102

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は最近1年間の平均雇用人数(1日8時間換算)を(  )内に外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

現在、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は良好であります。

 





出典: 東和フードサービス株式会社、2017-04-30 期 有価証券報告書