有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次
第3期
第4期
第5期
第6期
第7期
第8期
決算年月
平成13年8月
平成14年8月
平成15年8月
平成16年8月
平成17年8月
平成18年3月
売上高
(千円)
355,346
409,533
362,592
535,371
592,440
488,510
経常利益又は
経常損失(△)
(千円)
29,227
△160,394
△224,022
9,118
△90,766
35,896
当期純利益又は
当期純損失(△)
(千円)
24,594
△227,967
△204,420
4,265
△101,035
32,017
持分法を適用した
場合の投資利益
(千円)
資本金
(千円)
1,000,000
1,136,250
1,136,250
1,136,250
1,386,314
1,886,370
発行済株式総数
(株)
19,264
21,989
21,989
21,989
25,025.42
32,326.67
純資産額
(千円)
1,247,534
1,287,540
1,090,617
1,089,474
1,484,101
2,514,620
総資産額
(千円)
1,460,308
1,797,350
1,748,818
1,636,677
2,312,569
3,237,213
一株当たり純資産額
(円)
64,759.89
58,553.86
49,598.32
49,546.36
59,321.33
77,818.28
一株当たり配当額
(内一株当たり
中間配当額)
(円)
        —
        (—)
        —
        (—)
       —
       (—)
       —
       (—)
   — 
  (—)
— 
  (—)
一株当たり
当期純利益金額又は
当期純損失金額(△)
(円)
1,276.71
△10,821.58
△9,296.49
194.00
△4,395.26
1,132.48
潜在株式調整後
一株当たり
当期純利益金額
(円)
192.76
1,122.47
自己資本比率
(%)
85.4
71.6
62.4
66.6
64.2
77.7
自己資本利益率
(%)
2.0
0.4
1.6
株価収益率
(倍)
680.41
171.31
配当性向
(%)
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△870,135
△647,089
△93,704
251,335
△586,781
△232,097
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△9,267
△21,254
△3,880
△18,652
△51,399
5,094
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
105,000
553,156
163,024
△135,106
683,675
829,088
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
215,873
100,686
166,124
263,702
309,195
911,280
従業員数
(名)
22
47
43
37
47
48

(注) 1 売上高には消費税等は含んでおりません。

2 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

3 潜在株式調整後一株当たり当期純利益金額は、第4期、第5期及び第7期については一株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。又、第3期については新株引受権付社債及び転換社債の発行がないため記載しておりません。

4 持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社がないため記載しておりません。

5 第3期の一株当たり当期純利益金額は、期首に株式分割が行われたものとして算出しております。

6 第5期から一株当たり純資産額、一株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後一株当たり当期純利益金額の算定に当たっては、「一株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号)及び「一株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。

7 当社は平成17年11月25日開催の第7期定時株主総会決議により、決算日を8月31日から3月31日に変更いたしました。従いまして、第8期事業年度については、平成17年9月1日から平成18年3月31日までの7ヶ月となります。

 

2 【沿革】

 

平成10年9月
京都市にフューチャーベンチャーキャピタル株式会社を設立
平成10年11月
当社第一号ファンドであるフューチャー一号投資事業有限責任組合を設立
平成11年10月
 
(財)大阪府研究開発型企業振興財団(FORECS)(現 (財)大阪産業振興機構)から特定ベンチャーキャピタルに認定
平成11年12月
投資顧問業免許取得
平成11年12月
(財)京都産業技術振興財団(現 (財)京都産業21)から特定ベンチャーキャピタルに認定
平成12年9月
(財)石川県産業創出支援機構から特定ベンチャーキャピタルに認定
平成12年11月
 
(財)福井県産業振興財団(現 (財)ふくい産業支援センター)から特定ベンチャーキャピタルに認定
平成13年2月
石川県金沢市に金沢事務所を設立
平成13年10月
大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現 大阪証券取引所ヘラクレス)に株式を上場
平成13年11月
東京都中央区に東京支店を設立
平成14年5月
岩手県盛岡市に岩手事務所を設立
平成15年4月
(財)千葉県産業振興センターから特定ベンチャーキャピタルに認定
平成15年6月
(財)三重県産業支援センター及び(財)滋賀県産業支援プラザから特定ベンチャーキャピタルに認定
平成16年4月
三重県津市に三重事務所を設立
平成17年4月
京都市中京区手洗水町に本社を移転
平成17年7月
山形県山形市に山形事務所を設立
平成17年8月
兵庫県神戸市に神戸事務所を設立

 

3 【事業の内容】

当社は京都・大阪・滋賀を中心とする関西圏、北陸地域、東北地域及び首都圏を主なテリトリーとして豊かな成長性を有し、株式の公開・上場を目指すいわゆるベンチャー企業への投資を行っております。そのための資金は投資事業組合というファンドを組成し、当社がその無限責任組合員又は業務執行組合員となって投資先の選定及び育成支援に当たっております。これに伴う管理報酬を当該投資事業組合より得ております。

投資先企業への育成支援としては、営業活動への協力や人材紹介や様々な経営課題解決への助言、企業の合併・買収の斡旋等を行っております。

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

〔事業系統図〕

 


 

4 【関係会社の状況】

該当事項は、ありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成18年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(円)
48
29.0
2.7
4,280,885

(注) 1 従業員は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

   

(2) 労働組合の状況

労働組合は組織されておりませんが、労使関係は円満で特記する事項はありません。





出典: フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書