有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

 

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

連結会社は一部で銀行業以外の事業を営んでおりますが、それらの事業の全セグメントに占める割合が僅少であるため、事業の種類別セグメント情報は記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

連結会社は一部で銀行業以外の事業を営んでおりますが、それらの事業の全セグメントに占める割合が僅少であるため、事業の種類別セグメント情報は記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

本邦以外の国又は地域に所在する連結会社がないため、所在地別セグメント情報は記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

本邦以外の国又は地域に所在する連結会社がないため、所在地別セグメント情報は記載を省略しております。

 

【国際業務経常収益】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 

国際業務経常収益が連結経常収益の10%未満のため、国際業務経常収益の記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

国際業務経常収益が連結経常収益の10%未満のため、国際業務経常収益の記載を省略しております。

 

【関連当事者情報】

 

Ⅰ 前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

関連当事者情報について記載すべき重要なものはありません。

 

(追加情報)

当連結会計年度より、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準第11号平成18年10月17日)及び「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第13号平成18年10月17日)を適用しております。これによる開示対象の追加はありません。

 

Ⅱ 当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

関連当事者情報について記載すべき重要なものはありません。

 

(開示対象特別目的会社関係)

 

該当ありません。

 

(1株当たり情報)

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
1株当たり純資産額
349.09
441.45
1株当たり当期純利益金額
(△は1株当たり当期純損失金額)
△99.93
20.65

(注) 1 算定上の基礎

(1) 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 
 
前連結会計年度末
平成21年3月31日
当連結会計年度末
平成22年3月31日
1株当たり純資産額
349.09
441.45
純資産の部の合計額
百万円
77,480
97,507
純資産の部の合計額から控除する金額
百万円
2,065
2,154
 うち少数株主持分
百万円
2,065
2,154
普通株式に係る期末の純資産額
百万円
75,414
95,353
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数
千株
216,030
215,996

 

(2) 1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
(△は1株当たり当期純損失金額)
△99.93
20.65
 当期純利益
 (△は当期純損失)
百万円
△21,616
4,462
 普通株主に帰属しない金額
百万円
 普通株式に係る当期純利益
 (△は普通株式に係る当期純損失)
百万円
△21,616
4,462
 普通株式の期中平均株式数
千株
216,300
216,012

 

2 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がなく、また、前連結会計年度は当期純損失が計上されているため記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

 

該当ありません。

 





出典: 株式会社四国銀行、2010-03-31 期 有価証券報告書