有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

当行グループの報告セグメントは、当行グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、当行が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当行グループは、銀行業務を中心にリース業務などの金融サービスを提供しており、「銀行業」及び「リース業」の2つを報告セグメントとしております。

「銀行業」は、預金業務、貸出業務、為替業務、証券業務等を行っており、「リース業」は、リース業務を行っております。

 

2.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 

3.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
その他
合計
調整額
連結財務諸表計上額
銀行業
リース業
経常収益
 
 
 
 
 
 
 
  外部顧客に対する
  経常収益
65,520
12,370
77,890
1,419
79,310
79,310
  セグメント間の内部
  経常収益
243
1,252
1,495
523
2,018
△2,018
65,763
13,622
79,386
1,943
81,329
△2,018
79,310
セグメント利益
16,299
1,106
17,405
690
18,096
△44
18,051
セグメント資産
3,541,909
29,761
3,571,670
13,698
3,585,368
△24,412
3,560,956
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
5,110
341
5,452
12
5,465
5,465
  資金運用収益
50,757
35
50,793
190
50,984
△162
50,821
  資金調達費用
2,803
224
3,028
2
3,030
△270
2,760

(注) 1.一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。

2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、主なものはクレジットカード業務及び債務保証業務であります。

3.調整額は、セグメント間取引消去であります。

4.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
その他
合計
調整額
連結財務諸表計上額
銀行業
リース業
経常収益
 
 
 
 
 
 
 
  外部顧客に対する
  経常収益
65,000
11,754
76,754
1,608
78,362
78,362
  セグメント間の内部
  経常収益
233
1,185
1,418
535
1,954
△1,954
65,233
12,940
78,173
2,143
80,317
△1,954
78,362
セグメント利益
12,461
890
13,352
813
14,166
△39
14,126
セグメント資産
3,647,465
29,969
3,677,435
14,137
3,691,573
△24,768
3,666,804
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
5,264
212
5,477
17
5,494
5,494
  資金運用収益
48,054
36
48,091
158
48,250
△154
48,095
  資金調達費用
2,295
187
2,482
3
2,486
△242
2,244

(注) 1.一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。

2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、主なものはクレジットカード業務及び債務保証業務であります。

3.調整額は、セグメント間取引消去であります。

4.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

1.サービスごとの情報

 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
貸出業務
有価証券
投資業務
リース業務
その他
合計
外部顧客に対する
経常収益
39,599
12,824
12,082
14,804
79,310

(注)  一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 経常収益

当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

1.サービスごとの情報

 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
貸出業務
有価証券
投資業務
リース業務
その他
合計
外部顧客に対する
経常収益
37,854
14,510
11,639
14,358
78,362

(注)  一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 経常収益

当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

  当連結会計年度(自  平成24年4月1日 至  平成25年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
その他
合計
 
銀行業
リース業
減損損失
248
248
248

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度ともに、該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度ともに、該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

  前連結会計年度及び当連結会計年度ともに、関連当事者との取引について記載すべき重要なものはありません。

 

(1株当たり情報)
 
前連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成24年4月1日
至  平成25年3月31日)
1株当たり純資産額
1,213.86
1,317.12
1株当たり当期純利益金額
41.68
37.10

(注) 1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 
前連結会計年度
(平成24年3月31日)
当連結会計年度
(平成25年3月31日)
純資産の部の合計額
百万円
264,488
286,811
純資産の部の合計額から控除する金額
百万円
9,698
10,392
  うち少数株主持分
百万円
9,698
10,392
普通株式に係る連結会計年度末の
純資産額
百万円
254,789
276,419
1株当たり純資産額の算定に用いられた
連結会計年度末の普通株式の数
千株
209,899
209,864

2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 
前連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成24年4月1日
至  平成25年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
 
  当期純利益
百万円
8,749
7,786
  普通株主に帰属しない金額
百万円
  普通株式に係る当期純利益
百万円
8,749
7,786
  普通株式の期中平均株式数
千株
209,904
209,882

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、前連結会計年度及び当連結会計年度ともに潜在株式がないので記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

該当する事象はありません。

 





出典: 株式会社鹿児島銀行、2013-03-31 期 有価証券報告書