有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






第5【経理の状況】
1.財務諸表の作成方法について
 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年6月1日から平成19年5月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年6月1日から平成20年5月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前事業年度(平成18年6月1日から平成19年5月31日まで)の財務諸表については新日本監査法人により監査を受け、また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(平成19年6月1日から平成20年5月31日まで)の財務諸表については新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
 なお、新日本有限責任監査法人は、監査法人の種類の変更により、平成20年7月1日をもって新日本監査法人から名称変更しております。
3.連結財務諸表について
 当社は、子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年5月31日)
当事業年度
(平成20年5月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
502,930
 
 
297,695
 
2.受取手形
 
 
5,200
 
 
 
3.売掛金
 
 
414,875
 
 
522,300
 
4.商品
 
 
1,139,508
 
 
1,907,295
 
5.貯蔵品
 
 
5,019
 
 
 
6.前渡金
 
 
9,144
 
 
19,607
 
7.預け金
 
 
7,048
 
 
10,637
 
8.前払費用
 
 
92,866
 
 
85,732
 
9.繰延税金資産
 
 
101,609
 
 
103,126
 
10.未収消費税等
 
 
 
 
31,431
 
11.その他
 
 
11,505
 
 
6,403
 
貸倒引当金
 
 
△1,182
 
 
△4,373
 
流動資産合計
 
 
2,288,526
69.1
 
2,979,857
68.6
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.建物
312,018
 
 
446,998
 
 
減価償却累計額
 
84,741
227,276
 
131,512
315,485
 
2.構築物
 
87,493
 
 
163,999
 
 
減価償却累計額
 
22,635
64,857
 
46,248
117,751
 
3.機械装置
 
18,281
 
 
22,693
 
 
減価償却累計額
 
2,726
15,555
 
7,709
14,983
 
4.車両運搬具
 
 
 
302
 
 
減価償却累計額
 
 
138
163
 
5.工具器具備品
 
204,552
 
 
231,103
 
 
減価償却累計額
 
147,313
57,239
 
168,114
62,988
 
6.土地
 
181,011
 
 
181,011
 
7.建設仮勘定
 
 
262
 
 
4,975
 
有形固定資産合計
 
 
546,203
16.5
 
697,359
16.1
(2)無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.のれん
 
 
6,264
 
 
65,217
 
2.商標権
 
 
3,249
 
 
2,391
 
3.ソフトウェア
 
 
27,088
 
 
160,155
 
4.ソフトウェア仮勘定
 
 
106,061
 
 
91,950
 
5.その他
 
 
1,409
 
 
1,555
 
無形固定資産合計
 
 
144,073
4.3
 
321,270
7.4
(3)投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
1.投資有価証券
 
 
1,000
 
 
1,000
 
2.出資金
 
 
50
 
 
50
 
3.破産更生債権等
 
 
64,270
 
 
24,982
 
4.長期前払費用
 
 
19,228
 
 
7,292
 
5.差入保証金
 
 
267,096
 
 
306,438
 
6.繰延税金資産
 
 
34,278
 
 
19,663
 
貸倒引当金
 
 
△50,901
 
 
△17,141
 
投資その他の資産合計
 
 
335,022
10.1
 
342,286
7.9
固定資産合計
 
 
1,025,298
30.9
 
1,360,916
31.4
資産合計
 
 
3,313,825
100.0
 
4,340,773
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年5月31日)
当事業年度
(平成20年5月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.買掛金
 
 
385,507
 
 
516,590
 
2.短期借入金
 
 
300,000
 
 
780,000
 
3.1年以内返済予定長期借入金
 
192,500
 
 
367,436
 
4.1年以内償還予定社債
 
 
150,000
 
 
110,000
 
5.未払金
 
 
55,545
 
 
88,341
 
6.未払費用
 
 
43,196
 
 
61,764
 
7.未払法人税等
 
 
145,000
 
 
66,298
 
8.未払消費税等
 
 
65,993
 
 
 
9.前受金
 
 
6,454
 
 
8,382
 
10.預り金
 
 
16,517
 
 
16,071
 
11.前受利用料
 
 
7,070
 
 
 
12.賞与引当金
 
 
56,410
 
 
65,766
 
13.ポイントサービス
引当金
 
 
91,567
 
 
118,357
 
14.株主優待引当金
 
 
3,172
 
 
1,432
 
15.その他
 
 
707
 
 
3,972
 
流動負債合計
 
 
1,519,643
45.9
 
2,204,413
50.8
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.社債
 
 
230,000
 
 
120,000
 
2.長期借入金
 
329,195
 
 
617,291
 
3.預り保証金
 
 
229,200
 
 
208,200
 
4.その他
 
 
1,984
 
 
2,855
 
固定負債合計
 
 
790,379
23.8
 
948,346
21.8
負債合計
 
 
2,310,022
69.7
 
3,152,759
72.6
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
651,200
19.6
 
651,200
15.0
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
303,800
 
 
303,800
 
 
資本剰余金合計
 
 
303,800
9.2
 
303,800
7.0
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
繰越利益剰余金
 
48,802
 
 
224,062
 
 
利益剰余金合計
 
 
48,802
1.5
 
224,062
5.2
株主資本合計
 
 
1,003,802
30.3
 
1,179,062
27.2
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.繰延ヘッジ損益
 
 
 
△1,507
△0.0
評価・換算差額等合計
 
 
 
△1,507
△0.0
Ⅲ 新株予約権
 
 
 
10,458
0.2
純資産合計
 
 
1,003,802
30.3
 
1,188,013
27.4
負債純資産合計
 
 
3,313,825
100.0
 
4,340,773
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
 
 
 
 
 
1.商品売上高
 
8,321,415
 
 
9,975,963
 
 
2.フランチャイズ収入
 
1,390,908
 
 
1,253,843
 
 
3.その他営業収入
 
135,749
9,848,073
100.0
258,994
11,488,801
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1.商品売上原価
 
 
 
 
 
 
 
(1)期首商品たな卸高
 
1,263,873
 
 
1,139,508
 
 
(2)当期商品仕入高
 
6,231,879
 
 
8,253,311
 
 
合計
 
7,495,752
 
 
9,392,819
 
 
(3)他勘定振替高
※1
50,912
 
 
 
 
(4)期末商品たな卸高
※2
1,139,508
 
 
1,907,295
 
 
商品売上原価
 
6,305,331
 
 
7,485,523
 
 
2.フランチャイズ収入原価
 
475,280
 
 
428,168
 
 
3.その他収入原価
 
76,342
6,856,954
69.6
153,647
8,067,339
70.2
売上総利益
 
 
2,991,119
30.4
 
3,421,461
29.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※3
 
2,587,813
26.3
 
3,092,870
26.9
営業利益
 
 
403,306
4.1
 
328,591
2.9
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
573
 
 
1,181
 
 
2.受取手数料
 
9,273
 
 
12,180
 
 
3.フランチャイズ契約
解約収入
 
22,000
 
 
19,890
 
 
4.その他
 
1,912
33,759
0.3
5,281
38,534
0.3
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息
 
20,449
 
 
22,450
 
 
2.社債利息
 
2,582
 
 
2,413
 
 
3.商品評価損
 
50,912
 
 
 
 
4.商品廃棄・減耗損
 
12,073
 
 
13,041
 
 
5.株式交付費
 
4,241
 
 
 
 
6.株式上場諸費用
 
39,358
 
 
 
 
7.その他
 
1,256
130,875
1.3
448
38,354
0.3
経常利益
 
 
306,189
3.1
 
328,771
2.9
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.貸倒引当金戻入益
 
5,475
 
 
9,973
 
 
2.固定資産売却益
※4
 
 
594
 
 
3.保険差益
 
2,333
7,808
0.1
3,429
13,997
0.1
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産除却損
※5
2,758
 
 
2,230
 
 
2.減損損失
※6
14,508
 
 
8,314
 
 
3.店舗撤退損失 
※7
3,791
 
 
5,792
 
 
4.店舗譲渡損失
 
6,841
 
 
 
 
5.過年度給与手当
 
14,720
 
 
 
 
6.金利スワップ解約手数料
 
42,619
0.4
4,759
21,097
0.2
税引前当期純利益
 
 
271,378
2.8
 
321,671
2.8
法人税、住民税及び
事業税
 
149,172
 
 
132,279
 
 
法人税等調整額
 
△21,105
128,067
1.3
14,131
146,411
1.3
当期純利益
 
 
143,311
1.5
 
175,259
1.5
 
 
 
 
 
 
 
 
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
株主資本合計
資本準備金
その他利益
剰余金
繰越利益
剰余金
平成18年5月31日残高     (千円)
550,000
202,600
△94,508
658,091
事業年度中の変動額
       
新株の発行
101,200
101,200
 
202,400
当期純利益
 
 
143,311
143,311
事業年度中の変動額合計    (千円)
101,200
101,200
143,311
345,711
平成19年5月31日残高     (千円)
651,200
303,800
48,802
1,003,802
当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
 
株主資本
評価・換算
差額等
 新株予約権
 純資産合計
 
資本金
資本剰余金
利益剰余金
株主資本合計
繰延ヘッジ
損益
 
資本準備金
その他利益
剰余金
 
繰越利益
剰余金
平成19年5月31日残高   (千円)
651,200
303,800
48,802
1,003,802
1,003,802
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
当期純利益
 
 
175,259
175,259
 
 
175,259
株主資本以外の項目の事業年度中
の変動額(純額)
 
 
 
 
△1,507
10,458
8,951
事業年度中の変動額合計    (千円)
175,259
175,259
△1,507
10,458
184,211
平成20年5月31日残高     (千円)
651,200
303,800
224,062
1,179,062
△1,507
10,458
1,188,013
④【キャッシュ・フロー計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
税引前当期純利益
 
271,378
321,671
減価償却費
 
94,737
170,876
のれん償却費
 
7,369
減損損失
 
13,180
8,314
株式報酬費用
 
10,458
保証金償却額
 
28,667
13,695
賞与引当金の増加額
 
600
9,355
貸倒引当金の増加額(△減少額)
 
△9,975
△30,569
ポイントサービス引当金の増加額
 
21,635
26,789
株主優待引当金の増加額(△減少額)
 
3,172
△1,740
受取利息及び受取配当金
 
△573
△1,181
支払利息
 
23,032
24,864
フランチャイズ契約解約収入
 
△22,000
△19,890
固定資産除却損
 
2,758
2,230
店舗撤退損失
 
3,791
5,792
固定資産売却益
 
△594
店舗譲渡損失
 
6,841
保険差益
 
△2,333
△3,429
売上債権の減少額(△増加額)
 
1,475
△66,045
たな卸資産の減少額(△増加額)
 
112,376
△765,683
仕入債務の増加額
 
4,332
131,083
未払費用の増加額(△減少額)
 
△17,578
19,053
前受金の増加額
 
2,052
1,927
未払消費税等の増加額(△減少額)
 
65,993
△97,436
その他流動資産の減少額(△増加額)
 
△31,240
3,123
その他流動負債の増加額
 
3,491
7,298
その他
 
△517
△8,287
小計
 
575,299
△230,954
利息及び配当金の受取額
 
515
1,233
利息の支払額
 
△20,948
△27,144
保険金収入
 
19,744
19,458
法人税等の還付による収入
 
34,302
法人税等の支払額
 
△22,822
△210,248
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
586,089
△447,654

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
定期預金の払戻しによる収入
 
33,000
35,000
貸付金の回収による収入
 
257
長期前払費用の支出
 
△12,030
△1,629
保証金の支出
 
△51,603
△46,283
保証金の回収額
 
4,493
5,335
預り保証金収入
 
16,000
13,000
預り保証金返済による支出
 
△10,000
△11,000
有形固定資産の取得による支出
 
△119,682
△212,876
有形固定資産の売却による収入
 
7,222
1,685
無形固定資産の取得による支出
 
△82,477
△195,699
事業譲受けによる支出
※2
△103,144
その他
 
628
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△214,191
△515,611
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
短期借入金の純増減額
 
△350,000
480,000
長期借入金の借入による収入
 
300,000
1,124,995
長期借入金の返済による支出
 
△247,190
△661,963
社債の償還による支出
 
△160,000
△150,000
株式の発行による収入
 
202,400
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△254,790
793,032
Ⅳ 現金及び現金同等物の増加額
(△減少額)
 
117,107
△170,234
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
 
350,822
467,930
Ⅵ 現金及び現金同等物の期末残高
※1
467,930
297,695
       
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
その他有価証券
 時価のないもの
  移動平均法による原価法によっております。
その他有価証券
 時価のないもの
同左
2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法
──────
 
デリバティブ
 時価法によっております。
3.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1)商品
 ①ゴルフクラブ及び買取商品
  個別法による原価法によっております。
(1)商品
 ①ゴルフクラブ及び買取商品
  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっております。
 
 ②ゴルフ関連商品
  売価還元法による原価法によっております。
 ②ゴルフ関連商品
  売価還元法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっております。
 
 ③その他の商品
  先入先出法による原価法によっております。
 ③その他の商品
  先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっております。
 
(2)貯蔵品
  最終仕入原価法による原価法によっております。
(2)     ──────
4.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
建物(建物附属設備は除く)
 ①平成19年3月31日以前に取得したもの
  法人税法に規定する旧定額法
 ②平成19年4月1日以降に取得したもの
  法人税法に規定する定額法
建物以外
 ①平成19年3月31日以前に取得したもの
  法人税法に規定する旧定率法
 ②平成19年4月1日以降に取得したもの
  法人税法に規定する定率法
  なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
  建物      3〜30年
  構築物     3〜30年
  機械装置    3〜17年
  工具器具備品  3〜20年 
(1)有形固定資産
建物(建物附属設備は除く)
 ①平成19年3月31日以前に取得したもの
同左
 ②平成19年4月1日以降に取得したもの
同左
建物以外
 ①平成19年3月31日以前に取得したもの
同左
 ②平成19年4月1日以降に取得したもの
同左
  なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
  建物      2〜30年
  構築物     2〜30年
  機械装置    3〜17年
  車両運搬具     5年
  工具器具備品  2〜20年 

 

項目
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
   
 (追加情報)
 法人税法改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産につきましては、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。なお、これに伴う損益への影響は軽微であります。
 
(2)無形固定資産
  定額法によっております。
  なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
(2)無形固定資産
同左
 
(3)長期前払費用
  支出の効果が及ぶ期間で均等償却をしております。
(3)長期前払費用
同左
5.繰延資産の処理方法
株式交付費
  支出時に全額費用として処理しております。
──────
6.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
  債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
  従業員に対する賞与の支払に備えるため、賞与の支給見込額のうち、当事業年度に負担すべき金額を計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
(3)ポイントサービス引当金
  将来のポイントカードの利用による売上値引きに備えるために利用実績率に基づき当事業年度末以降に利用されると見込まれるポイントに対する見積額を計上しております。
(3)ポイントサービス引当金
同左
 
(4)株主優待引当金
  翌事業年度に発生すると見込まれる株主優待券利用による販売促進費の発生に備えるために株主優待金額に対する見積額を当事業年度に計上しております。
 株主優待引当金については、当事業年度末時点の株主の所有状況から算出した株主優待券配布見込額に利用見込率を乗じて算定しております。
 なお、利用見込率については当事業年度が上場初年度であり、株主優待券の利用率が算出できないため、ポイントカードの利用実績率を参考にして用いております。
(4)株主優待引当金
  将来の株主優待券の利用による販売促進費の発生に備えるため、当事業年度以降に利用されると見込まれる株主優待金額に対する見積額を計上しております。

 

項目
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
7.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
8.ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
  原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の条件を充たしている金利スワップについては特例処理を採用しております。
(1)ヘッジ会計の方法
  原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の条件を充たしている為替予約については振当処理、特例処理の条件を充たしている金利スワップについては特例処理を採用しております。
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
  当事業年度にヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりであります。
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
  当事業年度にヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりであります。
 
   ヘッジ手段   金利スワップ
 
   ヘッジ対象   借入金
 
   ヘッジ手段   為替予約及び
           金利スワップ
   ヘッジ対象   外貨建予定取引
           及び借入金
 
(3)ヘッジ方針
  当社のヘッジ方針は、金利固定化により将来の金利リスクを軽減することを目的としており、投機目的の取引は行わない方針であります。
(3)ヘッジ方針
  外貨建予定取引については将来の為替変動リスクをヘッジすることを目的としております。また金利スワップ取引については金利固定化により将来の金利リスクを軽減することを目的としております。
 なお、投機目的の取引は行わない方針であります。
 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
  期間全体のキャッシュ・フロー総額の変動額を比較する方法によりヘッジ有効性の評価をしております。ただし、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
 
(5)その他
  デリバティブ取引の執行・管理については、取締役会で承認を得た後、取引を開始しております。
(5)その他
同左
9.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
10.のれんの償却に関する事項
 ──────
 のれんの償却については、5年間の均等償却を行っております。
11.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
 税抜方式によっております。
消費税等の会計処理
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
──────
(棚卸資産の評価に関する会計基準) 
 「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 平成18年7月5日)が平成20年3月31日以前に開始する事業年度に係る財務諸表から適用できることになったことに伴い、当事業年度から同会計基準を適用しております。
 なお、同会計基準の適用に伴い、従来、営業外費用として計上していた商品評価損は、売上原価として計上しております。
 この結果、従来と同一の基準を採用した場合と比較して、売上総利益及び営業利益はそれぞれ25,424千円減少し、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ5,787千円減少しております。
(有形固定資産の減価償却の方法の変更) 
  法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)及び(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、平成19年4月1日以降に取得したものについては、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。
 なお、この変更に伴う損益への影響は軽微であります。
──────
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
(貸借対照表)
 前事業年度において、「営業権」として掲記されていたものは、当事業年度から「のれん」と表示しております。
──────
追加情報
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
(株主優待引当金)
 株主優待制度の創設に伴い、当事業年度より株主優待引当金を計上しております。
 なお、この変更に伴う損益への影響は軽微であります。
──────
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年5月31日)
当事業年度
(平成20年5月31日)
※ 担保資産及び担保付債務
※ 担保資産及び担保付債務
(1)担保に供している資産は次のとおりであります。
(1)担保に供している資産は次のとおりであります。
定期預金
35,000千円
土地
181,011千円
建物
19,617千円
合計
235,629千円
土地
181,011千円
建物
18,856千円
合計
199,868千円
(2)上記に対応する債務は次のとおりであります。
(2)上記に対応する債務は次のとおりであります。
1年以内返済予定長期借入金
92,860千円
長期借入金
203,565千円
合計
296,425千円
1年以内返済予定長期借入金
74,996千円
長期借入金
112,501千円
合計
187,497千円
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
※1.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
営業外費用(商品評価損)に振替
50,912千円
合計
50,912千円
※1.      ____________________
※2.      ____________________
※2.期末商品たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、商品評価損25,424千円が売上原価に含まれております。
※3.販売費に属する費用のおおよその割合は74.7%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は25.3%であります。
※3.販売費に属する費用のおおよその割合は80.2%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は19.8%であります。
 主要な費目及び金額は次のとおりであります。
 主要な費目及び金額は次のとおりであります。
販促宣伝費
186,114千円
給与手当
869,536千円
地代家賃
365,610千円
減価償却費
75,888千円
賞与引当金繰入額
56,410千円
株主優待引当金繰入額
3,172千円
販促宣伝費
180,626千円
給与手当
1,048,370千円
地代家賃
410,773千円
減価償却費
100,611千円
のれん償却費
7,369千円
賞与引当金繰入額
65,766千円
株主優待引当金繰入額
1,432千円
※4.      ____________________
※4.固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
 
建物他
594千円
合計
594千円
※5.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
※5.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物及び構築物
434千円
工具器具備品
1,763千円
ソフトウェア仮勘定
560千円
合計
2,758千円
建物及び構築物
   362千円
工具器具備品
     1,868千円
合計
     2,230千円
※6.当事業年度において、当社は以下の資産グループにつきまして減損損失を計上いたしました。
※6.当事業年度において、当社は以下の資産グループにつきまして減損損失を計上いたしました。
(1)減損を認識した資産
(1)減損を認識した資産
場所
用途
種類
兵庫県神戸市
店舗(フラワーロード三宮店)
建物
広島県広島市
店舗(広島荒神店)
建物
福島県福島市
店舗(福島南バイパス鳥谷野店) 
建物及び構築物
愛知県岡崎市
店舗(R1岡崎店)
建物及び構築物
東京都世田谷区
店舗(環八尾山台店)
建物及びリース資産
場所
用途
種類
愛知県岡崎市
店舗(R1岡崎店)
建物及び構築物
愛知県豊橋市
店舗(豊橋南陽通り店)
建物及びリース資産
東京都多摩市
店舗(多摩ニュータウン通り店) 
建物

 

前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
(2)減損を認識するに至った経緯
 フラワーロード三宮店、広島荒神店、福島南バイパス鳥谷野店、R1岡崎店、環八尾山台店につきましては、営業損益が悪化しており、今後、投資額の回収が見込めなくなったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失を計上いたしました。
(2)減損を認識するに至った経緯
 R1岡崎店、豊橋南陽通り店、多摩ニュータウン通り店につきましては、営業損益が悪化しており、今後、投資額の回収が見込めなくなったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失を計上いたしました。
(3)減損損失の金額
(3)減損損失の金額
建物
9,609千円
構築物
879千円
リース資産
4,020千円
合計
14,508千円
建物
5,832千円
構築物
179千円
リース資産
2,302千円
合計
8,314千円
(4)資産のグルーピング
 当社は、直営事業においては店舗を基本単位として資産のグルーピングを行っており、その他本社などは共用資産として全体でグルーピングしております。
(4)資産のグルーピング
同左
(5)回収可能価額の算定方法
 回収可能価額については、使用価値により測定しており、割引率は5%を用いております。
(5)回収可能価額の算定方法
同左
※7.店舗撤退損失の内容
※7.店舗撤退損失の内容
直営店のフラワーロード三宮店、広島荒神店の閉鎖に関する費用
直営店の半田有楽町店の閉鎖に関する費用
保証金未回収分
1,025千円
原状回復工事代金
2,766千円
合計
3,791千円
保証金未回収分
1,040千円
原状回復工事代金
1,055千円
固定資産除却損
2,429千円
リース契約解約損
1,268千円
合計
5,792千円
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
発行済株式
 
 
 
 
普通株式
37,000
4,000
41,000
合計
37,000
4,000
41,000
(注) 普通株式の発行済株式総数の増加は、公募により、4,000株の新株発行(払込期日:平成19年3月6日)を実
施したことによる増加分であります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
 該当事項はありません。
3.配当に関する事項
 該当事項はありません。
当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
発行済株式
 
 
 
 
普通株式
41,000
41,000
合計
41,000
41,000
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
新株予約権の内訳
新株予約権の目的となる株式の種類
新株予約権の目的となる株式の数 (株)
当事業年度末
残高
(千円)
前事業年度末
当事業年度
増加
当事業年度
減少
当事業年度末
ストック・オプションとしての新株予約権
10,458
 合計
10,458
3.配当に関する事項
 該当事項はありません。
(キャッシュ・フロー計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
※1.現金及び現金同等物の事業年度末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
※1.現金及び現金同等物の事業年度末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年5月31日現在)
(平成20年5月31日現在)
現金及び預金勘定
502,930千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△35,000千円
現金及び現金同等物
467,930千円
現金及び預金勘定
   297,695千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
   −千円
現金及び現金同等物
    297,695千円
※2.      ____________________
※2.当事業年度に事業の譲受けにより増加した資産の主な内訳
 
有形固定資産
36,821千円 
無形固定資産
66,322千円 
固定資産合計
103,144千円 
資産合計
103,144千円 
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び事業年度末残高相当額
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び事業年度末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額 
(千円) 
事業年度末残高相当額
(千円)
工具器具備品
196,115
52,436
2,691
140,987
合計
196,115
52,436
2,691
140,987
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額 
(千円) 
事業年度末残高相当額
(千円)
工具器具備品
317,241
107,389
4,286
205,565
合計
317,241
107,389
4,286
205,565
2.未経過リース料事業年度末残高相当額及びリース資産減損勘定の残高
2.未経過リース料事業年度末残高相当額及びリース資産減損勘定の残高
 1年内
38,291千円
 1年超
109,094千円
 合計
147,386千円
リース資産減損勘定の残高
2,691千円
 1年内
63,389千円
 1年超
     151,983千円
 合計
     215,373千円
リース資産減損勘定の残高
    4,286千円
3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
37,524千円
リース資産減損勘定の取崩額
1,328千円
減価償却費相当額
33,817千円
支払利息相当額
5,841千円
減損損失
4,020千円
支払リース料
      55,301千円
リース資産減損勘定の取崩額
    707千円
減価償却費相当額
      50,426千円
支払利息相当額
     6,204千円
減損損失
     2,302千円
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
同左
 
5.利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
5.利息相当額の算定方法
同左
(有価証券関係)
前事業年度(平成19年5月31日現在)
1.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
 
非上場株式
1,000
当事業年度(平成20年5月31日現在)
1.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
 
非上場株式
1,000
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
(1)取引の内容
 当社で利用しているデリバティブ取引は金利スワップ取引であります。
(1)取引の内容
  当社で利用しているデリバティブ取引は為替予約取引及び金利スワップ取引であります。
(2)取引に対する取組方針
 当社のデリバティブ取引は、将来の為替・金利の変動によるリスク回避を目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
(2)取引に対する取組方針
同左
(3)取引の利用目的
 当社のデリバティブ取引は、借入金利の将来の金利市場における利率上昇による変動リスクを回避する目的で利用しております。
 なお、金利スワップ取引は特例処理によっております。
(3)取引の利用目的
  当社のデリバティブ取引は、外貨建予定取引の将来の為替変動リスクの回避と借入金利の将来の金利市場における利率上昇による変動リスクを回避する目的で利用しております。
 なお、為替予約取引は振当処理、金利スワップ取引は特例処理によっております。
(4)取引に係るリスクの内容
 市場金利の変動によるリスクを有しております。
 なお、取引相手先は高格付を有する金融機関であるため、信用リスクはほとんどないと認識しております。
(4)取引に係るリスクの内容
  通貨関連における為替予約取引においては、為替相場の変動リスクを有しております。
 また金利関連における金利スワップ取引においては、市場金利の変動によるリスクを有しております。
 なお、取引相手先は高格付を有する金融機関であるため、信用リスクはほとんどないと認識しております。
(5)取引に係るリスク管理体制
 デリバティブ取引の執行・管理については、取締役会で承認を得た後、取引を開始しております。また、市場金利と重要な乖離が生じた場合取締役会に報告いたします。
(5)取引に係るリスク管理体制
  デリバティブ取引の執行・管理については、取締役会で承認を得た後、取引を開始しております。また、為替相場及び市場金利と重要な乖離が生じた場合取締役会に報告いたします。
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
 特例処理によっているため省略いたしております。
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
  為替予約については振当処理、金利スワップについては特例処理によっているため省略いたしております。
2.取引の時価等に関する事項
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
 特例処理によっているため時価評価しておりません。
 当社は、デリバティブ取引にはヘッジ会計を適用しているため該当事項はありません。
(退職給付関係)
前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
 該当事項はありません。
当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
 該当事項はありません。
(ストック・オプション等関係)
前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
1.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1)ストック・オプションの内容
 
平成16年ストック・オプション
平成17年ストック・オプション
付与対象者の区分及び数
当社取締役  1名
当社従業員  7名
当社取締役  4名
当社従業員  27名
ストック・オプション数
(注)
普通株式 700株
普通株式 1,040株
付与日
平成16年11月24日
平成17年9月7日
権利確定条件
付与日(平成16年11月24日)以降、権利確定日(平成18年11月17日)まで継続して勤務していること。
付与日(平成17年9月7日)以降、権利確定日(平成19年8月31日)まで継続して勤務していること。
対象勤務期間
2年間(自平成16年11月17日至平成18年11月16日)
2年間(自平成17年8月31日至平成19年8月30日)
権利行使期間
8年間(自平成18年11月17日至平成26年11月16日)ただし、権利確定後退職した場合は、退職後12ヶ月以内まで行使可。
8年間(自平成19年8月31日至平成27年8月30日)ただし、権利確定後定年又は会社都合により退職した場合は、退職後12ヶ月以内まで行使可。
 (注) 株式数に換算して記載しております。
(2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
 当事業年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
①ストック・オプションの数
 
 
平成16年ストック・オプション
平成17年ストック・オプション
権利確定前
(株)
 
 
前事業年度末
 
660
1,040
付与
 
失効
 
17
権利確定
 
660
未確定残
 
1,023
権利確定後
 (株)
 
 
権利確定
 
660
権利行使
 
失効
 
未行使残
 
660
②単価情報
 
 
平成16年ストック・オプション
平成17年ストック・オプション
権利行使価格
(円)
200,000
200,000
行使時平均株価
(円)
付与日における公正な評価単価
(円)
当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
1.ストック・オプションに係る当事業年度における費用計上額及び科目名
  販売費及び一般管理費  10,458千円
 
2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1)ストック・オプションの内容
 
平成16年ストック・
オプション
平成17年ストック・
オプション
平成19年ストック・
オプション
付与対象者の区分及び人数
当社取締役  1名
当社従業員  7名
当社取締役  4名
当社従業員  27名
当社取締役  3名
株式の種類別のストック・オプションの数(注)
普通株式 700株
普通株式 1,040株
普通株式   232株
付与日
平成16年11月24日
平成17年9月7日
平成19年10月9日
権利確定条件
付与日(平成16年11月24日)以降、権利確定日(平成18年11月17日)まで継続して勤務していること。
付与日(平成17年9月7日)以降、権利確定日(平成19年8月31日)まで継続して勤務していること。
権利確定条件は付されておりません。
対象勤務期間
2年間(自平成16年11月17日至平成18年11月16日)
2年間(自平成17年8月31日至平成19年8月30日)
対象勤務期間の定めはありません。
権利行使期間
8年間(自平成18年11月17日至平成26年11月16日)ただし、権利確定後退職した場合は、退職後12ヶ月以内まで行使可。
8年間(自平成19年8月31日至平成27年8月30日)ただし、権利確定後定年又は会社都合により退職した場合は、退職後12ヶ月以内まで行使可。
5年間(自平成19年10月10日至平成24年10月9日)
 (注) 株式数に換算して記載しております。
(2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
 当事業年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
①ストック・オプションの数
 
 
平成16年ストック・
オプション
平成17年ストック・
オプション
平成19年ストック・
オプション
権利確定前
(株)
 
 
 
前事業年度末
 
1,023
付与
 
232
失効
 
85
権利確定
 
938
232
未確定残
 
権利確定後
(株)
 
 
 
前事業年度末
 
660
権利確定
 
938
232
権利行使
 
失効
 
90
70
未行使残
 
570
868
232
②単価情報
 
 
平成16年ストック・
オプション
平成17年ストック・
オプション
平成19年ストック・
オプション
権利行使価格
(円)
200,000
200,000
144,900
行使時平均株価
(円)
付与日における公正な評価単価
(円)
45,079
3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
  当事業年度において付与された平成19年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は
 以下のとおりであります。
 ① 使用した評価技法     ブラック・ショールズ式
 ② 主な基礎数値及び見積方法
 
平成19年ストック・オプション
株価変動性(注)1.
54.792%
予想残存期間(注)2.
2.5年
予想配当(注)3.
0円
無リスク利子率(注)4.
0.932%
(注)1.2.5年間(平成17年4月8日〜平成19年10月9日)の株価実績に基づき算定しております。
 なお、上場日(平成19年3月7日)以前につきましては、類似企業の株価実績に基づく株価収
 益率の平均値を株価変動性の見積りに用いております。
2.十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点にお
 いて行使されるものと推定して見積もっております。
3.配当の実績が無いため、0円としております。
4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
 
4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
  基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
 用しております。
(税効果会計関係)
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
 
(単位:千円)
繰延税金資産
 
貸倒引当金損金算入限度超過額
21,193
賞与引当金否認額
22,953
ポイントサービス引当金否認額
37,258
商品評価損否認額
22,874
未払費用否認額
2,797
未払事業税否認額
11,871
のれん償却否認額
5,979
前受利用料
2,877
減損損失
4,226
礼金償却否認額
1,412
未払事業所税否認額
1,212
株主優待引当金否認額
1,290
その他
2,758
繰延税金資産 小計
138,706
評価性引当額
△1,273
繰延税金資産 合計
137,433
繰延税金負債
 
仮払税金認定損(償却資産税)
△1,526
その他
△18
繰延税金負債 合計
△1,545
繰延税金資産の純額
135,888
 
(単位:千円)
繰延税金資産
 
貸倒引当金損金算入限度超過額
8,754
賞与引当金否認額
26,760
ポイントサービス引当金否認額
48,159
商品評価損否認額
17,105
未払費用否認額
3,297
未払事業税否認額
6,226
減損損失
5,430
礼金償却否認額
2,432
未払事業所税否認額
1,255
株主優待引当金否認額
582
株式報酬費用否認額
4,255
繰延ヘッジ損益
1,034
その他
618
繰延税金資産 小計
125,912
評価性引当額
△1,814
繰延税金資産 合計
124,098
繰延税金負債
 
仮払税金認定損(償却資産税)
△1,295
その他
△12
繰延税金負債 合計
△1,307
繰延税金資産の純額
122,790
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率
40.69
(調整)
 
 
住民税均等割額
3.89
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.72
 
その他
0.89
 
税効果会計適用後の法人税等の負担率
47.19
 
法定実効税率
40.69
(調整)
 
 
住民税均等割額
3.79
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.59
 
その他
△0.55
 
税効果会計適用後の法人税等の負担率
45.52
 
(持分法損益等)
  前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
   該当事項はありません。
  当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
   該当事項はありません。
(企業結合等関係)
  前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
   該当事項はありません。
 
  当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
   パーチェス法適用
   1.企業結合の概要(事業の譲受け)
    (1)事業を取得した相手企業の名称
      タニミズ企画株式会社
    (2)取得した事業の内容
      福岡県北九州市『空港ゴルフガーデン』ゴルフ練習場の運営に関する事業
    (3)企業結合(事業の譲受け)を行った主な理由
      ゴルフ練習場事業の拡大のため。
    (4)企業結合日(事業の譲受け日)
      平成20年5月9日
    (5)企業結合の法的形式
      事業の譲受け
    (6)財務諸表に含まれている取得した事業の業績の期間
      事業の譲受け後、平成20年6月14日より『ゴルフパートナー小倉練習場』として営業を開始しているた
     め、当事業年度中には含まれておりません。
 
   2.取得した事業の取得原価及びその内訳
    (1)取得原価             103,144千円          
    (2)取得原価の内訳
有形固定資産
36,821千円
無形固定資産
66,332千円
固定資産合計
103,144千円
資産合計
103,144千円
 
   3.発生したのれんの金額等
(1)のれんの金額
66,322千円 
(2)発生原因
今後の事業の展開によって期待される将来の収益力から発生したものであります。
(3)償却方法及び償却期間
のれんの償却については、5年間の均等償却を行っております。
 
   4.企業結合日(事業譲受け日)が当事業年度開始の日に完了したと仮定した場合の当事業年度の損益計算書に
    及ぼす影響の概算額
     概算額の算出が困難であるため、記載しておりません。
     なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
【関連当事者との取引】
前事業年度(自 平成18年6月1日 至 平成19年5月31日)
(1)役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
事業年度
末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員
香本育良
 −
 当社取締役ピーエスアール福崎㈱取締役
 (被所有)
0.1
 −
 −
才加練習場の賃借料の支払
(注)2,3
26,100
前払費用
3,045
才加練習場に係る賃貸借契約に基づく保証金の預託
(注)2,3
8,700
差入保証金
8,700
 ピーエスアール福崎㈱が立替えている才加練習場の水道光熱費等経費の精算
(注)2,4
3,142
未払金
459
 当社が立替えているピーエスアール福崎㈱が発行したプリペイドカード料金の精算
(注)2,5
2,035
立替金
30
 (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、事業年度末残高には消費税等が含まれております。
2.上記取引は、当社取締役香本育良がピーエスアール福崎㈱の代表者として行った取引であります。
3.賃借料及び保証金金額については、近隣の実勢取引相場等を加味して決定しております。
4.ピーエスアール福崎㈱が立替えた金額と同額の請求を当社が受け、精算を行っております。
5.当社が才加練習場を運営する以前にピーエスアール福崎㈱が発行していたプリペイドカードについては、一旦、当社がお客様の要望により買取を行った後、買取金額と同額をピーエスアール福崎㈱に請求し、精算を行っております。
当事業年度(自 平成19年6月1日 至 平成20年5月31日)
(1)役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内
容又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
事業年度
末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員
香本育良
 −
 当社取締役ピーエスアール福崎㈱取締役
 (被所有)
0.1
 −
 −
才加練習場の賃借料の支払
(注)2,3
34,800
前払費用
3,045
才加練習場に係る賃貸借契約に基づく保証金の預託
(注)2,3
差入保証金
8,700
ピーエスアール福崎㈱が立替えている才加練習場の水道光熱費等経費の精算
(注)2,4
6,239
未払金
504
当社が立替えているピーエスアール福崎㈱が発行したプリペイドカード料金の精算
(注)2,5
218
立替金 
4
当社商品の販売     (注)2,6
95
売掛金
 (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、事業年度末残高には消費税等が含まれております。
2.上記取引は、当社取締役香本育良がピーエスアール福崎㈱の代表者として行った取引であります。
3.賃借料及び保証金金額については、近隣の実勢取引相場等を加味して決定しております。
4.ピーエスアール福崎㈱が立替えた金額と同額の請求を当社が受け、精算を行っております。
5.当社が才加練習場を運営する以前にピーエスアール福崎㈱が発行していたプリペイドカードについては、一旦、当社がお客様の要望により買取を行った後、買取金額と同額をピーエスアール福崎㈱に請求し、精算を行っております。
6.商品の販売については、一般の取引先条件と同様に決定しております。
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
1株当たり純資産額
24,482円99銭
1株当たり当期純利益金額
3,776円03銭
1株当たり純資産額
28,720円86銭
1株当たり当期純利益金額
4,274円63銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
当期純利益(千円)
143,311
175,259
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
143,311
175,259
期中平均株式数(株)
37,953
41,000
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
新株予約権          2種類
(ストック・オプション 1,683個)
 株主総会
 決議日      平成16年11月16日
 行使金額         200,000円
 付与数            660個
 (700個より40個権利喪失)
 株主総会
 決議日     平成17年8月30日
 行使金額          200,000円
 付与数           1,023個
 (1,040個より17個権利喪失) 
新株予約権         3種類
(ストック・オプション 1,670個)
 株主総会
 決議日      平成16年11月16日
 行使金額         200,000円
 付与数            570個
 (700個より130個権利喪失)
 株主総会
 決議日     平成17年8月30日
 行使金額          200,000円
 付与数             868個
 (1,040個より172個権利喪失)
 株主総会
 決議日     平成19年8月28日
 行使金額          144,900円
 付与数             232個
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
  平成19年8月28日開催の第10回定時株主総会において、当社取締役に対し報酬額としての新株予約権を発行することを決議いたしました。その概要は次のとおりであります。
(1)新株予約権の目的となる株式の種類及び数
 当社普通株式232株を本定時株主総会の翌日から1年間に発行する新株予約権の目的となる株式数の上限とします。
 なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとします。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、該当時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てることとします。
調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
(2)新株予約権の個数
 232個を本定時株主総会の翌日から1年間に発行する新株予約権の数の上限とします。
 なお、新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、1株とします。
 ただし、(1)に定める株式の数の調整を行った場合は、同様の調整を行います。 
(3)各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込価額(以下「行使価額」という)に(2)に定める新株予約権1個の株式数を乗じた金額とします。 
 1株当たりの行使価額は、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という)の属する月の前月の各日(取引が成立していない日を除く)における東京証券取引所における当社株式普通取引の終値の平均値又は新株予約権割当日の前日の東京証券取引所における当社株式普通取引の終値(取引が成立しない場合はそれに先立つ直近日の終値)のうちいずれか高い方に1.05を乗じた金額(1円未満の端数は切り上げ)とします。 
──────

 

前事業年度
(自 平成18年6月1日
至 平成19年5月31日)
当事業年度
(自 平成19年6月1日
至 平成20年5月31日)
   なお、新株予約権割当日後に、当社が株式分割(株式無償割当を含む)又は株式併合を行う場合、その他1株当たりの行使価額の変更をすることが適切な場合は、当社が必要と定める処理を行うものとします。
(4)新株予約権を行使することができる期間
 新株予約権割当日の翌日から5年間とします。
(5)譲渡による新株予約権の取得の制限
 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要するものとします。
(6)新株予約権の行使の条件
・権利を与えられた者は、新株予約権の行使時において、当社の取締役の地位を有していることを要するものとします。ただし、任期満了等の正当な理由により退任する限りにおいては、付与された権利を行使することができるものとします。
・新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は新株予約権を行使することができるものとします。
・その他の条件は、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定めることとします。
(7)新株予約権のその他の内容
 新株予約権に関するその他の内容については、今後開催される新株予約権の募集事項を決定する取締役会の決議において定めることとします。
 
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
投資有価証券
その他有価証券
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
株式会社ゴーゴル
20
1,000
20
1,000
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
312,018
147,056
12,076
(5,832)
446,998
131,512
49,595
315,485
構築物
87,493
77,396
890
(179)
163,999
46,248
23,983
117,751
機械装置
18,281
4,411
22,693
7,709
4,983
14,983
車両運搬具 
302
302
138
138
163
工具器具備品
204,552
37,570
11,019
231,103
168,114
29,829
62,988
土地
181,011
181,011
181,011
建設仮勘定
262
347,406
342,694
4,975
4,975
有形固定資産計
803,619
614,144
366,680
(6,012)
1,051,083
353,723
108,530
697,359
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
のれん
104,799
66,322
104,799
66,322
1,105
7,369
65,217
商標権
9,702
1,126
8,575
6,183
857
2,391
ソフトウェア
122,722
194,555
79,599
237,678
77,523
61,488
160,155
ソフトウェア仮勘定
106,061
192,602
206,713
91,950
91,950
その他
1,409
145
1,555
1,555
無形固定資産計
344,696
453,625
392,238
406,083
84,812
69,715
321,270
長期前払費用
88,112
2,079
320
89,871
82,579
13,695
7,292
 (注)1.「当期減少額」欄の( )は内数で、減損損失の計上額であります。
2.当期償却額には売上原価に振り替えられている減価償却費70,264千円が含まれております。
3.当期増加額及び減少額のうち主なものは次のとおりであります。なお、のれん、商標権及びソフトウェアの減少額は、償却完了によるものであります。また、ソフトウェア仮勘定の減少額は、ソフトウェア勘定への振替によるものであります。
 建       物
増加額(千円)
水戸練習場
59,674
小倉練習場
19,586
外環寝屋川店
7,613
川越街道三芳店 
7,266
熊本浜線バイパス店
6,544
おゆみ野店
6,424
減少額(千円)
福島南バイパス鳥谷野店
6,340
半田有楽町店 
2,720
 構   築   物
増加額(千円)
水戸練習場
51,246
小倉練習場 
16,360
減少額(千円)
半田有楽町店
372
福島南バイパス鳥谷野店
186
 機  械  装  置
増加額(千円)
水戸練習場
4,411
 工 具 器 具 備 品
増加額(千円)
本社
19,604
水戸練習場 
5,603
日高練習場
3,044
減少額(千円) 
イオンタウン弥富店
1,840
川口けやき通り店
944
宝町昭和通り店
887
171箕面店
808
 の   れ   ん
増加額(千円) 
小倉練習場
66,322
— 
 ソ フ ト ウ ェ ア
増加額(千円)
本部在庫システム
95,000
ECシステム 
45,847
モバイルサイトシステム
26,221
 ソフトウェア仮勘定
増加額(千円)
本部在庫システム
50,305
【社債明細表】
銘柄
発行年月日
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
利率
担保
償還期限
㈱ゴルフパートナー第1回無担保社債
平成16年11月30日
50,000
(50,000)
 
0.54%
なし
平成19年11月30日
㈱ゴルフパートナー第2回無担保社債
平成17年7月29日
90,000
(40,000)
50,000
(50,000)
0.48%
なし
平成20年7月29日
㈱ゴルフパートナー第3回期限前償還条項付無担保社債(株式会社三菱東京UFJ銀行保証付)
平成18年3月13日
240,000
(60,000)
180,000
(60,000)
初回0.375%、第2回目以降短期プライムレート−1.0%もしくは6ヶ月TIBOR+0.1%のうちいずれか高い利率
銀行保証
平成23年3月11日
合計
380,000
(150,000)
230,000
 (110,000)
 (注)1.( )内書きは、1年以内の償還予定額であります。
2.貸借対照表日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
 
1年以内
(千円)
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
㈱ゴルフパートナー第2回無担保社債
50,000
㈱ゴルフパートナー第3回期限前償還条項付無担保社債
60,000
60,000
60,000
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
300,000
780,000
1.31
1年以内に返済予定の長期借入金
192,500
367,436
1.92
1年以内に返済予定のリース債務
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
329,195
617,291
2.02
平成21年6月〜
平成24年6月
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
その他の有利子負債
合計
821,695
1,764,727
 (注)1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
342,786
199,505
60,000
15,000
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
52,084
6,264
21,626
15,207
21,514
賞与引当金
56,410
65,766
56,410
65,766
ポイントサービス引当金
91,567
118,357
91,567
118,357
株主優待引当金
3,172
1,432
3,172
1,432
(注) 貸倒引当金の当期減少額(その他)欄の金額は、貸倒懸念債権の回収による取崩額及び一般債権に係る貸倒引当金の洗替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
イ.現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
51,179
預金
 
普通預金
216,516
定期預金
30,000
小計
246,516
合計
297,695
ロ.売掛金
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
三菱UFJニコス 株式会社
83,412
株式会社 ジェーシービー
76,585
三井住友カード 株式会社
37,907
ユーシーカード 株式会社
25,052
AOIインターナショナル株式会社
21,131
その他
278,210
合計
522,300
売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
414,875
8,202,346
8,094,922
522,300
93.9
20.9
 (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
ハ.商品
品目
金額(千円)
ゴルフクラブ
1,447,947
小物
436,449
その他
22,899
合計
1,907,295
② 固定資産
差入保証金
相手先
金額(千円)
シオノギ総合サービス 株式会社
31,177
住友信託銀行 株式会社
18,794
キャロウェイゴルフ 株式会社
15,000
株式会社 光文社
13,500
野村殖産 株式会社
12,000
その他
215,966
合計
306,438
③ 流動負債
買掛金
相手先
金額(千円)
朝日ゴルフ用品 株式会社
70,195
株式会社 千代田
49,711
キャロウェイゴルフ 株式会社
46,323
株式会社 ゴルフプラザセブンツー
45,133
株式会社 ブリヂストンスポーツ東日本
31,307
その他
273,920
合計
516,590
(3)【その他】
 監査報告書日後に発生した重要な後発事象
 当社は平成20年8月21日開催の取締役会において株式会社ベンチャー・リンクとのフランチャイズ展開の業務提携に関する基本契約及びそれに附随する一切の契約を解約する「解約合意書」の締結を決議し、同日、締結いたしました。
 ①契約締結の目的
 当社は、「ゴルフパートナー」フランチャイズ事業の促進を目的として株式会社ベンチャー・リンクと業務提携を行っておりましたが、契約を締結してから既に5年経過し、その間十分な経験や知識、ノウハウが蓄積され、当社独自の手法によるフランチャイズ事業展開が可能となったため、同社との業務提携を解消することを目的として本契約を締結いたしました。
 ②契約の相手会社の名称  
 株式会社ベンチャー・リンク
 ③契約の内容
 当社と株式会社ベンチャー・リンクは平成20年8月31日をもって、平成15年6月1日締結の「フランチャイズ展開の業務提携に関する基本契約」をはじめとする両社間で締結された全ての契約を解約するものであります。
 ④契約の締結が営業活動等へ及ぼす重要な影響
 業務提携契約の解約に伴う解約金の支払により、翌事業年度に特別損失60百万円を計上いたします。
 なお、今後の営業活動に与える重要な影響はございません。




出典: 株式会社ゴルフパートナー、2008-05-31 期 有価証券報告書