有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第15期

第16期

第17期

第18期

第19期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(百万円)

456

505

835

1,055

365

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

461

360

911

61

686

親会社株主に帰属する
当期純利益又は
親会社株主に帰属する
当期純損失(△)

(百万円)

49

94

190

25

491

包括利益

(百万円)

280

534

751

36

710

純資産額

(百万円)

4,554

3,655

2,370

2,722

3,431

総資産額

(百万円)

5,498

4,498

3,053

3,330

3,584

1株当たり純資産額

(円)

58.65

32.36

17.26

110.02

358.03

1株当たり当期純利益金額
又は当期純損失金額(△)

(円)

8.09

15.39

30.89

3.92

62.68

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

6.5

4.4

3.5

23.5

88.8

自己資本利益率

(%)

14.8

株価収益率

(倍)

12.9

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

226

131

478

475

390

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

122

144

113

64

240

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

310

441

698

239

2,921

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

1,474

1,308

1,202

1,981

2,902

従業員数

(名)

26

23

22

22

33

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第16期、第17期、第18期及び第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在しておりますが、いずれも1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3 第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 第16期、第17期、第18期及び第19期の自己資本利益率については、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されたため記載しておりません。

5 第16期、第17期、第18期及び第19期の株価収益率については、1株当たり当期純損失が計上されたため記載しておりません。

6 平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、第15期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額を算定しています。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第15期

第16期

第17期

第18期

第19期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(百万円)

412

462

601

417

278

経常損失(△)

(百万円)

83

86

173

11

401

当期純利益又は
当期純損失(△)

(百万円)

43

94

182

21

446

資本金

(百万円)

2,048

2,051

2,065

2,416

1,942

発行済株式総数

(株)

61,259

6,153,400

6,262,200

7,104,600

8,893,300

純資産額

(百万円)

359

196

102

782

3,231

総資産額

(百万円)

1,458

1,154

878

1,419

3,365

1株当たり純資産額

(円)

55.96

29.68

15.82

109.69

363.30

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)

(円)

7.11

15.40

29.67

3.21

56.99

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

23.5

15.8

11.3

54.9

95.98

自己資本利益率

(%)

13.6

株価収益率

(倍)

14.6

配当性向

(%)

従業員数

(名)

26

23

22

22

30

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第16期、第17期、第18期及び第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在しておりますが、いずれも1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3 第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 第16期、第17期、第18期及び第19期の自己資本利益率については、当期純損失が計上されたため記載しておりません。

5 第16期、第17期、第18期及び第19期の株価収益率については、1株当たり当期純損失が計上されたため記載しておりません。

6 平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、第15期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額を算定しています。

 

 

2 【沿革】

 

平成10年9月

京都市にフューチャーベンチャーキャピタル株式会社を設立

平成10年11月

当社第一号ファンドであるフューチャー一号投資事業有限責任組合を設立

平成11年12月

投資顧問業免許取得

平成13年10月

大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現JASDAQ市場)に株式を上場

平成13年11月

東京都中央区に東京支店を設立

平成14年5月

岩手県盛岡市に岩手事務所を設立

平成17年8月

当社初の機関投資家向け大型ファンドであるFVCグロース投資事業有限責任組合を設立

平成18年9月

大阪証券取引所ヘラクレス市場(現JASDAQ市場)グロース銘柄からスタンダード銘柄に所属変更

平成18年9月

東京都千代田区に東京支店を移転

平成18年9月

愛媛県松山市に愛媛事務所を設立

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成23年12月

東京都港区に東京支店を移転し、東京事務所に改組

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合により、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成27年8月

京都市に子会社、株式会社IoT Sohatsu Ventures(現連結子会社)を設立

平成28年3月

東京都中央区に東京事務所を移転

平成28年10月

米国コロラド州のEnConnect Holdings LLC.(現連結子会社)を買収し、現地法人FVC Americasとして運営開始

平成29年2月

米国コロラド州に子会社、FVCA Holdings LLC.(現連結子会社)を設立

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、国内各地及び米国コロラド州に事業拠点を置き、豊かな成長性を有するベンチャー企業への支援を主な事業として取り組んでおります。

 

 ベンチャーキャピタル事業

ベンチャー企業への投資及び投資助言、投資事業組合の組成及びその管理・運営、投資事業組合の無限責任組合員となって投資先の選定及び育成支援を行う他、その活動に付随して生じる収益機会について積極的に取り組んでおります。

 

 

 以上に述べた事項を事業系統図によって示しますと、次のとおりであります。

 

〔事業系統図〕


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金総額
(百万円)

主要な
事業の内容

出資割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

京都市中京区

10,000

ベンチャー
キャピタル事業

41.0

FVCグロース投資事業有限責任組合

(注)3、5、6、7

FVCグロース二号投資事業有限責任組合

京都市中京区

950

ベンチャー
キャピタル事業

52.6

(注)3、5、6

(株)IoT Sohatsu Ventures

京都市中京区

10

ベンチャー
キャピタル事業

100.0

EnConnect Holdings LLC.

米国
コロラド州

ベンチャー
キャピタル事業

100.0

債務保証をしております。

FVCA Holdings LLC.

米国
コロラド州

ベンチャー
キャピタル事業

100.0

(持分法適用関連会社)

東京都
千代田区

50

コンテンツ投資

19.2

日本映画投資(株)

フューチャー七号投資事業有限責任組合

京都市中京区

300

ベンチャー
キャピタル事業

16.7

(注)3、6、8

滋賀ベンチャー育成ファンド投資事業有限責任組合

京都市中京区

1,150

ベンチャー
キャピタル事業

12.3
(3.6)

(注)3、6

神戸ベンチャー育成投資事業有限責任組合

京都市中京区

1,120

ベンチャー
キャピタル事業

11.8
(7.3)

(注)3、6

チャレンジ山形産業振興投資事業有限責任組合

京都市中京区

1,140

ベンチャー
キャピタル事業

8.8

(注)3、6、8

いわてベンチャー育成2号投資事業有限責任組合

京都市中京区

365

ベンチャー
キャピタル事業

17.3
(14.6)

(注)3、6

あおもりクリエイトファンド投資事業有限責任組合

京都市中京区

1,772

ベンチャー
キャピタル事業

5.4
(4.0)

(注)3、6

 

 

名称

住所

資本金又は
出資金総額
(百万円)

主要な
事業の内容

出資割合
(%)

関係内容

もりおか起業投資事業有限責任組合

京都市中京区

100

ベンチャー
キャピタル事業

10.0

(注)3、6

投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2013

京都市中京区

500

ベンチャー
キャピタル事業

5.0

(注)3、6

投資事業有限責任組合ブリッジベンチャーファンド2014

京都市中京区

300

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)3、6

おおさか創業投資事業有限責任組合

京都市中京区

500

ベンチャー
キャピタル事業

0.2

(注)3、6

こうべしんきん地域再興ファンド投資事業有限責任組合

京都市中京区

50

ベンチャー
キャピタル事業

2.0

(注)3、6

ウィルグループファンド投資事業有限責任組合

京都市中京区

300

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)3、6

あきた創業投資事業有限責任組合

京都市中京区

100

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)3、6

秋田元気創生ファンド投資事業有限責任組合

京都市中京区

200

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)6、9

磐城国地域振興投資事業有限責任組合

京都市中京区

300

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)6、9

フェニックス投資事業有限責任組合

京都市中京区

300

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)3、6

かんしん未来投資事業有限責任組合

京都市中京区

300

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)6、9

京都市スタートアップ支援投資事業有限責任組合

京都市中京区

260

ベンチャー
キャピタル事業

3.8

(注)3、6

ふくしま夢の懸け橋投資事業有限責任組合

京都市中京区

200

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)3、6

こうべしんきんステップアップ投資事業有限責任組合

京都市中京区

50

ベンチャー
キャピタル事業

2.0

(注)3、6

信用組合共同農業未来投資事業有限責任組合

京都市中京区

360

ベンチャー
キャピタル事業

0.6

(注)6、9

イノベーション創出投資事業有限責任組合

京都市中京区

500

ベンチャー
キャピタル事業

1.0

(注)3、6

 

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 出資割合の(内書)内は、間接所有割合で内数であります。

3 当社は、無限責任組合員として出資しております。

4 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

5 特定子会社であります。

6 出資金総額は、コミットメント総額であります。

7 FVCグロース投資事業有限責任組合は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

     主要な損益情報等

 

    (1) 売上高

 148百万円

    (2) 経常損失

△156百万円

    (3) 当期純損失

△156百万円

    (4) 純資産額

 398百万円

    (5) 総資産額

 398百万円

 

8 フューチャー七号投資事業有限責任組合は平成28年6月30日、チャレンジ山形産業振興投資事業有限責任組合は平成28年12月31日にそれぞれ期間満了により解散いたしましたが、当連結会計年度末においては清算期間中であるため、関係会社に含めております。

9 当社は、他社と共同で無限責任組合員として出資しております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

  平成29年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

ベンチャーキャピタル事業

33

合計

33

 

(注) 前連結会計年度末に比べ従業員数が11名増加しております。主な理由は、新規ファンドの組成を推進するための営業体制強化に伴う採用が増加したことによるものであります。

 

(2) 提出会社の状況

  平成29年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

30

40.3

4.8

6,076,953

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

ベンチャーキャピタル事業

30

合計

30

 

(注)1. 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

  2. 前連結会計年度末に比べ従業員数が8名増加しております。主な理由は、新規ファンドの組成を推進するための営業体制強化に伴う採用が増加したことによるものであります。

 

(3) 労働組合の状況

 労働組合は組織されておりませんが、労使関係は円満で特記する事項はありません。





出典: フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書