有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 当連結会計年度の前4連結会計年度及び当連結会計年度に係る次に掲げる主要な経営指標等の推移

 

 

平成24年度

平成25年度

平成26年度

平成27年度

平成28年度

(自平成24年

4月1日

至平成25年

3月31日)

(自平成25年

4月1日

至平成26年

3月31日)

(自平成26年

4月1日

至平成27年

3月31日)

(自平成27年

4月1日

至平成28年

3月31日)

(自平成28年

4月1日

至平成29年

3月31日)

連結経常収益

百万円

50,519

48,319

49,400

49,532

47,984

連結経常利益

百万円

8,121

8,919

10,153

9,644

7,431

親会社株主に帰属する
当期純利益

百万円

4,304

4,684

10,838

5,779

4,959

連結包括利益

百万円

13,152

4,285

20,693

3,981

106

連結純資産額

百万円

104,814

106,488

117,201

119,156

118,094

連結総資産額

百万円

2,543,003

2,586,791

2,663,532

2,725,010

2,905,509

1株当たり純資産額

480.69

483.93

572.46

587.06

579.02

1株当たり当期純利益金額

20.91

22.97

52.99

28.43

24.39

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

20.88

22.92

52.87

28.38

24.34

自己資本比率

3.84

3.82

4.39

4.36

4.06

連結自己資本利益率

4.64

4.76

10.03

4.89

4.18

連結株価収益率

13.67

12.40

7.30

11.55

15.66

営業活動による
キャッシュ・フロー

百万円

107,393

30,388

44,355

6,888

183,383

投資活動による
キャッシュ・フロー

百万円

31,474

14,488

60,553

21,426

15,685

財務活動による
キャッシュ・フロー

百万円

2,056

1,104

1,421

2,059

10,990

現金及び現金同等物
の期末残高

百万円

119,554

102,559

84,956

97,428

285,506

従業員数
[外、平均臨時従業員数]

1,498

1,462

1,433

1,401

1,371

[777]

[765]

[770]

[792]

[824]

 

(注) 1.当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

2.自己資本比率は、(期末純資産の部合計−期末新株予約権−期末非支配株主持分)を期末資産の部の合計で除して算出しております。

 

 

(2) 当行の当事業年度の前4事業年度及び当事業年度に係る主要な経営指標等の推移

 

回次

第105期

第106期

第107期

第108期

第109期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

経常収益

百万円

40,151

37,872

39,555

39,861

38,566

経常利益

百万円

6,907

7,675

9,136

8,874

6,778

当期純利益

百万円

4,276

4,578

4,973

5,247

4,612

資本金

百万円

19,562

19,562

19,562

19,562

19,562

発行済株式総数

千株

207,121

207,121

207,121

205,121

205,121

純資産額

百万円

96,712

99,150

110,678

112,247

110,504

総資産額

百万円

2,526,508

2,569,804

2,649,103

2,711,748

2,892,442

預金残高

百万円

2,193,919

2,223,019

2,263,993

2,286,800

2,318,081

貸出金残高

百万円

1,474,065

1,522,301

1,578,880

1,659,576

1,699,525

有価証券残高

百万円

845,555

828,596

901,566

873,710

855,210

1株当たり純資産額

474.70

485.04

540.57

552.99

541.77

1株当たり配当額

(内1株当たり中間配当額)


(円)

6.00

7.00

6.00

6.00

6.00

(3.00)

(3.00)

(3.00)

(3.00)

(3.00)

1株当たり当期純利益金額

20.77

22.45

24.32

25.81

22.68

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

20.74

22.40

24.26

25.76

22.64

自己資本比率

3.82

3.85

4.17

4.13

3.81

自己資本利益率

5.49

5.58

5.83

5.91

5.02

株価収益率

13.76

12.69

15.91

12.70

16.84

配当性向

28.69

31.18

24.67

23.24

26.45

従業員数
[外、平均臨時従業員数]

1,399

1,369

1,341

1,313

1,288

[743]

[728]

[730]

[752]

[787]

 

(注) 1.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

2.第109期(平成29年3月)中間配当についての取締役会決議は平成28年11月11日に行いました。

3.第106期(平成26年3月)の1株当たり配当額のうち1円は創立70周年記念配当であります。

4.自己資本比率は、(期末純資産の部合計−期末新株予約権)を期末資産の部の合計で除して算出しております。

 

 

 

2 【沿革】

当行は、昭和18年10月1日に設立されましたが、その起源は明治12年創業の第五十九国立銀行に発しております。

第五十九国立銀行創業以来の主な沿革は次の通りであります。

明治12年1月

第五十九国立銀行創業

明治30年9月

第五十九国立銀行は、普通銀行へ転換し、株式会社第五十九銀行として発足

昭和18年10月

株式会社第五十九銀行、株式会社板柳銀行、株式会社八戸銀行、株式会社津軽銀行及び株式会社青森銀行の5行が合併し、株式会社青森銀行を設立(資本金1,186万円)

昭和19年6月

株式会社弘前商業銀行及び株式会社佐々木銀行より営業一部譲受

昭和38年3月

甲田商事株式会社を設立

昭和45年7月

新本店完成

昭和48年4月

外国為替業務取扱い開始

昭和48年10月

東京証券取引所市場第二部へ株式上場

昭和50年3月

東京証券取引所市場第一部へ株式上場

昭和50年3月

事務センター完成

昭和50年6月

預金オンライン開始

昭和53年7月

財団法人青森地域社会研究所を設立

昭和55年1月

青銀ビジネスサービス株式会社及びあおぎん信用保証株式会社(現・連結子会社)を設立

昭和58年4月

公共債の窓口販売開始

昭和60年6月

公共債のディーリング業務開始

昭和60年7月

あおぎんディーシーカード株式会社を設立

昭和60年10月

あおぎんリース株式会社(現・連結子会社)を設立

昭和61年6月

公共債のフルディーリング業務開始

昭和62年11月

あおぎんコンピュータサービス株式会社を設立

昭和63年4月

青銀キャッシュビジネス株式会社及び青銀不動産調査株式会社を設立

平成元年2月

青銀スタッフサービス株式会社を設立

平成元年3月

あおぎん抵当証券株式会社を設立

平成元年6月

金融先物取引の受託業務開始

平成2年6月

担保附社債信託業務の営業免許取得

平成2年11月

あおぎんクレジットカード株式会社を設立

平成5年9月

信託代理店業務の開始

平成7年11月

あおぎんジェーシービーカード株式会社を設立

平成9年8月
 

青銀キャッシュビジネス株式会社と青銀ビジネスサービス株式会社を合併(存続会社:青銀キャッシュビジネス株式会社)

平成9年8月
 

青銀キャッシュビジネス株式会社の商号を青銀ビジネスサービス株式会社(現・連結子会社)に変更

平成10年12月

本店別館完成

平成10年12月

投資信託の窓口販売開始

平成12年5月

甲田商事株式会社の商号を青銀甲田株式会社(現・連結子会社)に変更

平成13年4月

損害保険の窓口販売開始

平成14年3月

あおぎん抵当証券株式会社を解散し清算

平成14年4月
 

あおぎんクレジットカード株式会社とあおぎんジェーシービーカード株式会社を合併(存続会社:あおぎんクレジットカード株式会社)

平成14年10月

生命保険の窓口販売開始

平成17年3月

証券仲介業務の開始

平成20年6月

青銀スタッフサービス株式会社を解散し清算

平成20年9月

青銀不動産調査株式会社を解散し清算

平成21年5月

勘定系システムをNTTデータ地銀共同センターへ移行

平成22年9月

クレジットカード本体発行業務開始

平成23年2月

あおぎんコンピュータサービス株式会社を解散し清算

平成25年7月

あおぎんディーシーカード株式会社とあおぎんクレジットカード株式会社を合併(存続会社:あおぎんディーシーカード株式会社)し、存続会社の商号をあおぎんカードサービス株式会社(現・連結子会社)に変更

 

 

 

3 【事業の内容】

当行及び当行の関係会社は、当行及び連結子会社5社で構成され、銀行業務を中心に、リース業務、クレジットカード業務などの金融サービスに係る事業を行っております。

当行及び当行の関係会社の事業に係わる位置づけは次のとおりであります。なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

(1) 銀行業務部門

〔銀行業務〕

当行は本店のほか支店88か店、出張所12か店において預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務、社債受託・登録業務及び付帯業務を行っており、グループの中心的部門と位置づけております。

〔周辺業務〕

連結子会社2社においては、不動産管理・賃貸業務、事務代行業務等を行っており、主に銀行業務の周辺業務を担っております。

(2) リース業務部門

〔リース業務〕

連結子会社1社においては、リース業務等を行っております。

(3) その他の業務部門

〔クレジットカード業務〕

連結子会社1社においては、クレジットカード業務等を行っております。

〔信用保証業務〕

連結子会社1社においては、住宅ローンの信用保証業務等を行っております。

 

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

当行との関係内容

役員の
兼任等
(人)

資金
援助

営業上
の取引

設備の
賃貸借

業務
提携

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青銀甲田株式会社

青森県
青森市

10

銀行業務(不動産賃貸業務)

100.0

(−)

[−]

4

(0)

 

預金取引関係
金銭貸借関係

当行との建物の一部賃貸借

青銀ビジネスサービス株式会社

青森県
青森市

20

銀行業務(事務代行業務)

100.0

(−)

[−]

4

(0)

 

預金取引関係

当行より建物の一部賃借

あおぎんカードサービス株式会社

青森県
青森市

56

その他(クレジットカード業務)

100.0

(40.4)

[−]

3

(0)

 

預金取引関係
金銭貸借関係

当行より建物の一部賃借

あおぎんリース株式会社

青森県
青森市

60

リース業務

100.0

(35.0)

[−]

1

(0)

 

預金取引関係
金銭貸借関係

当行より建物の一部賃借

あおぎん信用保証株式会社

青森県
青森市

30

その他(住宅ローンの信用保証業務)

100.0

(−)

[−]

3

(0)

 

預金取引関係

当行より建物の一部賃借

 

(注) 1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

   2.上記関係会社は、特定子会社に該当いたしません。

3.上記関係会社は、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。

4.「議決権の所有割合」欄の(  )内は子会社による間接所有の割合(内書き)、[  ]内は、「自己と出資、人事、資金、技術、取引等において緊密な関係にあることにより自己の意思と同一の内容の議決権を行使すると認められる者」又は「自己の意思と同一の内容の議決権を行使することに同意している者」による所有割合(外書き)であります。

5.「当行との関係内容」の「役員の兼任等」欄の(  )内は、当行の役員(内書き)であります。

6.あおぎんリース株式会社については、経常収益(連結会社相互間の内部経常収益を除く。)の連結経常収益に占める割合が10%を超えております。なお、当連結会計年度のセグメントにおいて、当該連結子会社の経常収益(セグメント間の内部経常収益又は振替高を含む。)のリース業務経常収益に占める割合が90%を超えておりますので、主要な損益情報等の記載を省略しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社における従業員数

平成29年3月31日現在

セグメントの名称

銀行業務

リース業務

その他

合計

従業員数(人)

1,317

[815]

13

[2]

41

[7]

1,371

[824]

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当行グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当行グループへの出向者を含む)であり、臨時従業員800人を含んでおりません。

2.従業員数は、執行役員3人を含んでおります。

3.臨時従業員数は、[  ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。

4.臨時従業員数には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

 

(2) 当行の従業員数

平成29年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,288

[787]

41.3

19.0

6,477

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当行から社外への出向者を除き、社外から当行への出向者を含む)であり、臨時従業員  766人を含んでおりません。

2.当行の従業員はすべて銀行業のセグメントに属しております。

3.従業員数は、執行役員3人を含んでおります。

4.臨時従業員数は、[  ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。

5.臨時従業員数には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

6.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

7.当行の組合は、青森銀行従業員組合と称し、組合員数は881人であります。労使間においては特記すべき事項はありません。

 





出典: 株式会社青森銀行、2017-03-31 期 有価証券報告書