有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(百万円)

当期末残高
(百万円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額

(百万円)

当期償却額
(百万円)

差引当期末
残高
(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

69,458

1,056

6,522

(157)

63,992

25,013

2,121

38,978

土地

45,336

[11,428]

20

6,679

(2,257)

[3,595]

38,677

[7,832]

38,677

リース資産

2,405

1,047

3,452

383

182

3,069

建設仮勘定

383

558

407

535

535

その他の有形固定資産

33,484

[164]

13,699

[1,315]

6,229

(96)

[48]

40,953

[1,431]

30,625

1,346

10,328

有形固定資産計

151,067

16,381

19,838

(2,511)

147,611

56,022

3,650

91,588

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

ソフトウェア

——

——

——

49,467

36,164

5,101

13,302

のれん

——

——

——

リース資産

——

——

——

その他の無形固定資産

——

——

——

644

96

4

548

無形固定資産計

——

——

——

50,111

36,260

5,105

13,850

 

(注) 1.当期減少額欄における(  )内は減損損失の計上額(内書き)であります。

2.当期首残高欄、当期増加額欄、当期減少額欄及び当期末残高欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の残高であります。また、当期増加額は科目振替によるものであり、当期減少額は科目振替、土地の売却及び減損損失の計上によるものであります。

3.無形固定資産の金額が、資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

 

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

貸倒引当金

69,959

69,359

7,032

62,926

69,359

一般貸倒引当金

13,555

11,365

13,555

11,365

個別貸倒引当金

56,404

57,994

7,032

49,371

57,994

うち非居住者向け債権分

賞与引当金

1,465

1,439

1,465

1,439

睡眠預金払戻損失引当金

1,470

1,652

1,470

1,652

ポイント引当金

228

251

228

251

73,122

72,702

8,498

64,624

72,702

 

(注) 当期減少額(その他)欄に記載の減少額はそれぞれ次の理由によるものであります。

一般貸倒引当金・・・・・・・洗替による取崩額

個別貸倒引当金・・・・・・・洗替による取崩額

睡眠預金払戻損失引当金・・・洗替による取崩額

ポイント引当金・・・・・・・洗替による取崩額

 

○ 未払法人税等

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

未払法人税等

1,867

248

2,113

2

未払法人税等

1,267

1,265

1

未払事業税

600

248

847

0

 

 





出典: 株式会社北洋銀行、2014-03-31 期 有価証券報告書