有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

32期

33期

34期

35期

36期

決算年月

平成15年3月

平成16年3月

平成17年3月

平成18年3月

平成19年3月

売上高

(千円)

66,800

66,787

65,949

66,481

64,910

経常利益

(千円)

4,049

2,066

3,089

2,098

4,697

当期純利益

(千円)

2,048

1,033

593

842

2,644

持分法を適用した

場合の投資損失

(千円)

資本金

(千円)

355,000

355,000

355,000

355,000

355,000

発行済株式総数

(千株)

710

710

710

710

710

純資産額

(千円)

371,490

372,523

358,381

351,638

351,332

総資産額

(千円)

556,955

556,976

544,195

536,756

537,992

1株当たり純資産額

(円)

523.22

524.67

526.62

528.49

532.75

1株当たり配当額

(内1株当たり

中間配当額)

(円)

(円)

    —

    —

    —

    —

    —

1株当たり当期純利益金額

(円)

2.88

1.45

0.83

1.25

3.99

潜在株式調整後1株

当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

66.7

66.9

65.9

65.5

65.3

自己資本利益率

(%)

0.6

0.3

0.2

0.2

0.7

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

16,272

11,498

13,501

10,605

14,266

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

13,345

9,561

65,906

9

21

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

7,585

2,950

現金及び現金同等物

の期末残高

(千円)

4,606

6,543

85,950

88,979

100,274

従業員数

(外、平均臨時雇用人員)

(人)

 

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

 

(注) 1 当社は連結財務諸表を作成していないので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移に

ついては記載していない。

 

2 売上高には、消費税等が含まれている。

 

3 平成17年3月期より自己株式を資本に対する控除項目としており、1株当りの各数値の計算に

ついては、発行済株式数から自己株式数を控除して算出している。

 

4 従業員数は、平成15年3月期より就業人員数を表示している。

 


2【沿革】

  昭和47年3月   株式会社群馬建設会館を設立

  昭和47年9月   会館建設のため用地を取得(3,818.48㎡)

  昭和48年1月   会館建物完成(3,365.59㎡)

  昭和56年10月   会館建物事務棟の増築(699.84㎡)

  平成7年7月   会館駐車場用地の取得(704㎡)

  平成10年2月   会館建物事務棟の増築(360.9㎡)

 

3【事業の内容】

   当社は建設業関連団体等に対し、事務所として賃貸事業を行っているとともに、各種催物会場

  として大ホールの賃貸を行っています。

 

4【関係会社の状況】

   該当事項はありません

 

5【従業員の状況】

(1)  連結会社の状況

      該当事項はありません。

(2)  提出会社の状況

平成19年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

55.3

13

3,002,313

 

(注) 1 従業員数は就業人員数である。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

 

(3) 労働組合の状況

当社には労働組合はない。

 





出典: 株式会社群馬建設会館、2007-03-31 期 有価証券報告書