有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
下記表の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
(1) 親会社及び法人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の兼任等
事業上の関係
その他の関係会社
㈱リクルート
東京都中央区
3,002
人材総合サービス事業
・情報誌、インターネット、携帯端末を活用した商品とユーザーとのマッチングサービス事業
なし
なし
自己株式の無償譲受 (注)
(注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
平成17年5月27日締結の「最終合意書」に基づき協議の上、決定しております。
(2) 役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金又は出資金
(百万円)
職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員
重田 里志
当社代表取締役会長
被所有
直接 0.1
中高層住宅の賃貸 (注)1
2
役員 
江原 伸好 
当社取締役
ユニゾン・キャピタル㈱代表取締役パートナー 
アドバイザリー契約 (注)2
630
(注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
1. 中高層住宅の賃貸については、市場価格を勘案して決定しております。なお、平成17年11月25日付で当該取引は終了しております。
2. 平成17年6月29日に当社取締役に就任した、江原伸好が第三者(ユニゾン・キャピタル㈱)として行った取引であり、同社から提示された金額に基づき、交渉の上決定しております。
(3) 兄弟会社等
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の兼任等
事業上の関係
その他の関係会社の子会社
ファーストファイナンス㈱
東京都港区
100
金融業
情報誌出版事業
なし
なし
資金の返済(注)1
利息の支払 (注)1
14,497
85
その他の関係会社の子会社
㈱リクルートメディアコミュニケーションズ
東京都中央区
126
情報誌出版事業 
なし
なし
自己株式の無償譲受
株式の譲渡(注)2
売却代金
売却益
19,500
1,820
その他の関係会社の子会社
㈱リクルートエイブリック(現㈱リクルートエージェント)
東京都千代田区
643
人材紹介事業
なし
なし
自己株式の無償譲受 (注)2 
その他の関係会社の子会社
㈱アール・ケー
・エステート
東京都中央区
130
不動産業 
なし
なし
株式の譲渡(注)2
売却代金 
売却損 
0
15,512
(注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
1. 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。なお、平成17年6月30日に期日一括返済しております。
2. 平成17年5月27日締結の「最終合意書」に基づき協議の上、決定しております。
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
下記表の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員
嵯峨 行介
コスモスイニシアグループ健康保険組合理事長
被所有
直接 0.0
設立時運営補填金
13
未払金
13
賃料収入 
2
(注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
健康保険組合設立時における運営補填金の一部を当社が負担しており、平成19年3月26日付の取締役会において承認されております。
賃料条件については、市場価格を勘案して合理的に決定しております。
(企業結合等関係)
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
(共通支配下の取引)
1. 結合当事企業の名称及び事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称ならびに取引の目的を含む取引の概要
(1)結合当事企業の名称及び事業の内容
① 結合企業(株式交換完全親会社)
名称
㈱コスモスイニシア
事業の内容
不動産販売、賃貸、仲介事業等
② 被結合企業(株式交換完全子会社)
名称
㈱コスモスライフ
事業の内容
不動産管理事業、保守・修繕事業等
(2)企業結合の法的形式
株式交換
(3)企業結合後の名称
㈱コスモスイニシア
(4)取引の目的を含む取引の概要
当社の不動産販売、賃貸、仲介事業と㈱コスモスライフの不動産管理事業において、より密接な連携強化を図ると共に、更なるシナジー効果を発揮することにより、グループ企業価値を高めることを目的として、平成18年5月19日に締結した株式交換契約書に基づき、平成18年7月3日を株式交換の日として、株式交換を行い、㈱コスモスライフの株主(当社を除く)に対して当社の株式を割り当て交付した結果、㈱コスモスライフが当社の完全子会社となりました。
2. 実施した会計処理の概要
「企業結合に係る会計基準  三 企業結合に係る会計基準 4 共通支配下の取引等の会計処理  (2) 少数株主との取引」に規定する個別財務諸表上及び連結財務諸表上の会計処理を適用いたしました。
3. 子会社株式の追加取得に関する事項
(1)取得原価及びその内訳
取得の対価
   
㈱コスモスイニシアの株式
1,659
百万円
取得に直接要した支出
8
百万円
取得原価
1,667
百万円 
(2)株式の種類別の交換比率及びその算定方法ならびに交付株式数及びその評価額
① 株式の種類及び交換比率
普通株式  ㈱コスモスイニシア 1 : ㈱コスモスライフ 0.07
② 交換比率の算定方法
株式交換比率の算定は、㈱大和総研に依頼し、当社については市場株価方式により、㈱コスモスライフについては、純資産価額方式及び類似会社比較方式による分析を行い、それらの結果を総合的に勘案し決定しております。
③ 交付株式数及びその評価額
1,932,000
1,659
百万円
(3)発生したのれん又は負ののれんの金額、発生原因、償却の方法及び償却期間
① 負ののれんの金額
43
百万円
② 発生原因
追加取得により減少する少数株主持分の金額が、㈱コスモスライフの株式の取得原価を上回ったため、その差額を負ののれんとして認識しております。
③ 償却の方法及び償却期間
金額が僅少なため全額発生時の損益として処理しております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1株当たり純資産額
91.89
1株当たり当期純損失金額
696.91
1株当たり純資産額
225.37
1株当たり当期純利益金額
121.16
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額
89.17
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
 
(注)1. 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
46,613
純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)
19,822
(うち優先株式)
(—)
(18,600)
(うち優先配当額)
(—)
(1,204)
(うち少数株主持分)
(—)
(18)
普通株式に係る純資産額(百万円)
26,791
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)
118,874,458
2. 1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額
   
当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)
△68,099
15,685
普通株主に帰属しない金額(百万円)
1,216
1,371
(うち利益処分による役員賞与金)
(7)
(—)
(うち優先配当額)
(1,208)
(1,204)
(うち優先株式の償還差額)
(—)
(167)
普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)
△69,315
14,313
期中平均株式数(株)
99,461,031
118,133,009
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
   
当期純利益調整金額(百万円)
1,371
(うち優先配当額)
(—)
(1,204)
(うち優先株式の償還差額)
(—)
(167)
普通株式増加数(株)
57,762,871
(うち優先株式)
(—)
(54,368,153)
(うち新株予約権)
(—)
(3,394,718)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
優先株式
第1回A種優先株式
第1回B種優先株式
第1回C種優先株式
上記優先株式の概要は、「第4
提出会社の状況、1.株式等の状況 (1)株式の総数等」に記載のとおりであります。
新株予約権
第1回新株予約権
第2回新株予約権
第3回新株予約権
第4回新株予約権
第5回新株予約権
第6回新株予約権
上記新株予約権の概要は、「第4
提出会社の状況、1.株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
──────
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1.当社の平成18年5月19日開催の取締役会におきまして、当社第1回C種優先株式の全部及び当社第1回B種優先株式の一部を償還(取得条項付株式を取得するのと引換えに、金銭を交付することをいう。以下同じ)及び消却することを決議いたしました。今回の優先株式の償還は、当該優先株式が普通株式に転換されることによる普通株主の持分希薄化を防止するとともに、今後の優先株式の配当負担を軽減することを目的として実施するものであります。なお、償還する優先株式の内容は次のとおりであります。
 (1)第1回C種優先株式
①償還する株式数
4,000,000株
②償還価格の総額
4,075,200,000円
③償還日
平成18年7月7日
④償還する相手方
相手方
株式数(株)
償還価額(円)
中央三井プライベートエクイティパートナーズ投資事業有限責任組合
2,000,000
2,037,600,000
株式会社あおぞら銀行
500,000
509,400,000
オリックス株式会社
500,000
509,400,000
中央三井プライベートエクイティ第一号投資事業組合
500,000
509,400,000
東京海上日動火災保険株式会社
500,000
509,400,000
合計
4,000,000
4,075,200,000
──────

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
 (2)第1回B種優先株式
①償還する株式数
3,000,000株
②償還価格の総額
3,092,100,000円
③償還日
平成18年7月7日
④償還する相手方
相手方
株式数(株)
償還価額(円)
株式会社東京スター銀行
1,039,500
1,071,412,650
中央三井プライベートエクイティパートナーズ投資事業有限責任組合
594,000
612,235,800
オリックス株式会社
445,500
459,176,850
株式会社あおぞら銀行
297,000
306,117,900
中央三井プライベートエクイティ第一号投資事業組合
297,000
306,117,900
メリルリンチ日本証券株式会社
118,800
122,447,160
AIGエジソン生命保険株式会社
104,100
107,295,870
エイアイジー・スター生命保険株式会社
104,100
107,295,870
合計
3,000,000
3,092,100,000
なお、取得した第1回C種優先株式及び第1回B種優先株式は、取得後直ちに消却するものといたします。
2.当社と当社の連結子会社であります株式会社コスモスライフ(以下、「コスモスライフ」という。)は、平成18年5月19日開催の両社取締役会において、株式交換により当社がコスモスライフを完全子会社(100%子会社)とすることを決議し、株式交換契約書を締結いたしました。その概要は次のとおりであります。
 (1)株式交換による完全子会社化の目的
当社の不動産販売・賃貸・仲介事業とコスモスライフの不動産管理事業等において、より密接な連携強化を図ると共に、更なるシナジー効果を発揮することにより、グループ企業価値を高めることを目的として、株式会社コスモスライフの完全子会社化を実施するものです。
 (2)株式交換の条件等
①株式交換の日程
平成18年5月19日
株式交換契約書承認取締役会(両社)
平成18年5月19日
株式交換契約書の締結(両社)
平成18年6月26日
株式交換契約書承認株主総会(コスモスライフ)
平成18年7月3日(予定)
株式交換効力発生日
平成18年9月1日(予定)
株券交付日
 
──────

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
(注)当社は、本株式交換については、会社法第796条に基づき、株主総会の承認を必要としない「簡易株式交換」の手続きにより行います。
②株式交換比率
会社名
当社
(完全親会社)
コスモスライフ
(完全子会社)
株式交換比率
1
14
(注)1.株式の割当比率
コスモスライフの普通株式1株に対して、当社が新たに発行する普通株式14株を割当交付いたします。但し、当社が保有するコスモスライフの普通株式501,000株については、割当交付いたしません。
2.株式交換により当社が交付する新株式数
普通株式  1,932,000株
③株式交換交付金
株式交換交付金の支払いはありません。
──────




出典: 株式会社コスモスイニシア、2007-03-31 期 有価証券報告書