有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

 

第1【企業の概況】

 

1【主要な経営指標等の推移】

 当社(形式上の存続会社鴻池不動産株式会社)は、平成16年6月30日に鴻池建設株式会社(実質上の存続会社)を吸収合併しました。このため主要な経営指標等の推移は、実質上の存続会社及び形式上の存続会社の双方について記載しています。

 

(1)連結経営指標等

回次

第1期

第2期

第3期

 

 

決算年月

平成17年3月

平成18年3月

平成19年3月

 

 

売上高(百万円)

5,403

3,741

 

 

経常利益又は経常損失(△)(百万円)

△16

1

 

 

当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)

△35

46

 

 

純資産額(百万円)

59

 

 

総資産額(百万円)

3,437

 

 

1株当たり純資産額(円)

4.71

 

 

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)(円)

△3.54

3.62

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

 

 

自己資本比率(%)

1.7

 

 

自己資本利益率(%)

△59.0

 

 

株価収益率(倍)

 

 

営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

765

19

 

 

投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△53

448

 

 

財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△527

△445

 

 

現金および現金同等物の期末残高(百万円)

353

375

 

 

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

90

[−]

[−]

[−]

 

 

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、1株当たり当期純損失であり、潜在株式がないため記載しておりません。

3.当社は、有価証券報告書の提出義務を有する鴻池建設株式会社を平成16年6月30日に吸収合併したことにより、当該義務を継承したため、第1期より有価証券報告書を作成しております。

4.平成16年6月30日付をもって当社は、従来、親会社であった鴻池建設株式会社を吸収合併しております。第1期の連結財務諸表は、連結グループとしての実態が合併前後で変化のないことから合併期日を期首(平成16年4月1日)とみなして作成しております。

5.連結経営指標としての自己資本利益率は、期末純資産額により算定しています。また、第2期は、連結貸借対照表を作成していないため、連結経営指標等について純資産額、総資産額、1株当たり純資産額、自己資本比率、従業員数は記載しておりません。

6.当社の唯一の連結子会社であった三ヶ日採石株式会社は、平成17年7月19日をもって株式が売却されたため、連結子会社はなくなりました。よって第3期は連結財務諸表を作成しておりませんので記載はありません。

 


(2)提出会社の経営指標等

回次

第1期

第2期

第3期

 

 

決算年月

平成17年3月

平成18年3月

平成19年3月

 

 

売上高(百万円)

4,894

3,701

4,870

 

 

経常利益(百万円)

79

0

34

 

 

当期純利益(百万円)

44

31

30

 

 

持分法を適用した場合の投資利益(百万円)

 

 

資本金(百万円)

63

63

63

 

 

発行済株式総数(株)

12,720,000

12,720,000

12,720,000

 

 

純資産額(百万円)

89

114

144

 

 

総資産額(百万円)

3,440

2,661

3,294

 

 

1株当たり純資産額(円)

7.00

8.97

11.35

 

 

1株当たり配当額(円)

(うち1株当たり中間配当額)(円)

0.5

(−)

(−)

(−)

 

 

1株当たり当期純利益(円)

4.48

2.46

2.39

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

 

 

自己資本比率(%)

2.6

4.3

4.4

 

 

自己資本利益率(%)

57.5

27.5

21.0

 

 

株価収益率(倍)

 

 

配当性向(%)

14.2

 

 

営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

438

 

 

投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△75

 

 

財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

98

 

 

現金および現金同等物の期末残高(百万円)

837

 

 

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

77

[−]

73

[−]

74

[−]

 

 

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式がないため記載しておりません。

3.平成16年6月30日付をもって当社は、従来、親会社であった鴻池建設株式会社と合併しております。第1期の財務諸表は、平成16年4月1日から平成17年3月31日までの12ヶ月間でありますが、合併期日(平成16年6月30日)の前日までは、鴻池不動産株式会社の数字に、また、合併期日以降は鴻池建設株式会社との合併後の数字になっております。

4.第3期は連結財務諸表を作成しておりませんので、キャッシュ・フロー計算書を記載しております。

 


 平成16年6月30日の合併により消滅した鴻池建設株式会社の経営指標等は以下のとおりであります。

(1)連結経営指標等

回次

第59期

 

 

 

決算年月

平成15年9月

 

 

 

売上高(百万円)

3,701

 

 

 

経常損失(百万円)

28

 

 

 

当期純損失(百万円)

43

 

 

 

純資産額(百万円)

11

 

 

 

総資産額(百万円)

4,332

 

 

 

1株当たり純資産額(円)

0.90

 

 

 

1株当たり当期純損失(円)

3.40

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

 

 

 

自己資本比率(%)

0.3

 

 

 

自己資本利益率(%)

△376.9

 

 

 

株価収益率(倍)

 

 

 

営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△461

 

 

 

投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△102

 

 

 

財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

665

 

 

 

現金および現金同等物の期末残高(百万円)

428

 

 

 

従業員数[外、平均臨時雇用者数](人)

99

[−]

 

 

 

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「潜在株式調整後1株あたり当期純利益」については、1株当たり当期純損失であり、潜在株式がないため記載しておりません。

3.従来の提出会社でありました鴻池建設株式会社は、平成16年6月30日の合併により消滅しているため第60期(平成16年9月期)の連結財務諸表を作成しておりません。そのため、第60期の連結経営指標等は記載しておりません。

 


(2)提出会社の経営指標等

回次

第59期

 

 

 

決算年月

平成15年9月

 

 

 

売上高(百万円)

3,170

 

 

 

経常利益(百万円)

13

 

 

 

当期純利益(百万円)

30

 

 

 

資本金(百万円)

636

 

 

 

発行済株式総数(株)

12,720,000

 

 

 

純資産額(百万円)

86

 

 

 

総資産額(百万円)

4,323

 

 

 

1株当たり純資産額(円)

6.83

 

 

 

1株当たり配当額(円)

(うち1株当たり中間配当額)(円)

(−)

 

 

 

1株当たり当期純利益(円)

2.39

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

 

 

 

自己資本比率(%)

2.0

 

 

 

自己資本利益率(%)

35.0

 

 

 

株価収益率(倍)

 

 

 

配当性向(%)

 

 

 

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

68

[−]

 

 

 

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「潜在株式調整後1株あたり当期純利益」については潜在株式がないため記載しておりません。

3.従来の提出会社でありました鴻池建設株式会社は、平成16年6月30日の合併により消滅しているため第60期(平成16年9月期)の財務諸表を作成しておりません。そのため、第60期の経営指標等は記載しておりません。

 

 





出典: KONOIKE Co.株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書