有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(百万円)

当期末残高
(百万円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額

(百万円)

当期償却額
(百万円)

差引当期末
残高
(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

65,395

4,957

807

(475)

69,546

32,120

2,130

37,425

土地

38,457

[7,794]

2,173

[1,204]

514

(361)

[365]

40,116

[8,633]

40,116

リース資産

4,292

1,626

5,919

1,143

434

4,775

建設仮勘定

82

224

163

144

144

その他の有形固定資産

39,228

[1,398]

1,238

[28]

8,575

(89)

[1,232]

31,891

[194]

25,305

1,303

6,586

有形固定資産計

147,457

10,220

10,061

(926)

147,617

58,568

3,867

89,048

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

ソフトウェア

——

——

——

55,418

45,576

5,047

9,841

のれん

——

——

——

リース資産

——

——

——

その他の無形固定資産

——

——

——

529

103

3

425

無形固定資産計

——

——

——

55,947

45,680

5,051

10,267

 

(注) 1.当期減少額欄における(  )内は減損損失の計上額(内書き)であります。

2.当期首残高欄及び当期末残高欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の残高(内書き)であります。

当期増加額欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の増加額(内書き)であり、科目振替によるものであります。

当期減少額欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の減少額(内書き)であり、科目振替及び減損損失の計上によるものであります。

3.無形固定資産の金額が、資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

 

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

貸倒引当金

56,961

44,810

10,687

46,273

44,810

一般貸倒引当金

9,435

8,112

151

9,283

8,112

個別貸倒引当金

47,526

36,698

10,536

36,989

36,698

うち非居住者向け債権分

賞与引当金

1,646

1,733

1,646

1,733

睡眠預金払戻損失引当金

1,672

1,553

1,672

1,553

ポイント引当金

272

323

272

323

60,551

48,420

12,334

48,217

48,420

 

(注) 当期減少額(その他)欄に記載の減少額はそれぞれ次の理由によるものであります。

一般貸倒引当金・・・・・・・洗替による取崩額

個別貸倒引当金・・・・・・・洗替による取崩額

睡眠預金払戻損失引当金・・・洗替による取崩額

ポイント引当金・・・・・・・洗替による取崩額

 

○ 未払法人税等

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

未払法人税等

1,007

2,446

1,607

1,846

未払法人税等

573

1,349

857

1,065

未払事業税

434

1,097

750

781

 

 





出典: 株式会社北洋銀行、2016-03-31 期 有価証券報告書