有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次
第9期
第10期
第11期
第12期
第13期
決算年月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
平成23年3月
売上高
(千円)
1,020,767
376,046
420,131
362,654
830,939
経常損失(△)
(千円)
△730,559
△3,769,297
△4,983,965
△ 4,033,750
△2,358,602
当期純損失(△)
(千円)
△120,425
△676,471
△899,192
△ 599,460
△333,786
包括利益
(千円)
△2,354,068
純資産額
(千円)
18,391,272
17,520,235
13,306,347
9,440,741
6,719,822
総資産額
(千円)
20,021,530
20,230,278
15,270,393
11,011,083
8,143,166
1株当たり純資産額
(円)
74,176.11
53,412.19
25,352.29
8,855.63
1,909.77
1株当たり
当期純損失金額(△)
(円)
△3,725.02
△20,914.54
△26,813.66
△16,311.33
△7,132.52
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
12.0
8.5
5.7
3.7
1.1
自己資本利益率
(%)
株価収益率
(倍)
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△4,747,738
△2,368,125
△1,382,133
△954,285
150,940
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△90,432
2,319
32,709
△763,581
210,944
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
5,241,387
3,061,272
218,810
△ 164,493
△477,388
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
5,208,403
5,903,871
4,773,257
2,890,896
2,775,393
従業員数
(名)
57
67
47
42
34

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第9期、第10期、第11期、第12期及び第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在しておりますが、いずれも1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3 第9期、第10期、第11期、第12期及び第13期の自己資本利益率及び株価収益率については、いずれも当期純損失が計上されたため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次
第9期
第10期
第11期
第12期
第13期
決算年月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
平成23年3月
売上高
(千円)
892,955
807,165
755,757
652,487
598,993
経常損失(△)
(千円)
△66,313
△788,398
△789,996
△581,526
△303,321
当期純損失(△)
(千円)
△74,657
△800,272
△821,480
△601,922
△328,519
資本金
(千円)
1,887,167
1,887,211
1,911,936
1,977,066
1,984,501
発行済株式総数
(株)
32,355.67
32,357
34,507
45,669
46,869
純資産額
(千円)
2,448,903
1,647,311
871,889
405,231
103,601
総資産額
(千円)
3,923,265
4,049,362
2,565,833
1,896,929
1,381,845
1株当たり純資産額
(円)
75,716.66
50,929.41
25,275.82
8,732.49
1,901.52
1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)
(円)

(—)

 (—)

(—)

(—)
(—)
1株当たり
当期純損失金額(△)
(円)
△2,309.33
△24,742.12
△24,496.32
△16,378.31
△7,019.97
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
62.4
40.7
34.0
21.0
6.4
自己資本利益率
(%)
株価収益率
(倍)
配当性向
(%)
従業員数
(名)
57
67
47
42
33

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第9期、第10期、第11期、第12期及び第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在しておりますが、いずれも1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3 第9期、第10期、第11期、第12期及び第13期の自己資本利益率及び株価収益率については、いずれも当期純損失が計上されたため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

 

平成10年9月
京都市にフューチャーベンチャーキャピタル株式会社を設立
平成10年11月
当社第一号ファンドであるフューチャー一号投資事業有限責任組合を設立
平成11年12月
投資顧問業免許取得
平成13年2月
石川県金沢市に金沢事務所を設立
平成13年10月
大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現JASDAQ市場)に株式を上場
平成13年11月
東京都中央区に東京支店を設立
平成14年5月
岩手県盛岡市に岩手事務所を設立
平成16年4月
三重県津市に三重事務所を設立
平成17年4月
京都市中京区手洗水町に本社を移転
平成17年7月
山形県山形市に山形事務所を設立
平成17年8月
兵庫県神戸市に神戸事務所を設立
平成17年8月
当社初の機関投資家向け大型ファンドであるFVCグロース投資事業有限責任組合を設立
平成18年9月
大阪証券取引所ヘラクレス市場(現JASDAQ市場)グロース銘柄からスタンダード銘柄に所属変更
平成18年9月
東京都千代田区に東京支店を移転
平成18年9月
愛媛県松山市に愛媛事務所を設立
平成19年3月
大阪府堺市に堺事務所を設立
平成19年6月
青森県青森市に青森事務所を設立
平成21年7月
 
平成22年10月
コンサルティング業務の強化を目的として、FVCアドバイザーズ株式会社を設立(当社100%出資)
大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

 

3 【事業の内容】

  当社グループは京都に本社、国内各地に事業拠点を置き、豊かな成長性を有するベンチャー企業への支援を主な事業として取り組んでおります。当社グループの事業におけるセグメントとの関連は次のとおりであります。

 

 ベンチャーキャピタル事業

ベンチャー企業への投資及び投資助言、投資事業組合の組成及びその管理・運営、投資事業組合の無限責任組合員又は業務執行組合員となって投資先の選定及び育成支援を行う他、その活動に付随して生じる収益機会について積極的に取り組んでおります。

 

コンサルティング事業

業種や規模によらず幅広く企業経営者に向けたコンサルティングサービスを提供しております。

 

 以上に述べた事項を事業系統図によって示しますと、次のとおりであります。

 

〔事業系統図〕


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称
住所
資本金又は
出資金総額
(百万円)
主要な
事業の内容
出資割合
(%)
関係内容
(連結子会社)
 
 
 
 
 
フューチャー二号投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,000
ベンチャーキャピタル事業
10.0
(注)3、5、6
石川県ベンチャー育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,500
ベンチャーキャピタル事業
18.7
(注)3、5、6
フューチャー四号投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,150
ベンチャーキャピタル事業
8.7
(注)3、5、6
フューチャー五号投資事業有限責任組合
京都市中京区
710
ベンチャーキャピタル事業
25.4
(注)3、5、6
いわてベンチャー育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,000
ベンチャーキャピタル事業
10.2
(0.2)
(注)3、5、6
フューチャーエンジェル一号投資事業有限責任組合
京都市中京区
83
ベンチャーキャピタル事業
7.2
(注)3、6
京都イノベーション育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
60
ベンチャーキャピタル事業
16.7
(注)3、6
関西を元気にする投資事業有限責任組合
京都市中京区
200
ベンチャーキャピタル事業
5.0
(注)3、5、6、8
フューチャー六号投資事業有限責任組合
京都市中京区
130
ベンチャーキャピタル事業
15.4
(注)3、6
みえ新産業創造投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,000
ベンチャーキャピタル事業
15.0
(注)3、5、6
つくばベンチャー企業育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
500
ベンチャーキャピタル事業
10.0
(注)3、5、6
アーバン・エフブイシー・ベンチャー育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,000
ベンチャーキャピタル事業
10.0
(注)3、5、6

 

名称
住所
資本金又は
出資金総額
(百万円)
主要な
事業の内容
出資割合
(%)
関係内容
フューチャー七号投資事業有限責任組合
京都市中京区
300
ベンチャーキャピタル事業
16.7
(注)3、5、6
投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2004
京都市中京区
500
ベンチャーキャピタル事業
10.0
(注)3、5、6
FVCリテール投資事業有限責任組合
京都市中京区
400
ベンチャーキャピタル事業
62.5
(注)3、5、6
投資事業有限責任組合やまとベンチャー企業育成ファンド
京都市中京区
500
ベンチャーキャピタル事業
10.0
(注)3、5、6
滋賀ベンチャー育成ファンド投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,150
ベンチャーキャピタル事業
10.1
(1.4)
(注)3、5、6
神戸ベンチャー育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,120
ベンチャーキャピタル事業
7.3
(2.9)
(注)3、5、6
FVCグロース投資事業有限責任組合
京都市中京区
10,000
ベンチャーキャピタル事業
16.0
(注)3、5、6、7
チャレンジ山形産業振興投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,140
ベンチャーキャピタル事業
8.8
(注)3、5、6
いわてベンチャー育成2号投資事業有限責任組合
京都市中京区
365
ベンチャーキャピタル事業
8.4
(5.7)
(注)3、5、6
しずおかベンチャー育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
360
ベンチャーキャピタル事業
7.2
(4.4)
(注)3、5、6
みえ新産業創造第2号投資事業有限責任組合
京都市中京区
1,000
ベンチャーキャピタル事業
4.8
(3.8)
(注)3、5、6
FVCグロース二号投資事業有限責任組合
京都市中京区
950
ベンチャーキャピタル事業
52.6
(注)3、5、6
さかいベンチャー育成投資事業有限責任組合
京都市中京区
920
ベンチャーキャピタル事業
2.8
(1.7)
(注)3、5、6
あおもりクリエイトファンド投資事業有限責任組合
京都市中京区
2,215
ベンチャーキャピタル事業
5.4
(4.0)
(注)3、5、6

 

名称
住所
資本金又は
出資金総額
(百万円)
主要な
事業の内容
出資割合
(%)
関係内容
いわてベンチャー育成エンジェル投資事業組合
京都市中京区
10
ベンチャーキャピタル事業
20.0
(注)3、6
FVCアドバイザーズ株式会社
京都市中京区
3
コンサルティング事業
100.0
役員の兼任
1名

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 出資割合の(内書)内は、間接所有割合で内数であります。

3 当社は、無限責任組合員又は業務執行組合員として当該投資事業組合に出資しております。

4 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

5 特定子会社であります。

6 出資金総額は、コミットメント総額であります。

7 FVCグロース投資事業有限責任組合については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

     主要な損益情報等
 
     ① 売上高
     421百万円
     ② 経常損失(△)
  △1,097百万円
     ③ 当期純損失(△)
  △1,097百万円
     ④ 純資産額
    3,199百万円
     ⑤ 総資産額
   3,199百万円

8 関西を元気にする投資事業有限責任組合については、平成21年7月14日に期間満了により解散いたしましたが、当連結会計年度末においては清算期間中であるため、関係会社に含めております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

  平成23年3月31日現在

セグメントの名称
従業員数(名)
ベンチャーキャピタル事業
31
コンサルティング事業
3
合計
34

(注) 1 従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除いた就業人員数であります。

2 前連結会計年度に比べ従業員数が8名減少しておりますが、主として自己都合退職によるものであります。

 

(2) 提出会社の状況

  平成23年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(円)
33
31.3
5.5
4,102,266

 

セグメントの名称
従業員数(名)
ベンチャーキャピタル事業
31
コンサルティング事業
2
合計
33

(注) 1 従業員数は、当社から他社への出向者を除いた就業人員数であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 前連結会計年度に比べ従業員数が9名減少しておりますが、主として自己都合退職によるものであります。

 

(3) 労働組合の状況

 労働組合は組織されておりませんが、労使関係は円満で特記する事項はありません。





出典: フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書