有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(百万円)

当期末残高
(百万円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額

(百万円)

当期償却額
(百万円)

差引当期末
残高
(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

69,546

1,269

669

(121)

70,145

33,792

2,159

36,353

土地

40,116

[8,633]

15

[]

1,258

(70)

[579]

38,873

[8,054]

38,873

リース資産

5,919

494

13

6,400

1,628

498

4,771

建設仮勘定

144

1,546

637

1,053

1,053

その他の有形固定資産

31,891

[194]

2,641

[521]

3,323

(231)

[490]

31,209

[225]

24,672

1,167

6,536

有形固定資産計

147,617

5,967

5,902

(422)

147,682

60,093

3,825

87,588

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

ソフトウェア

——

——

——

58,718

50,216

4,646

8,502

のれん

——

——

——

リース資産

——

——

——

その他の無形固定資産

——

——

——

540

109

4

430

無形固定資産計

——

——

——

59,259

50,326

4,650

8,933

 

(注) 1.当期減少額欄における(  )内は減損損失の計上額(内書き)であります。

2.当期首残高欄及び当期末残高欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の残高(内書き)であります。

当期増加額欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の増加額(内書き)であり、科目振替によるものであります。

当期減少額欄における[  ]内は、土地再評価差額(繰延税金負債控除前)の減少額(内書き)であり、科目振替及び減損損失の計上によるものであります。

3.無形固定資産の金額が、資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

 

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

貸倒引当金

44,810

33,723

8,853

35,956

33,723

一般貸倒引当金

8,112

6,593

8,112

6,593

個別貸倒引当金

36,698

27,130

8,853

27,844

27,130

うち非居住者向け債権分

賞与引当金

1,733

1,694

1,733

1,694

睡眠預金払戻損失引当金

1,553

1,615

1,553

1,615

ポイント引当金

323

359

323

359

48,420

37,392

10,587

37,832

37,392

 

(注) 当期減少額(その他)欄に記載の減少額はそれぞれ次の理由によるものであります。

一般貸倒引当金・・・・・・・洗替による取崩額

個別貸倒引当金・・・・・・・洗替による取崩額

睡眠預金払戻損失引当金・・・洗替による取崩額

ポイント引当金・・・・・・・洗替による取崩額

 

○ 未払法人税等

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

未払法人税等

1,846

762

1,846

762

未払法人税等

1,065

122

1,065

122

未払事業税

781

640

781

640

 

 





出典: 株式会社北洋銀行、2017-03-31 期 有価証券報告書