有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第2期

第3期

第4期

第5期

第6期

決算年月

平成18年3月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

売上高(百万円)

3,741

経常利益(百万円)

1

当期純利益

46

純資産額(百万円)

総資産額(百万円)

1株当たり純資産額(円)

1株当たり当期純利益金額(

円)

3.62

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

自己資本比率(%)

自己資本利益率(%)

株価収益率(倍)

営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

19

投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

448

財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△445

現金および現金同等物の期末残高(百万円)

375

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

[−]

[−]

[−]

[−]

[−]

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式がないため記載しておりません。

3.連結経営指標としての自己資本利益率は、期末純資産額により算定しています。また、第2期は、連結貸借対照表を作成していないため、連結経営指標等について純資産額、総資産額、1株当たり純資産額、自己資本比率、従業員数は記載しておりません。

4.当社の唯一の連結子会社であった三ヶ日採石株式会社は、平成17年7月19日をもって株式が売却されたため、連結子会社はなくなりました。よって第3期以降は連結財務諸表を作成しておりませんので記載はありません。

 

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第2期

第3期

第4期

第5期

第6期

決算年月

平成18年3月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

売上高(百万円)

3,701

4,870

5,411

5,595

3,868

経常利益又は経常損失(△)(百万円)

0

34

131

△4

△129

当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)

31

30

28

△100

△128

持分法を適用した場合の投資利益(百万円)

資本金(百万円)

63

63

63

63

63

発行済株式総数(株)

12,720,000

12,720,000

12,720,000

12,720,000

12,720,000

純資産額(百万円)

114

144

173

66

△62

総資産額(百万円)

2,661

3,294

3,387

2,612

2,314

1株当たり純資産額(円)

8.97

11.35

13.61

5.21

△4.89

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)(円)

(−)

(−)

0.5

(−)

(−)

(−)

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)(円)

2.46

2.39

2.26

△7.89

△10.11

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

自己資本比率(%)

4.3

4.4

5.1

2.5

△2.7

自己資本利益率(%)

27.5

21.0

16.1

△151.4

株価収益率(倍)

配当性向(%)

22.0

営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

438

435

△18

△308

投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

△75

△235

△49

△78

財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)

98

△2

△195

68

現金および現金同等物の期末残高(百万円)

837

1,036

772

454

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

73

[−]

74

[−]

92

[−]

97

[−]

100

[−]

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式がないため記載しておりません。

3.第3期以降は連結財務諸表を作成しておりませんので、キャッシュ・フロー計算書を記載しております。

4. 平成21年3月期から「工事契約に関する会計基準」(企業会計基準第15号)及び「工事契約に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第18号)を適用しております。

5.第6期の「自己資本利益率」については、債務超過のため記載しておりません。 

 

  

2【沿革】

昭和57年6月

静岡県浜松市において資本金3,000万円で鴻池都市開発株式会社を設立(不動産売買、仲介、賃貸借、管理、宅地造成分譲)

平成4年6月

宅地建物取引業法により静岡県知事(1)第10299号の免許を受ける(以後3年毎に更新)

平成5年4月

鴻池不動産株式会社に商号変更

平成12年8月

静岡県静岡市に静岡支店開設

平成14年2月

本社を現在地に移転

平成14年4月

静岡県浜松市に新町営業所開設

平成14年8月

マンション管理適正化法により国土交通大臣(1)51694号の許可を受ける

平成14年9月

資本金を4,000万円に増資

平成15年4月

建設業法により静岡県知事許可(特−15)第32442号の許可を受ける

平成15年9月

資本金を9,000万円に増資

平成16年6月

鴻池建設株式会社(資本金63,600万円)を吸収合併し、商号をKONOIKE Co.株式会社に変更

平成16年6月

新株発行により資本金を31,800万円とする

平成17年7月

資本金を6,360万円とする

平成17年7月

連結子会社である三ヶ日採石株式会社の株式を売却

平成18年5月

静岡県島田市に島田営業所開設

平成19年4月

静岡県浜松市に浜松支店開設

 

3【事業の内容】

 当社の事業は、主力商品である賃貸マンション「グランストークマンション(GS)」の設計・監理・施工・請負を柱とした建設事業、及び賃貸物件の管理・借上転貸「グランストークシステム(GSS)」、不動産の仕入・販売・仲介・管理を行う不動産事業を主たる業務としております。

 当事業年度における、各部門に係る主な事業内容の変更と主要な関係会社の異動は、概ね次のとおりであります。

建設事業    主な事業内容及び主要な関係会社の異動はありません。

不動産事業   主な事業内容及び主要な関係会社の異動はありません。

事業の系統図は、次のとおりであります。

 

4【関係会社の状況】

 該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

平成22年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(円)

100

  375ヶ月

 711ヶ月

3,994,701

 (注)1.従業員数は就業人数であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(2)労働組合の状況

 従業員による労働組合その他の組織はありません。

 





出典: KONOIKE Co.株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書