有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1 報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報の入手が可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社は、主に生命保険会社及び保険業法の規定により子会社とした会社の経営管理を営んでいる保険持株会社であり、当社のもとで、独自の商品戦略及び販売戦略を有する生命保険子会社3社がグループコアビジネスである生命保険事業を展開しております。

従って、当社は、生命保険会社別のセグメントから構成されており、「太陽生命保険」、「大同生命保険」及び「T&Dフィナンシャル生命保険」の3つを報告セグメントとしております。

「太陽生命保険」は家庭マーケット、「大同生命保険」は中小企業マーケット、「T&Dフィナンシャル生命保険」は金融機関等代理店マーケットをそれぞれ販売市場としており、独自の販売方針のもと、異なる販売商品を有しております。

 

2 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。

 

 

3 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結
財務諸表
計上額

太陽生命
保険

大同生命
保険

T&Dフィナンシャル生命保険

経常収益

856,155

892,933

468,628

2,217,717

28,190

2,245,908

160,173

2,085,734

セグメント間の
内部振替高

1,116

384

41

1,542

43,131

44,673

44,673

857,272

893,318

468,669

2,219,260

71,321

2,290,582

204,847

2,085,734

セグメント利益
又は損失(△)

72,257

91,309

20,910

184,477

18,952

203,430

17,206

186,224

セグメント資産

6,760,825

5,572,800

1,393,592

13,727,217

914,603

14,641,821

837,601

13,804,219

セグメント負債

6,360,611

5,041,936

1,340,493

12,743,041

128,417

12,871,459

87,564

12,783,895

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 

 賃貸用不動産等
  減価償却費

2,258

2,545

4,803

4,803

4,803

 減価償却費

6,228

3,014

2

9,245

1,301

10,546

186

10,360

 責任準備金繰入額
 (△は戻入額)

52,420

119,602

151,430

20,593

204

20,797

20,797

 契約者配当準備金
 繰入額(△は戻入額)

17,688

13,951

2

31,638

31,638

31,638

 利息及び配当金等
  収入

153,956

127,803

7,060

288,819

18,246

307,066

19,578

287,487

 支払利息

2,000

10

2

2,013

50

2,064

26

2,037

 持分法投資利益
 (△は損失)

37

37

 特別利益

4

210

215

227

442

24

417

 特別損失

12,935

17,621

398

30,954

199

31,154

31,154

 (減損損失)

977

2,688

301

3,967

3,967

3,967

 (価格変動準備金
   繰入額)

10,130

13,873

96

24,100

24,100

24,100

 税金費用

15,282

23,987

4,604

43,875

787

44,662

49

44,711

 持分法適用会社
  への投資額

100

100

100

100

 有形固定資産及び
 無形固定資産の
  増加額

24,184

7,000

409

31,594

1,314

32,908

1,895

31,012

 

(注)1 売上高にかえて、経常収益の金額を記載しております。

2 調整額は、以下の通りであります。

(1)経常収益の調整額△160,173百万円は、主に経常収益のうち責任準備金戻入額151,430百万円、支払備金戻入額6,146百万円について、連結損益計算書上は経常費用のうち責任準備金繰入額、支払備金繰入額にそれぞれ含めたことによる振替額であります。

(2)セグメント利益又は損失(△)の調整額△17,206百万円は、主に当社が計上した関係会社からの受取配当金の消去額であります。

(3)セグメント資産の調整額△837,601百万円は、主に当社が計上した関係会社株式の消去額であります。

(4)セグメント負債の調整額△87,564百万円は、主にセグメント間の債権債務消去額であります。

3 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結
財務諸表
計上額

太陽生命
保険

大同生命
保険

T&Dフィナンシャル生命保険

経常収益

1,060,084

980,700

382,110

2,422,896

28,298

2,451,195

39,029

2,412,165

セグメント間の
内部振替高

1,062

351

1,414

48,492

49,906

49,906

1,061,146

981,052

382,110

2,424,310

76,790

2,501,101

88,935

2,412,165

セグメント利益
又は損失(△)

67,606

97,464

22,457

187,528

28,333

215,861

26,918

188,943

セグメント資産

7,217,901

5,977,975

1,387,624

14,583,500

901,070

15,484,571

819,865

14,664,705

セグメント負債

6,658,543

5,297,596

1,319,425

13,275,565

113,837

13,389,402

69,647

13,319,755

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 

 賃貸用不動産等
  減価償却費

2,285

2,891

5,176

5,176

5,176

 減価償却費

5,808

3,910

47

9,766

730

10,497

191

10,305

 責任準備金繰入額
 (△は戻入額)

281,957

229,805

29,349

482,413

193

482,607

482,607

 契約者配当準備金
 繰入額(△は戻入額)

18,093

14,462

0

32,555

32,555

32,555

 利息及び配当金等
  収入

151,768

130,291

7,184

289,243

26,880

316,124

28,158

287,966

 支払利息

1,813

19

2

1,835

29

1,865

24

1,841

 持分法投資利益
 (△は損失)

38

38

 特別利益

170

170

61

231

5

225

 特別損失

5,419

2,653

174

8,247

83

8,331

8,331

 (減損損失)

1,995

1,995

1,995

1,995

 (価格変動準備金
   繰入額)

2,747

2,263

139

5,150

5,150

5,150

 税金費用

16,309

29,168

7,636

53,114

727

53,842

60

53,903

 持分法適用会社
  への投資額

100

100

100

100

 有形固定資産及び
 無形固定資産の
  増加額

15,990

7,399

407

23,797

269

24,067

119

23,948

 

(注)1 売上高にかえて、経常収益の金額を記載しております。

2 調整額は、以下の通りであります。

(1)経常収益の調整額△39,029百万円は、主に経常収益のうち責任準備金戻入額29,349百万円、金融派生商品収益6,151百万円について、連結損益計算書上は経常費用のうち責任準備金繰入額、金融派生商品費用にそれぞれ含めたことによる振替額であります。

(2)セグメント利益又は損失(△)の調整額△26,918百万円は、主に当社が計上した関係会社からの受取配当金の消去額であります。

(3)セグメント資産の調整額△819,865百万円は、主に当社が計上した関係会社株式の消去額であります。

(4)セグメント負債の調整額△69,647百万円は、主にセグメント間の債権債務消去額であります。

3 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

外部顧客への売上高

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

太陽生命保険

大同生命保険

T&Dフィナンシャル生命保険

その他

保険料等収入

655,233

712,866

239,777

1,854

1,609,732

 

保険料

655,102

712,058

239,469

1,854

1,608,485

 

 

個人保険、個人年金保険

538,310

636,514

239,274

1,414,099

 

 

団体保険

32,781

28,418

61,200

 

 

団体年金保険

82,637

46,236

169

129,043

 

 

その他

1,372

889

25

1,854

4,142

 

再保険収入

131

807

308

1,247

 

(注) 売上高にかえて、保険料等収入の金額を記載しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高(経常収益)に区分した金額が連結損益計算書の売上高(経常収益)の90%を超えるため、地域ごとの売上高(経常収益)の記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。

 

3 主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高(経常収益)のうち、連結損益計算書の売上高(経常収益)の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

外部顧客への売上高

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

太陽生命保険

大同生命保険

T&Dフィナンシャル生命保険

その他

保険料等収入

865,232

792,715

297,755

2,352

1,958,055

 

保険料

864,995

791,738

297,664

2,352

1,956,751

 

 

個人保険、個人年金保険

708,776

718,944

297,485

1,725,206

 

 

団体保険

32,762

27,370

60,132

 

 

団体年金保険

122,115

44,454

154

166,724

 

 

その他

1,340

969

24

2,352

4,687

 

再保険収入

236

977

90

1,304

 

(注) 売上高にかえて、保険料等収入の金額を記載しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高(経常収益)に区分した金額が連結損益計算書の売上高(経常収益)の90%を超えるため、地域ごとの売上高(経常収益)の記載を省略しております。

 

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。

 

3 主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高(経常収益)のうち、連結損益計算書の売上高(経常収益)の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

  該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

  該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

1 関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

1 関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

項目

前連結会計年度

(自 平成25年4月1日

至 平成26年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

1株当たり純資産額

1,513円46銭

2,018円12銭

1株当たり当期純利益金額

117円42銭

141円35銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

117円31銭

141円18銭

 

(注) 1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

(1) 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

項目

前連結会計年度

(自 平成25年4月1日

至 平成26年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

 当期純利益(百万円)

78,982

94,215

 普通株主に帰属しない金額(百万円)

 普通株式に係る当期純利益(百万円)

78,982

94,215

 普通株式期中平均株式数(株)

672,633,900

666,540,650

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

 当期純利益調整額(百万円)

 普通株式増加数(株)

622,806

795,192

 (うち新株予約権(株))

(622,806)

(795,192)

 希薄化効果を有しないため、潜在株式調
 整後1株当たり当期純利益金額の算定に
 含めなかった潜在株式の概要

 

 

(2) 1株当たり純資産額

項目

前連結会計年度

(平成26年3月31日)

当連結会計年度

(平成27年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

1,020,324

1,344,950

純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

2,876

3,211

(うち新株予約権(百万円))

(523)

(746)

(うち少数株主持分(百万円))

(2,352)

(2,465)

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

1,017,448

1,341,738

1株当たり純資産額の算定に
用いられた期末の普通株式の数(株)

672,267,706

664,847,265

 

 

 

(重要な後発事象)

1 新株予約権付社債の発行

当社は、平成27年5月20日開催の取締役会において、2020年満期ユーロ円建取得条項付転換社債型新株予約権付社債の発行を決議し、平成27年6月5日(ロンドン時間、以下別段の表示のない限り同じ。)に払い込みが完了しております。その概要は次のとおりであります。

  (1)社債の名称

株式会社T&Dホールディングス2020年満期ユーロ円建取得条項付転換社債型新株予約権付社債(以下「本新株予約権付社債」といい、そのうち社債のみを「本社債」、新株予約権のみを「本新株予約権」という。)

  (2)発行価額(払込金額)

本社債の額面金額の100.5 %(各本社債の額面金額10百万円)

  (3)発行価格(募集価格)

本社債の額面金額の103.0 %

  (4)発行価額の総額

30,150百万円及び代替新株予約権付社債券に係る本社債の払込金額合計額を合計した額

  (5)利率

本社債には利息は付さない。

  (6)払込期日及び発行日

平成27年6月5日

  (7)償還の方法及び期限

平成32年6月5日(償還期限)に本社債の額面金額の100%で償還する。但し、発行要項に一定の定めがある。

  (8)新株予約権に関する事項

   ①新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数

    (イ)種類及び内容

      当社普通株式(単元株式数100株)

    (ロ)数

本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を交付する数は、行使請求に係る本社債の額面金額の総額を下記③記載の転換価額で除した数とする。但し、行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行わない。

   ②発行する新株予約権の総数

     3,000個及び代替新株予約権付社債券に係る本社債の額面金額合計額を10百万円で除した個数の合計数

   ③新株予約権の行使に際して払い込むべき金額

(イ)各本新株予約権の行使に際しては、当該本新株予約権に係る本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、その額面金額と同額とする。

(ロ)転換価額は、当初、2,713.0円とする。

   ④行使期間

平成27年6月19日から平成32年5月22日まで(行使請求受付場所現地時間)とする。但し、発行要項に一定の定めがある。

   ⑤新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金

本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とする。

   ⑥当社が組織再編等を行う場合の承継会社等による新株予約権の交付

発行要項に一定の定めがある。

  (9)当社による本新株予約権付社債の取得

発行要項に一定の定めがある。

  (10)担保又は保証

本社債には、担保又は保証を付さない。

  (11)資金の使途

本新株予約権付社債発行による手取金は、機動的な自己株式取得により、株主への利益還元の充実を図り、企業価値の増大を図ることを目的として、その全額を平成27年9月18日までに自己株式取得資金に充当する予定である。

なお、本新株予約権付社債の払込期日以前に行われる自己株式取得については、払込期日以降において、本新株予約権付社債の発行による発行手取金を当該自己株式取得のために取り崩した手元資金の一部に充当した。また、自己株式の取得は市場環境等を勘案して行うため、買付金額の総額が上記の手取金の金額に達しない可能性がある。その場合、上記の手取金を、運転資金に充当する。

     

2 自己株式の取得

当社は、平成27年5月20日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式を取得すること及びその具体的な取得方法について決議いたしました。

  (1)自己株式の取得理由

    株主還元の充実及び資本効率の向上を図るため。

  (2)取得の内容

   ①取得する株式の種類  当社普通株式

   ②取得する株式の総数  20,000,000株(上限)

   ③株式の取得価額の総額 30,000百万円(上限)

   ④取得期間       平成27年5月21日〜平成27年9月18日

   ⑤取得の方法      東京証券取引所における市場買付

  (3)平成27年5月29日(約定ベース)までの取得状況

   ①取得した株式の総数    1,149,400株

   ②株式の取得価額の総額   2,128百万円

   ③取得期間       平成27年5月21日〜平成27年5月29日(約定ベース)

 





出典: 株式会社T&Dホールディングス、2015-03-31 期 有価証券報告書