有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第31期

第32期

第33期

第34期

第35期

決算年月

平成24年12月

平成25年12月

平成26年12月

平成27年12月

平成28年12月

売上高

(千円)

9,983,899

11,290,337

13,049,810

15,926,800

18,010,709

経常利益

(千円)

1,432,785

1,546,818

2,007,653

2,463,375

2,807,404

当期純利益

(千円)

869,820

880,579

1,237,856

1,626,296

1,883,982

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

803,337

803,337

2,199,210

2,199,210

2,199,210

発行済株式総数

(株)

3,315,000

6,630,000

7,535,400

15,070,800

15,070,800

純資産額

(千円)

6,372,349

7,085,454

10,950,801

12,322,045

13,926,714

総資産額

(千円)

7,763,577

8,755,746

13,246,447

14,959,693

16,653,995

1株当たり純資産額

(円)

961.15

1,068.73

726.65

817.64

922.90

1株当たり配当額

(円)

48.00

37.00

29.00

27.00

22.00

(内、1株当たり中間配当額)

(20.00)

(24.00)

(13.00)

(18.00)

(11.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

131.20

132.82

89.70

107.91

125.01

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

124.96

自己資本比率

(%)

82.1

80.9

82.7

82.4

83.5

自己資本利益率

(%)

14.5

13.1

13.7

14.0

14.4

株価収益率

(倍)

8.1

14.3

17.1

21.9

23.5

配当性向

(%)

18.3

18.8

16.2

16.7

17.6

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,352,123

1,641,318

1,916,663

2,443,978

2,769,639

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

600,650

875,204

1,493,715

2,099,187

1,697,518

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

169,529

158,715

2,588,269

271,247

314,185

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,191,140

2,798,539

5,809,756

5,883,300

6,641,235

従業員数

(名)

226

247

274

336

407

〔外、平均臨時雇用者数〕

598

672

783

926

1,007

 

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.当社は関連会社を有していないため、持分法を適用した場合の投資利益については記載しておりません。

4.第31期の1株当たり配当額48円には、記念配当8円を含んでおります。

5.第31期、第32期、第33期及び第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

6.従業員数には嘱託社員は含んでおりません。従業員数欄の〔外書〕は、パートタイマーの平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

.平成25年7月1日付で1株を2株とする株式分割を行っておりますが、第31期の期首に当該株式分割が行わ
れたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。なお、1株当たり配当額において、第32期中間配当以前については当該株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。

8.当社は、平成26年9月8日を払込期日とする公募増資により普通株式800,000株、平成26年10月8日を払込期日とする第三者割当増資により普通株式105,400株を発行しております。

9.平成27年7月1日付で1株を2株とする株式分割を行っておりますが、第33期の期首に当該株式分割が行わ
れたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。なお、1株当たり配当額において、第34期中間配当以前については当該株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。

 

2【沿革】

当社(形式上の存続会社、旧商号フジエンジニアリング株式会社、1株の旧額面金額500円、昭和57年3月設立)は金属工作機械の製造・設計を営んでおりましたが、平成8年1月以降は休眠状態にありました。

額面金額の変更を目的に、平成8年4月1日を合併期日として、株式会社ブロンコビリー(実質上の存続会社、1株の旧額面金額50,000円、昭和58年12月設立)を吸収合併し、併せて商号を株式会社ブロンコビリーに変更し、同社の事業を全面的に継承し、現在に至っております。従いまして、設立から現在までの沿革の内容につきましては、実質上の存続会社である株式会社ブロンコビリーについて以下に記載いたします。

 

当社代表取締役会長竹市靖公が個人事業として昭和44年3月に喫茶店「喫茶トミヤマ」を開店したのに始まり、昭和53年6月に名古屋市北区においてステーキハウス「ブロンコ」を創業いたしました。

その後、ステーキハウス「ブロンコ」の展開による事業拡大に伴い、昭和58年12月に株式会社ブロンコに法人改組し今日に至っております。

設立から、現在までの沿革は下表のとおりであります。

年月

事項

昭和58年12月

ステーキレストラン経営を目的として名古屋市北区に株式会社ブロンコ(資本金200万円)を設立(店舗数3店)

平成4年9月

名古屋市外の出店1号店、春日井高蔵寺店(愛知県春日井市)開店

平成5年6月

多店舗出店に備え、愛知県春日井市にコミサリー(自社工場)を開設

平成7年1月

株式会社ブロンコビリーに商号変更

平成8年8月

岐阜県での第1号店、大垣垂井店(岐阜県不破郡垂井町)開店

平成9年8月

三重県での第1号店、四日市生桑店(三重県四日市市)開店

平成9年12月

本社を名古屋市名東区に移転し、本社内にトレーニングセンターを開設

平成12年12月

静岡県での第1号店、浜松有玉店(浜松市東区)開店

平成16年6月

オープンキッチンによる炭焼き台、大かまど、サラダバーを導入し3店舗を改装

平成17年4月

上記改装を植田店(名古屋市天白区)を除き全店終了

平成18年4月

本社内に、ケーキ工場を開設

客席数の増加、分煙、内外装のリニューアルを開始

平成19年11月

ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成19年12月

平成18年4月から開始したリニューアルを尾張旭店(愛知県尾張旭市)を除き全店終了

平成20年9月

東京都での第1号店、昭島昭和の森店(東京都昭島市)開店

平成20年11月

埼玉県での第1号店、大宮三橋店(さいたま市大宮区)開店

平成21年10月

コミサリー(自社工場)を愛知県春日井市に拡大移転し、ファクトリー(自社工場)に名称を変更

本社内のトレーニングセンター及びケーキ工場をファクトリー(自社工場)内に移転

平成22年4月

 

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場

平成22年9月

神奈川県での第1号店、青葉台店(横浜市青葉区)開店

平成23年8月

 

 

平成24年8月

平成25年2月

東京証券取引所市場第二部及び名古屋証券取引所市場第二部上場

大阪証券取引所JASDAQ市場(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))の株式上場を廃止

東京証券取引所市場第一部及び名古屋証券取引所市場第一部銘柄に指定

千葉県での第1号店、東千葉店(千葉市中央区)開店

平成25年3月

 

平成26年5月

平成26年11月

平成27年9月

竹市克弘が代表取締役社長に就任

竹市靖公が代表取締役会長に就任

滋賀県での第1号店、彦根店(滋賀県彦根市)開店

神奈川県厚木市に関東ファクトリー(自社工場)を新設

京都府での第1号店、伏見桃山店(京都市伏見区)開店

平成28年6月

大阪府での第1号店、枚方招提店(大阪府枚方市)開店

 

3【事業の内容】

当社は、昭和53年6月にステーキハウス「ブロンコ」を名古屋市北区に開店いたしました。その後、「ブロンコビリー」の店名で名古屋市内から郊外へと店舗を拡大しはじめ、お客様が気軽に立ち寄り易いよう駐車場を完備した郊外型のレストランとして、幹線道路沿いに店舗展開しております。

メインのメニューであるステーキやハンバーグは主に豪州産牛肉を使用し、一緒に新鮮なサラダ(サラダバー)を揃えております。しかも原材料となる牛肉や野菜、ステーキソースに至るまで、こだわった食材を追求しつづけており、バランスの取れた商品構成等を心がけております。

また、その味や鮮度を活かすためにステーキやハンバーグについては、ファクトリー(自社工場)で毎日店舗へ出荷できるよう加工し、野菜については、お客様に新鮮な状態で召し上がっていただけるよう毎日配送の物流体制を取り入れております。

当社は、平成28年12月31日現在、愛知、岐阜、三重、静岡、東京、埼玉、神奈川、千葉、滋賀、京都、大阪の1都2府8県下で直営店108店舗を展開しております。「おいしい料理と気持ちよいサービス、清潔で楽しい店づくりを通じて心地よいひとときを提供すること」を企業理念とし営業活動を進めております。

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

なお、当社は飲食事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成28年12月31日現在

 

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

407

〔1,007〕

29.9

5.4

4,561

(注)1.従業員数は、嘱託社員を除く従業員数であります。

2.当社は飲食事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4.従業員数欄の〔外書〕は、パートタイマーの平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

5.従業員数が前事業年度末に比べ71名増加しましたのは、主として新規出店に伴う採用の増加によるものであります。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社ブロンコビリー、2016-12-31 期 有価証券報告書