有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
74,176円11銭

1株当たり純資産額
53,412円19銭

1株当たり当期純損失
3,725円02銭

1株当たり当期純損失
20,914円54銭

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

(注)1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、次のとおりであります。

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
連結損益計算書上の当期純損失(千円)
120,425
676,471
普通株式に係る当期純損失(千円)
120,425
676,471
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式の期中平均株式数(株)
32,328
32,344
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
(うち新株予約権(株))
 (—)
(—)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
①第1回新株引受権  429株
②第1回新株予約権  158株
③第2回新株予約権  182株
④第3回新株予約権  552株
⑤第4回新株予約権  582株
①第1回新株引受権  429株
②第1回新株予約権  154株
③第2回新株予約権  179株
④第3回新株予約権  532株
⑤第4回新株予約権  540株

 

(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
該当事項はありません。
(短期借入金の借入条件の変更及び新規借入について)
 当社は取引金融機関2行とコミットメントライン契約を締結しており、そのコミット枠は各々5億円と10億円であります。
 株式会社三菱東京UFJ銀行とのコミット枠5億円のコミットメントライン契約(当連結会計年度末現在の借入実行額1.5億円)につきましては、来期におきまして財務制限条項に抵触することが確実な状況となっておりますが、平成20年5月22日に当該コミットメントライン契約から同額の手形による借入に契約変更を行っております。
 また、株式会社関西アーバン銀行とのコミット枠10億円のコミットメントライン契約(当連結会計年度末現在の借入実行額10億円)につきましても、平成20年5月21日に当該コミットメントライン契約から、1億円を返済の上、手形による借入に契約変更を行っております。詳細につきましては、次のとおりであります。
目的
返済期限延長による短期資金の安定化
借入先の名称
株式会社
三菱東京UFJ
銀行
株式会社
関西アーバン銀行
借入金額
1.5億円
1億円
8億円
変更後の金利
1.875%
2.375%
変更後の
返済期限
平成21年
5月22日
平成20年
9月30日
平成21年
4月30日
変更による
利息の増減額
2,509千円減
6,984千円減
その他
重要な特約等
該当なし
該当なし

 さらに、当社の業務提携先である藍澤證券株式会社より、平成20年5月19日におきまして金銭消費貸借契約による新規借入50,000千円(返済期限平成21年4月1日)を行っております。詳細につきましては、次のとおりであります。
資金使途
運転資金
利率
3.000%
返済条件
期日一括返済
担保提供資産
営業投資有価証券
その他
重要な特約等
該当なし






出典: フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書