有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
現金預け金
 
 
53,238
1.71
 
57,173
1.83
現金
 
 
37,764
 
 
48,980
 
預け金
 
 
15,473
 
 
8,192
 
コールローン
 
 
25,000
0.80
 
買入金銭債権
 
 
5,171
0.17
 
9,137
0.29
商品有価証券
 
 
1,524
0.05
 
810
0.03
商品国債
 
 
1,522
 
 
780
 
 商品地方債
 
 
2
 
 
29
 
金銭の信託
 
 
11,977
0.38
 
9,675
0.31
有価証券
※1,7
 
935,510
30.01
 
927,406
29.72
国債
 
 
331,471
 
 
305,781
 
地方債
 
 
135,315
 
 
112,477
 
社債
※12
 
296,646
 
 
372,400
 
株式
 
 
109,316
 
 
75,214
 
その他の証券
 
 
62,761
 
 
61,532
 
貸出金
※2,3,4,
5,8
 
2,012,934
64.56
 
2,047,089
65.60
割引手形
※6
 
25,980
 
 
22,743
 
手形貸付
 
 
152,687
 
 
148,537
 
証書貸付
 
 
1,595,557
 
 
1,616,007
 
当座貸越
 
 
238,708
 
 
259,800
 
外国為替
 
 
1,565
0.05
 
1,724
0.06
外国他店預け
 
 
1,345
 
 
1,576
 
買入外国為替
※6
 
6
 
 
5
 
取立外国為替
 
 
212
 
 
141
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
その他資産
 
 
7,033
0.23
 
11,293
0.36
前払費用
 
 
14
 
 
10
 
未収収益
 
 
4,054
 
 
3,891
 
金融派生商品
 
 
27
 
 
697
 
その他の資産
※7
 
2,936
 
 
6,693
 
有形固定資産
※10,11
 
52,431
1.68
 
52,692
1.69
 建物
 
 
9,150
 
 
9,260
 
 土地
※9
 
36,831
 
 
36,835
 
 建設仮勘定
 
 
0
 
 
27
 
 その他の有形固定資産
※9
 
6,448
 
 
6,568
 
無形固定資産
 
 
3,596
0.12
 
4,511
0.14
 ソフトウェア
 
 
3,446
 
 
4,362
 
 その他の無形固定資産
 
 
150
 
 
149
 
繰延税金資産
 
 
 
1,488
0.05
支払承諾見返
 
 
28,541
0.91
 
25,575
0.82
貸倒引当金
 
 
△20,840
△0.67
 
△28,118
△0.90
資産の部合計
 
 
3,117,684
100.00
 
3,120,460
100.00
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
預金
※7
 
2,725,218
87.41
 
2,753,699
88.25
当座預金
 
 
62,098
 
 
46,479
 
普通預金
 
 
1,365,608
 
 
1,330,260
 
貯蓄預金
 
 
192,414
 
 
180,265
 
通知預金
 
 
17,813
 
 
10,854
 
定期預金
 
 
1,030,678
 
 
1,132,541
 
定期積金
 
 
4,068
 
 
724
 
その他の預金
 
 
52,537
 
 
52,571
 
譲渡性預金
 
 
50,756
1.63
 
51,982
1.67
コールマネー
※7 
 
39,071
1.25
 
36,296
1.16
借用金
 
 
190
0.01
 
188
0.01
借入金
 
 
190
 
 
188
 
外国為替
 
 
40
0.00
 
55
0.00
売渡外国為替
 
 
38
 
 
21
 
未払外国為替
 
 
2
 
 
34
 
その他負債
 
 
13,255
0.43
 
17,804
0.57
未払法人税等
 
 
4,033
 
 
4,738
 
未払費用
 
 
2,578
 
 
3,745
 
前受収益
 
 
1,652
 
 
2,111
 
給付補てん備金
 
 
1
 
 
0
 
金融派生商品
 
 
231
 
 
1,227
 
その他の負債
 
 
4,757
 
 
5,981
 
役員賞与引当金
 
 
50
0.00
 
50
0.00
退職給付引当金
 
 
1,282
0.04
 
292
0.01
役員退職慰労引当金
 
 
 
791
0.03
睡眠預金払戻損失引当金
 
 
 
564
0.02
偶発損失引当金
 
 
 
66
0.00
繰延税金負債
 
 
13,109
0.42
 
再評価に係る繰延税金負債
※9
 
10,024
0.32
 
9,990
0.32
支払承諾
 
 
28,541
0.92
 
25,575
0.82
  負債の部合計
 
 
2,881,540
92.43
 
2,897,355
92.86

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
資本金
 
 
18,130
0.58
 
18,130
0.58
資本剰余金
 
 
11,209
0.36
 
11,210
0.35
資本準備金
 
 
11,204
 
 
11,204
 
その他資本剰余金
 
 
4
 
 
6
 
利益剰余金
 
 
156,462
5.02
 
163,766
5.25
利益準備金
 
 
18,130
 
 
18,130
 
その他利益剰余金
 
 
138,331
 
 
145,636
 
行員退職手当基金
 
 
296
 
 
296
 
固定資産圧縮積立金
 
 
242
 
 
273
 
別途積立金
 
 
126,297
 
 
134,297
 
繰越利益剰余金
 
 
11,495
 
 
10,768
 
自己株式
 
 
△277
△0.01
 
△349
△0.01
  株主資本合計
 
 
185,524
5.95
 
192,759
6.17
その他有価証券評価差額金
 
 
37,283
1.20
 
17,239
0.55
繰延ヘッジ損益
 
 
△239
△0.01
 
△445
△0.01
土地再評価差額金
※9
 
13,575
0.43
 
13,551
0.43
  評価・換算差額等合計
 
 
50,619
1.62
 
30,346
0.97
  純資産の部合計
 
 
236,143
7.57
 
223,105
7.14
負債及び純資産の部合計
 
 
3,117,684
100.00
 
3,120,460
100.00
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比(%)
金額(百万円)
百分比(%)
経常収益
 
 
68,773
100.00
 
77,378
100.00
資金運用収益
 
 
52,438
 
 
57,145
 
貸出金利息
 
 
38,209
 
 
43,401
 
有価証券利息配当金
 
 
13,219
 
 
12,889
 
コールローン利息
 
 
955
 
 
777
 
預け金利息
 
 
2
 
 
3
 
その他の受入利息
 
 
52
 
 
73
 
役務取引等収益
 
 
10,812
 
 
10,372
 
受入為替手数料
 
 
4,097
 
 
3,976
 
その他の役務収益
 
 
6,714
 
 
6,395
 
その他業務収益
 
 
3,807
 
 
985
 
外国為替売買益
 
 
122
 
 
204
 
商品有価証券売買益
 
 
65
 
 
29
 
国債等債券売却益
 
 
3,560
 
 
718
 
金融派生商品収益
 
 
44
 
 
32
 
その他の業務収益
 
 
14
 
 
0
 
その他経常収益
 
 
1,714
 
 
8,875
 
株式等売却益
 
 
507
 
 
7,351
 
金銭の信託運用益
 
 
88
 
 
 
その他の経常収益
 
 
1,118
 
 
1,524
 

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比(%)
金額(百万円)
百分比(%)
経常費用
 
 
53,195
77.35
 
60,428
78.1
資金調達費用
 
 
6,571
 
 
9,813
 
預金利息
 
 
2,374
 
 
6,336
 
譲渡性預金利息
 
 
171
 
 
470
 
コールマネー利息
 
 
2,317
 
 
1,862
 
債券貸借取引支払利息
 
 
91
 
 
6
 
借用金利息
 
 
0
 
 
0
 
金利スワップ支払利息
 
 
912
 
 
776
 
その他の支払利息
 
 
703
 
 
361
 
役務取引等費用
 
 
3,527
 
 
3,674
 
支払為替手数料
 
 
600
 
 
606
 
その他の役務費用
 
 
2,927
 
 
3,067
 
その他業務費用
 
 
1,519
 
 
665
 
国債等債券売却損
 
 
1,519
 
 
608
 
国債等債券償却
 
 
 
 
57
 
営業経費
 
 
34,042
 
 
34,910
 
その他経常費用
 
 
7,534
 
 
11,364
 
貸倒引当金繰入額
 
 
6,704
 
 
8,514
 
株式等売却損
 
 
110
 
 
607
 
株式等償却
 
 
0
 
 
894
 
金銭の信託運用損
 
 
19
 
 
354
 
その他の経常費用
 
 
699
 
 
993
 
経常利益
 
 
15,577
22.65
 
16,949
21.9
特別利益
 
 
18
0.03
 
5
0.00
固定資産処分益
 
 
16
 
 
2
 
償却債権取立益
 
 
1
 
 
2
 
特別損失
 
 
938
1.37
 
1,476
1.90
固定資産処分損
 
 
182
 
 
174
 
減損損失
※1
 
756
 
 
93
 
役員退職慰労引当金繰入額
 
 
 
644
 
睡眠預金払戻損失引当金繰入額
 
 
 
564
 
税引前当期純利益
 
 
14,657
21.31
 
15,478
20.00
法人税、住民税及び事業税
 
 
6,633
9.64
 
7,931
10.25
法人税等調整額
 
 
△1,120
△1.63
 
△1,203
△1.55
当期純利益
 
 
9,144
13.30
 
8,750
11.30
 
 
 
 
 
 
 
 
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
行員退職手当基金
固定資産圧縮積立金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日残高
(百万円)
18,130
11,204
3
11,207
18,130
296
172
116,297
13,633
148,531
△211
177,658
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
 
 
 
△840
△840
 
△840
剰余金の配当(中間配当)
 
 
 
 
 
 
 
 
△735
△735
 
△735
役員賞与(注)
 
 
 
 
 
 
 
 
△45
△45
 
△45
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
 
9,144
9,144
 
9,144
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△70
△70
自己株式の処分
 
 
1
1
 
 
 
 
 
 
4
5
固定資産圧縮積立金の積立(注)
 
 
 
 
 
 
23
 
△23
 
固定資産圧縮積立金の積立
 
 
 
 
 
 
45
 
△45
 
別途積立金の積立(注)
 
 
 
 
 
 
 
10,000
△10,000
 
土地再評価差額金取崩額
 
 
 
 
 
 
 
 
406
406
 
406
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
1
1
69
10,000
△2,138
7,931
△66
7,866
平成19年3月31日残高
(百万円)
18,130
11,204
4
11,209
18,130
296
242
126,297
11,495
156,462
△277
185,524
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
土地再評価差額金
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日残高
(百万円)
38,162
13,981
52,144
229,802
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
△840
剰余金の配当(中間配当)
 
 
 
 
△735
役員賞与(注)
 
 
 
 
△45
当期純利益
 
 
 
 
9,144
自己株式の取得
 
 
 
 
△70
自己株式の処分
 
 
 
 
5
固定資産圧縮積立金の積立(注)
 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の積立
 
 
 
 
別途積立金の積立(注)
 
 
 
 
土地再評価差額金取崩額
 
 
 
 
406
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△878
△239
△406
△1,525
△1,525
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△878
△239
△406
△1,525
6,340
平成19年3月31日残高
(百万円)
37,283
△239
13,575
50,619
236,143
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
行員退職手当基金
固定資産圧縮積立金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日残高
(百万円)
18,130
11,204
4
11,209
18,130
296
242
126,297
11,495
156,462
△277
185,524
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
 
 
△734
△734
 
△734
剰余金の配当(中間配当)
 
 
 
 
 
 
 
 
△734
△734
 
△734
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
 
8,750
8,750
 
8,750
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△89
△89
自己株式の処分
 
 
1
1
 
 
 
 
 
 
17
19
固定資産圧縮積立金の積立
 
 
 
 
 
 
31
 
△31
 
別途積立金の積立
 
 
 
 
 
 
 
8,000
△8,000
 
土地再評価差額金取崩額
 
 
 
 
 
 
 
 
23
23
 
23
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
1
1
31
8,000
△726
7,304
△71
7,234
平成20年3月31日残高
(百万円)
18,130
11,204
6
11,210
18,130
296
273
134,297
10,768
163,766
△349
192,759
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
土地再評価差額金
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日残高
(百万円)
37,283
△239
13,575
50,619
236,143
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
 
△734
剰余金の配当(中間配当)
 
 
 
 
△734
当期純利益
 
 
 
 
8,750
自己株式の取得
 
 
 
 
△89
自己株式の処分
 
 
 
 
19
固定資産圧縮積立金の積立
 
 
 
 
別途積立金の積立
 
 
 
 
土地再評価差額金取崩額
 
 
 
 
23
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△20,043
△205
△23
△20,272
△20,272
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△20,043
△205
△23
△20,272
△13,038
平成20年3月31日残高
(百万円)
17,239
△445
13,551
30,346
223,105
重要な会計方針
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.商品有価証券の評価基準及び評価方法
 商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)により行っております。
同左
2.有価証券の評価基準及び評価方法
(1) 有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、子会社株式については移動平均法による原価法、その他有価証券のうち時価のあるものについては、決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)、時価のないものについては、移動平均法による原価法又は償却原価法により行っております。
  なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
(1) 有価証券の評価は、子会社株式については移動平均法による原価法、その他有価証券のうち時価のあるものについては、決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)、時価のないものについては、移動平均法による原価法又は償却原価法により行っております。
  なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
 
(2)有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券の評価は、時価法により行っております。
(2)       同左
3.デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
 デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
同左
4.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 有形固定資産は、定率法(ただし、平成10年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)については定額法)を採用しております。
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
(1)有形固定資産
 有形固定資産は、定率法(ただし、平成10年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)については定額法)を採用しております。
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
 
建物 :
19年〜50年
動産 :
2年〜20年
建物 :
19年〜50年
動産 :
2年〜20年
   
 (会計方針の変更)
  平成19年度税制改正に伴い、平成19年4月1日以後に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく償却方法により減価償却費を計上しております。この変更による経常利益及び税引前当期純利益への影響は軽微であります。
(追加情報)
  当事業年度より、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、償却可能限度額に達した事業年度の翌事業年度以後、残存簿価を5年間で均等償却しております。これにより、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ 120百万円減少しております。

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(2)無形固定資産
 無形固定資産の減価償却は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、行内における利用可能期間(5年)に基づいて償却しております。
(2)無形固定資産
 無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、行内における利用可能期間(5年)に基づいて償却しております。            
5.外貨建て資産及び負債の本邦通貨への換算基準
外貨建の資産・負債は、主として決算日の為替相場による円換算額を付しております。
同左

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
6.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
 「銀行等金融機関の資産の自己査定に係る内部統制の検証並びに貸倒償却及び貸倒引当金の監査に関する実務指針」(日本公認会計士協会銀行等監査特別委員会報告第4号)に規定する正常先債権及び要注意先債権に相当する債権については、過去の一定期間における各々の貸倒実績から算出した貸倒実績率等に基づき引当てております。なお、要注意先債権に相当する債権において、貸出条件緩和債権等を有する債務者で与信額が一定額以上の大口債務者のうち、債権の元本の回収及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積もることができる債権については、当該キャッシュ・フローを貸出条件緩和実施前の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッシュ・フロー見積法)により引当てております。また、当該大口債務者のうち、将来キャッシュ・フローを合理的に見積もることが困難な債務者に対する債権については、個別的に残存期間を算定し、その残存期間に対応する今後の一定期間における予想損失額を引当てております。破綻懸念先債権に相当する債権については、債権額から担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を引当てております。破綻先債権及び実質破綻先債権に相当する債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除した残額を引当てております。
  すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産監査部署が査定結果を監査しており、その査定結果に基づいて上記の引当を行っております。
(1)貸倒引当金
同左

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(2)役員賞与引当金
  役員賞与引当金は、役員への賞与の支払いに備えるため、役員に対する賞与の支給見込額のうち、当事業年度に帰属する額を計上しております。
(2)役員賞与引当金
  役員賞与引当金は、役員への賞与の支払いに備えるため、役員に対する賞与の支給見込額のうち、当事業年度に帰属する額を計上しております。
 
 (会計方針の変更)
  従来、役員賞与は、利益処分により支給時に未処分利益の減少として処理しておりましたが、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号平成17年11月29日)が会社法施行日以後終了する事業年度から適用されることになったことに伴い、当事業年度から同会計基準を適用し、役員に対する賞与を費用として処理することとし、その支給見込額のうち、当事業年度に帰属する額を役員賞与引当金として計上しております。これにより、従来の方法に比べ営業経費は50百万円増加し、税引前当期純利益は同額減少しております。
 
 
 
(3)退職給付引当金
退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、必要額を計上しております。また、過去勤務債務及び数理計算上の差異の費用処理方法は以下のとおりであります。
(3)退職給付引当金
 
     同左
 
(過去勤務債務)
その発生年度の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定額法により損益処理
 
 
 
(数理計算上の差異)
各発生年度の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定率法により発生の翌事業年度から損益処理
 
      
       ——————
 
 
 
 
 (4)役員退職慰労引当金
  役員退職慰労引当金は、役員への退職慰労金の支払いに備えるため、役員に対する退職慰労金の支給見積額のうち、当事業年度末までに発生していると認められる額を計上しております。
 (会計方針の変更)
  従来、役員退職慰労金は、支出時に費用処理をしておりましたが、「租税特別措置法上の準備金及び特別法上の引当金又は準備金並びに役員退職慰労引当金等に関する監査上の取扱い」(日本公認会

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
 
 
計士協会監査・保証実務委員会報告第42号平成19年4月13日。以下「監査・保証実務委員会報告第42号」という。)が平成19年4月1日以後開始する事業年度から適用されることに伴い、当事業年度から同報告を適用しおります。これにより、従来の方法に比べ、営業経費は146百万円、特別損失は644百万円それぞれ増加し、経常利益は146百万円、税引前当期純利益は791百万円それぞれ減少しております。
(5)睡眠預金払戻損失引当金 
 
      ——————
 
 
 
 
 
       
  睡眠預金払戻損失引当金は、利益計上を行った睡眠預金の払戻請求に備えるため、過去の払戻実績に基づく将来の払戻損失見積額を計上しております。
   (追加情報)
従来、利益計上した睡眠預金の預金者への払戻は、払戻時の費用として処理しておりましたが、監査・保証実務委員会報告第42号が平成19年4月1日以後開始する事業年度から適用されることに伴い、当事業年度より同報告を適用しております。これにより、従来の方法に比べ、特別損失は564百万円増加し、税引前当期純利益は同額減少しております。
  なお、当該引当金は、将来の払戻損失見積額が算出可能となった当事業年度末より引当を行っており、当中間会計期間末において当事業年度末と同様の方法により引当を行った場合には、特別損失は578百万円増加し、税引前中間純利益は同額減少いたします。
 
 
     ——————
(6)偶発損失引当金 
 偶発損失引当金は、責任共有制度に基づく信用保証協会等への負担金の支払いに備えるため、対象債権に対する予想負担率等により算定した将来の支払見積額を計上しております。
  (追加情報)
平成19年10月1日に信用保証協会との責任共有制度が開始されたことに伴い、当事業年度より将来の負担金支払見積額を計上しております。これにより、その他経常費用は66百万円増加し、税引前当期純利益は同額減少しております。 

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
7.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。
同左
8.ヘッジ会計の方法
(イ) 金利リスク・ヘッジ
 金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号)に規定する繰延ヘッジによっております。
 ヘッジ有効性評価の方法については、キャッシュ・フローを固定するヘッジについてヘッジ対象とヘッジ手段の金利変動要素等の相関関係を検証しております。
 また、当事業年度末の貸借対照表に計上している繰延ヘッジ損益のうち、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する当面の会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第15号)を適用して実施しておりました多数の貸出金・預金等から生じる金利リスクをデリバティブ取引を用いて総体で管理する従来の「マクロヘッジ」に基づく繰延ヘッジ損失は、「マクロヘッジ」で指定したそれぞれのヘッジ手段の残存期間に応じ平成15年度から6年間にわたって、資金調達費用として期間配分しております。当事業年度末における「マクロヘッジ」に基づく繰延ヘッジ損失は251百万円(税効果額控除前)であります。
 なお、一部の資産・負債については、金利スワップの特例処理を行っております。
(イ) 金利リスク・ヘッジ
 金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号)に規定する繰延ヘッジによっております。
 ヘッジ有効性評価の方法については、キャッシュ・フローを固定するヘッジについてヘッジ対象とヘッジ手段の金利変動要素等の相関関係を検証しております。
 また、当事業年度末の貸借対照表に計上している繰延ヘッジ損益のうち、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する当面の会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第15号)を適用して実施しておりました多数の貸出金・預金等から生じる金利リスクをデリバティブ取引を用いて総体で管理する従来の「マクロヘッジ」に基づく繰延ヘッジ損失は、「マクロヘッジ」で指定したそれぞれのヘッジ手段の残存期間に応じ平成15年度から6年間にわたって、資金調達費用として期間配分しております。当事業年度末における「マクロヘッジ」に基づく繰延ヘッジ損失は 62百万円(税効果額控除前)であります。
 なお、一部の資産・負債については、金利スワップの特例処理を行っております。

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(ロ) 為替変動リスク・ヘッジ
外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第25号)に規定する繰延ヘッジによっております。
ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワップ取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の外貨ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
(ロ) 為替変動リスク・ヘッジ
同左
9.消費税等の会計処理
 消費税及び地方消費税(以下、消費税等という。)の会計処理は、税抜方式によっております。
 ただし、固定資産に係る控除対象外消費税等は当事業年度の費用に計上しております。
                同左
 
会計方針の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号平成17年12月9日)を当事業年度から適用しております。
当事業年度末における従来の「資本の部」に相当する金額は236,383百万円であります。
なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則及び銀行法施行規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則及び銀行法施行規則により作成しております。
 
 
         ——————
 
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10号)別紙様式が「無尽業法施行細則等の一部を改正する内閣府令」(内閣府令第60号平成18年4月28日)により改正され、平成18年4月1日以後開始する事業年度から適用されることになったこと等に伴い、当事業年度から下記のとおり表示を変更しております。
 
         ——————
(貸借対照表関係)
(1)「利益剰余金」に内訳表示していた「任意積立金」及び「当期未処分利益」は、「その他利益剰余金」の「行員退職手当基金」、「固定資産圧縮積立金」、「別途積立金」及び「繰越利益剰余金」として表示しております。
(2)純額で「繰延ヘッジ損失」として「その他資産」に計上していたヘッジ手段に係る損益又は評価差額は、税効果額を控除のうえ評価・換算差額等の「繰延ヘッジ損益」として相殺表示しております。
(3)「動産不動産」は、「有形固定資産」、「無形固定資産」又は「その他資産」に区分して表示しております。
  ①「動産不動産」中の「土地建物動産」は、「有形固定資産」中の「建物」、「土地」、「その他の有形固定資産」に区分表示し、「建設仮払金」は「有形固定資産」中の「建設仮勘定」として表示しております。
  ②「動産不動産」中の「保証金権利金」のうち権利金は、「無形固定資産」中の「その他の無形固定資産」として、保証金は、「その他資産」中の「その他の資産」として表示しております。
(4)「その他資産」に含めて表示していたソフトウェアは、「無形固定資産」の「ソフトウェア」に表示しております。
 
 
 
 
 
 
 
(損益計算書関係)
「動産不動産処分益」、「動産不動産処分損」は、貸借対照表の「動産不動産」が「有形固定資産」、「無形固定資産」等に区分されたことに伴い、それぞれ「固定資産処分益」、「固定資産処分損」として表示しております。
 
               
   注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1.関係会社の株式総額
477百万円
※1.関係会社の株式総額
477百万円
※2.貸出金のうち、破綻先債権額は2,211百万円、延滞債権額は23,880百万円であります。
 なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号のイからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
 また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
※2.貸出金のうち、破綻先債権額は1,982百万円、延滞債権額は26,027百万円であります。
 なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号のイからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
 また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
※3.貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額は7百万円であります。
 なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で破綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
※3.貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額は19百万円であります。
 なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で破綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
※4.貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は34,266百万円であります。
 なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3カ月以上延滞債権に該当しないものであります。
※4.貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は35,546百万円であります。
 なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3カ月以上延滞債権に該当しないものであります。
※5.破綻先債権額、延滞債権額、3カ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は60,365百万円であります。
 なお、上記2.から5.に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
※5.破綻先債権額、延滞債権額、3カ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は63,575百万円であります。
 なお、上記2.から5.に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※6.手形割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れた商業手形及び買入外国為替は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、その額面金額は、25,987百万円であります。
※6.手形割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れた商業手形及び買入外国為替は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、その額面金額は、22,749百万円であります。
※7.担保に供している資産は次のとおりであります。
担保に供している資産
※7.担保に供している資産は次のとおりであります。
担保に供している資産
有価証券
72,104百万円
有価証券
95,314百万円
担保資産に対応する債務
担保資産に対応する債務
預金
12,396百万円
預金
コールマネー
19,376百万円
5,000百万円 
 上記のほか、為替決済、指定金融機関等の取引の担保あるいは先物取引証拠金等の代用として、有価証券58,776百万円を差し入れております。
 また、その他の資産のうち保証金は304百万円であります。
 上記のほか、為替決済、指定金融機関等の取引の担保あるいは先物取引証拠金等の代用として、有価証券59,415百万円を差し入れております。
 また、その他の資産のうち保証金は304百万円であります。
※8.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。これらの契約に係る融資未実行残高は560,972百万円であり、このうち原契約期間が1年以内のもの又は任意の時期に無条件で取消可能なものが553,844百万円あります。
 なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも当行の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
※8.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。これらの契約に係る融資未実行残高は586,067百万円であり、このうち原契約期間が1年以内のもの又は任意の時期に無条件で取消可能なものが576,084百万円あります。
 なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも当行の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※9.土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い、評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
※9.土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い、評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
再評価を行った年月日
平成10年3月31日
再評価を行った年月日
平成10年3月31日
同法律第3条第3項に定める再評価の方法
 土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第1号に定める地価公示価格に基づいて、奥行価格補正等合理的な調整を行って算出しております。
 ただし、適切な地価公示価格がない場合は同施行令第2条第2号に定める基準地価又は同施行令第2条第4号に定める地価税法に規定する方法により算定した価格に時点修正等合理的な調整を行って算出しております。
同法律第3条第3項に定める再評価の方法
 土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第1号に定める地価公示価格に基づいて、奥行価格補正等合理的な調整を行って算出しております。
 ただし、適切な地価公示価格がない場合は同施行令第2条第2号に定める基準地価又は同施行令第2条第4号に定める地価税法に規定する方法により算定した価格に時点修正等合理的な調整を行って算出しております。
同法律第10条に定める再評価を行った事業用土地の当事業年度末における時価の合計額と当該事業用土地の再評価後の帳簿価額の合計額との差額
11,235百万円
同法律第10条に定める再評価を行った事業用土地の当事業年度末における時価の合計額と当該事業用土地の再評価後の帳簿価額の合計額との差額
10,719百万円
※10.有形固定資産の減価償却累計額
32,744百万円
※10.有形固定資産の減価償却累計額
32,969百万円
※11.有形固定資産の圧縮記帳額
3,671百万円
(当事業年度圧縮記帳額 −百万円)
※11.有形固定資産の圧縮記帳額
3,671百万円
(当事業年度圧縮記帳額 −百万円)
※12.有価証券中の社債のうち、有価証券の私募(証券取引法第2条第3項)による社債に対する当行の保証債務の額は10,471百万円であります。
※12.有価証券中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する当行の保証債務の額は9,360百万円であります。
 (会計方針の変更)
   上記保証債務に係る支払承諾及び支払承諾見返については、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10号)別紙様式が「銀行法施行規則等の一部を改正する内閣府令」(内閣府令第38号平成19年4月17日)により改正され、平成18年4月1日以後開始する事業年度から適用されることになったことに伴い、当事業年度から相殺しております。
   これにより、従来の方法に比べ支払承諾及び支払承諾見返は、それぞれ10,471百万円減少しております。
 
 
 

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
   なお、当該変更は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10号)別紙様式が平成19年4月17日付で改正されたことから当事業年度末に行っており、当中間会計期間末は従来の方法によっております。当中間会計期間末に当該変更を行った場合には、従来の方法に比べ支払承諾及び支払承諾見返は、それぞれ9,294百万円減少いたします。
 
  13.銀行法第18条の定めにより剰余金の配当に制限を受けております。
   剰余金の配当をする場合には、会社法第445条第4項(資本金の額及び準備金の額)の規定にかかわらず、当該剰余金の配当により減少する剰余金の額に5分の1を乗じて得た額を資本準備金又は利益準備金として計上しております。
   なお、当行は利益準備金の額が資本金の額に達しているため、当事業年度における剰余金の配当に係る利益準備金は計上しておりません。
  13.銀行法第18条の定めにより剰余金の配当に制限を受けております。
   剰余金の配当をする場合には、会社法第445条第4項(資本金の額及び準備金の額)の規定にかかわらず、当該剰余金の配当により減少する剰余金の額に5分の1を乗じて得た額を資本準備金又は利益準備金として計上しております。
   なお、当行は利益準備金の額が資本金の額に達しているため、当事業年度における剰余金の配当に係る利益準備金は計上しておりません。
 
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.営業利益の減少によるキャッシュ・フローの低下及び地価の下落した以下の資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額756百万円を減損損失として特別損失に計上しております。
※1.所有目的を変更した以下の資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額93百万円を減損損失として特別損失に計上しております。
区分
地域
種類
減損損失
(百万円)
営業用
資産
鹿児島県内
 7か所
土地
及び建物
230
(うち土地  194)
(うち建物   35)
鹿児島県外
 1か所
土地
及び建物
516
(うち土地  479)
(うち建物   37)
遊休
資産
鹿児島県内
 2か所
土地
5
鹿児島県外
 3か所
土地
3
合計
756
(うち土地  683)
(うち建物  72)
区分
地域
種類
減損損失
(百万円)
遊休
資産
 鹿児島県内 
 1か所
土地
及び建物
93
(うち土地   43)
(うち建物   49)
 営業用資産のグルーピングの方法は、管理会計上の最小区分である営業店単位(ただし、連携して営業を行っている営業店グループは当該グループ単位)で行っております。
 資産グループの回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、「不動産鑑定評価基準」(国土交通省平成14年7月3日改正)等に基づき評価した額より処分費用見込額を控除して算定しております。
 営業用資産のグルーピングの方法は、管理会計上の最小区分である営業店単位で行っております。
 資産グループの回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、「不動産鑑定評価基準」(国土交通省平成14年7月3日改正)等に基づき評価した額より処分費用見込額を控除して算定しております。
 
 
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項                                                 
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
摘要
自己株式
 
 
 
 
 
  (普通株式)
335
80
6
409
(注)
 (注)当事業年度における自己株式の増減は、単元未満株式の買取及び売渡によるものであります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項                                            
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
摘要
自己株式
 
 
 
 
 
  (普通株式)
409
107
24
492
(注)
 (注)当事業年度における自己株式の増減は、単元未満株式の買取及び売渡によるものであります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
・リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び年度末残高相当額
・リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び年度末残高相当額
 
動産
ソフトウェア
合計
取得価額相当額
3,987百万円
146百万円
4,134百万円
減価償却累計額相当額
2,386百万円
123百万円
2,510百万円
年度末残高相当額
1,600百万円
23百万円
1,624百万円
 
その他の有形固定資産
ソフトウェア
合計
取得価額相当額
4,994百万円
333百万円
5,328百万円
減価償却累計額相当額
3,176百万円
171百万円
3,347百万円
年度末残高相当額
1,818百万円
162百万円
1,980百万円
・未経過リース料年度末残高相当額
・未経過リース料年度末残高相当額
 
1年内
1年超
合計
 
725百万円
1,003百万円
1,729百万円
 
1年内
1年超
合計
 
744百万円
1,330百万円
2,074百万円
・支払リース料、減価償却費相当額、減損損失累計額及び支払利息相当額
・支払リース料、減価償却費相当額、減損損失累計額及び支払利息相当額
支払リース料
890百万円
減価償却費相当額
759百万円
支払利息相当額
124百万円
支払リース料
943百万円
減価償却費相当額
792百万円
支払利息相当額
139百万円
・減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
・減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
・利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
・利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(有価証券関係)
○子会社株式で時価のあるもの
 前事業年度、当事業年度ともに、時価のある子会社株式はありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
貸倒引当金
8,150百万円
退職給付引当金
1,595百万円
減価償却超過額
630百万円
有価証券償却
378百万円
その他有価証券評価差額金
2,899百万円
無形固定資産償却超過額
535百万円
未払事業税
325百万円
減損損失
2,605百万円
繰延ヘッジ損益
172百万円
その他
576百万円
繰延税金資産小計
17,869百万円
評価性引当額
△3,122百万円
繰延税金資産合計
14,747百万円
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△27,682百万円
固定資産圧縮積立金
△164百万円
繰延ヘッジ損益
△9百万円
繰延税金負債合計
△27,856百万円
繰延税金資産(負債)の純額
△13,109百万円
繰延税金資産
 
貸倒引当金
11,048百万円
その他有価証券評価差額金
4,377百万円
減損損失
2,642百万円
有価証券償却
638百万円
減価償却超過額
581百万円
無形固定資産償却超過額
508百万円
未払事業税
359百万円
役員退職慰労引当金
319百万円
繰延ヘッジ損益
303百万円
睡眠預金払戻損失引当金
228百万円
退職給付引当金
 117百万円
その他
581百万円
繰延税金資産小計
21,707百万円
評価性引当額
△3,718百万円
繰延税金資産合計
17,989百万円
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
  前払年金費用
△15,869百万円
 △443百万円
固定資産圧縮積立金
△185百万円
繰延ヘッジ損益
△1百万円
繰延税金負債合計
△16,500百万円
繰延税金資産(負債)の純額
1,488百万円
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率
40.4%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.6%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△3.3%
住民税均等割
0.3%
情報基盤強化設備等を取得した場合の法人税額の特別控除
△0.5%
その他
0.1%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
37.6%
法定実効税率
40.4%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.9%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△1.7%
住民税均等割
0.3%
有価証券償却
1.7%
役員退職慰労引当金繰入
2.0%
その他
△0.2%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
43.4%
(1株当たり情報)
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,124.52
1,062.85
1株当たり当期純利益
43.54
41.68
 (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。
 
前事業年度末
(平成19年3月31日)
当事業年度末
(平成20年3月31日)
純資産の部の合計額
百万円
236,143
223,105
  純資産の部の合計額から控除する金額
百万円
  普通株式に係る事業年度末の純資産額
百万円
236,143
223,105
  1株当たり純資産額の算定に用いられた事業年度末の普通株式の数
千株
209,993
209,911
    2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
 
 
当期純利益
百万円
9,144
8,750
普通株主に帰属しない金額
百万円
普通株式に係る当期純利益
百万円
9,144
8,750
普通株式の期中平均株式数
千株
210,034
209,945
3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないので記載しておりません。
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)

         —————— 
 当行の取引先である株式会社アリサカは、平成20年5月28日に宮崎地方裁判所へ会社更生手続開始の申立を行いました。同日現在の同社に対する貸出債権額は1,319百万円であり、担保等で保全されていない金額は1,035百万円であります。なお、保全されていない部分については、翌事業年度において引当等の損失処理を行う予定であります。 
④【附属明細表】
当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
31,812
973
588
32,197
22,937
735
9,260
土地
36,831
158
154
36,835
36,835
建設仮勘定
0
460
433
27
27
その他の有形固定資産
16,531
1,370
1,301
(93)
16,600
10,032
746
6,568
有形固定資産計
85,176
2,963
2,477
(93)
85,661
32,969
1,482
52,692
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
ソフトウェア
8,015
2,067
1,211
8,871
4,509
1,151
4,362
その他の無形固定資産
169
0
2
167
18
1
149
無形固定資産計
8,185
2,067
1,214
9,039
4,527
1,152
4,511
その他
304
5
4
304
304
 (注)1.当期減少額欄における( )内は減損損失の計上額(内書き)であります。
2.その他の有形固定資産の項目は、動産及び事業用以外の土地建物であります。
3.その他の無形固定資産の項目は、施設利用権その他であります。
4.その他の項目は、貸借対照表科目では「その他の資産」に計上しております。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
20,840
28,118
1,236
19,604
28,118
一般貸倒引当金
12,768
17,569
12,768
17,569
個別貸倒引当金
8,071
10,549
1,236
6,835
10,549
うち非居住者向け債権分
役員賞与引当金
50
50
50
50
役員退職慰労引当金
791
791
睡眠預金払戻損失引当金
564
564
偶発損失引当金
66
66
20,890
29,590
1,286
19,604
29,590
 (注)当期減少額(その他)欄に記載の減少額はそれぞれ次の理由によるものであります。
一般貸倒引当金・・・・洗替による取崩額
個別貸倒引当金・・・・主として洗替による取崩額
○ 未払法人税等
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
未払法人税等
4,033
8,152
7,447
4,738
未払法人税等
3,228
6,617
5,997
3,848
未払事業税
805
1,535
1,450
889
(2)【主な資産及び負債の内容】
 当事業年度末(平成20年3月31日現在)の主な資産及び負債の内容は、次のとおりであります。
① 資産の部
預け金
日本銀行への預け金7,672百万円その他であります。
その他の証券
外国証券43,320百万円、投資信託受益証券13,612百万円、匿名組合契約等出資金
4,598百万円であります。
未収収益
貸出金利息1,692百万円、有価証券利息1,731百万円その他であります。
その他の資産
前払年金費用3,921百万円、会員券その他1,890百万円その他であります。
② 負債の部
その他の預金
別段預金48,816百万円、外貨預金3,176百万円その他であります。
未払費用
預金利息2,325百万円、人件費785百万円その他であります。
前受収益
貸出金利息1,986百万円その他であります。
その他の負債
一括ファクタリング4,670百万円、仮受金(手形交換持出、自動機振込金等)706百万円その他であります。
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社鹿児島銀行、2008-03-31 期 有価証券報告書