有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

当行グループの報告セグメントは、当行グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当行グループは、国内において銀行業務を中心とした金融サービスに係る事業活動を展開しております。

従いまして、当行グループは金融サービス別のセグメントから構成されており、「銀行業務」及び「リース業務」の2つを報告セグメントとしております。

「銀行業務」は主に預金業務や貸出業務、有価証券投資業務や為替業務等の金融取引を行っております。「リース業務」は主に機械・器具備品等のリース取引を行っております。

 

2.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

  報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。

セグメント間の内部計上収益は第三者間取引価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

 

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財務諸表計上額

銀行業務

リース業務

経常収益

 

 

 

 

 

 

 

  (1) 外部顧客に対する
      経常収益

39,800

4,591

44,391

5,140

49,532

49,532

  (2) セグメント間の内部
      経常収益

152

175

327

438

765

765

39,952

4,766

44,719

5,578

50,297

765

49,532

セグメント利益

8,886

337

9,223

447

9,671

26

9,644

セグメント資産

2,712,208

13,944

2,726,152

19,992

2,746,145

21,134

2,725,010

その他の項目

 減価償却費

 資金運用収益

 資金調達費用

 有形固定資産及び無形固 
 定資産の増加額

 

1,410

29,449

2,289

 

2,003

 

81

1

73

 

87

 

1,492

29,451

2,363

 

2,090

 

2

50

68

 

 

1,494

29,501

2,431

 

2,090

 

104

77

 

 

1,494

29,397

2,353

 

2,090

 

(注) 1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。また、差異調整につきましては、経常収益と連結損益計算書の経常収益計上額との差異について記載しております。

 2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、割賦販売業務、クレジット
   カード業務及び信用保証業務等を含んでおります。

 3.調整額は、次のとおりであります。

   (1)セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。 

   (2)セグメント資産の調整額は、セグメント間の債権等の相殺消去及び退職給付に係る資産の調整額であります。 

   (3)資金運用収益の調整額は、セグメント間の貸出金利息等の相殺消去であります。 

   (4)資金調達費用の調整額は、セグメント間の借用金利息等の相殺消去であります。 

 4.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財務諸表計上額

銀行業務

リース業務

経常収益

 

 

 

 

 

 

 

  (1) 外部顧客に対する
      経常収益

38,194

4,627

42,822

5,162

47,984

47,984

  (2) セグメント間の内部
      経常収益

436

169

605

475

1,081

1,081

38,631

4,796

43,428

5,637

49,065

1,081

47,984

セグメント利益

6,784

418

7,203

582

7,785

353

7,431

セグメント資産

2,892,960

13,954

2,906,915

21,210

2,928,125

22,616

2,905,509

その他の項目

 減価償却費

 資金運用収益

 資金調達費用

 有形固定資産及び無形固 
 定資産の増加額

 

2,041

27,524

1,420

 

3,033

 

75

13

60

 

88

 

2,117

27,538

1,480

 

3,122

 

1

132

53

 

0

 

2,119

27,671

1,533

 

3,122

 

514

67

 

 

2,119

27,156

1,466

 

3,122

 

(注) 1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。また、差異調整につきましては、経常収益と連結損益計算書の経常収益計上額との差異について記載しております。

 2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、割賦販売業務、クレジット
   カード業務及び信用保証業務等を含んでおります。

 3.調整額は、次のとおりであります。

   (1)セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。 

   (2)セグメント資産の調整額は、セグメント間の債権等の相殺消去及び退職給付に係る資産の調整額であります。 

   (3)資金運用収益の調整額は、セグメント間の貸出金利息等の相殺消去であります。 

   (4)資金調達費用の調整額は、セグメント間の借用金利息等の相殺消去であります。 

 4.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

1. サービスごとの情報

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

貸出業務

有価証券
投資業務

役務業務

リース業務

その他

合計

外部顧客に対する
経常収益

20,564

11,929

6,317

4,591

6,129

49,532

 

  (注) 一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

 

2.地域ごとの情報 

 

 (1) 経常収益

  当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が、連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

 (2) 有形固定資産

  当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

  特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

1. サービスごとの情報

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

貸出業務

有価証券
投資業務

役務業務

リース業務

その他

合計

外部顧客に対する
経常収益

21,003

10,197

6,117

4,627

6,037

47,984

 

  (注) 一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

 

2.地域ごとの情報 

 

 (1) 経常収益

  当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が、連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

 (2) 有形固定資産

  当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

  特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

報告セグメント

その他

合計

銀行業

リース業

減損損失

525

525

525

 

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

報告セグメント

その他

合計

銀行業

リース業

減損損失

486

486

486

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

該当事項はありません。 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

関連当事者情報について記載すべき重要なものはありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

587円06銭

579円02銭

1株当たり当期純利益金額

28円43銭

24円39銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

28円38銭

24円34銭

 

(注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

純資産の部の合計額

百万円

119,156

118,094

純資産の部の合計額から控除する金額

百万円

89

119

 うち新株予約権

百万円

89

119

普通株式に係る期末の純資産額

百万円

119,067

117,974

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数

千株

202,819

203,748

 

2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益

百万円

5,779

4,959

普通株主に帰属しない金額

百万円

普通株式に係る親会社株主に
帰属する当期純利益

百万円

5,779

4,959

普通株式の期中平均株式数

千株

203,267

203,306

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する
当期純利益調整額

百万円

普通株式増加数

千株

373

419

うち新株予約権

千株

373

419

希薄化効果を有しないため潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要

 

 

3.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する当行株式は、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上、期末株式数ならびに期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
 控除した当該自己株式の期末株式数は、前連結会計年度930千株であり、また期中平均株式数は、前連結会計年度1,118千株、当連結会計年度448千株であります。

 

 

(重要な後発事象)

当行は、平成29年5月12日開催の取締役会において、平成29年6月27日開催の定時株主総会に株式併合について付議することを決議し、本株主総会において株式併合に関する議案が承認可決されました。当該株式併合の内容は次のとおりであります。

 

1.目的

全国証券取引所は、投資家の利便性向上に資するため、国内の上場会社の普通株式売買単位(単元株式数)を100株に統一するための取り組みを進めており、100株単位への移行期限を平成30年10月1日とすることを決定しました。

当行では、この取り組みの趣旨を踏まえ、株式の売買単位を1,000株から100株に変更することを平成29年5月12日開催の取締役会で決議いたしました。

また、この変更に併せて当行は、投資単位についても全国証券取引所が望ましいとする投資単位の水準(5万円以上50万円未満)にするとともに、株主の議決権数に変更が生じることのないよう株式併合(10株を1株に併合)を実施することといたしました。

 

2.株式併合の割合及び時期

平成29年10月1日をもって、同年9月30日(実質上9月29日)の最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を基準に、10株につき1株の割合で併合いたします。

 

3.併合により減少する株式数

 

株式併合前の発行済株式総数(平成29年3月31日現在)

205,121,615株

株式併合により減少する株式数

184,609,454株

株式併合後の発行済株式総数

20,512,161株

 

 (注)「株式併合により減少する株式数」および「株式併合後の発行済株式総数」は、株式併合前の発行済株式総数に株式併合の割合を乗じた理論値であります。

 

4.1株当たり情報に及ぼす影響

前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定した場合における1株当たり情報は、次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

5,870円61銭

5,790円21銭

1株当たり当期純利益金額

284円33銭

243円92銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

283円81銭

243円42銭

 





出典: 株式会社青森銀行、2017-03-31 期 有価証券報告書