有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 

1.報告セグメントの概要

当行グループでは、構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものとして、「銀行業」及び「リース業」を報告セグメントとしております。

 

2.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」の「4.会計処理基準に関する事項」に記載の内容と概ね同一であります。

 

3.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財
務諸表
計上額

銀行業

リース業

経常収益

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客に対する経常収益

131,550

26,901

158,452

3,756

162,208

162,208

セグメント間の内部経常収益

630

265

896

4,398

5,295

5,295

132,181

27,167

159,348

8,155

167,504

5,295

162,208

セグメント利益

27,758

1,030

28,789

1,777

30,566

406

30,159

セグメント資産

7,785,419

70,393

7,855,813

32,673

7,888,486

76,108

7,812,377

セグメント負債

7,398,220

63,188

7,461,408

25,671

7,487,079

75,839

7,411,240

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

8,284

436

8,720

17

8,738

3

8,734

資金運用収益

96,231

54

96,286

624

96,911

706

96,205

資金調達費用

5,732

466

6,198

128

6,326

659

5,667

減損損失

770

770

770

770

税金費用

8,497

404

8,902

75

8,978

67

8,910

有形固定資産及び無形固定

資産の増加額

11,151

623

11,774

7

11,782

8

11,773

 

(注) 1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業を含んでおります。

3.調整額は、次のとおりであります。

(1) セグメント利益の調整額△406百万円には、株式会社札幌北洋ホールディングスが連結子会社から受け取った配当金の相殺消去△209百万円、その他セグメント間取引消去等が含まれております。

(2) セグメント資産の調整額△76,108百万円及びセグメント負債の調整額△75,839百万円には、セグメント間債権債務相殺消去△75,730百万円が含まれております。

(3) 資金運用収益の調整額△706百万円は、株式会社札幌北洋ホールディングスが連結子会社から受け取った配当金の相殺消去△209百万円及びセグメント間取引消去△496百万円であります。

(4) 資金調達費用の調整額△659百万円は、セグメント間取引消去であります。

(5) 税金費用の調整額△67百万円は、セグメント間取引消去等に係る法人税等調整額であります。

4.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結財
務諸表
計上額

銀行業

リース業

経常収益

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客に対する経常収益

198,080

26,975

225,056

3,476

228,533

228,533

セグメント間の内部経常収益

720

237

958

3,771

4,729

4,729

198,801

27,213

226,014

7,247

233,262

4,729

228,533

セグメント利益

95,054

909

95,964

2,463

98,427

248

98,178

セグメント資産

7,857,659

71,224

7,928,884

34,812

7,963,696

76,127

7,887,568

セグメント負債

7,547,574

63,638

7,611,212

25,772

7,636,985

75,965

7,561,020

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

8,755

397

9,153

14

9,168

15

9,184

資金運用収益

136,987

35

137,023

230

137,254

524

136,729

資金調達費用

5,105

412

5,518

119

5,638

476

5,161

減損損失

2,511

2,511

2,511

2,511

税金費用

6,436

354

6,790

719

7,509

11

7,498

有形固定資産及び無形固定

資産の増加額

8,227

665

8,893

16

8,909

98

8,811

 

(注) 1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業を含んでおります。

3.調整額は、次のとおりであります。

(1) セグメント利益の調整額△248百万円には、セグメント間取引消去等が含まれております。

(2) セグメント資産の調整額△76,127百万円及びセグメント負債の調整額△75,965百万円には、セグメント間債権債務相殺消去△74,686百万円が含まれております。

(3) 資金運用収益の調整額△524百万円には、セグメント間取引消去等が含まれております。

(4) 資金調達費用の調整額△476百万円は、セグメント間取引消去であります。

4.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

1.サービスごとの情報

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

貸出業務

有価証券
投資業務

リース業務

その他

合計

外部顧客に対する経常収益

78,685

24,653

26,839

32,030

162,208

 

(注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 経常収益

当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

(2) 有形固定資産

当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

1.サービスごとの情報

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

貸出業務

有価証券
投資業務

リース業務

その他

合計

外部顧客に対する経常収益

73,163

94,388

27,004

33,976

228,533

 

(注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 経常収益

当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

(2) 有形固定資産

当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

銀行業

リース業

減損損失

770

770

770

 

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

銀行業

リース業

減損損失

2,511

2,511

2,511

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

1.関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

記載すべき重要なものはありません。

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

種類

会社等の名称又は氏名

所在地

資本金又は出資金(百万円)

事業の内容
又は職業

議決権等の所有(被所有)割合(%)

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額(百万円)

科目

期末残高(百万円)

役員

下村  幸弘

当行監査役

被所有

直接  0.0%

当行監査役

資金の貸付

(注)

貸出金

10

 

(注) 取引条件及び取引条件の決定方針等

一般の取引先と同様な条件で行っております。

 

2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自  平成24年4月1日

至  平成25年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成25年4月1日

至  平成26年3月31日)

1株当たり純資産額

746.82

809.62

1株当たり当期純利益金額

46.81

193.82

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

27.47

139.63

 

(注) 1.当連結会計年度中に優先株式の自己株式取得及び消却を行っており、当連結会計年度末現在では潜在株式は存在しておりません。

 

2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 

 

前連結会計年度

(自  平成24年4月1日

至  平成25年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成25年4月1日

至  平成26年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

当期純利益

百万円

19,385

86,967

普通株主に帰属しない金額

百万円

1,460

9,655

うち定時株主総会決議に
よる優先配当額

百万円

730

うち中間優先配当額

百万円

730

476

うち配当優先株式に係る
消却差額

百万円

9,179

普通株式に係る当期純利益

百万円

17,925

77,311

普通株式の期中平均株式数

382,889,072

398,879,387

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

 

 

当期純利益調整額

百万円

1,460

9,655

うち定時株主総会決議に
よる優先配当額

百万円

730

うち中間優先配当額

百万円

730

476

うち配当優先株式に係る
消却差額

百万円

9,179

普通株式増加数

322,580,646

223,958,333

うち優先株式

322,580,646

223,958,333

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要

 

————

————

 

 

(会計方針の変更)

「会計方針の変更」に記載のとおり、退職給付会計基準等を適用し、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従っております。

この結果、当連結会計年度の1株当たり純資産額が、35銭増加しております。

 





出典: 株式会社北洋銀行、2014-03-31 期 有価証券報告書