有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
(1)【株式の総数等】
①【株式の総数】
種類
発行可能株式総数および発行可能種類株式総数(株)
普通株式
655,000,000
A種優先株式
8,333,000
B種優先株式
8,333,000
C種優先株式
16,667,000
D種優先株式
16,667,000
E種優先株式
20,000,000
725,000,000
②【発行済株式】
種類
事業年度末現在発行数
(株)
(平成18年3月31日)
提出日現在発行数
(平成18年6月29日)
上場証券取引所名又は登録証券業協会名
内容
普通株式
111,258,791
同左
東京証券取引所第一部
A種優先株式
8,333,000
同左
非上場・非登録
B種優先株式
8,333,000
同左
非上場・非登録
C種優先株式
16,667,000
同左
非上場・非登録
D種優先株式
16,667,000
同左
非上場・非登録
E種優先株式
20,000,000
同左
非上場・非登録
181,258,791
同左
 (注) 優先株式に関する規程
項目
A種優先株式
B種優先株式
C種優先株式
D種優先株式
発行株式数(株)
8,333,000
8,333,000
16,667,000
16,667,000
発行価額
1株当たり600円
発行価額中資本に組入れない額
1株当たり300円
1株あたりの優先配当
計算方法
優先配当金の額は、発行価額(600円)にそれぞれの事業年度ごとに下記の配当年率を乗じて算出した額とする。優先配当金は、円位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。
 
配当年率=日本円TIBOR(6ヶ月物)+1.00%
上限
年60円
累積条項
非累積型
参加条項
非参加型
優先中間配当
なし
残余財産の分配
普通株式に先立ち、1株につき600円を支払う。それ以外の残余財産の分配は行わない。

 

項目
A種優先株式
B種優先株式
C種優先株式
D種優先株式
議決権
議決権を有しない。ただし、平成20年4月1日以降A種優先株主が優先的配当全額を受ける旨の議案が定時株主総会に提出されないときはその総会より、その議案が定時株主総会において否決されたときはその総会の終結の時より優先的配当全額を受ける旨の決議があるまで、議決権を有する。
議決権を有しない。
併合または分割
法令に別段の定めがある場合を除き、行わない。
新株の割当てを受ける権利等
新株の割当てを受ける権利または新株予約権もしくは新株予約権付社債の割当てを受ける権利を与えない。
転換請求権
転換(取得と引換えに当社の普通株式を交付することをいう。以下同じ。)を請求し得べき期間
平成20年4月1日〜平成26年3月31日
平成20年4月1日〜平成39年3月31日
平成22年4月1日〜平成41年3月31日
平成27年4月1日〜平成44年3月31日
転換価額(円)
46
平成20年4月1日における時価
上記時価とは、平成20年4月1日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)とし、その計算は円位未満少数第1位まで算出し、その少数第1位を切り上げる。
平成22年4月1日における時価
上記時価とは、平成22年4月1日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)とし、その計算は円位未満少数第1位まで算出し、その少数第1位を切り上げる。
平成27年4月1日における時価
上記時価とは、平成27年4月1日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)とし、その計算は円位未満少数第1位まで算出し、その少数第1位を切り上げる。

 

項目
A種優先株式
B種優先株式
C種優先株式
D種優先株式
強制転換条項
当社は、転換を請求し得べき期間中に転換請求のなかった優先株式を、同期間の末日の翌日(以下「強制転換基準日」という。)以降に開催される取締役会で定める日をもって取得し、これと引換えに、優先株式1株の払込金相当額を強制転換基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値で除して得られる数の普通株式を交付する。ただし、平均値の計算は、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り上げる。この場合該当平均値が下限転換価額を下回るときは、優先株式1株の払込金相当額を下限転換価額で除して得られる数の普通株式を交付する。
また、当該平均値が上限転換価額を上回るときは、優先株式1株の払込金相当額を上限転換価額で除して得られる数の普通株式を交付する。ただし、転換価額が強制転換基準日までに上記転換価額の調整により調整された場合には、下限転換価額および上限転換価額についても同様の調整を行う。上記の普通株式数の算出に当って1株に満たない端数が生じたときは、会社法第234条に従いこれを取扱う。
優先順位
各種優先株式相互の優先配当金ならびに残余財産の分配の支払順位は、同順位とする。
※A種優先株式の転換価額は当初56円でありましたが、平成17年3月22日に普通株式の第三者割当増資を実施したことに伴い46円に調整しております。
項目
E種優先株式
発行株式数(株)
20,000,000
発行価額
1株当たり600円
発行価額中資本に組入れない額
1株当たり300円
1株あたりの優先配当
計算方法
優先配当金の額は、発行価額(600円)にそれぞれの事業年度ごとに下記の配当年率を乗じて算出した額とする。優先配当金は、円位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。
 
配当年率=日本円TIBOR(6ヶ月物)+10.00%
上限
年72円
累積条項
累積型
参加条項
非参加型
優先中間配当
なし
残余財産の分配
普通株主または普通登録株式質権者に先立ち、1株につき600円およびE種優先株式累積未払配当金相当額を支払う。それ以外の残余財産の分配は行わない。
議決権
議決権を有しない。
併合または分割
法令に別段の定めがある場合を除き、行わない。
新株の割当てを受ける権利等
新株の割当てを受ける権利または新株予約権もしくは新株予約権付社債の割当てを受ける権利を与えない。

 

項目
E種優先株式
転換請求権
転換(取得と引換えに当社の普通株式を交付することをいう。以下同じ。)請求権の確定条件
以下の何れかの条件が充たされた日以降、同日以降残存するE種優先株式のすべてとの関係で行使可能となる。
①平成21年9月1日において、平成21年8月31日までに償還されたE種優先株式の数(累計)が、平成21年8月31日までに発行されたE種優先株式の総数(累計)の5分の1以下であること。
②平成22年9月1日において、平成22年8月31日までに償還されたE種優先株式の数(累計)が、平成22年8月31日までに発行されたE種優先株式の総数(累計)の3分の1以下であること。
③平成23年9月1日において、平成23年8月31日までに償還されたE種優先株式の数(累計)が、平成23年8月31日までに発行されたE種優先株式の総数(累計)の2分の1以下であること。
④平成24年9月1日において、平成24年8月31日までに償還されたE種優先株式の数(累計)が、平成24年8月31日までに発行されたE種優先株式の総数(累計)の3分の2以下であること。
⑤E種優先株式の払込期日の翌日の時点における当社の発行済み普通株式数の2分の1に相当する数(累計)の普通株式が、当該払込期日翌日以降に発行されたこと(当該払込期日の翌日より前に発行済みの新株予約権若しくは新株予約権付社債に係る新株予約権の行使又は転換請求権の行使によるものを除く。)
⑥累計で、E種優先株式の払込期日の翌日の時点における当社の発行済み普通株式数の2分の1に相当する数の普通株式数を当初の目的とするような新株予約権又は転換請求権を含む有価証券が発行されたこと。
転換価額(円)
 
上記確定条件に基づき普通株式への転換請求権が確定する日(以下「確定日」という。)の前日における時価に0.9を乗じた価額
上記時価とは、確定日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)とし、その計算は円位未満小数第3位を切り上げる。
強制転換条項
当社は、転換を請求し得べき期間中に償還されずかつ普通株式に転換されなかった優先株式を、その翌日(以下「強制転換基準日」という。)以降に開催される取締役会で定める日をもって取得し、これと引換えに、優先株式1株の払込金相当額を強制転換基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値で除して得られる数の普通株式を交付する。ただし、平均値の計算は、円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を切り上げる。当該平均値が下限転換価額を下回るときは、優先株式1株の払込金相当額を下限転換価額で除して得られる数の普通株式を交付する。
また、当該平均値が上限転換価額を上回るときは、優先株式1株の払込金相当額を上限転換価額で除して得られる数の普通株式を交付する。なお、転換価額が強制転換基準日までに上記転換価額の調整により調整された場合には、下限転換価額および上限転換価額についても同様の調整を行う。上記の普通株式数の算出に当って1株に満たない端数が生じたときは、会社法第234条に従いこれを取扱う。

 

項目
E種優先株式
償還請求権
優先株主は、平成18年3月31日に終了する事業年度以降平成23年3月31日に終了する事業年度までの各事業年度の終了後直後に到来する7月1日から7月31日までの期間(以下「償還請求可能期間」という。)において、当社の直前の事業年度の繰越利益剰余金(平成18年3月31日に終了する事業年度については同事業年度の貸借対照表における当期未処分利益)にその他資本剰余金および任意積立金を加算した金額が10億円を超えている場合、当該金額の70%相当額から、当社が当該償還請求がなされた事業年度においてその発行している優先株式の買受けまたは強制償還を既に行ったかまたは行う決定を行った分の価額(上限を決定した場合にはその上限額とする。)の合計額を控除した残額(以下「償還可能限度額」という。)を限度として、優先株式の全部または一部の償還(取得と引換えに金銭を交付することをいう。以下同じ。)請求をすることができる。
当社は、償還請求可能期間満了の日から1ヶ月以内に法令の定めに従い、償還手続きを行うものとする。ただし、前記限度額を超えてその発行している優先株式の株主(以下「優先株主」という。)からの償還請求があった場合、各優先株主が償還請求を行った株式数によるあん分比例の方式により決定し(ただし、各優先株主毎にあん分比例の方式による計算の結果生ずることとなる1株未満の端数については、切捨てた数とする。)、あん分比例の方式により決定できない残余分については償還請求可能期間経過後において実施する抽選その他の方法により決定する。また、償還価額は、1株につき600円に優先株式累積未払配当金相当額を加えた金額とする。
強制償還条項
当社は、平成19年8月1日以降の毎年8月1日から8月31日の期間内において、以下に定める金額を限度として、優先株式の全部または一部を強制償還することができる。なお、一部償還をするときは各優先株主が有するE種優先株式の株式数によるあん分比例の方式により行い、あん分比例の方式により決定できない部分については抽選その他の方法により行う。償還価格は1株につき600円に優先株式累積未払配当金相当額および経過配当金相当額を加算した額とする。上記「経過配当金相当額」とは優先配当金の額を、償還日の属する事業年度の実日数に対する初日から償還日までの実経過日数(初日及び償還日を含む。)の割合で日割計算した額として、その計算は円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を四捨五入する。
①平成19年8月1日から平成19年8月31日までの期間
当該期間内に上記に定める償還請求権の行使により償還された優先株式の償還価額の総額を、償還可能限度額から控除した後の残高の、3分の1相当額を限度とする。
②平成20年8月1日から平成20年8月31日までの期間
当該期間内に上記に定める償還請求権の行使により償還された優先株式の償還価額の総額を、償還可能限度額から控除した後の残高の、半額相当額を限度とする。
③平成21年8月1日以降、毎年8月1日から8月31日までの期間
当該期間内に上記に定める償還請求権の行使により償還された優先株式の償還価額の総額を、償還可能限度額から控除した後の残高の、全額相当額を限度とする。
優先順位
配当を行う金額が、各種優先株式の発行に際してそれぞれ決定された1株当たりの優先配当金(以下「各種優先株式優先配当金」という。ただし、E種優先株式については、E種優先配当金にE種優先株式累積未払配当金を合算した金額とする。)に現存する各種優先株式の株式数を乗じて得られた金額の総合計額に満たない場合は、各種優先株式について支払う1株当たりの優先配当額が各種優先株式優先配当金に比例する方法により優先配当を行う。また、残余財産の分配可能額が、各種優先株式の定款に規定された1株当たりの残余財産分配額に現存する各種優先株式の株式数を乗じて得られた金額の総合計額に満たない場合は、各種優先株式について支払う1株当たりの分配額が各種優先株式の定款に規定された1株当たりの残余財産分配額に比例する方法により分配を行う。
(2)【新株予約権等の状況】
 該当事項はありません。
(3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
年月日
発行済株式総数増減数
(千株)
発行済株式総数残高
(千株)
資本金増減額(千円)
資本金残高(千円)
資本準備金増減額(千円)
資本準備金残高(千円)
平成12年6月29日
(注)1
114,863
25,824,812
△9,092,624
3,302,520
平成14年11月28日
(注)2
114,863
3,302,520
29,127,333
△3,302,520
平成15年3月4日
(注)3
△57,431
57,431
29,127,333
平成15年3月4日
(注)4
57,431
△26,545,333
2,582,000
平成15年3月29日
(注)5
50,000
107,431
15,000,000
17,582,000
15,000,000
15,000,000
平成17年3月22日
(注)6
73,827
181,258
12,459,240
30,041,240
12,459,240
27,459,240
平成17年4月23日
(注)7
181,258
△17,400,000
12,641,240
△14,950,000
12,509,240
平成17年6月29日
(注)8
181,258
12,641,240
△12,459,240
50,000
 (注)1.資本準備金の欠損金填補
2.資本準備金の資本組入れ
3.株式併合による減少
4.無償減資
5.第三者割当による増資  50,000,000株(優先株式)
発行価額   1株当たり600円
資本組入額  1株当たり300円
割当先    株式会社UFJ銀行     42,550,000株
株式会社三井住友銀行     3,620,000株
中央三井信託銀行株式会社   1,800,000株
UFJ信託銀行株式会社    1,270,000株
住友信託銀行株式会社      760,000株
6.第三者割当による増資
(1)普通株式  53,827,000株
発行価額   1株当たり240円
資本組入額  1株当たり120円
割当先    三菱地所株式会社      37,161,000株
日立キャピタル株式会社    8,332,000株
大阪瓦斯株式会社       4,167,000株
株式会社東電ホームサービス  4,167,000株
(2)優先株式  20,000,000株
発行価額   1株当たり600円
資本組入額  1株当たり300円
割当先    東京海上日動火災保険株式会社 8,330,000株
三菱地所株式会社       6,670,000株
日立キャピタル株式会社    5,000,000株
7.資本金の減少は無償減資によるものであります。
資本準備金の減少は、欠損填補9,745百万円およびその他資本剰余金への振替5,204百万円によるものであります。
8.資本準備金の欠損金填補




出典: 三菱地所レジデンス株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書