有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1 報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報の入手が可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社は、主に生命保険会社及び保険業法の規定により子会社とした会社の経営管理を営んでいる保険持株会社であり、当社のもとで、独自の商品戦略及び販売戦略を有する生命保険子会社3社がグループコアビジネスである生命保険事業を展開しております。

従って、当社は、生命保険会社別のセグメントから構成されており、「太陽生命保険」、「大同生命保険」及び「T&Dフィナンシャル生命保険」の3つを報告セグメントとしております。

「太陽生命保険」は家庭マーケット、「大同生命保険」は中小企業マーケット、「T&Dフィナンシャル生命保険」は乗合代理店マーケットをそれぞれ販売市場としており、独自の販売方針のもと、異なる販売商品を有しております。

 

2 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。

 

 

3 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結
財務諸表
計上額

太陽生命
保険

大同生命
保険

T&Dフィナンシャル生命保険

経常収益

872,714

935,264

218,035

2,026,014

28,287

2,054,301

28,376

2,025,925

セグメント間の
内部振替高

1,173

474

1,647

42,362

44,010

44,010

873,887

935,739

218,035

2,027,662

70,649

2,098,312

72,386

2,025,925

セグメント利益
又は損失(△)

79,124

90,307

1,212

170,644

18,437

189,081

17,647

171,434

セグメント資産

7,084,800

6,152,026

1,359,879

14,596,707

919,556

15,516,263

842,055

14,674,207

セグメント負債

6,603,082

5,488,203

1,289,619

13,380,904

161,685

13,542,589

82,443

13,460,145

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 

 賃貸用不動産等
  減価償却費

2,354

2,658

5,012

5,012

21

4,991

 減価償却費

5,708

3,903

136

9,748

702

10,451

196

10,254

 責任準備金繰入額
 (△は戻入額)

39,665

181,309

26,902

194,071

250

194,321

194,321

 契約者配当準備金
 繰入額(△は戻入額)

18,135

13,788

3

31,920

31,920

31,920

 利息及び配当金等
  収入

148,103

136,624

7,425

292,153

16,716

308,869

18,144

290,725

 支払利息

871

32

3

908

29

937

27

909

 持分法投資利益
 (△は損失)

46

46

 特別利益

3

13,202

1

13,207

108

13,316

13,152

163

 特別損失

20,255

8,789

623

29,667

663

30,331

892

29,438

 (減損損失)

265

3,938

4,203

4,203

4,203

 (価格変動準備金
   繰入額)

17,831

2,547

189

20,568

20,568

20,568

 税金費用

13,902

26,455

101

40,459

678

41,138

3,625

37,513

 持分法適用会社
  への投資額

100

100

100

100

 有形固定資産及び
 無形固定資産の
  増加額

34,903

17,915

1,757

54,576

1,815

56,392

18,183

38,208

 

(注)1 売上高にかえて、経常収益の金額を記載しております。

2 調整額は、以下の通りであります。

(1)経常収益の調整額△28,376百万円は、主に経常収益のうち責任準備金戻入額26,902百万円を連結損益計算書上は経常費用のうち責任準備金繰入額に含めたことによる振替額であります。

(2)セグメント利益又は損失(△)の調整額△17,647百万円は、主に当社が計上した関係会社からの受取配当金の消去額であります。

(3)セグメント資産の調整額△842,055百万円は、主に当社が計上した関係会社株式の消去額であります。

(4)セグメント負債の調整額△82,443百万円は、主にセグメント間の債権債務消去額であります。

3 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額

連結
財務諸表
計上額

太陽生命
保険

大同生命
保険

T&Dフィナンシャル生命保険

経常収益

896,757

943,927

155,834

1,996,519

29,415

2,025,934

50,150

1,975,784

セグメント間の
内部振替高

1,197

504

1,702

73,921

75,623

75,623

897,955

944,431

155,834

1,998,221

103,336

2,101,558

125,773

1,975,784

セグメント利益
又は損失(△)

66,642

82,695

6,199

155,537

50,954

206,492

49,264

157,227

セグメント資産

7,188,371

6,298,188

1,313,747

14,800,307

902,643

15,702,951

811,783

14,891,167

セグメント負債

6,807,381

5,654,175

1,242,846

13,704,402

140,993

13,845,396

51,001

13,794,395

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 

 賃貸用不動産等
  減価償却費

2,458

2,461

4,919

4,919

28

4,891

 減価償却費

6,366

4,146

242

10,755

636

11,391

46

11,345

 責任準備金繰入額
 (△は戻入額)

99,248

203,237

45,792

256,693

261

256,954

256,954

 契約者配当準備金
 繰入額(△は戻入額)

11,738

13,636

1

25,374

25,374

25,374

 利息及び配当金等
  収入

138,171

132,370

7,563

278,104

49,281

327,386

50,757

276,628

 支払利息

550

26

0

578

38

617

44

573

 持分法投資利益
 (△は損失)

1

1

 特別利益

232

232

67

300

300

 特別損失

19,227

12,450

3,612

35,291

63

35,354

12

35,367

 (減損損失)

119

1,352

3,308

4,779

4,779

4,779

 (価格変動準備金
   繰入額)

18,021

10,809

303

29,134

29,134

29,134

 税金費用

6,941

13,491

446

20,879

529

21,408

12

21,421

 持分法適用会社
  への投資額

49

100

149

149

149

 有形固定資産及び
 無形固定資産の
  増加額

11,062

13,556

1,611

26,230

656

26,886

55

26,831

 

(注)1 売上高にかえて、経常収益の金額を記載しております。

2 調整額は、以下の通りであります。

(1)経常収益の調整額△50,150百万円は、主に経常収益のうち責任準備金戻入額45,792百万円を連結損益計算書上は経常費用のうち責任準備金繰入額に含めたことによる振替額であります。

(2)セグメント利益又は損失(△)の調整額△49,264百万円は、主に当社が計上した関係会社からの受取配当金の消去額であります。

(3)セグメント資産の調整額△811,783百万円は、主に当社が計上した関係会社株式の消去額であります。

(4)セグメント負債の調整額△51,001百万円は、主にセグメント間の債権債務消去額であります。

3 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

外部顧客への売上高

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

太陽生命保険

大同生命保険

T&Dフィナンシャル生命保険

その他

保険料等収入

657,185

748,914

165,436

2,969

1,574,506

 

保険料

656,909

747,740

165,300

2,969

1,572,919

 

 

個人保険、個人年金保険

508,608

675,827

165,129

1,349,565

 

 

団体保険

32,589

26,523

59,113

 

 

団体年金保険

114,370

44,392

147

158,910

 

 

その他

1,341

996

23

2,969

5,330

 

再保険収入

276

1,174

135

1,586

 

(注) 売上高にかえて、保険料等収入の金額を記載しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高(経常収益)に区分した金額が連結損益計算書の売上高(経常収益)の90%を超えるため、地域ごとの売上高(経常収益)の記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。

 

3 主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高(経常収益)のうち、連結損益計算書の売上高(経常収益)の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

外部顧客への売上高

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

太陽生命保険

大同生命保険

T&Dフィナンシャル生命保険

その他

保険料等収入

654,379

766,336

80,918

3,600

1,505,234

 

保険料

654,088

764,993

78,759

3,600

1,501,442

 

 

個人保険、個人年金保険

545,127

699,013

78,603

1,322,744

 

 

団体保険

32,808

25,288

58,096

 

 

団体年金保険

74,846

39,702

133

114,681

 

 

その他

1,307

989

22

3,600

5,920

 

再保険収入

290

1,342

2,159

3,792

 

(注) 売上高にかえて、保険料等収入の金額を記載しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高(経常収益)に区分した金額が連結損益計算書の売上高(経常収益)の90%を超えるため、地域ごとの売上高(経常収益)の記載を省略しております。

 

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。

 

3 主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高(経常収益)のうち、連結損益計算書の売上高(経常収益)の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

  該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

  該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

1 関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

1 関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

至 平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

1,865円94銭

1,727円69銭

1株当たり当期純利益金額

111円00銭

117円81銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

109円32銭

115円59銭

 

(注) 1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

(1) 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

至 平成29年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

 親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)

72,547

75,187

 普通株主に帰属しない金額(百万円)

 普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
  純利益(百万円)

72,547

75,187

 普通株式期中平均株式数(株)

653,556,609

638,194,089

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する
当期純利益調整額(百万円)

△16

△20

(うち社債発行差金の償却額
(税額相当控除後)(百万円))

(△16)

(△20)

 普通株式増加数(株)

9,884,916

12,115,431

 (うち転換社債型新株予約権付社債(株))

(9,094,039)

(11,104,941)

 (うち新株予約権(株))

(790,877)

(1,010,490)

 希薄化効果を有しないため、潜在株式調
 整後1株当たり当期純利益金額の算定に
 含めなかった潜在株式の概要

 

 

(2) 1株当たり純資産額

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

1,214,061

1,096,772

純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

3,521

3,915

(うち新株予約権(百万円))

(926)

(1,178)

(うち非支配株主持分(百万円))

(2,595)

(2,737)

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

1,210,540

1,092,856

1株当たり純資産額の算定に
用いられた期末の普通株式の数(株)

648,756,978

632,554,226

 

 

 

(重要な後発事象)

 当社は、平成29年5月15日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式の取得に係る事項について決議いたしました。
 

 (1)自己株式の取得を行う理由
   株主還元の充実及び資本効率の向上を図るため。

 

 (2)取得に係る事項の内容
  ①取得対象株式の種類  普通株式
  ②取得し得る株式の総数 12,000,000株(上限)
  ③株式の取得価額の総額 17,000百万円(上限)
  ④取得期間       平成29年5月16日〜平成29年7月14日
  ⑤取得方法       信託方式による市場買付

 

 (3)取得結果
  ①取得した株式の総数  10,612,300株
  ②株式の取得価額の総額 16,999百万円
  ③取得期間       平成29年5月19日〜平成29年6月13日(約定ベース)





出典: 株式会社T&Dホールディングス、2017-03-31 期 有価証券報告書