有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(2) 【主な資産及び負債の内容】

当事業年度末(平成17年3月31日)の主な資産及び負債の内容は、次のとおりであります。

 

① 資産の部

預け金

 日本銀行への預け金9,204百万円、他の銀行への預け金443百万円その他であります。

その他の証券

 外国証券88,695百万円及び投資信託41,625百万円その他であります。

未収収益

 有価証券利息配当金1,541百万円、貸出金利息1,018百万円その他であります。

その他の資産

 ソフトウェア2,607百万円、預金保険機構金融安定化拠出基金への拠出金   1,032百万円、仮払金863百万円(代位弁済処理口等)、(社)新金融安定化基金への拠出金726百万円その他であります。

 

② 負債の部

その他の預金

 別段預金57,535百万円、外貨預金26,836百万円その他であります。

未払費用

 預金利息643百万円、人件費217百万円その他であります。

前受収益

 貸出金利息1,466百万円その他であります。

その他の負債

 ファクタリングに伴う未払金4,947百万円その他であります。

 

(3) 【信託財産残高表】

 

資産

 

前事業年度

(平成16年3月31日)

当事業年度

(平成17年3月31日)

金額(百万円)

構成比(%)

金額(百万円)

構成比(%)

有価証券

25

50.22

25

53.06

信託受益権

24

48.21

現金預け金

0

1.57

22

46.94

合計

49

100.00

47

100.00

 

 

負債

 

前事業年度

(平成16年3月31日)

当事業年度

(平成17年3月31日)

金額(百万円)

構成比(%)

金額(百万円)

構成比(%)

金銭信託

49

100.00

47

100.00

合計

49

100.00

47

100.00

(注) 1 共同信託他社管理財産 前事業年度末 —百万円、当事業年度末 —百万円

2 元本補てん契約のある信託については、前事業年度末及び当事業年度末の取扱残高はありません。

 

(4) 【その他】

該当ありません。

 





出典: 株式会社四国銀行、2005-03-31 期 有価証券報告書