有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2 監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)および当連結会計年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)の連結財務諸表ならびに前事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)および当事業年度(平成20年3月1日から平成21年2月28日まで)の財務諸表について、あずさ監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
 
 
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
649,167
 
 
650,949
 
2 コールローン
 
 
23,500
 
 
10,000
 
3 受取手形及び売掛金
 
 
128,852
 
 
116,902
 
4 営業貸付金
 
 
75,741
 
 
78,042
 
5 有価証券 
 
 
94,524
 
 
94,824
 
6 たな卸資産
 
 
169,026
 
 
169,534
 
7 前払費用
 
 
33,298
 
 
28,584
 
8 繰延税金資産
 
 
35,730
 
 
28,656
 
9 その他
※2
 
147,563
 
 
223,928
 
  貸倒引当金
 
 
△2,987
 
 
△4,321
 
流動資産合計
 
 
1,354,417
34.8
 
1,397,102
37.5
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物及び構築物
※2
1,395,648
 
 
1,357,752
 
 
減価償却累計額
 
△846,864
548,784
 
△846,806
510,945
 
(2)器具備品
※2
475,244
 
 
454,793
 
 
減価償却累計額
 
△301,471
173,772
 
△308,618
146,174
 
(3)車両運搬具
 
305
 
 
319
 
 
減価償却累計額
 
△160
145
 
△183
136
 
(4)土地
※2
 
561,204
 
 
525,022
 
(5)建設仮勘定
 
 
53,234
 
 
40,147
 
有形固定資産合計
 
 
1,337,142
34.4
 
1,222,427
32.8
2 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 (1)のれん
 
 
360,348
 
 
318,945
 
(2)ソフトウェア
 
 
41,247
 
 
37,674
 
(3)その他
※2
 
64,251
 
 
65,026
 
無形固定資産合計
 
 
465,847
12.0
 
421,647
11.3
3 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
※1,2
 
160,094
 
 
140,149
 
(2)長期貸付金
 
 
15,177
 
 
14,270
 
(3)前払年金費用
 
 
12,727
 
 
16,486
 
(4)長期差入保証金
※2
 
460,951
 
 
442,416
 
(5)建設協力立替金
 
 
11,489
 
 
13,298
 
(6)繰延税金資産
 
 
28,114
 
 
22,966
 
(7)その他
 
 
48,985
 
 
46,405
 
   貸倒引当金
 
 
△8,575
 
 
△10,291
 
投資その他の資産合計
 
 
728,964
18.8
 
685,701
18.4
固定資産合計
 
 
2,531,954
65.2
 
2,329,776
62.5
Ⅲ 繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
 1 創立費
 
 
308
 
 
182
 
  繰延資産合計
 
 
308
0.0
 
182
0.0
資産合計
 
 
3,886,680
100.0
 
3,727,060
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 支払手形及び買掛金
 
 
215,896
 
 
194,283
 
2 加盟店買掛金
 
 
105,505
 
 
103,500
 
3 短期借入金
※2
 
149,861
 
 
191,100
 
4 一年内返済予定の
  長期借入金
※2
 
120,419
 
 
103,352
 
5 一年内償還予定の社債
 
 
16,217
 
 
50,592
 
6 未払法人税等
 
 
44,773
 
 
53,311
 
7 未払費用
 
 
84,605
 
 
78,622
 
8 預り金
 
 
87,205
 
 
120,038
 
9 販売促進引当金 
 
 
21,188
 
 
16,601
 
10 賞与引当金
 
 
16,109
 
 
15,705
 
11 役員賞与引当金
 
 
326
 
 
292
 
12 商品券回収損引当金 
 
 
6,899
 
 
6,024
 
13  銀行業における預金 
 
 
142,205
 
 
165,712
 
14 その他
※2
 
166,280
 
 
155,791
 
流動負債合計
 
 
1,177,493
30.3
 
1,254,927
33.7
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 社債
 
 
131,077
 
 
180,448
 
2 長期借入金
※2
 
321,336
 
 
249,685
 
3 コマーシャル・ペーパー
 
 
11,777
 
 
18,688
 
4 繰延税金負債
 
 
62,017
 
 
44,094
 
5 退職給付引当金
 
 
4,347
 
 
3,510
 
6 役員退職慰労引当金
 
 
4,032
 
 
3,480
 
7 長期預り金
※2
 
61,534
 
 
60,276
 
8 その他
※2
 
55,023
 
 
51,274
 
固定負債合計
 
 
651,147
16.7
 
611,459
16.4
負債合計
 
 
1,828,641
47.0
 
1,866,387
50.1
 
 
 
 
 
 
 
 
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
50,000
 
 
50,000
 
2 資本剰余金
 
 
731,621
 
 
576,074
 
3 利益剰余金
 
 
1,205,042
 
 
1,246,165
 
4 自己株式
 
 
△6,815
 
 
△9,277
 
  株主資本合計
 
 
1,979,848
51.0
 
1,862,962
50.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券   評価差額金
 
 
3,885
 
 
247
 
2 繰延ヘッジ損益
 
 
△676
 
 
△622
 
3 為替換算調整勘定
 
 
1,961
 
 
△77,398
 
  評価・換算差額等合計
 
 
5,170
0.1
 
△77,773
△2.1
Ⅲ 新株予約権
 
 
 
391
0.0
Ⅳ 少数株主持分
 
 
73,020
1.9
 
75,092
2.0
純資産合計
 
 
2,058,038
53.0
 
1,860,672
49.9
負債純資産合計
 
 
3,886,680
100.0
 
3,727,060
100.0
               
②【連結損益計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
5,223,832
100.0
 
5,094,757
100.0
Ⅱ 売上原価
※1
 
3,863,847
74.0
 
3,789,598
74.4
売上総利益
 
 
1,359,984
26.0
 
1,305,158
25.6
Ⅲ その他の営業収入
※2
 
528,560
10.2
 
555,191
10.9
営業総利益
 
 
1,888,545
36.2
 
1,860,350
36.5
Ⅳ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1 宣伝装飾費
 
115,789
 
 
106,575
 
 
2 従業員給与・賞与
 
439,713
 
 
423,866
 
 
3 賞与引当金繰入額
 
16,065
 
 
15,645
 
 
4 退職給付費用
 
8,895
 
 
11,249
 
 
5 法定福利・厚生費
 
50,834
 
 
50,213
 
 
6 地代家賃
 
244,575
 
 
254,337
 
 
7 減価償却費
 
136,110
 
 
131,813
 
 
8 水道光熱費
 
100,124
 
 
105,417
 
 
9 店舗管理・修繕費
 
79,781
 
 
73,101
 
 
10 その他
 
415,566
1,607,457
30.8
406,264
1,578,484
31.0
営業利益
 
 
281,088
5.4
 
281,865
5.5
Ⅴ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
5,392
 
 
6,282
 
 
2 受取配当金
 
1,038
 
 
766
 
 
3 持分法による投資利益
 
1,072
 
 
 
 
4 その他
 
5,866
13,371
0.2
6,053
13,102
0.3
Ⅵ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
10,901
 
 
8,470
 
 
2 社債利息
 
764
 
 
1,843
 
 
3 持分法による投資損失
 
 
 
667
 
 
4 為替差損
 
2,244
 
 
955
 
 
5 その他
 
2,286
16,196
0.3
3,725
15,661
0.3
経常利益
 
 
278,262
5.3
 
279,306
5.5
Ⅶ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却益
※3
7,128
 
 
5,330
 
 
2 子会社株式売却益
 
2,620
 
 
 
 
3 米国連邦物品税還付額
 
4,035
 
 
 
 
4 持分変動利益
 
5,016
 
 
 
 
5 受贈益 
※4
1,600
 
 
 
 
6 その他
 
1,952
22,352
0.5
872
6,202
0.1

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅷ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産廃棄損
※5
8,480
 
 
6,185
 
 
2 減損損失
※6
20,030
 
 
39,372
 
 
3 投資有価証券売却損
 
17,942
 
 
85
 
 
4 投資有価証券評価損
 
11,122
 
 
11,354
 
 
5 商品券回収損引当金
繰入額
 
7,085
 
 
 
 
6 人事制度改訂に伴う割増退職金等
 
 
 
3,076
 
 
7 その他
 
8,512
73,173
1.4
10,318
70,393
1.4
税金等調整前当期純利益
 
 
227,441
4.4
 
215,115
4.2
法人税、住民税及び  事業税
 
109,461
 
 
111,231
 
 
法人税等調整額
 
△21,222
88,238
1.7
2,626
113,857
2.2
少数株主利益
 
 
8,545
0.2
 
8,920
0.2
当期純利益
 
 
130,657
2.5
 
92,336
1.8
 
 
 
 
 
 
 
 
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年2月28日残高(百万円)
50,000
766,185
1,124,892
△41,309
1,899,768
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△50,536
 
△50,536
当期純利益
 
 
130,657
 
130,657
自己株式の取得
 
 
 
△76
△76
自己株式の処分
 
2
 
5
8
自己株式の消却
 
△34,565
 
34,565
米国子会社の米国会計基準適用に伴う増加高
 
 
27
 
27
その他
 
 
 
△1
△1
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△34,563
80,149
34,493
80,079
平成20年2月29日残高(百万円)
50,000
731,621
1,205,042
△6,815
1,979,848
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
繰延ヘッジ
損益
為替換算
調整勘定
評価・換算
差額等合計
平成19年2月28日残高(百万円)
△2,100
△370
9,500
7,029
62,350
1,969,149
連結会計年度中の変動額
           
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△50,536
当期純利益
 
 
 
 
 
130,657
自己株式の取得
 
 
 
 
 
△76
自己株式の処分
 
 
 
 
 
8
自己株式の消却
 
 
 
 
 
米国子会社の米国会計基準適用に伴う増加高
 
 
 
 
 
27
その他
 
 
 
 
 
△1
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
5,985
△305
△7,538
△1,859
10,669
8,810
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
5,985
△305
△7,538
△1,859
10,669
88,889
平成20年2月29日残高(百万円)
3,885
△676
1,961
5,170
73,020
2,058,038
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成20年2月29日残高(百万円)
50,000
731,621
1,205,042
△6,815
1,979,848
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△51,091
 
△51,091
当期純利益
 
 
92,336
 
92,336
自己株式の取得
 
 
 
△158,018
△158,018
自己株式の処分
 
△0
 
37
36
自己株式の消却
 
△155,546
 
155,546
米国子会社の米国会計基準適用に伴う増加高
 
 
△121
 
△121
その他
 
 
 
△26
△26
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△155,547
41,123
△2,461
△116,885
平成21年2月28日残高(百万円)
50,000
576,074
1,246,165
△9,277
1,862,962
 
評価・換算差額等
新株予約権 
少数株主持分
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
繰延ヘッジ
損益
為替換算
調整勘定
評価・換算
差額等合計
平成20年2月29日残高(百万円)
3,885
△676
1,961
5,170
73,020
2,058,038
連結会計年度中の変動額
             
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△51,091
当期純利益
 
 
 
 
 
 
92,336
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△158,018
自己株式の処分
 
 
 
 
 
 
36
自己株式の消却
 
 
 
 
 
 
米国子会社の米国会計基準適用に伴う増加高
 
 
 
 
 
 
△121
その他
 
 
 
 
 
 
△26
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△3,637
54
△79,360
△82,943
391
2,071
△80,480
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△3,637
54
△79,360
△82,943
391
2,071
△197,366
平成21年2月28日残高(百万円)
247
△622
△77,398
△77,773
391
75,092
1,860,672
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
税金等調整前当期純利益
 
227,441
215,115
減価償却費
 
143,642
140,529
減損損失
 
20,030
39,372
賞与引当金の増加又は減少(△)額
 
984
△404
前払年金費用の増加額
 
△6,701
△3,655
受取利息及び受取配当金
 
△6,431
△7,048
支払利息及び社債利息
 
11,665
10,313
為替差損益
 
789
1,505
持分法による投資利益(△)又は損失
 
△1,072
667
固定資産売却益
 
△7,128
△5,330
固定資産廃棄損
 
8,480
6,185
子会社株式売却益
 
△2,620
持分変動利益 
 
△5,016
投資有価証券売却損 
 
17,942
85
投資有価証券評価損 
 
11,122
11,354
売上債権の増加(△)又は減少額
 
△333
9,241
営業貸付金の増加額
 
△3,167
△2,301
たな卸資産の増加(△)又は減少額
 
1,463
△8,565
仕入債務の増加又は減少(△)額
 
5,191
△14,455
銀行業における借入金の増加額
 
4,000
銀行業における社債の償還による支出
 
△15,000
銀行業における預金の純増減
 
36,037
23,506
銀行業におけるコールローンの純増減
 
107,800
13,500
銀行業におけるコールマネーの純増減
 
12,300
ATM未決済資金の純増減
 
△38,217
その他
 
16,269
26,335
小計
 
576,391
419,033
利息及び配当金の受取額
 
4,474
4,780
利息の支払額
 
△11,576
△10,076
法人税等の支払額
 
△103,909
△103,730
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
465,380
310,007

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
有形固定資産の取得による支出
 
△177,357
△147,431
有形固定資産の売却による収入
 
20,213
27,286
無形固定資産の取得による支出
 
△16,842
△12,183
投資有価証券の取得による支出
 
△454,543
△260,770
投資有価証券の売却及び償還による収入
 
449,104
260,488
子会社株式等の取得による支出
 
△420
連結範囲の変更を伴う子会社株式等の
取得による支出
※2
△7,108
連結範囲の変更を伴う子会社株式の
取得による収入
※2
2,360
貸付金の貸付による支出
 
△637
△539
貸付金の回収による収入
 
2,087
1,070
差入保証金及び建設協力立替金の差入れ
による支出
 
△29,757
△25,622
差入保証金の返還等による収入
 
30,924
33,290
預り保証金の預りによる収入
 
5,535
2,813
預り保証金の返還による支出
 
△3,449
△3,757
定期預金の預入による支出 
 
△28,353
△29,107
譲渡性預金の預入による支出 
 
△42,000
△106,000
定期預金の払戻による収入
 
30,892
譲渡性預金の払戻による収入
 
96,000
その他
 
13,058
△5,997
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△237,184
△139,568
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
短期借入金の純増減額
 
△39,231
38,239
長期借入れによる収入
 
65,869
27,600
長期借入金の返済による支出
 
△67,354
△116,570
コマーシャル・ペーパー発行による収入
 
715,519
596,066
コマーシャル・ペーパー償還による支出
 
△725,063
△599,704
社債の発行による収入
 
99,616
社債の償還による支出
 
△30,390
△1,217
配当金の支払額
 
△50,498
△51,046
少数株主からの払込による収入
 
435
371
少数株主への配当金の支払額 
 
△3,240
△4,363
自己株式の取得による支出
 
△158,122
自己株式の売却による収入
 
8
36
子会社による子会社自己株式売却による収入 
 
7,134
その他
 
△3,324
△660
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△130,136
△169,755
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
△422
△4,969
Ⅴ 現金及び現金同等物の増加又は減少(△)額
 
97,636
△4,286
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
570,133
667,770
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
※1
667,770
663,483
 
 
 
 
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1 連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数   84社
主要な連結子会社の名称
株式会社セブン−イレブン・ジャパン
株式会社イトーヨーカ堂
株式会社ミレニアムリテイリング
株式会社そごう
株式会社西武百貨店
株式会社セブン&アイ・フード
システムズ
株式会社ヨークベニマル
   株式会社セブン銀行
7-Eleven,Inc.
 当連結会計年度において、株式の追加取得により、当社の持分法を適用した関連会社であった株式会社ロフトを連結の範囲に含めております。また、株式会社セブン・キャッシュワークスおよび株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループの2社を設立し、さらに、株式会社赤ちゃん本舗および株式会社藤越の株式取得により、それぞれの子会社も含め、連結子会社が10社増加しております。
 一方、株式会社セブン&アイ・フードシステムズが株式会社デニーズジャパン、株式会社ファミール、ヨーク物産株式会社の3社を吸収合併し、また、株式会社ヨークベニマルが、株式会社スーパーカドヤを吸収合併したことにより、連結子会社が4社減少し、清算した在外連結子会社2社と合わせて6社が連結子会社に該当しなくなっております。 
(1)連結子会社の数   83社
主要な連結子会社の名称
株式会社セブン−イレブン・ジャパン
株式会社イトーヨーカ堂
株式会社ミレニアムリテイリング
株式会社そごう
株式会社西武百貨店
株式会社セブン&アイ・フード
システムズ
株式会社ヨークベニマル
   株式会社セブン銀行
7-Eleven,Inc.
 セブン−イレブン中国有限公司、株式会社セブン&アイ・ネットメディア並びに株式会社セブンカルチャーネットワークを新たに設立したことにより、3社を連結の範囲に含めております。
 一方、株式会社藤越が同社の子会社4社を吸収合併したことにより連結子会社が減少しております。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(2)非連結子会社名
7-Eleven Limited
連結の範囲から除いた理由
 非連結子会社は、小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等はいずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
(2)非連結子会社名
7-Eleven Limited
連結の範囲から除いた理由
同左
 
 
(追加情報)
開示対象特別目的会社の概要、開示対象特別目的会社を利用した取引の概要及び開示対象特別目的会社との取引金額等については、「開示対象特別目的会社関係」として記載しております。
なお、当連結会計年度より、「一定の特別目的会社に係る開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第15号 平成19年3月29日)を適用しております。
2 持分法の適用に関する事項
(1)持分法を適用した非連結子会社の数   
0社
(1)持分法を適用した非連結子会社の数   
0社
 
(2)持分法を適用した関連会社の数
13社
主要な会社等の名称
プライムデリカ株式会社
  株式会社赤ちゃん本舗の株式取得に伴い、持分法を適用する関連会社が4社増加しましたが、その内、3社は当連結会計年度において株式を売却したこと等により減少しております。また、新たに設立された株式会社日テレ7に出資をし、持分法を適用する関連会社に加えております。
 なお、当連結会計年度において、株式の追加取得により、株式会社ロフトは持分法を適用した関連会社から連結子会社へ異動しております。
(2)持分法を適用した関連会社の数
13社
主要な会社等の名称
プライムデリカ株式会社
 
(3)持分法を適用しない非連結子会社の名称
7-Eleven Limited
持分法を適用しない理由
 持分法非適用会社は、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等が連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用から除外しております。
(3)持分法を適用しない非連結子会社の名称
7-Eleven Limited
持分法を適用しない理由
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(4)持分法の適用の手続きについて特に記載する必要があると認められる事項
① 持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、当該会社の事業年度に係る財務諸表を使用しております。
② 債務超過会社に対する持分額は、当該会社に対する貸付金を考慮して、貸付金の一部を消去しております。
(4)持分法の適用の手続きについて特に記載する必要があると認められる事項
同左
3 連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結財務諸表作成にあたり、12月31日が決算日の連結子会社は、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
 なお、当連結会計年度より連結子会社となった株式会社赤ちゃん本舗は12月31日から2月末日への決算期の変更を行っております。それに伴い、当連結会計年度においては連結対象となった7月以降12月末までの6ヶ月分に加え、決算期変更の2ヶ月分と合わせて8ヶ月分の損益を取り込んでおります。
 3月31日が決算日の連結子会社は、連結決算日現在で実施した正規の決算に準ずる合理的な手続きによって作成された財務諸表を使用しております。
 連結財務諸表作成にあたり、12月31日決算日の連結子会社は、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
 3月31日が決算日の連結子会社は、連結決算日現在で実施した正規の決算に準ずる合理的な手続きによって作成された財務諸表を使用しております。
  
 
 
 
4 会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券
 
a 満期保有目的の債券
償却原価法(定額法)
a 満期保有目的の債券
同左
 
b その他の有価証券
時価のあるもの
 連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
b その他の有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
 主として移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
 
② デリバティブ
時価法
② デリバティブ
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
③ たな卸資産
a 商品
 国内連結子会社は主として売価還元法による低価法により、在外連結子会社は主として後入先出法による低価法により評価しております。
③ たな卸資産
a 商品
同左
 
b 貯蔵品
最終仕入原価法による原価法
b 貯蔵品
 主として最終仕入原価法による原価法
 
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
 当社および国内連結子会社(百貨店事業を除く)は定率法により、百貨店事業は主として定額法により、在外連結子会社は定額法によっております。
(会計方針の変更)
 当連結会計年度から、法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)および(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 これによる損益への影響は軽微であります。 
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
同左
 
 
 
(追加情報)
 国内連結子会社は、法人税法改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これによる損益への影響は軽微であります。
 
② 無形固定資産
 国内連結子会社は定額法によっております。ただし、自社利用のソフトウェアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
② 無形固定資産
同左
 
(3)重要な繰延資産の処理方法
創立費
 5年間(定額)で償却しております。但し、金額的に重要性がない場合は、支出時に費用として計上しております。
(3)重要な繰延資産の処理方法
創立費
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(4)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権は貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(4)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
同左
 
② 販売促進引当金
 販売促進を目的とするポイントカード制度に基づき、顧客へ付与したポイントの利用に備えるため当連結会計年度末において、将来利用されると見込まれる額を計上しております。なお、百貨店事業では、将来のお買物券発行費用発生に備えるため当連結会計年度末におけるポイント残高に対する将来のお買物券発行見積額のうち費用負担となる原価相当額を計上しております。
② 販売促進引当金
同左
 
③ 商品券回収損引当金 
 一部の連結子会社が発行している商品券の未回収分について、一定期間経過後収益に計上したものに対する将来の回収に備えるため、過去の実績に基づく将来の回収見込額を計上しております。
(会計方針の変更)
 一部の連結子会社は、従来、当該会社が発行した商品券について、一定期間経過後負債計上を中止し収益計上してまいりましたが、当連結会計年度において「租税特別措置法上の準備金及び特別法上の引当金又は準備金並びに役員退職慰労引当金等に関する監査上の取り扱い」(日本公認会計士協会 平成19年4月13日 監査・保証実務委員会報告第42号)が公表され、「負債計上を中止した項目に係る引当金」の考え方が整理されたことに伴い、収益計上後の回収により発生する損失に備えるため、商品券回収損引当金を計上する方法に変更しております。
 なお、この変更により7,085百万円を「商品券回収損引当金繰入額」として特別損失に計上し、税金等調整前当期純利益は同額減少しております。
③ 商品券回収損引当金 
 一部の連結子会社が発行している商品券の未回収分について、一定期間経過後収益に計上したものに対する将来の回収に備えるため、過去の実績に基づく将来の回収見込額を計上しております。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
④ 賞与引当金
 従業員に対する賞与支給のため、支給見込額基準による算出額を計上しております。
④ 賞与引当金
同左
 
⑤ 役員賞与引当金
 役員に対する賞与支給のため、支給見込額を計上しております。
⑤ 役員賞与引当金
同左
 
⑥ 退職給付引当金(前払年金費用)
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき計上しております。当連結会計年度末については、年金資産見込額が退職給付債務見込額に未認識数理計算上の差異を加減した額を超過しているため、超過額を前払年金費用に計上しております。また、一部の国内連結子会社および米国連結子会社においては退職給付引当金を計上しております。
 なお、数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により翌連結会計年度から償却処理をすることとしております。また、過去勤務債務については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として5年)による定額法により費用処理しております。
⑥ 退職給付引当金(前払年金費用)
同左
 
⑦ 役員退職慰労引当金
 一部の連結子会社は、役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づいて算定した期末要支給額を計上しております。
(追加情報)
 当社は、役員の退職慰労金について内規に基づく必要額を役員退職慰労引当金に計上しておりましたが、役員退職慰労金制度を廃止し、全額支給いたしました。また、一部の連結子会社は、役員退職慰労金制度を廃止し、退任時に支給することとしております。
⑦ 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づいて算定した期末要支給額を計上しております。
 なお、当社および一部の連結子会社は、役員退職慰労引当金制度を廃止し、一部の連結子会社は退任時に支給することとしております。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(5)連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
 外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
 在外子会社等の資産および負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益および費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部の少数株主持分および為替換算調整勘定に含めております。
(5)連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
同左
 
(6)重要なリース取引の処理方法
 当社および国内連結子会社は、リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、在外連結子会社については、主として通常の売買取引に準じた会計処理によっております。
(6)重要なリース取引の処理方法
同左
 
(7)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
 原則として、繰延ヘッジ処理によっております。特例処理の要件を満たしている金利スワップは特例処理によっております。
(7)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
同左
 
② ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段……金利スワップ
ヘッジ対象……借入金
② ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
 
③ ヘッジ方針
 金利等の相場変動リスクの軽減、資金調達コストの低減、または、将来のキャッシュ・フローを最適化する為にデリバティブ取引を行っております。短期的な売買差益の獲得や投機を目的とするデリバティブ取引は行わない方針であります。
③ ヘッジ方針
同左
 
④ ヘッジ有効性評価の方法
 ヘッジ対象の相場変動とヘッジ手段の相場変動を四半期毎に比較し、両者の変動額を基礎にして、ヘッジの有効性を評価することとしております。特例処理によっているスワップは、有効性の判定を省略しております。
④ ヘッジ有効性評価の方法
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
 
(8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
① コンビニエンスストア事業におけるフランチャイズに係る会計処理
 米国連結子会社の7-Eleven,Inc.は、フランチャイジーのコンビニエンスストア事業に係る資産、負債、純資産および損益を同社の財務諸表に含めて認識しております。
 また株式会社セブン−イレブン・ジャパンは、フランチャイジーからのチャージ収入を営業収入として認識しております。
(8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
① コンビニエンスストア事業におけるフランチャイズに係る会計処理
同左
 
② 消費税等の会計処理方法
 当社および国内連結子会社は、消費税等の会計処理について税抜方式を採用しております。北米の連結子会社は、売上税について売上高に含める会計処理を採用しております。
② 消費税等の会計処理方法
同左
5 連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産および負債の評価方法は、部分時価評価法によっております。
同左
6 のれん及び負ののれんの償却に関する事項 
 のれん及び負ののれんは、主として20年間で均等償却しております。ただし、米国連結子会社は、米国財務会計基準審議会基準書第142号(のれん及び他の無形資産)を適用して減損の判定を実施し、減損が発生している場合には帳簿価額を減額することとしております。また、金額が僅少な場合には、発生時にその全額を償却しております。
 なお、持分法の適用にあたり、発生した投資差額についても、上記と同様の方法を採用しております。
同左
7 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、要求払預金および取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
(企業結合に係る会計基準等) 
 当社および国内連結子会社は、当連結会計年度から、「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)および「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月27日 企業会計基準第7号)ならびに「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準委員会 最終改正平成18年12月22日 企業会計基準適用指針第10号)を適用しております。
 連結財務諸表規則の改正による連結財務諸表の表示に関する変更は以下のとおりであります。 
(連結貸借対照表)
 「連結調整勘定」は当連結会計年度から「のれん」に含めて表示しております。 
——————
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
(連結貸借対照表)  
前連結会計年度において「現金及び預金」に含めて表示しておりました譲渡性預金は、「金融商品会計に関する実務指針」(会計制度委員会報告第14号 最終改正 平成19年7月4日)、及び「金融商品会計に関するQ&A」(日本公認会計士協会会計制度委員会 最終改正 平成19年11月6日)が改正されたことに伴い、当連結会計年度より「有価証券」に含めて表示しております。当連結会計年度において「有価証券」に含まれている譲渡性預金は94,500百万円であります。
なお、前連結会計年度の「現金及び預金」に含まれる譲渡性預金の金額は72,000百万円であります。
——————
(連結キャッシュ・フロー計算書)  
1.投資活動によるキャッシュ・フローの「定期預金の預入による支出」は前連結会計年度まで「その他」に含めて表示しておりましたが、重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記しております。
なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「定期預金の預入による支出」は、3,256百万円であります。
2.財務活動によるキャッシュ・フローの「少数株主への配当金の支払額」は前連結会計年度まで「その他」に含めて表示しておりましたが、重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記しております。
なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「少数株主への配当金の支払額」は、30百万円であります。
(連結キャッシュ・フロー計算書)  
  営業活動によるキャッシュ・フローの「ATM未決済資金の純増減」は前連結会計年度まで「その他」に含めて表示しておりましたが、重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記しております。
なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「ATM未決済資金の純増減」は△6,070百万円であります。
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
※1 非連結子会社および関連会社に対するものは次のとおりであります。
※1 非連結子会社および関連会社に対するものは次のとおりであります。
投資有価証券(株式)
6,073百万円
投資有価証券(株式)
     6,563百万円
※2 担保資産
※2 担保資産
その他の流動資産
2,274百万円
建物及び構築物
61,594百万円
器具備品
790百万円
土地
102,902百万円
その他の無形固定資産
10,355百万円
投資有価証券
64,473百万円
長期差入保証金
4,606百万円
246,998百万円
建物及び構築物
      38,592百万円
器具備品
625百万円
土地
      66,901百万円
その他の無形固定資産
      10,151百万円
投資有価証券
      59,020百万円
長期差入保証金
     4,451百万円
    179,743 百万円
上記担保資産に対応する債務
上記担保資産に対応する債務 
短期借入金
2,569百万円
長期借入金
214,565百万円
(1年以内返済予定額を含む)
 
長期未払金
1,216百万円
長期預り金 
188百万円
コールマネー
短期借入金              
    7,300百万円
3,000百万円
長期借入金
   138,877百万円
(1年以内返済予定額を含む)
 
長期未払金
    1,105 百万円
長期預り金 
  171 百万円
 この他、建物1,020百万円と土地2,032百万円を関連会社および取引先の借入金3,985百万円の担保に供しております。
 また、為替決済取引の担保として、投資有価証券  27,525百万円、宅地建物取引業に伴う供託として投資有価証券34百万円、保証金25百万円、信託受益権販売業に伴う供託として投資有価証券9百万円、割賦販売法に基づく供託として保証金1,877百万円を差し入れております。
 その他、前払式証票の規制等に関する法律等に基づき、投資有価証券580百万円、保証金259百万円を担保に供しております。
 この他、建物945百万円と土地2,032百万円を関連会社および取引先の借入金3,985百万円の担保に供しております。
 また、為替決済取引の担保として、投資有価証券27,572百万円、宅地建物取引業に伴う供託として投資有価証券34百万円、保証金25百万円、割賦販売法に基づく供託として保証金1,670百万円を差し入れております。
 その他、前払式証票の規制等に関する法律等に基づき、投資有価証券580百万円、保証金329百万円を担保に供しております。
 3 偶発債務
 連結子会社以外の会社および従業員の金融機関からの借入金に対する債務保証は次のとおりであります。
 3 偶発債務
 連結子会社以外の会社および従業員の金融機関からの借入金に対する債務保証は次のとおりであります。
五所川原街づくり株式会社
336百万円
従業員
908百万円
1,244百万円
五所川原街づくり株式会社
   261百万円
従業員
   724百万円
    985百万円
 
 

 

前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
──────
 4 貸出コミットメント 
 株式会社アイワイ・カード・サービスは、クレジットカード業務に附帯するキャッシング業務等を行っております。当該業務における貸出コミットメントに係る貸出未実行残高は次のとおりであります。 
貸出コミットメント総額    
490,862百万円
貸出実行残高
19,538百万円
差引額 
471,323百万円
 なお、上記差引額の多くは、融資実行されずに終了されるものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも同社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。また、顧客の信用状況の変化その他相当の事由がある場合には、同社は融資の中止又は利用限度額の減額をすることができます。
 4 その他
(1)店舗不動産の証券化について
 株式会社西武百貨店は、店舗の土地、借地権および建物の一部について、不動産信託を設定し、当該信託受益権を特別目的会社に売却しております。一方、特別目的会社との間に匿名組合契約を締結し、匿名組合出資をするとともに、信託受託者から当該物件を賃借しております。当該出資金は、匿名組合契約により、他の匿名組合員および匿名組合員以外の第三者に対する一切の債務に劣後しております。
 店舗、出資金額、特別目的会社の内容は下記のとおりです。
 
店舗
出資金額
(百万円)
特別目的会社
名称
決算期
直前決算期末総資産
(百万円)
1
池袋店
5,850 
有限会社
アセット
イケセイ
7月
124,866 
 
(2)株式会社セブン銀行の所有する国債について
 当社の連結子会社である株式会社セブン銀行は、為替決済取引や日本銀行当座貸越取引の担保目的で国債を所有しております。これらの国債は償還期間が1年内ではありますが、実質的に拘束性があるため連結貸借対照表上では、投資有価証券に含めて表示しております。
 
 5 その他
(1)店舗不動産の証券化について
 特別目的会社の概要等につきましては、「開示対象特別目的会社関係」の注記に記載しております。
 
(2)株式会社セブン銀行の所有する国債について
同左
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
※1 売上原価のうち商品のたな卸高は低価法による評価減3,476百万円を行った後の金額によって計上されています。
※1 売上原価のうち商品のたな卸高は低価法による評価減5,367百万円を行った後の金額によって計上されています。
※2 株式会社セブン−イレブン・ジャパンの加盟店からの収入369,466百万円は、その他の営業収入に含まれております。この収入の対象となる加盟店売上高は2,421,352百万円であります。
※2 株式会社セブン−イレブン・ジャパンの加盟店からの収入394,863百万円は、その他の営業収入に含まれております。この収入の対象となる加盟店売上高は2,621,567百万円であります。
※3 固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
※3 固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
建物及び構築物
4,091百万円
土地
2,168百万円
その他
868百万円
7,128百万円
 
 ※4 受贈益は金銭による受贈であります。
建物及び構築物
     1,613百万円
土地
     3,540百万円
その他
   176百万円
     5,330百万円
 
 ※4                ──────
※5 固定資産廃棄損の内訳は、次のとおりであります。
※5 固定資産廃棄損の内訳は、次のとおりであります。
建物及び構築物
3,579百万円
器具備品
1,958百万円
その他
2,942百万円
8,480百万円
建物及び構築物
     3,568百万円
器具備品
     811百万円
その他
     1,805百万円
    6,185百万円

 

前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
※6 当社グループは当連結会計年度において以下の資産グループについて減損損失20,030百万円を計上しております。
※6 当社グループは当連結会計年度において以下の資産グループについて減損損失39,372百万円を計上しております。
用途
種類
場所
金額
(百万円)
店舗
(コンビニエンスストア)
土地及び建物等
東京都
70店舗
18,403
神奈川県
39店舗
その他
(米国他含む)
店舗
(スーパーストア)
土地及び建物等
福島県
14店舗
埼玉県
5店舗
その他
15店舗
店舗
(百貨店)
建物及び構築物等
大阪府
1店舗
神奈川県
1店舗
店舗
(フードサービス)
土地及び建物等
東京都他
130店舗
その他
建物及びソフトウェア等
大阪府
米国他
1,627
合計
20,030
用途
種類
場所
金額
(百万円)
店舗
(コンビニエンスストア)
土地及び建物等
東京都
53店舗
37,353
大阪府
38店舗
その他
(米国他含む)
店舗
(スーパーストア)
土地及び建物等
東京都
5店舗
神奈川県
4店舗
その他
20店舗
店舗
(百貨店)
土地及び建物等
東京都
1店舗
大阪府
1店舗他
店舗
(フードサービス)
土地及び建物等
東京都他
214店舗
その他
土地及び建物等
大阪府
米国他
2,019
合計
39,372
 当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小の単位として、店舗ごとに資産のグルーピングをしております。
 営業活動から生ずる損益が継続してマイナスとなっている店舗や土地の時価の下落が著しい店舗等を対象とし、回収可能価額が帳簿価額を下回るものについて帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
 当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小の単位として、店舗ごとに資産のグルーピングをしております。
 営業活動から生ずる損益が継続してマイナスとなっている店舗や土地の時価の下落が著しい店舗等を対象とし、回収可能価額が帳簿価額を下回るものについて帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
 減損損失の内訳は次のとおりであります。
 減損損失の内訳は次のとおりであります。
 
店舗
(百万円)
その他
(百万円)
合計
(百万円)
建物及び構築物
10,304
12
10,317
土地
5,851
5,851
ソフトウェア
0
1,573
1,574
その他
2,246
41
2,288
合計
18,403
1,627
20,030
 
店舗
(百万円)
その他
(百万円)
合計
(百万円)
建物及び構築物
18,809
154
18,963
土地
15,878
133
16,012
ソフトウェア
26
476
503
その他
2,638
1,254
3,892
合計
37,353
2,019
39,372
 回収可能価額が正味売却価額の場合には、不動産鑑定評価基準に基づき評価しております。また、回収可能価額が使用価値の場合は、将来キャッシュ・フローを3.1%〜6.0%で割り引いて算定しております。
 回収可能価額が正味売却価額の場合には、不動産鑑定評価基準に基づき評価しております。また、回収可能価額が使用価値の場合は、将来キャッシュ・フローを2.9%〜6.0%で割り引いて算定しております。
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末  株式数
(千株)
当連結会計年度
増加株式数
(千株)
当連結会計年度
減少株式数
(千株)
当連結会計年度末
株式数
(千株)
発行済株式
 
 
 
 
普通株式
967,770
11,329
956,441
自己株式
 
 
 
 
普通株式
14,262
23
11,331
2,954
 (注)1 普通株式の発行済株式総数の減少11,329千株は、自己株式の消却による減少であります。
2 普通株式の自己株式の株式数の増加23千株のうち主なものは、単元未満株式の買取りによる増加23千株であります。
3 普通株式の自己株式の株式数の減少11,331千株のうち主なものは、消却による減少11,329千株であります。
2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
    該当事項はありません。
3 配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議 
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
26,128
27円00銭
平成19年2月28日
平成19年5月25日
平成19年10月11日
取締役会
普通株式
25,160
26円00銭
平成19年8月31日
平成19年11月15日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議 
株式の種類
配当の原資
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額
基準日
効力発生日
平成20年5月22日
定時株主総会
普通株式
利益剰余金
26,778
28円00銭
平成20年2月29日
平成20年5月23日
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末  株式数
(千株)
当連結会計年度
増加株式数
(千株)
当連結会計年度
減少株式数
(千株)
当連結会計年度末
株式数
(千株)
発行済株式
 
 
 
 
普通株式
956,441
50,000
906,441
自己株式
 
 
 
 
普通株式
2,954
50,039
50,011
2,982
 (注)1 普通株式の発行済株式総数の減少50,000千株は、自己株式の消却による減少であります。
2 普通株式の自己株式の株式数の増加50,039千株のうち主なものは、取締役会決議による自己株式の取得
 による増加50,000千株であります。
3 普通株式の自己株式の株式数の減少50,011千株のうち主なものは、消却による減少50,000千株でありま
 す。
2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
区分
新株予約権の内訳
新株予約権の目的となる 株式の種類
新株予約権の目的となる株式の数(株)
当連結会計年度末残高(百万円)
前連結会計年度末
当連結会計年度増加
当連結会計年度減少
当連結会計年度末
提出会社
(親会社)
 ストック・オプションとしての新株予約権
 −
    −
    −
    −
    −
342
 連結子会社
 ストック・オプションとしての新株予約権
 −
    −
    −
    −
    −
48
 合計
 −
    −
    −
    −
    −
391
3 配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議 
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額
基準日
効力発生日
平成20年5月22日
定時株主総会
普通株式
26,778
 28円00銭
平成20年2月29日
平成20年5月23日
平成20年10月9日
取締役会
普通株式
24,394
 27円00銭
平成20年8月31日
平成20年11月14日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議 
株式の種類
配当の原資
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額
基準日
効力発生日
平成21年5月28日
定時株主総会
普通株式
利益剰余金
26,200
 29円00銭
平成21年2月28日
平成21年5月29日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
現金及び預金
649,167百万円
有価証券勘定に含まれる譲渡性預金
94,500百万円
預入期間が3ヶ月を超える
定期預金及び譲渡性預金
△75,896百万円
現金及び現金同等物
667,770百万円
現金及び預金
650,949百万円
有価証券勘定に含まれる譲渡性預金
  94,600百万円
預入期間が3ヶ月を超える
定期預金及び譲渡性預金
△82,065百万円
現金及び現金同等物
 663,483百万円
※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳
 株式等の取得により新たに連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式等の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
※2                ──────
 
株式会社ロフト
 
流動資産
10,096百万円
固定資産
5,519百万円
のれん
8,263百万円
流動負債
△9,972百万円  
固定負債
△752百万円  
少数株主持分
△1,431百万円 
小計
11,722百万円
支配獲得時までの持分法適用後の
株式の連結貸借対照表計上額
△1,747百万円
当該会社の支配獲得時の取得価額
 9,975百万円
当該会社の現金及び現金同等物
△3,260百万円
差引:当該会社取得のための支出
6,714百万円
株式会社赤ちゃん本舗
 
流動資産
 14,723百万円
固定資産
 23,783百万円
のれん
 △1,295百万円
流動負債
△25,406百万円
固定負債
△9,403百万円
少数株主持分
△1,167百万円
当該会社株式の取得価額
 1,235百万円
当該会社の現金及び現金同等物
△3,563百万円 
差引:当該会社取得のための
         支出(△収入)
 △2,328百万円    
 
 3 重要な非資金取引の内容
 3 重要な非資金取引の内容
 当連結会計年度に連結貸借対照表に計上したリー
ス資産の取得額
 633百万円
 当連結会計年度に連結貸借対照表に計上したリー
ス資産の取得額
 2,071百万円
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(借主側)
(借主側)
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額および期末残高相当額
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額および期末残高相当額
 
取得価額 相当額
(百万円)
減価償却 累計額
相当額
(百万円)
減損損失累計額 相当額
(百万円)
期末残高相当額 
(百万円)
器具備品
95,022
32,224
102
62,695
ソフトウェア
1,774
629
1,145
合計
96,797
32,853
102
63,841
 
取得価額 相当額
(百万円)
減価償却 累計額
相当額
(百万円)
減損損失累計額 相当額
(百万円)
期末残高相当額 
(百万円)
器具備品
98,587
39,056
329
59,201
ソフトウェア
981
319
661
合計
99,569
39,375
329
59,863
 (注) 取得価額相当額は、未経過リ−ス料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
同左
(2)未経過リース料期末残高相当額等
(2)未経過リース料期末残高相当額等
1年内
17,801百万円
1年超
46,142百万円
合計
63,944百万円
リース資産減損勘定の残高
102百万円
1年内
18,675百万円
1年超
    41,518百万円
合計
    60,193百万円
リース資産減損勘定の残高
   329百万円
 (注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。                
未経過リース料期末残高相当額には、リース資産減損勘定の残高102百万円が含まれております。
 (注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。                
未経過リース料期末残高相当額には、リース資産減損勘定の残高329百万円が含まれております。
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額および減損損失
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額および減損損失
支払リース料
17,849百万円
リース資産減損
勘定の取崩額
90百万円
 
減価償却費相当額
17,939百万円
減損損失
3百万円
支払リース料
    17,854百万円
リース資産減損
勘定の取崩額
  123百万円
 
減価償却費相当額
    17,978百万円
減損損失
 210百万円
(4)減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同左
(貸主側)
(貸主側)
(1)リース物件の取得価額、減価償却累計額および期末残高
(1)リース物件の取得価額、減価償却累計額および期末残高
 
取得価額
(百万円)
減価償却累計額
(百万円)
期末残高
(百万円)
器具備品
25,800
12,306
13,494
合計
25,800
12,306
13,494
 
取得価額
(百万円)
減価償却累計額
(百万円)
期末残高
(百万円)
器具備品
27,008
14,089
12,918
合計
27,008
14,089
12,918

 

前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
(2)未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額
1年内
4,422百万円
1年超
9,455百万円
合計
13,877百万円
1年内
     4,497百万円
1年超
     8,825百万円
合計
    13,323百万円
(3)受取リース料、減価償却費および受取利息相当額
(3)受取リース料、減価償却費および受取利息相当額
受取リース料
4,605百万円
減価償却費
4,243百万円
受取利息相当額
430百万円
受取リース料
     4,938百万円
減価償却費
    4,546百万円
受取利息相当額
   451百万円
(4)利息相当額の算定方法
 利息相当額の各期への配分方法については、利息法によっております。
(4)利息相当額の算定方法
同左
2 オペレーティング・リース取引
2 オペレーティング・リース取引
(借主側)
(借主側)
未経過リース料
未経過リース料
1年内
66,483百万円
1年超
422,874百万円
合計
489,357百万円
1年内
    59,651百万円
1年超
   379,812百万円
合計
   439,464百万円
(有価証券関係)
1 満期保有目的の債券で時価のあるもの
区分
前連結会計年度(平成20年2月29日)
当連結会計年度(平成21年2月28日)
連結貸借
対照表計上額
(百万円)
連結決算日における時価
(百万円)
差額
(百万円)
連結貸借
対照表計上額
(百万円)
連結決算日における時価
(百万円)
差額
(百万円)
時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
605
606
1
614
617
3
時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
9
9
△0
合計
614
616
1
614
617
3
2 その他有価証券で時価のあるもの
区分
種類
前連結会計年度(平成20年2月29日)
当連結会計年度(平成21年2月28日)
取得原価
(百万円)
連結貸借
対照表計上額
(百万円)
差額
(百万円)
取得原価
(百万円)
連結貸借
対照表計上額
(百万円)
差額
(百万円)
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
株式
9,340
17,782
8,441
9,910
11,725
1,814
債券
5,521
5,522
0
80,542
80,621
79
小計 
14,862
23,304
8,442
90,452
92,346
1,893
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
株式
19,126
17,306
△1,820
8,885
7,369
△1,515
債券
92,019
91,996
△22
10,993
10,993
0
小計
111,145
109,302
△1,843
19,878
18,362
△1,515
合計
126,008
132,607
6,598
110,331
110,709
377
3 当連結会計年度中に売却したその他有価証券
 
前連結会計年度          (平成20年2月29日)
当連結会計年度          (平成21年2月28日)
売却額(百万円)
23,785
39
売却益の合計額(百万円) 
99
18
売却損の合計額(百万円) 
△17,891
△6
 
4 時価評価されていない主な有価証券の内容
区分
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
連結貸借対照表計上額(百万円)
連結貸借対照表計上額(百万円)
満期保有目的の債券
 
 
社債
203
202
合計
203
202
その他有価証券
 
 
非上場株式
16,925
18,809
非上場外国株式
3,041
3,021
債券
24
24
譲渡性預金
94,500
94,600
合計
114,492
116,455
5 その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
種類
前連結会計年度(平成20年2月29日)
当連結会計年度(平成21年2月28日)
1年以内
(百万円)
1年超
5年以内
(百万円)
5年超
10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
1年以内
(百万円)
1年超
5年以内
(百万円)
5年超
10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
国債・地方債等
97,518
614
86,542
5,687
   社債
3
199
202
   債券
      24
24
  譲渡性預金
94,500
94,600
合計 
192,046
814
181,370
5,687
(デリバティブ取引関係)
1 取引の状況に関する事項
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
(1)取引の内容および利用目的等
 当社グループは、外貨建取引について、為替相場の変動リスクを軽減し、適切な利益管理を行う目的で為替予約取引および通貨スワップ取引を行っております。また、市場金利の変動リスクを回避、あるいは将来のキャッシュ・フローを最適化するために金利スワップ取引を行っております。
 なお、当社グループはデリバティブ取引を利用してヘッジ会計を行っております。ヘッジ会計のヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針およびヘッジ有効性の評価方法については「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4 会計処理基準に関する事項」(7)に記載しております。
(1)取引の内容および利用目的等
同左
(2)取引に関する取組方針
 デリバティブ取引は、外貨建債権債務の為替相場変動リスクの回避および有利子負債の市場金利変動リスクの回避または将来の金利支払のキャッシュ・フローを最適化するために行っております。短期的な売買差益の獲得や投機を目的とするデリバティブ取引は行わない方針であります。
(2)取引に関する取組方針
同左
(3)取引に係るリスクの内容
 通貨関連デリバティブ取引は為替相場の変動によるリスク、金利スワップ取引は市場金利の変動によるリスクを有しております。
 なお、デリバティブ取引の契約先は、いずれも信用度の高い金融機関であり、相手先の契約不履行による信用リスクは、ほとんどないと判断しております。
(3)取引に係るリスクの内容
同左
(4)取引に係るリスク管理体制
 当社グループのデリバティブ取引の実行および管理は「市場リスク管理規定」と「市場リスク管理要領」等の社内規定に基づいて行われております。
(4)取引に係るリスク管理体制
同左
2 取引の時価等に関する事項
(1) 通貨関連
種類
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
契約額等
(百万円)
契約額等
のうち
1年超
(百万円)
時価
(百万円)
評価損益
(百万円)
契約額等
(百万円)
契約額等
のうち
1年超
(百万円)
時価
(百万円)
評価損益
(百万円)
為替予約取引
 
 
 
 
 
 
 
 
買建
 
 
 
 
 
 
 
 
米ドル
4,774
4,497
△277
5,377
5,677
299
ユーロ
181
179
△2
88
85
△3
通貨スワップ取引
 
 
 
 
 
 
 
 
米ドル
24,502
12,684
2,413
2,413
12,684
866
1,907
1,907
合計
29,459
12,684
7,090
2,133
18,150
866
7,669
2,203
 (注) 時価の算定方法
 為替予約取引‥‥‥‥金融機関より入手した価格に基づいております。
 通貨スワップ取引‥‥‥‥金融機関より入手した価格に基づいております。
(2) 金利関連
種類
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
契約額等
(百万円)
契約額等
のうち
1年超
(百万円)
時価
(百万円)
評価損益
(百万円)
契約額等
(百万円)
契約額等
のうち
1年超
(百万円)
時価
(百万円)
評価損益
(百万円)
金利スワップ取引
 
 
 
 
 
 
 
 
受取変動・支払固定
36,000
76
76
受取固定・支払変動
10,000
10,000
△35
△35
10,000
10,000
△2
△2
合計
46,000
10,000
41
41
10,000
10,000
△2
△2
 (注)1 時価の算定方法‥‥‥‥金融機関より入手した価格に基づいております。
2 ヘッジ会計を適用しているものについては、注記の対象から除外しております。
(退職給付関係)
1 採用している退職給付制度の概要
 当社および国内連結子会社は、主に確定給付型の制度として企業年金基金制度を設けており、一部の子会社については、確定拠出型の制度または退職一時金制度を採用しております。また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
 一部の米国連結子会社は、確定給付型の退職給付制度のほか、確定拠出型の年金制度を設けております。
2 退職給付債務に関する事項
項目
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
金額(百万円)
金額(百万円)
イ 退職給付債務 (注)
△177,921
△189,047
ロ 年金資産(退職給付信託含む)
178,555
135,931
ハ 未積立退職給付債務(イ+ロ)
633
△53,116
ニ 未認識数理計算上の差異
9,212
66,775
ホ 未認識過去勤務債務
△1,466
△684
ヘ 連結貸借対照表計上額の純額 (ハ+ニ+ホ)
8,379
12,975
ト 前払年金費用 
12,727
16,486
チ 退職給付引当金(ヘ−ト)
△4,347
△3,510
 (注)
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
同左 
3 退職給付費用に関する事項
項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
金額(百万円)
金額(百万円)
イ 勤務費用 (注) 
10,869
11,286
ロ 利息費用
4,407
4,507
ハ 期待運用収益
△6,682
△6,213
ニ 数理計算上の差異の費用処理額
△1,009
1,270
ホ 過去勤務債務の費用処理額
△751
△750
ヘ 臨時に支払った割増額
672
3,131
ト 退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ+へ)
7,505
13,232
 (注)
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「イ 勤務費用」に計上しております。
1 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「イ 勤務費用」に計上しております。
2 上記の退職給付費用以外に、一部の米国連結子会社における確定拠出型の退職給付費用1,414百万円を計上しております。
2 上記の退職給付費用以外に、一部の米国連結子会社における確定拠出型の退職給付費用1,117百万円を計上しております。
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
項目
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
イ 退職給付見込額の期間配分方法
ポイント基準
ポイント基準
ロ 割引率
主として2.5%
米国連結子会社は、6.25%であります。
主として2.0%
米国連結子会社は、6.5%であります。
ハ 期待運用収益率
主として3.5%
主として3.5%
ニ 過去勤務債務の額の処理年数
5年または10年
5年または10年
ホ 数理計算上の差異の処理年数
当社および国内連結子会社は、 10年(主として発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により、翌期から費用処理することとしています。)  
米国連結子会社は、回廊アプローチによっております。
当社および国内連結子会社は、  10年(主として発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により、翌期から費用処理することとしています。)  
米国連結子会社は、回廊アプローチによっております。
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
  該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
1 ストック・オプションに係る当連結会計年度における費用計上額及び科目名
   販売費及び一般管理費    391百万円
2 当連結会計年度に付与したストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
提出会社(親会社)
(1) ストック・オプションの内容
 
第1回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第2回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
 付与対象者の区分及び人数
 当社取締役 4名
 当社執行役員ならびに当社子会社の
 取締役および執行役員 92名
 株式の種類及び付与数(注)
 普通株式 15,900株
 普通株式 95,800株
 付与日
 平成20年8月6日
 同左
 権利確定条件
 新株予約権者は、当社の取締役、執行役員および当社子会社の取締役、執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日以降10日間に限り、新株予約権を行使することができる。
 同左
 対象勤務期間
 特に定めはありません。
 同左
 権利行使期間
平成21年5月1日〜平成40年8月6日
平成21年8月7日〜平成50年8月6日
   (注) 株式数に換算して記載しております。
(2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
当連結会計年度(平成21年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
    ① ストック・オプションの数
 
第1回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第2回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
 権利確定前(株)
 
 
  前連結会計年度末
− 
  付与
15,900
95,800
  失効
1,300
  権利確定
  未確定残
15,900
94,500
 権利確定後(株)
 
 
  前連結会計年度末
  権利確定
  権利行使
  失効
  未行使残
    ② 単価情報
 
第1回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第2回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
 権利行使価格
 1株当たり 1円
1株当たり 1円
 行使時平均株価
− 
− 
 付与日における公正な評価単価(注)
  新株予約権1個当たり 307,000円
新株予約権1個当たり 311,300円
   (注) 新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、当社普通株式100株であります。
株式会社セブン銀行 
(1) ストック・オプションの内容 
 
第1回−①新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション) 
第1回−②新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション) 
 付与対象者の区分及び人数
 同社取締役 5名
 同社執行役員 3名
 株式の種類及び付与数(注)
 普通株式 184株
 普通株式 21株
 付与日
 平成20年8月12日
 同左
 権利確定条件
 新株予約権者は、同社の取締役の地位を喪失した日の翌日以降10日間に限り、新株予約権を行使することができる。
 新株予約権者は、同社の執行役員の地位を喪失した日(新株予約権者が同社の取締役に就任した場合は取締役の地位を喪失した日)の翌日以降10日間に限り、新株予約権を行使することができる。
 対象勤務期間
 特に定めはありません。
 同左
 権利行使期間
平成20年8月13日〜平成50年8月12日
 同左
   (注) 株式数に換算して記載しております。 
(2) ストック・オプションの規模及びその変動状況 
当連結会計年度(平成21年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。 
     ① ストック・オプションの数 
 
第1回−①新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第1回−②新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
 権利確定前(株)
 
 
  前連結会計年度末
− 
− 
  付与
184
21
  失効
− 
− 
  権利確定
184
21
  未確定残
− 
− 
 権利確定後(株)
 
 
  前連結会計年度末
− 
− 
  権利確定
184
21
  権利行使
− 
− 
  失効
− 
− 
  未行使残
184
21
     ② 単価情報 
 
第1回−①新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第1回−②新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
 権利行使価格
1株当たり 1円
1株当たり 1円
 行使時平均株価
− 
 −
 付与日における公正な評価単価(注)
  新株予約権1個当たり 236,480円
新株予約権1個当たり 236,480円 
   (注) 新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、同社普通株式1株であります。
3 ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法 
提出会社(親会社) 
当連結会計年度において付与された第1回新株予約権および第2回新株予約権についての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。 
(1) 使用した評価技法     ブラック・ショールズ式 
(2) 主な基礎数値及び見積方法 
 
第1回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第2回新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
株価変動性(注)1 
28.00% 
28.00% 
予想残存期間(注)2
7年1ヶ月 
6年2ヶ月 
予想配当(注)3
54円/株 
54円/株 
無リスク利子率(注)4
1.198% 
1.110% 
   (注)1 2年11ヶ月間(平成17年9月1日〜平成20年8月6日)の株価実績に基づき算定しております。
      2 在職中の役員の、評価基準日から年齢退任日までの日数と割当個数の加重平均値に、行使可能期間の10日  
      間を加算した日数を経過した時点で行使されるものと推定して見積もっております。
     3 直近の配当実績によっております。
     4 予想残存期間に対応する国債の利回りであります。
株式会社セブン銀行 
当連結会計年度において付与された第1回−①新株予約権および第1回−②新株予約権についての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。 
(1) 使用した評価技法     ブラック・ショールズ式 
(2) 主な基礎数値及び見積方法 
 
第1回−①新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
第1回−②新株予約権
(株式報酬型ストック・オプション)
株価変動性(注)1 
27.95% 
27.95% 
予想残存期間(注)2 
5年6ヶ月 
5年6ヶ月 
予想配当(注)3 
4,200円/株 
4,200円/株 
無リスク利子率(注)4
1.076% 
1.076% 
   (注)1 平成20年2月29日にジャスダック証券取引所に上場いたしましたが、公開後の日が浅く、十分な量の株価    
      情報を収集することが困難であるため、類似する企業に関する株価情報に基づき算定しております。
なお、株価変動性の見積りに使用した株価実績は5年6ヶ月間(平成15年2月1日〜平成20年8月12日)に係るものであります。 
     2 在職中の役員の、平成20年6月から年齢退任日までの日数の平均値に、行使可能期間の10日間を加算した
      日数を経過した時点で行使されるものと推定して見積もっております。
     3 直近の配当実績によっております。
     4 予想残存期間に対応する国債の利回りであります。
4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法 
基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。 
(企業結合等関係)
 該当事項はありません。
(開示対象特別目的会社関係)
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
1 開示対象特別目的会社の概要及び開示対象特別目的会社を利用した取引の概要
   株式会社西武百貨店は、店舗の土地、借地権および建物の一部について、不動産信託を設定し、当該信託受益権を   
  特別目的会社である有限会社アセットイケセイに売却しております。一方、有限会社アセットイケセイとの間に匿名 
  組合契約を締結し、匿名組合出資をするとともに、信託受託者から当該物件を賃借しております。当該出資金は、匿 
  名組合契約により、他の匿名組合員および匿名組合員以外の第三者に対する一切の債務に劣後しております。
   有限会社アセットイケセイの直近の決算日(平成20年7月31日)における資産総額は125,502百万円、負債総額は
  125,482百万円であります。
   なお、有限会社アセットイケセイについて、株式会社西武百貨店は議決権のある出資金等は有しておらず、役員や
  従業員の派遣もありません。
2 当連結会計年度における特別目的会社との取引金額等
 
主な取引の金額又は     当連結会計期間末
残高(百万円)
主な損益 
項目
金額(百万円)
未収配当金
4,375
 匿名組合利益配当
5,366
匿名組合出資金
5,850
 
 
賃借取引
 −
 支払賃料(注)
10,800
 (注) 当該物件の賃貸借契約は信託受託者との間で締結しており、支払賃料は、当該賃貸借契約に基づき信託受託者
   へ支払っている金額を記載しております。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
 (繰延税金資産)            (百万円)
 (繰延税金資産)            (百万円)
商品低価引当金
2,615
賞与引当金
6,529
販売促進引当金
8,160
未払人件費自己否認額
3,720
役員退職慰労引当金
1,761
退職給付引当金損金算入限度超過額
330
商品券回収損引当金
2,796
減価償却損金算入限度超過額
9,112
税務上の繰越欠損金
34,939
有価証券評価損
5,707
貸倒引当金損金算入限度超過額
3,167
固定資産評価差額
12,174
土地評価損および減損損失否認額
36,058
未払事業税・事業所税
4,913
未払費用自己否認額
10,145
その他
10,251
繰延税金資産小計
152,384
評価性引当額
△83,001
繰延税金資産合計
69,382
(繰延税金負債)
 
固定資産評価差額
△37,284
ロイヤルティ等評価差額
△16,390
固定資産圧縮積立金
△1,178
有価証券評価差額金
△5,515
前払年金費用
△4,983
その他
△2,628
繰延税金負債合計
△67,980
繰延税金資産の純額
1,401
       繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の
     項目に含まれております。
(百万円)
流動資産−繰延税金資産
35,730
固定資産−繰延税金資産
28,114
流動負債−その他(流動負債)
△425
固定負債−繰延税金負債
△62,017
商品低価引当金
2,170
賞与引当金
6,383
販売促進引当金
4,298
未払人件費自己否認額
3,031
役員退職慰労引当金
1,665
退職給付引当金損金算入限度超過額
372
商品券回収損引当金
2,626
減価償却損金算入限度超過額
12,188
税務上の繰越欠損金
41,802
有価証券評価損
4,387
貸倒引当金損金算入限度超過額
4,225
固定資産評価差額
12,654
土地評価損および減損損失否認額
42,931
未払事業税・事業所税
5,373
未払費用自己否認額
10,125
その他
12,719
繰延税金資産小計
166,957
評価性引当額
△99,475
繰延税金資産合計
67,481
(繰延税金負債)
 
固定資産評価差額
△37,287
ロイヤルティ等評価差額
△12,290
固定資産圧縮積立金
△1,144
有価証券評価差額金
△878
前払年金費用
△6,577
その他
△1,775
繰延税金負債合計
△59,953
繰延税金資産の純額
7,528
       繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の
     項目に含まれております。
(百万円)
流動資産−繰延税金資産
28,656
固定資産−繰延税金資産
22,966
固定負債−繰延税金負債
△44,094

 

前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別内訳
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別内訳
(%)
(%)
法定実効税率
40.7
(調整)
 
持分法投資損益
△0.2
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.3
評価性引当額の増減額
△2.6
住民税均等割
0.6
のれん償却額
1.9
持分変動利益
△0.9
その他
△1.0
税効果会計適用後の法人税等の負担率
38.8
法定実効税率
40.7
(調整)
 
持分法投資損益
0.1
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.2
評価性引当額の増減額
7.9
住民税均等割
0.7
のれん償却額
2.3
その他
1.0
税効果会計適用後の法人税等の負担率
52.9
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
コンビニ
エンス
ストア
(百万円)
スーパー
ストア
(百万円)
百貨店
(百万円)
フード
サービス
(百万円)
金融関連
(百万円)
その他
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 営業収益および
営業損益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
営業収益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する
営業収益
2,393,220
2,098,013
1,025,349
113,113
93,902
28,792
5,752,392
5,752,392
(2)セグメント間の内部
営業収益又は振替高
2,481
11,036
5
867
24,052
7,860
46,302
(46,302)
2,395,701
2,109,049
1,025,354
113,980
117,955
36,653
5,798,695
(46,302)
5,752,392
営業費用
2,194,669
2,074,990
999,590
118,211
96,883
34,164
5,518,510
(47,205)
5,471,304
営業利益又は営業損失(△)
201,032
34,058
25,764
△4,231
21,071
2,488
280,185
902
281,088
Ⅱ 資産、減価償却費、
減損損失及び資本的   支出
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資産
1,295,164
1,129,181
781,267
69,204
916,729
16,580
4,208,128
(321,448)
3,886,680
減価償却費
74,065
26,452
20,154
2,903
19,773
271
143,620
21
143,642
減損損失
9,621
3,943
4,191
2,274
20,030
20,030
資本的支出
91,173
47,299
16,669
1,395
31,532
483
188,553
23
188,577
 
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 
コンビニ
エンス
ストア
(百万円)
スーパー
ストア
(百万円)
百貨店
(百万円)
フード
サービス
(百万円)
金融関連
(百万円)
その他
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 営業収益および
営業損益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
営業収益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する
営業収益
2,306,711
2,121,860
993,816
101,529
98,608
27,423
5,649,948
5,649,948
(2)セグメント間の内部
営業収益又は振替高
1,979
3,169
60
1,181
26,257
7,656
40,305
(40,305)
2,308,690
2,125,029
993,877
102,711
124,866
35,079
5,690,254
(40,305)
5,649,948
営業費用
2,095,323
2,100,286
975,542
105,659
99,381
33,010
5,409,203
(41,120)
5,368,082
営業利益又は営業損失(△)
213,367
24,742
18,335
△2,948
25,485
2,069
281,051
814
281,865
Ⅱ 資産、減価償却費、
減損損失及び資本的   支出
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資産
1,267,179
1,160,128
704,695
58,206
1,055,492
21,543
4,267,245
(540,184)
3,727,060
減価償却費
67,299
26,115
20,004
2,210
24,532
346
140,508
20
140,529
減損損失
7,851
15,665
10,848
3,993
1,014
39,372
39,372
資本的支出
85,464
40,460
11,754
1,046
23,801
843
163,371
9
163,381
(注)1 事業の区分は、提供する商品とサービスおよび販売形態により区分しております。
2 各事業区分の主な内容
(1)コンビニエンスストア事業 セブン−イレブンの名称による直営方式およびフランチャイズ方式によるコンビニエンスストア
(2)スーパーストア事業    総合スーパー、食品スーパー、専門店等
(3)百貨店事業        株式会社そごう、株式会社西武百貨店を中心とした百貨店事業
(4)フードサービス事業    レストラン事業、コントラクトフード事業(社員食堂、病院、学校などにおける給食サービスの受託)、ファストフード事業
(5)金融関連事業       銀行、クレジットカード、リース等
(6)その他の事業       IT事業、サービス等
3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の当連結会計年度の金額は、7,061百万円(前連結会計年度は
 6,791百万円)であり、これは当社の一般管理費であります。
4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の当連結会計年度の金額は、29,202百万円(前連結会計年度は27,650百万円)であり、その主なものは、当社の現金及び預金であります。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
日本
(百万円)
北米
(百万円)
その他の
地域
(百万円)
(百万円)
消去
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 営業収益および営業損益
 
 
 
 
 
 
営業収益
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する
営業収益
3,821,898
1,864,450
66,043
5,752,392
5,752,392
(2)セグメント間の内部
営業収益又は振替高
311
2,616
2,928
(2,928)
3,822,210
1,867,067
66,043
5,755,321
(2,928)
5,752,392
営業費用
3,574,937
1,835,484
63,815
5,474,237
(2,932)
5,471,304
営業利益
247,272
31,582
2,228
281,084
3
281,088
Ⅱ 資産
3,265,018
616,626
27,242
3,908,888
(22,207)
3,886,680
 (注)1 国または地域の区分は、地理的近接度によっております。
2 その他の地域に属する国は、中国であります。
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 
日本
(百万円)
北米
(百万円)
その他の
地域
(百万円)
(百万円)
消去
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 営業収益および営業損益
 
 
 
 
 
 
営業収益
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する
営業収益
3,806,371
1,763,175
80,401
5,649,948
5,649,948
(2)セグメント間の内部
営業収益又は振替高
346
2,993
3,339
(3,339)
3,806,717
1,766,169
80,401
5,653,288
(3,339)
5,649,948
営業費用
3,561,469
1,731,728
78,072
5,371,270
(3,187)
5,368,082
営業利益
245,248
34,441
2,328
282,017
(151)
281,865
Ⅱ 資産
3,220,265
487,289
29,326
3,736,880
(9,820)
3,727,060
 (注)1 国または地域の区分は、地理的近接度によっております。
2 その他の地域に属する国は、中国であります。
【海外売上高】
前連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
北米
(百万円)
その他の地域
(百万円)
合計
(百万円)
Ⅰ 海外営業収益
1,864,450
66,043
1,930,494
Ⅱ 連結営業収益
5,752,392
Ⅲ 連結営業収益に占める
海外営業収益の割合(%)
32.4
1.2
33.6
 
当連結会計年度(自 平成20年3月1日 至 平成21年2月28日)
 
北米
(百万円)
その他の地域
(百万円)
合計
(百万円)
Ⅰ 海外営業収益
1,763,175
80,401
1,843,576
Ⅱ 連結営業収益
5,649,948
Ⅲ 連結営業収益に占める
海外営業収益の割合(%)
31.2
1.4
32.6
 (注)1 国または地域の区分は、地理的近接度によっております。
2 その他の地域に属する国は、中国であります。
3 海外営業収益は、連結子会社の本邦以外の国または地域における売上高およびその他の営業収入の合計額であります。
【関連当事者との取引】
  該当事項はありません。
(1株当たり情報)
 
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1株当たり純資産額
2,081.85円
1,975.95円
1株当たり当期純利益金額
137.03円
100.54円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
調整計算の結果希薄化しないため記載しておりません。
100.54円
(注)1 1株当たり当期純利益金額および潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
連結損益計算書上の当期純利益(百万円)
130,657
92,336
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
130,657
92,336
普通株式の期中平均株式数(千株)
953,496
918,389
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に用いられた
当期純利益調整額の内訳(百万円)
 少数株主利益
 
 
 
 
0
当期純利益調整額(百万円)
0
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に用いられた
普通株式増加数の内訳(千株)
 新株予約権
 
 
 
 
63
普通株式増加数(千株)
63
2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(平成20年2月29日)
当連結会計年度
(平成21年2月28日)
連結貸借対照表の純資産の部の合計額(百万円)
2,058,038
1,860,672
純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)
73,020
75,483
(うち新株予約権)
 (−)
(391)
(うち少数株主持分)
(73,020)
(75,092)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
1,985,018
1,785,189
1株当たり純資産額の算定に用いられた
期末の普通株式の数(千株)
953,487
903,459
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当連結会計年度
(自 平成20年3月1日
至 平成21年2月28日)
1  自己株式の取得及び消却
  当社は、平成20年4月10日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議するとともに、この決議によって取得する自己株式を会社法第178条の規定に基づき消却することを決議いたしました。
(1) 自己株式の取得を行う理由
 株主還元をより充実させるとともに、資本効率向上を目指した経営を実践するため
(2) 自己株式の取得内容           
   ① 取得する株式の種類
      当社普通株式
   ② 取得しうる株式の総数
      5,000万株を上限とする
      (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する      割合5.23%) 
   ③ 株式の取得価額の総数
      1,700億円を上限とする
   ④ 取得期間
      平成20年4月18日〜平成20年6月30日
   ⑤ 取得方法
      市場買付 
(3) 自己株式の消却内容
① 消却する株式の種類                    
当社普通株式
② 消却する株式の数  
5,000万株(予定)
(消却前発行済株式総数(自己株式を除く)  に対する割合5.23%)
上記(2)に記載の自己株式の取得により取得した全株式を消却する                
③ 消却後の発行済株式総数         
906,441,983株(予定)
④ 消却予定日                平成20年7月31日
——————
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
会社名
銘柄
発行年月日
平成年月日
前期末残高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
利率
(%)
担保
償還期限
平成年月日
株式会社セブン&アイ
・ホールディングス
(円建)第1回
 無担保社債
20.7.3
39,996
1.48
無担保
25.6.20
株式会社セブン&アイ
・ホールディングス
(円建)第2回
 無担保社債
20.7.3
29,989
1.68
無担保
27.6.19
株式会社セブン&アイ
・ホールディングス
(円建)第3回
 無担保社債
20.7.3
29,977
1.94
無担保
30.6.20
株式会社イトーヨーカ堂
(円建)第4回
 無担保社債
12.3.29
20,000
20,000
1.96
無担保
22.3.29
株式会社イトーヨーカ堂
(円建)第5回
 無担保社債
14.11.1
50,000
50,000
(50,000)
0.65
無担保
21.9.18
株式会社セブン銀行
(円建)第1回
 無担保社債
15.12.10
15,000
(15,000)
0.88
無担保
20.12.10
株式会社セブン銀行
(円建)第2回
 無担保社債
18.12.4
36,000
36,000
1.45
無担保
23.12.20
株式会社セブン銀行
(円建)第3回
 無担保社債
18.12.4
24,000
24,000
1.67
無担保
25.12.20
株式会社赤ちゃん本舗
(円建)第4回
 無担保社債
15.3.31
62
(62)
0.42
無担保
20.3.31
株式会社赤ちゃん本舗
(円建)第5回
 無担保社債
15.3.31
220
(80)
140
(80)
0.53
無担保
22.3.31
株式会社赤ちゃん本舗
(円建)第6回
 無担保社債
16.2.20
500
(500)
0.96
無担保
21.2.20
株式会社赤ちゃん本舗
(円建)第7回
 無担保社債
16.3.31
187
(125)
62
(62)
0.70
無担保
21.3.31
株式会社赤ちゃん本舗
(円建)第8回
 無担保社債
17.3.25
625
(250)
375
(250)
0.73
無担保
22.3.25
株式会社赤ちゃん本舗
(円建)第9回
 無担保社債
18.3.27
700
(200)
500
(200)
1.32
無担保
23.3.25
147,295
(16,217)
231,040
(50,592)
(注)1  ( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
2 連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
1年以内
(百万円)
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
50,592
20,385
36,100
63,996
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
平成年月
短期借入金
149,861
191,100
0.98
1年以内に返済予定の長期借入金
120,419
103,352
1.18
1年以内に返済予定のリース債務
1,444
1,314
9.60
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
321,336
249,685
1.25
22.3〜35.12 
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
17,985
14,527
9.60
22.3〜40.7  
その他有利子負債
 
 
 
 
コマーシャル・ペーパー
27,446
18,688
1.20
小計
46,876
34,531
合計
638,493
578,668
 (注)1 平均利率については、借入金等の当期末残高に対する加重平均利率によっております。
2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりであります。
区分
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
長期借入金
93,075
110,249
14,781
18,918
リース債務
1,499
1,638
1,692
1,612
合計
94,575
111,888
16,473
20,530
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス、2009-02-28 期 有価証券報告書