有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(百万円)

当期末残高
(百万円)

当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額
(百万円)

当期償却額
(百万円)

差引当期末
残高
(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 建物

31,991

1,054

602

(235)

32,443

22,375

760

10,068

 土地

27,237

〔15,053〕

47

1,161

(1,120)

〔686〕

26,124

〔14,367〕

26,124

 リース資産

3,394

550

333

3,611

2,651

533

960

 建設仮勘定

199

1,127

886

440

440

 その他の有形固定資産

5,164

〔191〕

357

〔4〕

519

(8)

〔139〕

5,003

〔56〕

4,016

269

987

有形固定資産計

67,988

〔15,245〕

3,139

〔4〕

3,503

(1,365)

〔825〕

67,623

〔14,424〕

29,042

1,563

38,580

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 ソフトウェア

10,235

678

349

10,564

9,105

1,306

1,458

 その他の無形固定資産

77

77

2

0

75

無形固定資産計

10,312

678

349

10,641

9,107

1,306

1,533

 

(注)1 当期減少額欄における( )内は、減損損失の計上額(内書き)であります。

  2 〔 〕内は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づく再評価差額(内書き)で
あります。当期増加額欄は土地からその他の有形固定資産への振替による増加であり、当期減少額欄は前記の振替、減損損失の計上及び売却による減少であります。

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

貸倒引当金

20,817

20,071

565

20,251

20,071

一般貸倒引当金

11,765

11,632

11,765

11,632

個別貸倒引当金

9,051

8,438

565

8,485

8,438

うち非居住者向け債権分

782

866

782

866

睡眠預金払戻損失引当金

975

1,158

239

735

1,158

ポイント引当金

41

33

32

8

33

21,834

21,263

838

20,995

21,263

 

(注) 当期減少額(その他)欄に記載の減少額はそれぞれ次の理由によるものであります。

一般貸倒引当金       洗替による取崩額

個別貸倒引当金       洗替による取崩額

 うち非居住者向け債権分  洗替による取崩額

睡眠預金払戻損失引当金   洗替による取崩額

ポイント引当金       洗替による取崩額

 

○ 未払法人税等

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

未払法人税等

520

353

802

70

未払法人税等

300

95

419

△23

未払事業税

219

257

382

94

 

 





出典: 株式会社四国銀行、2016-03-31 期 有価証券報告書